日帰り温泉「花季」

宿泊・温泉

花季は、日帰り温泉でおすすめスポットです。温泉は、2018年に開湯した新源泉「洲本温泉うるおいの湯」を目の前に広がる海原を眺めて楽しめます。風と波が奏でる自然の調べに心が癒されます。

湯船は、1階の展望浴苑「風の音・波の音」と貸切露天風呂があります。潮騒を聴きながら満天の星空の下で露天風呂に浸かれます。他にも、海辺の回廊で結ばれたグループホテルの湯巡りを楽しめます。

グループホテル「ホテルニューアワジ」ではスパテラス水月の「淡路棚田の湯」と「くにうみの湯」とグループホテル「淡路夢泉景」では湯賓閣の「天宮の雫」の3つの湯処と2つの源泉を楽しめます。

新源泉「洲本温泉うるおいの湯」は、三熊山の麓が厳選の名湯「洲本温泉」です。泉質は、なめらかな肌ざわりのアルカリ性単純温泉です。湯に浸かると身体にしっとりと馴染むなような感覚が特徴です。

展望浴苑「風の音・波の音」は、目の前に広がる紀淡海峡の絶景が眺められます。洲本温泉の湯船に浸かりながら心と身が解きほぐされます。風と波が奏でる自然の調べに心がリラックスできます。

潮騒を聴きながら満天の星空の下で露天風呂の湯に浸かると自然と一体になったかのような気分です。

  • 営業時間:14:00~24:00、日の出~11:00

なお、備品として脱衣籠、ドライヤー、ヘルスメーター、扇風機、シャワーチェアがあります。

アメニティは、バスタオル、フェイスタオル、ヘアブラシ、ティッシュ、ハンドソープ、綿棒、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、男性用アメニティ(ヘアトニック、ヘアリキッド、乳液、アフターシェーブローション)、女性用アメニティ(コットン、クレンジング、化粧水、乳液、ヘアエッセンス)となります。

貸切露天風呂は、紀淡海峡を望む抜群のロケーションが一人占めできます。プライベートな空間で贅沢な時間を過ごせます。利用料金は45分2200円です。電話またはメールで事前予約が必要です。

  • 営業時間:15:00~22:00(最終スタート)

なお、施設備品は、フェイスタオルとバスタオルとなります。

花季の日帰り温泉は、日帰りプランとして日帰り夕食プランがあります。温泉と夕食がセットになった気軽に利用できるお得な日帰りプランとなります。事前に電話予約が必要です。

日帰り夕食プランは、七福宝楽焼会席、天然桜鯛と伊勢海老・鮑付き特選宝楽焼会席(春限定)、鱧づくし会席(夏限定)、3年とらふぐ三昧(冬限定)があります。

  • 【日帰り夕食プラン】七福宝楽焼会席:7,333円~
  • 【日帰り夕食プラン】天然桜鯛と伊勢海老・鮑付き特選宝楽焼会席:11,509円~(3月~5月)
  • 【日帰り夕食プラン】淡路島産活鱧づくし会席:11,509円~(5月~8月)
  • 【日帰り夕食プラン】淡路島3年とらふぐ三昧:11,509円~(11月~3月)

七福宝楽焼会席は、名物「宝楽焼」を食べられます。ダイニングレストランで淡路島の由良港で水揚げされる魚を新鮮・あつあつ・作りたてで提供されます。カフェワンドリンク券が付きます。

天然桜鯛と伊勢海老・鮑付き特選宝楽焼会席は、鯛と海老と鮑が入た豪華な特選宝楽焼が提供されます。脂が乗り身が締まった春の風物詩「桜鯛」を堪能できます。カフェワンドリンク券が付きます。

淡路島産活鱧づくし会席は、淡路島を代表するブランド食材「鱧」を堪能できます。鱧が産卵に備えた夏は脂が乗る最高の季節です。カフェワンドリンク券が付きます。

淡路島3年とらふぐ三昧は、福良湾で育てられた「とらふぐ」を堪能できます。ひれ酒、てっさ、てっちりなど三昧です。抜群に身が引き締まり旨味がたっぷりです。カフェワンドリンク券が付きます。

淡路島の日帰り温泉は「淡路島日帰り温泉おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、花季は洲本市中心部から南下した洲本温泉郷にある温泉旅館です。古茂江岬にあるホテルニューアワジグループの渚の荘です。紀淡海峡の大パノラマが一望できるテラスが特徴の和み宿です。

ミシュランガイド兵庫2016特別版で3レッドパビリオンを獲得しています。エントランスを抜けると広がるウッドデッキテラス「NAGISAテラス」は圧倒的な景色が一望できます。

部屋数は、和室10帖10室、和風ツインルーム2室、露天風呂付和洋室「波瑠香」16室の全部で28室です。全室が紀淡海峡のオーシャンビューの部屋です。

レストランは、掘り炬燵席、テーブル席、ソファ席があるダイニングです。他には、オーシャンビューのカフェ、彩浴衣ブティック、ヒーリングマッサージの古代ハワイのロミロミサロンがあります。

また、花季の基本情報は以下のとおりです。

公式のSNSページは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました