淡路島3年とらふぐ おすすめ15選

和食

淡路島3年とらふぐでおすすめの15選をご紹介します。2020年の淡路島3年とらふぐの料理は、11月上旬から翌年3月下旬まで淡路島の冬の食材として飲食店・旅館・ホテルで提供されます。

淡路島3年とらふぐとは、淡路島の福良湾で養殖されます。全国でも1番水温が低く、日本一潮の流れが速い鳴門海峡付近の養殖場です。通常2年のところ、3年の歳月をかけてじっくりと育てられます。

身が締まり味が濃厚で天然物にも引けをとらない美味しさで全国でも有名です。淡路島では、淡路島3年とらふぐを使用してランチ、コース、会席、日帰り温泉プランなどで提供されています。

淡路島3年とらふぐを使用した料理のレパートリーは、てっさ、てっぴ、てっちり、ふぐ刺し、唐揚げ、焼きふぐ、白子、雑炊、ひれ酒、ふぐスープなど種類が豊富です。

それでは、淡路島3年とらふぐの料理で、おすすめの飲食店・ホテル・旅館をご紹介します。

淡路島3年とらふぐ

なお、淡路島3年とらふぐも含めておすすめグルメは「淡路島グルメおすすめ10選 2020年最新」以下の記事をご参照ください。

松葉寿司

松葉寿司は、淡路島中央部の南あわじ市広田にある寿司処です。洲本インターチェンジから車で約10分とアクセスに便利です。1932年に創業した老舗です。駐車場が約50台で無料です。

淡路島3年とらふぐの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

淡路島三年とらふぐ、淡路島生しらす、淡路島サクラマス、淡路島生サワラ、淡路島鱧、淡路島幻の赤うに、淡路牛と松茸など淡路島の旬の食材を網羅しており料理のレパートリーが豊富です。

人気の海鮮丼はじめ、バリエーションが豊富です。鯛宝楽焼コース、ふぐ、鱧料理、蛸、アナゴなど逸品料理を予約なしで提供しています。団体、個人や団体など合計で約400名の収容が可能です。

少人数で利用できる個室が多数あり、家族連れやカップルの方に便利です。周辺の観光施設として、淡路ファームパーク イングランドの丘、淡路島牧場、おのころ島神社などがあります。

3年とらふぐ「松葉寿司」

淡路島三年とらふぐ寿司膳

淡路島三年とらふぐ寿司膳は、淡路島三年とらふぐのてっさ・てっちりに加えて、松葉寿司のお寿司の五貫が楽しめます。淡路島3年とらふぐ尽くしの大人気の御膳です。価格は4180円(税込)です。

淡路島三年とらふぐ(てっさ・てっちり)、にぎり寿司(五貫)、季節のデザートが付きます。

淡路島三年とらふぐ会席

淡路島三年とらふぐ会席は、淡路島でしかとれない三年とらふぐ尽くしの会席料理です。コラーゲンたっぷりのてっぴや、カレー塩で食べる香ばしいふぐ唐揚げが美味しいです。大人気です。

食前酒、淡路島三年とらふぐ(てっぴ・焼きふぐ・てっさ・てっちり一人鍋・唐揚げ)、焼霜サラダ、茶碗蒸し、雑炊、香の物、フルーツが付きます。価格は6930円(税込)です。

淡路島三年堪能とらふぐコース

淡路島三年堪能とらふぐコースは、食前酒、淡路島三年とらふぐ(てっぴ・焼きふぐ・てっさ・唐揚げ・白子・コラーゲンボール)、雑炊、香の物、フルーツが付きます。価格は8800円(税込)です。

住所〒656-0122 兵庫県南あわじ市広田広田528-1
電話0799-45-1019
公式サイトhttp://www.matsuba-sushi.com/
営業時間平日11:00~14:00(L.O.13:45)17:00~20:30(L.O.20:15)
土日祝11:00~20:30(L.O.20:15)
休業日年末年始
座席数約400席(カウンター席、座敷、個室、広間、大広間)
駐車場約50台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約10分

