淡路島 桜花3月(弥生)おすすめ観光イベントまとめ2018

淡路島で3月(弥生)桜花に開催、おすすめ観光イベントをまとめました。

目次

淡路島「桜の名所おすすめ4選」人気のお花見スポット

淡路島には桜の名所やお花見スポットがたくさんあります。桜の本数や規模、交通アクセスや駐車場などを考慮すると、次の4カ所がおすすめです。明石海峡公園やあわじ花さじきなどの観光施設がある淡路市では、兵庫県立淡路島公園がおすすめです。テーマパーク ニジゲンノモリがあり、クレヨンしんちゃんのオブジェをたくさん見つけることができます。イングランドの丘やうずしおクルーズなどの観光施設がある南あわじ市では、諭鶴羽ダム公園がおすすめです。山の新緑や湖の水面に映える桜を眺めながらのウォーキングで春を感じることができます。洲本温泉などの観光施設がある洲本市では、曲田山公園がおすすめです。古き城下町で小民家が並んだ小道でまち歩きが楽しむことができます。洲本市では、洲本城跡もおすすめです。山城の本丸に桜が咲き乱れて石垣と桜のコラボにより歴史ロマンを満喫することができます。

兵庫県立淡路島公園 クレヨンしんちゃんのオブジェ多数

  • 住所:〒656-2301 淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-72-5377

諭鶴羽ダム公園 桜と山と湖に囲まれながらウォーキング

  • 住所:〒656-0403 兵庫県南あわじ市神代浦壁
  • 電話:0799-52-2336(南あわじ観光案内所)

曲田山公園 小民家のショップなどでレトロなまち歩き

  • 住所:〒656-0024 兵庫県洲本市山手3-4-10
  • 電話:0799-22-3321(洲本市役所)

洲本城跡 石垣と桜のコラボレーションによる歴史ロマン

  • 住所:〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1272-1
  • 電話:0799-25-5820(洲本観光案内所)

明石海峡公園「チューリップアイランドパーティ」

3月31日(土)から4月20日(金)までの21日間、淡路島国営明石海峡公園で「チューリップアイランドパーティ」が開催されます。関西最大級となる約250品種、約20万株のチューリップが日本最大級となる立体的花壇に咲き誇ります。チューリップの開花に合わせて様々なイベントが開催されます。大地の虹では、ミニチュア風車の展示、週末にはオランダ衣装体験など、本場オランダのチューリップの世界を体感できます。ステージショーが開催されます。チューリップの花びらを使った「チューリップの花びらで染める草木染め体験」が開催されます。セイヨウスイセン、ムスカリ、チューリップ、アネモネなどの球根植物を合わせると、こちらも関西最大級となる約300品種、約50万株もの球根花壇となります。なお、4月8日(日)は「春の都市緑化推進運動期間」で入園無料(※駐車料金は有料)です。

チューリップアイランドパーティーの詳細情報

  • 開催期間:3月31日(土)~4月20日(金)
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車料金:500円(普通車600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

あわじ花さじき「菜の花まつり」春に約100万本

3月21日(水)から4月22日(日)まで、あわじ花さじきで「菜の花まつり」が開催されています。広大なお花畑に早咲きと遅咲きを時期をずらして植栽しています。共生の花園の約20万本の早咲き菜の花にはじまり、共生の花園で30万本、ふれあいの花園で約25万本、癒しの花園で約45万本と順次開花していきます。春には全エリアで約100万本の菜の花が開花します。丘陵地の一面を黄色くを染める菜の花が「黄色い絨毯(ジュウタン)」となります。明石海峡や大阪湾を背景に大パノラマが広がります。大空の清々しい青と海の穏やかな藍、一面に咲き誇る菜の花の黄と淡路島の深々とした山の緑が美しいコントラストを描いています。まさに空と海の青と淡路島の緑に囲まれて浮かぶ天空の花園といえるでしょう。黄色くを染まった情景と花畑から溢れ出る芳香で淡路島の大自然で春を感じることができます。

菜の花まつりの詳細情報

  • 開催期間:3月21日(水)~4月22日(日)
  • 開催場所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話番号:0799-74-6426
  • 開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 入園料金:無料
  • HP:あわじ花さじき
  • 駐車場:無料(130台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約15分

「フラワーリングバス」1日乗り放題500円 淡路島花めぐり

4月1日(日)から5月27日(日)までの毎週土日祝に、淡路島北部にある花の観光施設を周遊するフラワーリングバスが運行されます。淡路島を代表する花の観光施設が点在する北部を、リングのように結んで花めぐりのために運行されるのがフラワーリングバスとなります。淡路島で春の花めぐりを楽しんでいただくために春の期間(約3カ月間)運行しています。大人500円で1日乗り放題です。30分に1本のペースで巡回しています。停車する主要観光施設は、淡路島国営明石海峡公園、兵庫県立あわじ花さじき、兵庫県立淡路島公園(ニジゲンノモリ)、淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)などとなります。また、淡路島と明石を結ぶ高速船の乗り場となる岩屋港ボートターミナル、淡路島と舞子、三宮を結ぶ高速バスの乗り場となる淡路インターチェンジや東浦バスターミナルなどと停車駅で乗り換えが可能となります。

フラワーリングバスの詳細情報

  • 運行期間:4月1日(日)~5月27日(日)土日祝のみ
  • 運行場所:淡路島北部の観光施設と交通施設を周遊
  • バス運賃:大人500円、小中学生250円(1日乗り放題)
  • 運行ペース:約30分に1本のペース
  • 運休日:5月3日、4日、5日、6日
  • HP:フラワーリングバス(兵庫県)
  • 停車観光施設:国営明石海峡公園、あわじ花さじき、淡路島公園(ニジゲンノモリ)、奇跡の星の植物館、淡路夢舞台、淡路カントリーガーデン、淡路ハイウェイオアシス、ハーモニーファームあわじ、淡路景観園芸学校(アルファガーデン)
  • 停車交通施設:岩屋港ボートターミナル(明石港行き高速船のりば)、淡路インターチェンジ(高速舞子、神戸三宮、大阪阪急行き高速バスのりば)、東浦バスターミナル(高速舞子、神戸三宮行き高速バスのりば)

