ホーム

淡路島観光が楽しく 観光・グルメ・イベント
おすすめ情報を提供 あわじしま観光ナビ

あわじしま観光ナビは、淡路島観光が楽しくなる、おすすめ情報(観光スポットやグルメスポット、イベント情報など)をご紹介します。淡路島は、国生み神話で有名で、古くから御食国として、最近では公園島淡路として観光客が増えています。そんな中、淡路島でおすすめの定番スポットや穴場スポット、観光スポットやグルメスポット、名所や名物、名産や特産、絶景スポットや絶品グルメなど、淡路島を訪れる皆様の観光が楽しくなる情報を満載して掲載しています。日本の兵庫県の島、瀬戸内海で最大の島、国生み神話の島、御食国の島、公園島の島である淡路島へ是非お越しください。あわじしま観光ナビ(Kankou-awajishima)

淡路島のおすすめイベント情報

淡路島のおすすめ観光スポットをまとめました。

淡路島のおすすめグルメスポット

淡路島のおすすめグルメスポットをまとめました。

はじめての淡路島観光が楽しくなる

はじめての淡路島観光が楽しくなるために、絶対に押さえておきたい人気でおすすめの観光スポットとグルメスポットがあります。絶景スポットとして世界一の吊り橋、パワースポットとして日本最古の神社、四季折々の花が咲く公園島の大花畑、淡路島のソウルフード、大人気B級グルメなど、はじめて淡路島を訪れた方が淡路島を観光して良かったと思えるような大人気の観光スポットとグルメスポットをご紹介します。

はじめての淡路島観光 に進む

もっと淡路島観光が楽しくなる

もっと淡路島観光が楽しくなるために、絶対に外せないおすすめの観光スポットとグルメスポットがあります。山あり海ありの淡路島ならではの絶景を望める観光スポット、山の幸も海の幸も味わえる淡路島ならではの絶品を味わえるグルメスポット、古くから淡路島に伝わる文化や伝統を楽しめる文化スポット、山間にあり海辺にあり小民家ありの淡路島ならではのカフェスポットなど、二度目以降に淡路島を訪れた方が淡路島を観光して良かったと思えるような大人気の観光スポットとグルメスポットをご紹介します。

もっと淡路島観光 に進む

淡路島観光でおすすめの楽しみ方6選

淡路島は、豊かな自然と美味しい食材と古い歴史の3拍子が揃った観光地です。淡路島観光でおすすめの代表的な楽しみ方は、淡路島で絶景を楽しむ、淡路島の四季折々の花を楽しむ、ご当地グルメ「淡路島バーガー」を楽しむ、ソウルフード「淡路島牛丼」を楽しむ、淡路島の伝統や文化を楽しむ、淡路島のカフェやスイーツを楽しむなど厳選して6つをご紹介します。

淡路島観光でおすすめの楽しみ方6選 に進む

淡路島観光おすすめ人気スポット29選

淡路島観光をもっと楽しみたい皆様に、絶対に外せないおすすめの観光スポットとグルメスポットをご紹介します。山あり海ありの淡路島ならではの絶景を望める観光スポット、山の幸も海の幸も味わえる淡路島ならではの絶品を味わえるグルメスポット、古くから淡路島に伝わる文化や伝統を楽しめる文化スポット、山間にあり海辺にあり小民家ありの淡路島ならではのカフェスポットなど、もっと淡路島観光を楽しむための情報を提供します。

淡路島観光でおすすめ人気スポット29選 に進む

​淡路島観光にお役立ち 淡路島ガイド

150キロのロングライドのアワイチで人気の淡路島

淡路島は、本州と明石海峡大橋で結ばれた、四国と大鳴門橋で結ばれた一周が150キロの周囲を明石海峡、鳴門海峡、紀淡海峡、太平洋、大阪湾、瀬戸内海に囲まれた島です。ロードバイクで淡路島を一周する150キロのロングライド「アワイチ」が、琵琶湖を一周する約200キロのロングライド「ビワイチ」と並んで人気です。チームを組んでバイクツーリングも盛んです。

​国生み神話(くにうみ)で最初に創造した島が淡路島

淡路島は、日本最古の書物の古事記と日本書紀で、日本の国生み神話に最初に創造された島とされています。古事記では淡道之穂之狭別島、日本書紀では淡路洲と名付けられて登場します。また、淡路島の国生み神話ゆかりの地される伊弉諾神宮(いざなぎ)は、古事記と日本書紀に創祀の記載があり、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)を祀る日本最古の神社です。

​御食国(みけつくに)として食材豊富な淡路島

淡路島は、平安時代まで朝廷に食材を献上する御食国(みけつくに)と呼ばれていました。古事記では仁徳天皇の頃に「旦夕淡道嶋の寒泉を酌みて、大御水献りき」と記されており、毎日飲む水まで淡路島から運ばれたとされています。現在も、ブランド牛のルーツとされる淡路牛、全国ブランドの淡路島玉ねぎ、淡路米、鯛や鱧、ふぐなど豊富な食文化が受け継がれています。淡路島玉ねぎ

​公園島淡路(こうえんじま)で花の島の淡路島

淡路島は、古くから受け継がれる人と自然の共生の精神から「花と緑あふれる公園島淡路」という理念を掲げて、淡路花博「ジャパンフローラ2000」の開催から花の文化を興しました。「震災の島」から「花の島」へ変貌を遂げました。四季の花々が咲き誇る大花畑で豊かな自然との繋がりを体感できる公園島淡路の象徴は淡路島国営明石海峡公園と兵庫県立あわじ花さじきです。

海が豊かで海の幸、海釣り、海水浴も人気の淡路島

淡路島は、明石海峡と鳴門海峡に2つの海峡に挟まれていることから、海峡近辺にエサが集まりやすく、豊富な漁場が多いことから漁業が盛んです。鯛、鱧、しらす、イカナゴなどが有名です。また、3年とらふぐ、わかめ、海苔の養殖も盛んです。関西では海釣りスポットで人気があります。また、海水が綺麗なことからシーズンに入ると、多くの海水浴場が賑わいます。

ため池の密集度が全国一でバス釣り盛んな淡路島

淡路島は、「ため池」が約2万3千カ所あります。兵庫県の約6割、全国の10分の1を占めています。市町村別のため池数でも、淡路市が全国1位、洲本市が全国2位、南あわじ市が全国8位と上位を占めます。3市合わせた「ため池密度」は日本一です。その結果、野池でマナーを守ってバスフィッシング(バス釣り)で全国各地から釣り好きが集まって楽しんできます。