絶景レストランうずの丘

絶景レストランうずの丘は、淡路島の南西部の丘にある観光施設「うずの丘大鳴門橋記念館」のレストランです。海鮮料理や肉料理など料理コンテストで数々の賞を獲得した料理長が料理を提供します。

淡路島3年とらふぐの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

淡路島の雲丹(ウニ)を使用した「海鮮うにしゃぶ」、7つの魚介類のお造りを食べられる「お造りステージ」、生しらすを使用した「淡路島生しらす丼」などがおすすめです。

大鳴門橋と鳴門海峡の絶景を眺めながら淡路島の魚介類を堪能できるレストランとなります。淡路島玉ねぎのモニュメント「おっ玉葱」、玉ねぎカツラ、玉ねぎUFOキャッチャーなど玉ねぎ尽くしの観光施設として人気です。

あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンでは、ご当地バーガーグランプリ全国1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。ショップでは、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープなどが人気です。

3年とらふぐ「絶景レストランうずの丘」

淡路島3年とらふぐ絶品生うにコース

淡路島3年とらふぐ絶品生うにコースは、淡路島が誇る自慢の食材となる「雲丹(ウニ)」と「河豚(フグ)」がコラボレーションした絶品のコースとなります。

ふぐのうにスープ鍋には、濃厚ウニスープに、150グラムの3年トラフグ、白子、生うに、レタスを投入します。トラフグの引き締まった肉厚の身を鍋で楽しめます。

トラフグの引き締まった肉厚の身を鍋で楽しめます。締めは3年トラフグの旨みをたっぷり染み込んだ濃厚ウニスープを使用した「うに雑炊」となります。コースは、12100円(税込)です。

ふぐのてっさ・ふぐの握り・ふぐのうにスープ鍋・ふぐの唐揚げ・焼きふぐ・ふぐの酢物・うに雑炊セットなどのコースとなります。

淡路島3年とらふぐ白子出汁美福鍋コース

淡路島3年とらふぐ白子出汁美福鍋コースは、栄養価が高く低カロリー、「ふぐ」と「福」をかけて誕生した南あわじ市でしか食べられない鍋です。

特製の白子出汁を使用した雑炊は、トラフグの旨み(コラーゲン)が溶け出してた絶品です。コースは6600円(税込)、9350円(税込)の2つあります。

ふぐのてっさ・白子鍋・レタス・ジュレポン酢・ふぐの唐揚げ・ふぐの酢物・白子出汁の雑炊セットなどのコースとなります。金額により、てっさの切り身の数、白子鍋のグラムが異なります。

住所〒656-0400 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘大鳴門橋記念館2階
電話0799-52-2888
公式サイトhttp://rest.uzunokuni.com/
営業時間10:00~15:30(L.O.15:00)
休業日火曜日(祝日の場合は営業)
座席数188席(2人掛けテーブル席4卓、4人掛けテーブル席45卓)
駐車場約200台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約2分

魚繁

魚繁は、淡路島中央東部で津名港の埋立地新島にある食事処です。仲買人の権利を持つ魚屋の店主が漁港で厳選した新鮮な魚介類を仕入れています。淡路島の近海でその日に獲れた鮮魚が自慢の飲食店です。

淡路島3年とらふぐの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

特別会席をはじめ、鱧鍋会席、淡路島サクラマス会席、三年トラ河豚づくし会席などがあります。一品では、鯛の活造り、宝楽焼、平目の活造りはおすすめです。観光客向けの御膳や定食もあります。

お造り、天ぷら、鶏のから揚げ、焼肉、鱧鍋、サクラマス一人鍋、とんかつ、海老フライ、牡蠣フライなど定食の種類も豊富です。鯛のあら煮、西京焼、鱧の湯引き、蛸の湯引き、鱧の棒鮨など一品も豊富です。

3年とらふぐ「魚繁」

三年トラ河豚づくし会席

三年トラ河豚づくし会席は、淡路島3年とらふぐ尽くしの大人気の会席です。食前酒、先付(もずく)、向付(鯛、中トロ、ハマチ、烏賊、海胆、車海老)、台の物(てっちり)、焼物(焼白子)、油物(ふぐのから揚げ)、酢物(蛸酢)、冷物(てっさ)、雑炊、香の物、デザートとなります。

価格は、8000円(税別)です。2名様から注文できます。

住所〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島6-7
電話0799-62-0035
公式サイトhttp://www.uoshige.biz/
営業時間11:00~14:00、17:00~20:00
休業日水曜日
座席数220席(レストラン40名、宴会場100名、宴会場80名)
駐車場約60台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約7分

あわぢ阿呍

あわぢ阿呍は、淡路島南西端で南あわじ市の福良港近くにある料理店です。アクセスは、西淡三原インターチェンジから車で約15分となります。駐車場は15台です。

淡路島3年とらふぐ・美福鍋の取扱店です。ふぐ料理は2日前までに予約が必要です。

また、鱧(ハモ)料理の取扱店となっています。はも料理は2日前までの予約が必要です。

座席は、テーブル席が4人掛け2卓、個室座敷で掘りごたつが4人掛けと6人掛けの2卓、テーブル席が8人掛けの2卓です。全部で40席です。バリアフリー対応で個室の利用が便利です。

営業時間は、ランチが土日限定で12時から14時までとなります。ディナーが毎日17時30分から22時まで、最終オーダーが21時30分となります。完全予約制です。

料理は、福良漁港、灘漁港、沼島漁港などの天然の魚介類を食材が使用されます。春の鯛料理、夏の鱧料理、冬の河豚料理が好評です。特に1年中提供する鯛そうめんは自慢の一品です。

淡路島産食材こだわり宣言店で三ツ星を獲得しています。予約後から材料を吟味して調理しています。また、鱧(ハモ)料理の取扱店となります。はも料理は2日前までの予約が必要です。

周辺の観光施設として、うずしおクルーズ、淡路人形座、福良マルシェなどがあります。

3年とらふぐ「あわぢ阿呍」

3年とらふぐそうめんコース

3年とらふぐそうめんコースは、阿呍オリジナル「ふくそうめん」をメインにしたコースとなります。ふくそうめんは、唐揚げにしたふくと地元の福良で名産の極細素麺の相性が抜群です。

コース内容は、てっ皮、てっさ、ふく鍋、ふくそうめん、雑炊、果物となります。価格は、8000円(税別)となります。2名様から注文できます。

3年とらふぐてっちりコース

3年とらふぐてっちりコースは、淡路島3年とらふぐのてっちりがメインのコースとなります。福良湾で水揚げされた良質なふくは、身が引き締まり、淡白ながら旨みが十分です。

コース内容は、てっ皮、てっさ、てっちり、雑炊、果物なります。価格は、8000円(税別)となります。2名様から注文できます。

3年とらふぐ会席コース

3年とらふぐ会席コースは、淡路島3年とらふぐ尽くしの会席となります。鍋、刺身、湯引き、焼き、唐揚げ、雑炊とフグ料理のフルコースが食べられます。

コース内容は、てっ皮、てっさ、てっちり、焼ふく、から揚げ、雑炊、果物なります。価格は、9000円(税別)となります。2名様から注文できます。

住所〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1528-25
電話0799-52-1514(完全予約制)
公式サイトhttps://awajiaun.com/
営業時間12:00~14:00(土日祝のみ)、17:30~22:00(L.O.21:30)
休業日水曜日(臨時休業あり)
座席数34席(テーブル席、お座敷個室)
駐車場約15台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分

新島水産東浦店

新島水産東浦店は、淡路島北東部の淡路市仮屋にある飲食店です。アクセスは、高速道路の東浦インターチェンジから車で約10分です。駐車場は約20台です。

淡路島3年とらふぐの取扱店です。ふぐ料理は2日前までに予約が必要です。

営業時間は、ランチが11時30分から15時まで、ディナーが17時30分から21時までです。ディナーは完全予約制です。定休日は木曜日です。人気店ですので予約することをおすすめします。