淡路島公園「桜まつり」約900本でお花見とクレヨンしんちゃん

4月1日(日)から4月15日(日)まで、兵庫県立淡路島公園(ニジゲンノモリ)で、淡路島で最大級となる約900本のソメイヨシノ(染井吉野)とサトザクラ(里桜)が見頃を迎える時期に合わせて、「桜まつり」が開催されます。園内にある桜の名所をお花見をしながら巡るスタンプラリー、桜を鑑賞しながらお菓子やお茶でお花見を楽しむ野点、桜の花びらや枝や木を使ったクラフト体験などのイベントが開催されます。桜がたくさん植えられているエリアは、展望広場と県民の森になります。展望広場からは、大阪湾や明石海峡大橋の大パノラマを一望できます。美しい桜と美しい景色を同時に楽しめます。県民の森では、園内最大の本数となるソメイヨシノ(染井吉野)が植えられています。県民の森の近くには、クレヨンしんちゃんのオブジェやモニュメントが多数あり、インスタ映え写真がいっぱい撮れることで注目されています。

桜まつりの詳細情報

  • 開催場所:兵庫県立淡路島公園
  • 開催期間:4月1日(日)~4月15日(日)
  • 開催住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話番号:0799-72-5377
  • 入園時間:入園自由(管理事務所9:00~17:00)
  • 休園日:無休
  • HP:兵庫県立淡路島公園
  • 駐車場:無料(B~Gまで普通車560台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約3分

水仙の丘「ラッパスイセン」約10万本が見頃

淡路市多賀の「水仙の丘」で、10万本のラッパスイセンが満開となっています。伊弉諾神宮に程近い、淡路文化会館への坂道を奥に進んだところに位置します。淡路市で農業を営む井上さんの個人所有で、ラッパスイセンの開花シーズンに入ると無料で一般開放しています。1997年頃に井上さんが、みかん畑だった丘陵地の斜面を開墾してスイセンの球根を定植したのが始まりです。現在、約4000平方メートル(40アール)に約10万本のラッパスイセンが咲き誇ります。丘陵地の斜面が半円形状に広がり一帯を黄色く染めています。まるで、円形劇場で超満員の観客が、スタンディングオべーションで迎えるようにスイセンがそよ風に揺られています。黄色の花びらのラッパスイセンのほか、白色の花びらの大杯スイセンも色鮮やかに咲いており、周りを囲う緑の木々、突き抜ける青い空と、淡路島の大自然を感じることができます。

水仙の丘の詳細情報

  • 見頃期間:3月中旬~4月上旬
  • 住所:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀396-9
    ※淡路文化会館の坂道を奥に300メートル進んだところ
  • 電話:090-1904-0575(水仙の丘)、0799-24-2001(淡路島くにうみ協会)
  • 見学自由
  • 入場料:無料
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(普通車10台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約7分

道の駅福良「淡路島ワンダーランド2018春」

3月17日(土)から4月8日(日)まで、道の駅福良うずしおクルーズで、「淡路島ワンダーランド2018春」が開催されます。世界一のうずしお「鳴門の渦潮」を体感する観潮船「うずしおクルーズ」が小学生以下乗船無料となります。キッズアドベンチャーとして、うずしおクルーズに乗船してキーワードを探す双眼鏡ウォッチと、道の駅福良周辺で宝(スタンプ)を集める「スタンプラリー」があります。キッズ海賊団として、停泊するクルーズ船で操舵室見学や機関室見学や国際信号機作りが体験できる船員体験と、安全ベルトを装着してバウスプリットを進んでクルーズ船の最先端を目指すバウスプリット体験ができます。キッズアーティストとして、大きなボードに自由にらくがきできるらくがきアートボード体験と、ブロックを使って自由に好きな物を組み立てるブロックアートボード体験ができます。

淡路島ワンダーランド2018春の詳細情報

  • 開催期間:3月17日(土)~4月8日(日)
  • 開催場所:道の駅福良うずしおクルーズ
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人(中学生以上)2000円、子供(小学生以下)無料
  • 出港時刻:渦潮の発生時刻により日ごとに異なります。
  • HP:うずしおクルーズ
  • 駐車料金:無料(100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約30分、陸の港西淡ICから車で約15分

淡路島「いちご狩り」おすすめ人気農園4選

淡路島でイチゴ狩りが、関西で旬といわれる1月~6月のシーズンに入り盛況です。淡路島ではイチゴ狩りができる「いちご農園」が点在しており、関西地方のイチゴ狩りの人気ランキングので上位に入る農園も数カ所あります。理由は、淡路島は自然がいっぱいで、いちご栽培に適しており、観光気分が味わえるという3拍子が揃った「島」特有の環境が大きいのでしょう。淡路島は「玉ねぎの島」として不動の地位を確立していますが、関西では隠れた「いちごの島」として人気の体験観光となっています。おすすめの人気農園は下記の4つとなります。インター近くの立地で選ぶか、いちごの種類で選ぶか、自然いっぱいで選ぶか、他の体験も一緒に選ぶかは、お好みとなります。

東浦イチゴファーム(インターに近くて観光に便利)

  • 農園住所:〒656-2305 兵庫県淡路市浦666-1
  • 電話番号:080-6187-4171

淡路島フルーツ農園(島内最大級の観光農園)

  • 農園住所:〒656-1523 兵庫県淡路市上河合173
  • 電話番号:0799-85-2696

山城農園(豊かな自然を感じられる里山にある農園)

  • 農園住所:〒656-1336 兵庫県洲本市五色町上堺2409
  • 電話番号:090-9091-0836(電話受付9:00~18:00)

淡路ファームパーク イングランドの丘(大規模農業公園)

  • 農園住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話番号:0799-43-2626

奇跡の星の植物館「花見の庭園2018」淡路夢舞台

淡路夢舞台の奇跡の星の植物館で、3月10日(土)から4月15日(日)まで、「春爛漫 花見の庭2018~浮世絵に見る花見~」が開催されます。日本の花文化を象徴する花見をテーマにした花見の和風庭園です。今年は「町方花見」にスポットを当て、花見を楽しみ、園芸を楽しむ江戸庶民の暮らしを浮世絵から紐解き、今昔の庶民の花見を「伝統とモダンの調和」で演出します。楊貴妃、ソメイヨシノ(染井吉野)、河津桜(カワズザクラ)、オカメザクラ、紅枝垂(ベニシダレ)など桜と、ユキヤナギ(雪柳)、コデマリ(小手毬)など春の花木、プリムラマラコイデス桜草の仲間、ストックなど100種2万株の春の植物で彩る和の庭が、花見小袖をイメージして琳派風にデザインされます。この他、モダニズムと伝統園芸展、浮世絵で見る花見と花見弁当箱展、コラボスイーツなどが企画されています。

春爛漫 花見の庭2018の詳細情報

  • 開催期間:3月10日(土)~4月15日(日)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 期間中無休:期間前3月5日(月)~3月6日(火)休館
  • 特別入館料:大人600円、シルバー300円、高校生以下無料
  • HP:奇跡の星の植物館
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場500円(600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

パルシェ香りの館「キンセンカ」無料摘み取り体験

淡路市にある香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」で、キンセンカが見頃を迎えています。大農園にある約10アールの敷地に黄色とオレンジ色の鮮やかなキンセンカが約4000株、約2万本が植えられています。1人20本まで無料で摘み取り体験ができます。受付は無人となっていますが、ハサミ、新聞紙、ビニール袋が用意されています。お好みの長さでキンセンカをハサミで切って、新聞紙に丸めて、ビニールに入れて持ち帰れることができます。この他、パルシェ香りの館では香りの体験が豊富です。天然のエッセンシャルオイルから好きな香りを選んで作るオリジナル香水作り、天然素材とハーブを使って作る石けん作り、色とりどりの砂や好きなガラス小物で作るオリジナルキャンドル作り、鑑賞用として特殊なオイルで植物を閉じ込めるハーバリウム作りなど、美容と健康に良いメニューが用意されています。

キンセンカ無料摘み取り体験の詳細情報

  • 開催場所:パルシェ香りの館 大農園
  • 受付場所:大農園入口(無人受付)
  • 体験料金:無料
  • 本数制限:1人20本まで
  • 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:9:00~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • HP:パルシェ香りの館
  • ベビーカー貸出し:無
  • 車椅子の貸出し:有(無料)
  • 弁当の持込み:不可
  • ペットの入園:不可
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

明石海峡大橋「20周年記念ライトアップ」

4月5日(木)から5月5日(土)まで毎日の日没から0時まで、明石海峡大橋で神戸淡路鳴門道の全通20周年を記念して特別ライトアップが開催されます。本四高速のキャッチコピー「わたる つながる みらいへ」をモチーフとした新プログラムとなり、10個のライトアップパターンを中心に行われます。期間後は5月6日(日)から10月31日(水)までの土曜日、日曜日、祝日に限定となります。また、淡路サービスエリア上りでは、本館の奥にある「恋人の聖地」に認定される「橋の見える丘」と呼ばれる展望台で蓄光石による幻想的な光の演出が行われています。毎日の日没から日の出まで実施されています。本館向かい側にある全長90mの「桜の小道」では、約100本の桜の開花時期に合わせてライトアップされます。点灯期間は4月1日(木)~5月6日(日)の毎日の日没から23時までとなっております。

20周年記念ライトアップの詳細情報

  • 開催場所:明石海峡大橋
  • 開催期間
    4月5日(木)~5月5日(土)の毎日
    5月6日(日)~10月31日(水)の土日祝
  • 開催時間:日没~24:00
  • 点灯パターン
    平日:新10パターン
    土日祝:新10パターン+全31パターン

淡路サービスエリアのライトアップ

  • 開催場所:淡路サービスエリア(上り)本館奥「恋人の聖地」
  • 開催時間:日没から日の出まで
  • 開催場所:淡路サービスエリア(上り)本館向かい「桜の小道」
  • 開催期間:4月1日(木)~5月6日(日)
  • 開催時間:日没~23:00

「夢の淡路島バーガー4種類」限定販売 子供たちが考えた商品

3月23日(金)から4月22日(日)まで、夢の淡路島バーガー4種類が限定販売されています。淡路島バーガー協議会が開催する今回で2回目の企画です。昨年の7月から9月にアイデアを募集して、143点の応募の作品から4点が採用されました。子供たちの夢を実現させるために、各店舗が工夫を凝らして商品を完成させました。商品のお披露目を兼ねた試食会が開催されて、子供たちが考える「夢の淡路島バーガー」4種類が誕生しました。販売される店舗と商品は、福良マルシェ 淡路島の海と山の幸いっぱいの「あわじ島たからものバーガー」、トムズスタジオ淡路夢舞台 ピリ辛味に仕上げた「あわじギョプサルバーガー」、パルシェ香の館 ベルレーヌ 淡路米と淡路牛の相性抜群の「AWAJI★ライスバーガー」、イングランドの丘 コアラ島バーガー 色とりどりの野菜でカラフルな「いろどりおやさいバーガー」となります。

