淡路島七福神めぐりの記事一覧

スポンサーリンク
淡路島七福神めぐり

大黒天秋季大祭 八浄寺 淡路島七福神

秋季大祭が開催されます。淡路島七福神の大黒天をお祀りする八浄寺の大祭で、秘仏開運甲子大黒天御開扉、瑜祇七福宝塔開扉法要、大黒天・祈願・護摩法要が行われます。 掘り出し物で好評の大黒市と福授けと大福授けの福引があります。前日は前夜祭とし...
淡路島七福神めぐり

淡路島七福神まつり 毎年旧正月に福ふく万杯の楽しい接待

淡路島七福神まつりは、毎年旧正月の3日間に淡路島七福神を祀る寺で開催されるお祭りです。お祭り開催期間中に淡路島七福神めぐりで七つの寺を参拝するとそれぞれの寺で福ふく万杯の楽しい接待が受けれられます。淡路島を一回りすれば、幸福を招く七福神に出...
淡路島七福神めぐり

まめいり神事 八浄寺 淡路島七福神

まめいり神事が開催されます。淡路島七福神の大黒天をお祀りする八浄寺では、毎年2月7日に「魔(ま)を滅(め)する」という語呂から、豆を炒ることで厄を落とす節分行事が行われています。 おめでたい七福神に扮した7人の信徒が、厄落としの願いが...
淡路島七福神めぐり

初大黒天祈願大祭 笑福まつり 八浄寺 淡路島七福神

八浄寺で初大黒天祈願大祭 笑福まつりが開催されます。淡路島七福神の大黒天をお祀りする八浄寺では、毎年1月26日((旧暦の元旦)に秘仏である大黒天を特別に御開帳されます。開運や厄除けを祈願する初大黒天祈願大祭が行われます。笑いで一年の厄を吹き...
淡路島七福神めぐり

参拝記念品と吉兆福笹 淡路島七福神めぐりで授かる幸福

淡路島七福神めぐりは、淡路島の7つの寺を参拝しながら回ります。各お寺で参拝料200円を納めて参拝すると、ハッピー券(宝印帳、宝船色紙も含む)に印をもらえます。寺の住職より、ありがたい法話をいただき、祈祷をしてもらえます。 各寺では、接...
淡路島七福神めぐり

ルートガイド 淡路島七福神

淡路島七福神めぐりは、島内にある七つの寺を参拝して回ります。淡路島は「島」といっても南北約50キロ、東西約20キロと広大です。参拝ルートで所要時間に大幅に違います。淡路島七福神めぐりで効率の良いルートをご紹介します。神戸方面からの場合、徳島...
淡路島七福神めぐり

所要時間 淡路島七福神

淡路島七福神めぐりは、島内の七つの寺を参拝しますが、1日でも十分に回ることが可能です。自動車の移動時間だけで約3時間ほどかかります。一つの寺での参拝時間を約30分とすると約3時間30分ほどかかります。昼食に約30分、ティータイムに約30分、...
淡路島七福神めぐり

ハッピー券・宝印帳・宝船色紙 淡路島七福神めぐりの方法

淡路島七福神めぐりの方法は、ハッピー券でスタンプを集める方法、宝印帳で日付印を集める方法、宝船色紙で御朱印を集める方法があります。 淡路島七福神めぐりは、どの寺から参拝しても大丈夫です。普通に参拝だけでも、御朱印をいただきながらの参拝...
淡路島七福神めぐり

長林寺 淡路島七福神の福禄寿とご利益

長林寺は、淡路島七福神の五番霊場として「福禄寿」をお祀りして大望成就を授ける寺です。福禄寿は大望の神さんと親しまれる神様で、財運招福や延命長寿などのご利益があります。地名「都志」の由来は、菅原道真公が長林寺に参詣されたときに「都を志す」と誓...
淡路島七福神めぐり

万福寺 淡路島七福神の恵美酒太神とご利益

万福寺は、淡路島七福神の一番霊場として「恵美酒太神」をお祀りして幸せの釣り方授ける寺です。恵美酒太神は戎さんと親しまれる律儀の神様で、商売繁盛や五穀豊穣などのご利益があります。七福神で唯一の日本の神様である太神が奉られて1200年の歴史とさ...
スポンサーリンク