建物は2階建ての木造です。築100年以上の古民家をリノベーションしています。店内は比較的新しくお洒落です。梁や欄間などがあり和モダンな雰囲気です。

座席は1階のテーブル席、2階のテーブル席とお座敷の個室があります。全部で約60席です。

地元の水産卸会社となる新島水産が直営するお店です。魚介類は鮮度が抜群です。生しらす、ハモ、フグ、貝など旬の食材をリーズナブルに提供しています。京都や大阪の料亭が御用達の厳選食材が目白押しです。

「ミシュランガイド兵庫 2016」のビブグルマンに掲載されたお店で有名人も来店する人気店です。

鮮魚卸店で厳選された魚介類を焼いて食べる海賊焼きが人気です。あわび、サザエ、大あさりなど新鮮な海産物を網焼きにして食べる名物料理です。ハモ鍋、フグ鍋、ウニ丼なども人気です。

周辺の観光施設として、道の駅東浦ターミナルパーク、淡路島国営明石海峡公園、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館などがあります。

3年とらふぐ「新島水産東浦店」

フグ鍋コース

フグ鍋コースは、淡路島3年とらふぐの鍋がメインのコースです。皮湯引き、てっさ、唐揚げ、てっちり、雑炊となります。価格は、8000円(税別)です。2名様から注文できます。

住所〒656-2331 兵庫県淡路市仮屋63-2
電話0799-75-2222(要予約)
公式サイトhttp://www.awajisima.jp/free_9_8.html
営業時間11:00~14:30(L.O.14:00)
休業日不定休
座席数36席(テーブル席16席、座敷席20席)
喫煙・禁煙分煙
駐車場約20台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 東浦ICから車で約8分

淡路島さと味

淡路島さと味は、南あわじ市湊にある日本料理専門店です。アクセスは、西淡三原インターチェンジから車で約5分です。駐車場は約10台です。

淡路島3年とらふぐの取扱店となっています。前日までに予約が必要となります。

営業時間は、ランチが11時30分から14時までのラストオーダーが13時30分、ディナーが17時30分から21時30分までのラストオーダーが21時となります。定休日は火曜日です。

座席は、1階がカウンター6席、6人掛けテーブル1卓、4人掛け座敷1卓、6人掛け座敷1卓です。2階は最大25人が収容できる座敷です。全部で45席となります。

料理は、鮮度抜群の魚介類が登場します。淡路島ならではの旬の魚を心ゆくまで味わえる逸品を取り揃えています。通年を通して味わえる豪華なお造り盛り合わせは見た目が華やか味も美味しいです。

旬鮮な地魚にこだわっています。姿造り、宝楽焼き、海鮮丼、握り寿司、海鮮定食、釜めしなどをはじめ、寿司、海鮮料理、一品料理などを提供しています。

春の桜鯛(タイ)、夏の鱧(ハモ)、冬の河豚(フグ)などのコースもおすすめです。

3年とらふぐ「淡路島さと味」

三年とらふぐコース

三年とらふぐコースは、淡路島3年とらふぐ尽くしのコースです。季節のお付き出し、ふぐ皮、ふぐてっさ、ふぐ唐揚げ、ふぐてっちり(季節のお野菜)、雑炊、香物、デザートがあります。

料金は、8000円(税抜)コース、10000円(税抜)コース、12000円(税抜)コースがあります。1万円以上のコースは、フグの白子が付きます。

住所〒656-0332 兵庫県南あわじ市湊284
電話0799-36-2603
公式サイトhttp://www.satomi-awajishima.com/
営業時間11:00~14:00(L.O.13:30)、17:00~22:00(L.O.21:00)
休業日火曜日
座席数45席(1階 カウンター6席・6人掛けテーブル1卓・4人掛け6人掛け座敷各1卓、2階最大25人座敷)
喫煙・禁煙分煙
駐車場約6台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約5分

割烹寿司 福一

割烹寿司 福一は、洲本市の市街地にある料理店です。由良港などで捕れた旬の魚を本来の旨みを味わえるように調理しています。四季折々の魚が上質の器に彩られて舌と目で楽しめます。