あわじ島たからものバーガー

販売場所:福良マルシェ
販売住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話番号:0799-52-0260
販売価格:800円
販売数量:1日限定5食

あわじギョプサルバーガー

販売場所:トムズスタジオ淡路夢舞台
販売住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2
電話番号:0799-75-2588
販売価格:800円
販売数量:1日限定20食

AWAJI★ライスバーガー

販売場所:パルシェ香りの館 ベルレーヌ
販売住所:〒656-0462 兵庫県淡路市尾崎3025-1
電話番号:0799-85-1162
販売価格:1000円
販売数量:1日限定5食

いろどりおやさいバーガー

販売場所:イングランドの丘 コアラ島バーガー
販売住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
電話番号:0799-43-2626
販売価格:1080円
販売数量:1日限定30食

淡路ワールドパークONOKORO「恐竜ディメトロン出没」

3月24日(土)から4月8日(日)まで、淡路島唯一の遊園地 淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)で、トゲトカゲ恐竜ディメトロンが出没します。全長5メートルのトカゲ型で背中に巨大なヒレを持つ恐竜が園内を歩き回ります。体に触れたり、一緒に記念撮影したりして楽しめます。ディメトロドンが園内に出没する時間帯は、11時30分、14時の2回となります。また、看板施設「ミニチュアワールド」で、スマホのアプリを使って、インスタ映えするおもしろ合成画像が撮影できると評判を呼んでいます。入園ゲートすぐの撮影BOXで好きなポーズを撮ってから、庭園で精巧に再現された縮小サイズの世界の建築物を巡りながら、好きな構図で撮影します。世界の建築物の写真と、自らのポーズ写真とを拡大縮小回転などで合成するとインスタ映えするおもしろ合成画像ができます。

恐竜ディメトロドン出没の詳細情報

  • 開催日時:3月24日(土)~4月8日(日)
  • 出没時間:11:30~、14:00~
  • 開催場所:淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
  • 開催住所:〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
  • 開園時間
  • 平日:10:00~17:00(10月~2月)
  • 土日祝:9:30~17:00(10月~2月)
  • 電話番号:0799-62-1192
  • 入園料金:大人(中学生以上)1200円、子供(4歳~小学生)600円
  • HP:淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
  • 駐車料金:無料(約1000台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名ICから車で約15分
  • アトラクション料金:アトラクションにより異なります。HPでご確認ください。

大鳴門橋記念館うずしお科学館「春休み特別イベント」

3月21日(水)から4月8日(日)の期間、大鳴門橋記念館うずしお科学館で、春休み特別イベント SPRING EVENTSが開催されます。各曜日毎に楽しい企画が用意されています。月曜日と火曜日は、支配人の保坂さんによる「ウミホタルの発光ショー」が開催されます。ウミホタルは、長さ3ミリほどで刺激を受けると青白く発光する節足動物です。水曜日と木曜日と金曜日は、プラスチック板でつくる「オリジナルストラップ」が開催されます。淡路島玉ねぎ、世界一のうずしおなど淡路島を代表する記念となる手作りストラップを作ります。土曜日と日曜日は、うずしお紙芝居&うずしおクイズが開催されます。世界一のうずしお「鳴門の渦潮」を紙芝居でわかりやすく学べます。紙芝居の後、クイズ大会に参加して景品がゲットできます。また、イベント期間に入場された小学生のお子様全員に、もれなくプレゼントがあります。

春休み特別イベントの詳細情報

  • 開催場所:大鳴門橋記念館うずしお科学館
  • 開催期間:3月21日(水)~4月8日(日)
  • 開催住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘大鳴門橋記念館
  • 電話番号:0799-52-2888
  • 入場料金:大人500円、中高校生200円、小学生100円
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
  • HP:大鳴門橋記念館
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:無料(普通車130台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路島南ICから車で約5分、西淡三原ICから車で約15分

明石海峡公園「セイヨウスイセン(西洋)」約7万株が見頃

淡路島国営明石海峡公園で、セイヨウスイセン(西洋スイセン)が見頃です。陽だまりの丘、やすらぎの森で約7万株が咲いています。セイヨウスイセン(西洋スイセン)は、ニホンスイセンに比べて、大きくてラッパに咲き、黄色のお花が多いです。開花時期は遅いが特徴です。4月上旬頃まで見頃が続きそうです。また、大地の虹にある高さ4メートル長さ30メートルの花飾りをしたフェニックス(花火鳥)が美しい春の花をまとっています。赤い翼に青と白と黄の羽を羽ばたかせて元気良く飛び立ちそうに見えます。なお、花飾りをしたフェニックス(花火鳥)は震災からの再生と復活の祈りを込めたモニュメントになっています。この他、関西トップクラスとなる130品種1500株を集めたクリスマスローズが見頃です。花の丘道にあるクリスマスローズガーデンで、約1500株の綺麗で可憐な花が4月上旬まで次々と開花します。

セイヨウスイセン(西洋)約7万株の詳細情報

  • 見頃期間:3月下旬頃から4月上旬頃まで
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車料金:有料:500円(普通車500台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

