学園祭「くにうみ祭」吉備国際大学南あわじ志知キャンパス淡路島

くにうみ祭が開催されます。淡路島にある吉備国際大学南あわじ志知キャンパスで学園祭「第三回くにうみ祭」が行われます。ジビエ料理や焼きそばなどの模擬店が出店します。学生サークルをはじめ、地元小学校や地元中学校のステージイベントがあります。農学部らしい動物のふれあいコーナーもあります。食堂では創作料理コンテスト、講義室でゲームコーナーやチャリティーバザーが行われます。

くにうみ祭の開催日時は、11月10日(土)の10時から16時までとなります。開催場所は、淡路島の南あわじ市志知にある吉備国際大学南あわじ志知キャンパスとなります。入場は無料です。吉備国際大学が2013年4月に淡路島南あわじ市に農学部を開設してから3回目の学園祭となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学園祭「くにうみ祭」の基本情報

  • 開催日時:11月10日(土)10:00~16:00
  • 開催場所:吉備国際大学南あわじ志知キャンパス
  • 開催住所:〒656-0484 兵庫県南あわじ市志知佐礼尾370-1
  • 電話番号:0799-42-4708
  • 駐車場:無料(普通車約140台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約5分

学園祭「くにうみ祭」の内容

11月10日(土)の10時から16時まで、淡路島にある吉備国際大学南あわじ志知キャンパスで学園祭「第三回くにうみ祭」が開催されます。2013年4月に南あわじ市に農学部を開設してから3回目の学園祭です。

体育館ではステージイベントが行われます。学生サークルのパフォーマンスをはじめ、地元の三原志知小学校の太鼓クラブや西淡中学校の吹奏楽部の演奏があります。バンドやクイズに体験、ゆるキャラなどが登場します。

キャンパスの中庭では様々な模擬店が出店します。学生によるイノシシやシカの肉などジビエを使った焼きそばをはじめ、唐揚げやポテト、ポップコーンやフランクフルト。ドリンクなどの屋台が登場します。

農学部らしい動物のふれあいコーナーもあります。可愛いウサギやモルモット、ヤギや羊などが登場します。エサやり体験ができます。食堂では、淡路島のグルメやカフェでくつろぐことができます。

講義室では、学生によるゲームコーナーをはじめ、チャリティーバザーが行われます。チャリティーバザーの売上は南あわじ市へ寄附する予定となります。大学教員のプロフィール紹介や研究ポスター展示があります。

吉備国際大学南あわじ志知キャンパスの学生が田んぼを耕して、田植えをして、稲刈りをした新米が「吉備国大の米」として販売されます。今年は三原志知小学校の児童と一緒に稲刈りをしたそうです。

なお、吉備国際大学において南あわじ志知キャンパスの学園祭に、岡山キャンパスからダンス部の出演が予定されています。高梁キャンパスから紅茶の試飲や岡山銘菓の試食の出店が予定されています。

くにうみ祭の開催日時は、11月10日(土)の10時から16時までとなります。開催場所は、淡路島の南あわじ市志知にある吉備国際大学南あわじ志知キャンパスとなります。入場は無料です。

吉備国際大学南あわじ志知キャンパスの概要

吉備国際大学南あわじ志知キャンパスは、2013年4月に淡路島の南あわじ市に農学部として開設されました。現在、地域創成農学科と醸造学科の2つがあります。

地域創成農学科では、農産物の生産、加工、流通、消費及び農業経営、農業政策をトータルに学びます。淡路島の地元産業と調和を図りながら専門性を活かして地域創成に貢献できる実践力を備えた人材を育成します。

2年間の「フィールド実習」や「南あわじ農業学」などの教育プログラムは、農業が盛んな淡路島の特徴を活かして「本物」を学びます。2018年3月に研究内容に沿った3タイプの植物工場が完成しました。

醸造学科では、醸造・発酵をはじめ食品科学全般に関する基本的な知識と技術を学びます。新たな醸造関連食品を創出できる人材を育成します。2018年3月に新校舎として「醸造学科」の実験棟と研究棟が完成しました。

醸造業は、清酒、ワイン、ビールなどを生産する酒造業と、チーズ、ヨーグルト、みそ、しょうゆ、納豆、酢などを生産する製造業があります。農産物を有効に活用できる分野として注目されている業種となっています。

学園祭「くにうみ祭」のアクセス

学園祭「第三回くにうみ祭」が開催される吉備国際大学南あわじ志知キャンパスへのアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段となります。

自動車の場合

自動車の場合は、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原インターチェンジより下ります。西淡三原インターチェンジから車で約5分で吉備国際大学南あわじ志知キャンパスに到着します。駐車場は無料で約140台収容できます。

  • 住所:〒656-0484 兵庫県南あわじ市志知佐礼尾370-1
  • 電話:0799-42-4708
  • 駐車場:無料(普通車約140台)

高速バスの場合

高速バスの場合は、JR三宮駅もしくはJR舞子駅から歩いて数分のところに高速バスのりばがあります。高速バス「三宮福良線」で三宮駅、もしくは「舞子福良線」で高速舞子駅からに乗車します。陸の湊西淡駅で降車します。陸の湊西淡駅から徒歩で約15分で吉備国際大学南あわじ志知キャンパスに到着します。

高速バス

  • 高速バス乗車料金:2050円(三宮~陸の湊西淡)
  • 高速バス乗車時間:約1時間20分

学園祭「くにうみ祭」の周辺の観光スポット

学園祭「第三回くにうみ祭」が開催される吉備国際大学南あわじ志知キャンパス周辺の観光スポットは以下の通りとなっています。

道の駅うずしお 全国1位の淡路島玉ねぎバーガー

道の駅うずしおは、淡路島で鳴門海峡と大鳴門橋の絶景を眺められる観光スポットです。ご当地バーガーグランプリで全国1位となった「あわじ島オニオンンビーフバーガー」を販売していることでも有名です。淡路島南西の先端にあることから、自転車やバイクで淡路島一周をする通称「アワイチ」の休憩地点として人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲ませで淡路島牛乳を体験

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミルクソフトクリームを堪能できます。淡路島牧場は、淡路島で乳牛とふれあい、牛乳を用いた自然体験が楽しめます。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

おのころ島神社 日本三大鳥居で縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石に結ばれる縄は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市で「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット
おのころ島神社(自凝島神社)は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
南あわじ市のイベント
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!