淡路島3年とらふぐの取扱店(2日前まで要予約)、鱧の取扱店(2日前まで要予約)となります。

和風の落ち着いた昔ながらの雰囲気は肩ひじ張らずにゆっくりと過ごせます。四季の素材を生かした本格料理で鱧(ハモ)や河豚(フグ)など高級魚を存分に味わうことができます。

3年とらふぐ「福一」

てっちりコース

てっちりコースは、淡路島3年とらふぐの鍋がメインのコースです。冬の味覚の王様「とらふぐ」と称される上品で淡白な舌触りと歯応えが鍋の美味しさを存分に引き出します。

コース内容は、付き出し、ふぐ皮湯引き、てっさ、ふぐ唐揚げ、てっちり鍋、雑炊、デザートとなります。価格は、7000円(税抜)となります。

住所〒656-0025 兵庫県洲本市本町1-4-18
電話0799-22-0515
営業時間11:00~22:00
休業日月曜日
座席数90席(カウンター8席、個室8室)
喫煙・禁煙分煙
駐車場約8台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

こゝちよ(ここちよ)

「こゝちよ(ここちよ)」は、淡路島北東部で淡路市東浦にある料理屋です。築45年の古民家をリノベーションしています。2016年に「ミシュランガイド 兵庫特別版」で「ひとつ星」を獲得しています。

淡路島3年とらふぐの料理は、事前予約が必要となります。完全予約制です。

鱧、河豚、すっぽん、穴子など地元の魚介・海鮮の食材を使用した料理を提供しています。酢の物、お造り、天ぷら、鍋、茶漬け、南蛮漬け、椀物、寿司、雑炊、パスタなど素材の味を引き出した料理を食べられます。

おまかせ料理では、先付、向付、八寸、蒸物、揚物、焼物、魚料理、肉料理、焼物、飯物、留椀、香物、水物、果物とフルコースの献立内容となっています。見た目も味も堪能できます。

3年とらふぐ「こゝちよ(ここちよ)」

ふぐ料理(白子無しコース)

ふぐ料理(白子無しコース)は、先付、てっさ、てっちり、焼きふぐ、唐揚げ、雑炊、デザートの付いたコースとなります。価格は11000円(税別)です。

淡路島3年とらふぐは、1.7キロ前後を2名1本で使用しています。寺万水産で生産したものを橋詰鮮魚から納入しています。生簀(イケス)の海流がふぐの生育環境にちょうど良いと評判だそうです。

活〆後に3日間から4日間で水分を抜き熟成されています。熟成により凝縮された旨味が引き出されます。食感はネットリと濃厚です。厚めにひくことで舌に絡むような「てっさ」となります。

ふぐ料理(白子有りコース)

ふぐ料理(白子有りコース)は、先付、てっさ、てっちり、焼きふぐ、白子炭火焼、白子グラタン、唐揚げ、雑炊、デザートの付いたコースとなります。価格は13500円(税別)です。

白子炭火焼は、備長炭での白子の塩焼きとなります。均一に火を通しています。淡路島の釜炊き塩「自凝雫塩(おのころのしずくしお)」を使用しています。味付けは塩だけで相性が抜群です。

住所〒656-2305 兵庫県淡路市浦1512
電話0799-70-1358
公式サイトhttp://www.kokochiyo.jp/index.html
営業時間12:00~14:30、18:00~21:00
休業日不定休
座席数カウンター席6名、テーブル4名4卓、お座敷3部屋(5名・5名・8名)、別館
駐車場13台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 東浦ICから車で約5分

旅館うめ丸

旅館うめ丸は、淡路島3年とらふぐの日帰り温泉プランとしておすすめの旅館です。淡路島で元祖鯛の活造りの料理で人気の宿泊施設です。

鯛の活き造りをはじめ、鯛の宝楽焼、淡路島3年とらふぐ、ひらめ、淡路島の鱧(ハモ)などのグルメが絶品です。

温泉は、うずしお温泉で炭酸水素ナトリウムの含有量が極めて多く、スベスベでヌルヌルから美人の湯といわれています。展望大浴場や各部屋から、鳴門海峡が一望できます。

3年とらふぐ「旅館うめ丸」

てっちりコース、日帰り温泉プラン(個室)