春の淡路島「公園へ行こうキャンペーン」淡路市北部7花緑施設

3月17日(土)から5月31日(土)まで、淡路島の春のイベントを楽しんでもらおうと、淡路市北部地域にある7つの花緑関連施設で「春の淡路島 公園へ行こう」キャンペーンを展開しています。参加施設は、兵庫県立淡路島公園 ニジゲンノモリ、あわじ花さじき、淡路島国営明石海峡公園、奇跡の星の植物館、淡路夢舞台、淡路ハイウェイオアシス、兵庫県立淡路景観園芸学校の7つとなります。淡路島では、春に綺麗な花が咲き乱れ、楽しいイベントがたくさん開催されます。そのような「春」を楽しんでもらおうと兵庫県が企画しました。また、4月1日(日)から5月27日(日)まで、7つの緑化施設を含めて、淡路市の花緑施設と交通施設を周遊するフラワーリングバスが登場します。1日乗り放題(大人500円、小中学生250円)で30分に1本のペースで運行します。淡路島の花めぐりには大変便利でお得な乗り物です。

ニジゲンノモリ 兵庫県立淡路島公園

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425
  • 電話:0799-72-3161

淡路島国営明石海峡公園

  • 住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

兵庫県立あわじ花さじき

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話:0799-74-6426

奇跡の星の植物館

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話:0799-74-1200

淡路ハイウェイオアシス

  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
  • 電話:0799-72-0220

淡路夢舞台

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1
  • 電話:0799-74-1000

兵庫県立淡路景観園芸学校

  • 住所:〒656-1726 淡路市野島常盤954-2
  • 電話:0799-82-3455

淡路島「七福神めぐり」パワースポット巡り

淡路島の七福神巡りが年明け以降も盛況です。淡路島を七福神が乗り宝物を積んで海を進む「宝船」に見立てて、島各所にある七つの幸福の神様が祀られている七つのお寺を参拝して周ります。宝船は淡路島が国生み神話でイザナギとイザナミが最初に創造された島であること、淡路島が昔から御食国といわれ食の宝庫であること、淡路島が山と海と花に囲まれた自然の宝庫であることに由来しています。縁起が良くてご利益があるパワースポット巡りとして人気の開運ツアーとなっています。

八浄寺(大黒さん、裕福の神様)

  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026

宝生寺(寿老人さん、長寿の神)

  • 住所:〒656-2143 兵庫県淡路市里326
  • 電話:0799-62-2905

智禅寺(弁天さん、知恵の神様)

  • 住所:〒656-1556 兵庫県淡路市草香436
  • 電話:0799-86-1472

長林寺(福禄寿さん、大望の神)

  • 住所:〒656-1304 兵庫県洲本市五色町都志万歳975
  • 電話:0799-33-0121

護国寺(布袋さん、和合の神)

  • 住所:〒656-0511 兵庫県南あわじ市賀集八幡732
  • 電話:0799-54-0259

万福寺(恵比寿さん、律儀の神)

  • 住所:〒656-0515 兵庫県南あわじ市賀集鍛治屋87-1
  • 電話:0799-54-0244

覚住寺(毘沙門さん、勇気の神)

  • 住所:〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
  • 電話:0799-42-0436

イングランドの丘「オニオンパラダイス2018」

3月21日(水祝)から3月31日(土)まで、淡路ファームパーク イングランドの丘で、「オニオンパラダイス2018」が開催されます。玉ねぎの皮向き競争、宝探し、クイズラリー、収穫体験など玉ねぎイベント満載です。また、豪華ステージショーでは日替わりで、やしろ優さんをはじめ、不二家「ペコちゃん&ポコちゃん」、クッピーラムネ「クッピー&ラム」、うまい棒「うまえもん」、大道芸人ヨッシーさんなどが登場して、FM徳島さんのラジオ公開収録なども行われます。また、各レストランでは春メニューを提供しています。子供たちが考えた淡路島バーガーや、新ご当地グルメ淡路島サクラマス料理などが数量限定で登場します。お花見頃情報では、3月下旬~4月上旬までは1万球のチューリップが、4月中旬から下旬までは園内最大のお花畑に10万本のネモフィラが見頃になります。

オニオンパラダイス2018の詳細情報

  • 開催期間:3月21日(土)~3月31日(日)
  • 開催場所:淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 開催住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話番号:0799-43-2626
  • 開園時間:9:00~17:00(3月~11月)
  • 入園料金:大人800円、子供400円、3歳以下無料
  • HP:淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 駐車料金:無料(1500台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分
  • アトラクション料金:アトラクションにより異なります。

ニジゲンノモリ「3月限定1日フリーパス食事付4800円」

アニメパーク ニジゲンノモリで、3月1日(金)~3月31日(土)までの1カ月間限定で利用可能となる「1日フリーパスチケット」を販売しています。対象アトラクションは、クレヨンしんちゃんの「アッパレ!戦国大冒険!(1コースのみ)」、「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」、「ふわふわカンタムロボ」、「ナイトウォーク火の鳥」、「期間中実施の有料イベント」となります。レストラン「モリノテラス」でフリーパス特別プレート、園内を周遊する「カート・トラムカー乗車券」も付いています。

ニジゲンノモリの詳細情報

  • 住所:〒656-2301 淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061
  • 入園料:無料
  • アトラクション料金:アトラクションにより異なります。
  • HP:ニジゲンノモリ
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 駐車料金:無料(約500台)アトラクションにより最寄駐車場が異なります。

3月限定1日フリーパスチケットの詳細情報

  • チケット有効期間:3月1日(金)~3月31日(土)まで
  • 対象アトラクション
    アッパレ!戦国大冒険!(1コースのみ)
    チャレンジ!アクション仮面飛行隊!
    ナイトウォーク火の鳥
    ふわふわカンタムロボ
    期間中実施の有料イベント
    レストラン「モリノテラス」フリーパス特別プレート
  • チケット料金:総額12400円→4800円(大人・子供共通)
  • チケット販売方法
    予約券:公式WEBサイト
    当日券:現地ショップニジゲンノモリガイドマップ

神戸淡路鳴門道沿線の人気16店舗「スイーツラリー」

神戸淡路鳴門自動車道の全線開通20周年のプレイベントとして、「神戸淡路鳴門自動車道沿線スイーツラリー」が開催されています。本州と四国をつなぎ明石海峡大橋、淡路島、大鳴門橋と通っている神戸淡路鳴門自動車道の沿線にある人気のスイーツ店16店舗(神戸市8店舗、淡路島4店舗、鳴門市4店舗)が参加するスタンプラリーとなります。有名スイーツ店で美味しいスイーツを食べて、もしくは、美味しいスイーツを購入して、スタンプを集めて、郵送もしくは投函すると、抽選で豪華商品がゲットできます。なお、応募方法は必要事項を記入して「郵送」、または淡路島にあるサービスエリア、または、パーキングエリアの「お客様の声BOX」に「投函」でもOKです。

神戸淡路鳴門道沿線スイーツラリーの詳細情報

  • 開催期間:1月13日(土)~3月31日(土)
  • 参加店舗:神戸市(8店舗)淡路島(4店舗)鳴門市(4店舗)
  • 応募用紙:各参加店舗に設置(スタンプ1回につき1人1つ)
  • 応募方法:チラシに印刷の応募用紙に、参加店で食事または購入でスタンプ。必要事項を記入して郵送、もしくは、淡路島のSAまたはPAに設置の「お客様の声BOX」から投函。(4月2日(月)消印有効)
  • HP:神戸淡路鳴門自動車道沿線スイーツラリー
  • 住所:〒530-0005 大阪市北区中之島2丁目2番2号
    「神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念イベント事務局」係
  • 電話:06-4706-3313

明石海峡公園「春のカーニバル」

3月17日(土)から5月20日(日)まで、淡路島国営明石海峡公園で、春のフラワーリレーに合わせて「春のカーニバル」が開催されます。自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。いよいよ同公園のメインの花と言っても過言ではない自慢の250品種、20万株を超えるチューリップが春に登場します。日本最大級となる立体花壇を色とりどりのチューリップが虹色に染め上げます。オランダ王国大使館が後援する大型イベントでもあります。今後、春のフラワーリレーでは、3月上旬に見頃を迎える河津桜、ミモザ、クリスマスローズ、3月中旬に見頃を迎える西洋スイセン、4月に見頃を迎えるチューリップやアネモネ、ネモフィラ、リビングストンデージー、5月に見頃を迎えるシャーレーポピーなど色とりどりの花がリレーをしながら見頃を迎えて入れ替わり開花していきます。

春のカーニバルの詳細情報

  • 開催期間:3月17日(土)~5月20日(日)
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人410円、シルバー210円、小人80円
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車場:有料500円(普通車約600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

ドラクエ30周年記念碑の銅像「ドラクエファンの聖地」記念撮影で注目

ドラクエ30周年記念碑の銅像が、2月11日(日)に洲本市文化体育館で「ドラゴンクエストスペシャルコンサート」を誘致開催された際に、ドラクエ生みの親の堀井雄二さんと、作曲家のすぎやまこういちさんが開演前に洲本市民広場にある銅像前で記念撮影をしたことで注目されています。洲本市は、ふるさと納税返礼品にドラクエグッズを採用したり、ドラゴンクエストミュージアムセレクション淡路島洲本を開催したり、ドラゴンクエストスペシャルコンサートを開催したりと、ドラクエの聖地としての地位を確立しつつあります。

ドラクエ30周年記念碑の銅像の詳細情報

  • 場所:洲本市民広場の旧アルファビアミュージアム建物前
  • 住所:〒656-0021 洲本市塩屋1丁目1-17
  • 入場料:無料
  • 駐車場:洲本バスセンター駐車場、イオン洲本店、エディオン洲本店
  • 最初1時間無料、その後1時間毎に100円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

淡路島モンキーセンター「寒い日に恒例のサル団子」

淡路島洲本市にある「淡路島モンキーセンター」で、寒い日に野生のサル(猿)が寒さをしのぐために、サル同士で体を寄せ合ったり、チビザル(子ザル)を抱き寄せたりして、一カ所に密集してだんご状態になる、冬には恒例の「サル団子」が見られます。サル団子は毎日見られるわけではありませんが、気温が低かったり、曇りの日などに餌の時間になって集まると良く形成されるそうです。また、大小300匹のサルを自然なかたちで見学をしたり、手渡しでエサやりをしたり、一緒に写真を撮ったりとサルとのふれあいを楽しめます。

淡路島モンキーセンターの詳細情報

  • 所在住所:〒656-2533 兵庫県洲本市畑田組289
  • 電話番号:0799-29-0112
  • 営業時間:9:30頃~17:00頃(サル(猿)が山から来て山に帰るまで)
  • お食事処:10:00~17:00
  • 定休日:木曜日(祝日年末年始営業)
  • ※なお、9月~11月はサル(猿)が来ないので見学できず、ほぼ休園となります。
  • 入園料:大人(中学生以上)700円、小人(4歳以上)350円
  • サルのエサ:200円
  • 駐車場:40台(無料)
  • HP:淡路島モンキーセンター
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約40分

南あわじ市産業文化センター「瓦とひなまつり」

淡路島の南あわじ市産業文化センターで、2月10日(土)~4月8日(日)に「瓦とひなまつり」が開催されています。今年は約800体のひな人形が展示されています。400年の淡路瓦の伝統と1000年のひな祭りの歴史のコラボレーションにより、日本の伝統文化が融合した美しい世界をご覧いただけます。いぶし銀と毛せんのコラボが奏でる調和の世界をコンセプトとして、1枚1枚が家を風雪からお守りする役割の瓦と、子供の健やかな発育を見守る役割のひな人形が合体して、土地の発展を願っているかのような雰囲気を醸し出してる美しいひな祭りを堪能していただけます。また、開催期間中に記念として瓦で作った「瓦とひなまつり」の可愛らしいオリジナルコースターが販売しています。入場は無料です。

瓦とひなまつりの詳細情報

  • 開催場所:南あわじ産業文化センター 展示棟
  • 開催期間:2月10日(土)~4月8日(日)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 開催住所:兵庫県南あわじ市津井2285-4
  • 電話番号:090-5133-9800(代表:前谷氏)
  • HP:瓦とひなまつり
  • 駐車場:無料(30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分

滝川記念美術館玉青館「淡路島のぶろんず(ブロンズ)展」

淡路島南あわじ市の滝川記念美術館玉青館で、2月3日(土)から4月1日(日)まで「淡路島のぶろんず展」が開催されています。2015年4月に南あわじ市松帆地区で発見された約2200年前の弥生時代の松帆銅鐸をはじめ、銅剣、銅鏡、貨泉など淡路島で発見された青銅器(ブロンズ製)の文化財約70点を展示しています。松帆銅鐸は、7点のうち最も古い菱環鈕(りょうかんちゅう)式の1点と銅鐸につるして音を鳴らすための棒とされる舌(ぜつ)の4点の実物を展示しています。鋳造復元した松帆銅鐸、古津路銅剣は実際に触れて体験することができます。また、来館された方全員に、3月4日に南あわじ市の淡路ファームパーク イングランドの丘と、美菜恋来屋(みなこいこいや)で開催される「淡路古代フェスティバル」で使用できるクーポン券が無料でプレゼントされます。

淡路島のブロンズ展の詳細情報

  • 開催場所:南あわじ市滝川記念美術館玉青館
  • 開催期間:2月3日(土)~4月1日(日)
  • 開館時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 所在住所:656-0314 南あわじ市松帆西路1137-1
  • 電話番号:0799-36-2314
  • 休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合翌日以降の平日)
  • HP:南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約5分
  • 駐車場:無料(約20台)
  • 観覧料:大人300円、大学生高校生200円、小学生中学生100円
  • 展示観覧者に淡路古代フェスティバルで使用できるクーポンを無料プレゼント

淡路岩屋4入浴施設「湯名人スタンプラリー」

2017年12月23日から2018年3月31日まで淡路島岩屋にある「スーパー銭湯」と「温泉旅館」と「昔ながらの銭湯」という4つの入浴施設が入浴スタンプラリーを開催しています。4施設でお風呂を楽しみスタンプを集めると「淡路岩屋の湯名人(ゆうめいじん)」に認定されます。認定の証として「淡路岩屋の湯名人(ゆうめいじん)オリジナルタオル」がプレゼントされます。チラシ兼スタンプ台紙は、4施設の他、道の駅あわじ、岩屋港でも入手可能です。なお、4施設とも定休日が不定期ですので事前にご確認することをおすすめします。

美湯松帆の郷

  • 住所:淡路市岩屋3570-77
  • 電話:0799-73-2333
  • 時間:11:00~22:00
  • 休日:不定休
  • 料金:大人700円(中学生以上)子供400円(3歳未満無料)

淡海荘

  • 住所:淡路市岩屋3559-4
  • 電話:0799-72-4111
  • 時間:12:00~21:00
  • 休日:不定休
  • 料金:大人800円(中学生以上)子供400円(3歳未満無料)

丸吉湯

  • 住所:淡路市岩屋1587
  • 電話:0799-70-1740
  • 時間:14:30~22:30
  • 休日:不定休
  • 料金:大人400円(中学生以上)中人150円(小学生)小人60円(未就学児)

扇湯

  • 住所:淡路市岩屋1390
  • 電話:090-6976-6541
  • 時間:15:00~23:00
  • 休日:5営業1休(土日祝営業)
  • 料金:大人400円(中学生以上)中人150円(小学生)小人60円(未就学児)

北淡震災記念公園「2つの大震災写真展「復興へあゆむ」」

北淡震災記念公園で1月15日(月)から、写真展「阪神淡路大震災、東日本大震災写真展「復興へあゆむ」」を開催しています。二つの大災害の発生直後と最近の様子との比較写真、被災地の爪痕と復興への歩みが伝わる報道写真、当日夕刊や臨時淡路版全24号などを展示。この他、震源に最も近い野島断層のズレを140mにわたり展示していたり、震度7の縦揺れと横揺れの違いを体験できたり、震災シアターで震災と防災の映像をご覧いただけます。

2つの大震災写真展「復興へあゆむ」の詳細情報

  • 開催期間:1月15日(月)~4月15日(日)
  • 開催場所:北淡震災記念公園
  • 開催住所:〒656-1736 兵庫県淡路市小倉177
  • 電話番号:0799-82-3020
  • 営業時間:9:00~17:00
  • レストラン:10:00~15:30
  • 入館料金:大人700円、中高生300円、小学生250円
  • 駐車場:無料(普通200台、大型50台)
  • HP:北淡震災記念公園
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約20分

諭鶴羽神社「羽生結弦ファンの聖地」平昌五輪連覇で注目

羽生結弦選手が、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで五輪連覇という偉業を成し遂げました。66年ぶりの快挙です。淡路島にある諭鶴羽神社(ゆづるはじんじゃ)は「ゆづる」と名前が付く全国2社のうちの1社として、数年前から羽生結弦ファンの間で「聖地」となっています。羽生結弦選手も昨年6月に淡路島を訪れて車で諭鶴羽山を登り諭鶴羽神社を参拝されています。これまで羽生結弦選手が足首を怪我された以降、平昌オリンピックの本番が終わるまでファンからの多くの絵馬が奉納されていました。現在は、羽生結弦選手オリンピック2連覇を祝福する絵馬が増えているそうです。

諭鶴羽神社の詳細情報

  • 所在住所:〒656-0551 兵庫県南あわじ市灘黒岩472
  • 電話番号:090-3990-5334
  • HP:諭鶴羽神社
  • 駐車場:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから車で約45分
    ※諭鶴羽神社へアクセス道路は、幅員が狭く注意が必要です。普通車は駐車場まで走行可能です。自信のない方は無料送迎も行っています。前日までに連絡で事前予約必要です。

淡路島ぬーどるの冬限定メニュー8種類

淡路島の新名産となっている手延べ麺「淡路島ぬーどる」で、冬限定メニュー8種類が、11月20日(月)から来年3月31日(日)まで販売されています。淡路島の洲本商工会議所の「御食国(みけつくに)プロジェクト実行委員会」による新名産品づくりの取り組みです。「淡路島ぬーどる」とは、南あわじ市福良の製麺業者が開発した長さ38センチ、太さ2ミリの手延べ麺のことです。淡路島の名産化を目指して2009年から淡路島ぬーどると淡路島タマネギを使ったメニューを島内の飲食店やホテルが開発しました。毎年6万5千~7万食を販売しており安定した人気を誇っています。現在、淡路島ぬーどると淡路島産の食材とコラボしたメニューが淡路島で32店が通年で提供されています。2014年から、寒い季節に楽しめるように汁ものの冬季限定メニューが始まり、今年は8店舗が参加しています。

淡路島ぬーどるの冬限定メニュー8種類の詳細情報

  • 提供期間:2017年11月20日(月)~2018年3月31日(日)
  • 提供店舗:鼓や、淡路夢泉景 鍋ダイニングいいそ、淡路島観光ホテル、ホテルニューアワジ レストラン シーサイド、淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ 麺処 舞扇、夢海游 淡路島個室料亭 磯辺亭、大鳴門橋記念館 絶景レストラン うずの丘、ホテルニューアワジかまどダイニング バル淡道
  • 提供メニュー:淡路島玉ねぎと鯛の揚げ出しぬーどる、阿波尾鶏と島海鮮の七福ぬーどる鍋、淡路島ちゃんぽんぬーどる、淡路島ぬーどると若鶏のグリル、グリーンカレーソース、とらふぐ白子天ぷらぬーどる、淡路牛鍋ぬーどる、淡路島鯛ぬーどる、淡路牛あんかけぬーどる

淡路関空ライン キャンペーン4月末まで往復2800円

2月15日(木)から4月30日(月)まで、関西空港-淡路島洲本港を結ぶ淡路関空ラインの高速船で、お客様感謝キャンペーンを開催しています。往復券の購入で帰りは0円(タダ)となり、片道料金だけで淡路島から帰って来れることになります。関西空港-淡路島洲本港の往復券2800円(通常5300円)となり、片道換算1400円となります。4月末までは関西空港のある大阪府泉佐野市を含めたいわゆる大阪ミナミと、淡路島洲本港のある兵庫県洲本市が近い存在となりそうです。キャンペーンにより、大阪府南部や和歌山県、その近隣地域から淡路島洲本市までがお安くなります。特に、淡路関空ラインの高速船は自転車が搭載可能です。淡路島一周する通称「アワイチ」を楽しみたい、大阪府南部や和歌山県、その他近隣地域に住むサイクリストには便利な交通手段となります。

キャンペーン4月末まで往復2800円の詳細情報

  • 開催期間:2月15日(木)~4月30日(月)
  • 企画内容:往復券を購入すると帰りが0円になります。
  • 大人往復:2800円(通常5300円)
  • 小児往復:1400円(通常2700円)
  • HP:淡路関空ライン
    ※往復切符の復路は発行日から30日間有効
    ※小児料金は小学生
    ※就学前の幼児は同伴の大人1名様につき1名様無料
    ※中学生以上は大人料金
    ※障がい者などの運賃(普通運賃の半額)は障がい者手帳など提示必要

淡路島中央スマートIC「開通」

神戸淡路鳴門道で、津名一宮インターチェンジから洲本インターチェンジまでの区間に「淡路島中央スマートインターチェンジ(SIC)」が2月17日(土)から開通しています。淡路島中央スマートICは、津名一宮ICから約8Km、洲本ICから約4Kmの位置にあり、洲本市中心部へは約5Km、洲本市五色地域へは約10Kmで結ばれます。洲本市中心部へのアクセスが従来より約5分短縮される見込みです。淡路島中央SICは、通行可能車両が車長12m以下のETC搭載車両に限定されて料金収受係がいません。24時間で利用が可能です。ETCゲート前では、一時停止が必要となります。淡路島中央スマートIC-垂水JCT間の通行料金(普通車)は、平日1750円、休日1590円となり、洲本IC-垂水JCT間の通行料金(普通車)より、平日で110円、休日で60円安くなります。

淡路島中央スマートICの詳細情報

  • 設置場所:兵庫県洲本市中川原町市原
    (津名一宮ICから約8キロ、洲本ICから約4キロ)
  • 利用時間:24時間利用可能
  • 出入方向:両方向利用可能(神戸方面、鳴門方面)
  • 対象車種:ETC搭載の全車種(車長12m以下)
  • ETC車料金の参考価格
    垂水-淡路島中央:1750円(休日1590円)
    神戸西-淡路島中央:1980円(休日1700円)
  • 利用案内
    利用できるのはETC搭載の車両だけとなります。
    車長12メートルを超える車両は利用できません。
    スマートICでは一旦停止が必要となります。
    開閉バーが開いてから発進となります。
    誤って進入した場合インターホンから連絡してください。

関連記事