てっちりコース、日帰り温泉プラン(個室)は、11時から15時まで個室の食事部屋を利用して、淡路島3年とらふぐのてっちりのコース料理と大浴場や露天風呂で温泉を楽しめるプランとなります。

てっちりコースでは、付きだし、てっ皮、てっさ、ふぐ唐、ふぐ鍋、ぞうすい、フルーツ、ひれ酒が付きます。美人湯「うずしお温泉」では、美肌成分とされる炭酸水素イオンの数値が日本屈指です。

料金は、2名様1室の利用で1人10450円(税込)となります。

フグ会席コース、日帰り温泉プラン(個室)

フグ会席コース、日帰り温泉プラン(個室)は、11時から15時まで個室の食事部屋を利用して、淡路島3年とらふぐの会席料理のコースと大浴場や露天風呂で温泉を楽しめるプランとなります。

てっちり会席コースでは、付きだし、てっ皮、てっさ、ふぐ唐、焼きふぐ、白子茶碗蒸し、ふぐ鍋、ぞうすい、フルーツ、ひれ酒が付きます。美人湯「うずしお温泉」では、美肌成分とされる炭酸水素イオンの数値が日本屈指です。

料金は、2名様1室の利用で1人12100円(税込)となります。

住所〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1137-9
電話0799-39-0206
公式サイトhttp://www.umemaru.co.jp/
営業時間11:00~15:00
休業日無休
座席個室食事部屋利用可
駐車場約60台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約5分

ホテルニューアワジ

ホテルニューアワジは、淡路島3年とらふぐの日帰り温泉プランとしておすすめの旅館です。淡路島を代表するホテルです。洲本市中心部から南下した県道76号線(南淡路水仙ライン)沿いにあります。

全客室から紀淡海峡の大海原を一望できる絶好のロケーションです。

総客室数は117室です。全室温泉露天風呂付特別客室「ヴィラ楽園」が27室と夢大地が90室となります。個性溢れる3つの露天風呂付温泉浴場と2つの源泉巡りができます。

1982年からテレビCMを放映しています。関西ローカルではお馴染みのフレーズと曲です。2018年7月26日から、淡路島出身のモデルでタレントの朝比奈彩さんが新CMに登場しています。

レストランでは、桜鯛、紅葉鯛、伊勢海老、淡路鱧、錦秋鱧、3年とらふぐ、サクラマス、真蛸、しらす、玉ねぎ、レタス、淡路米、淡路牛など旬の食材を使用した料理が提供されます。

3年とらふぐ「ホテルニューアワジ」

日帰りプラン「淡路島3年とらふぐ+入浴券」

日帰りカジュアルプラン「淡路島3年とらふぐ+入浴券」は、ジャズが流れるオープンキッチンのダイニングで淡路島3年とらふぐを食べて温泉めぐりが満喫できます。ランチと温泉がセットの日帰りプランです。

ふぐは、独特の旨みと食感で蟹(カニ)と並ぶ冬の味覚王と呼ばれています。淡路島南端の福良湾の沖合いで、鳴門海峡の潮流にもまれ身が抜群に締まる淡路島3年とらふぐが養殖されています。

現在では、淡路島を代表するブランド食材です。淡白ながらも底知れない旨みを持った淡路島3年とらふぐをてっさ、てっちり、唐揚げ、締めの雑炊まで堪能できます。

淡路島3年とらふぐ料理と温泉付きです。料金は、1人11400円(税込)からとなります。

住所〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷20
電話0799-23-2200
公式サイトhttps://www.newawaji.com/
営業時間11:30〜14:00
休業日無休
座席28席(ダイニング バル淡道)
駐車場約100台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICより車で20分

淡路夢泉景

淡路夢泉景は、淡路島3年とらふぐの日帰り温泉プランとしておすすめの旅館です。上質な安らぎとホスピタリティを提供している宿泊施設です。

露天風呂付客室など特別フロアを、コンフォート、標準タイプと和風モダンな部屋は個性豊かな客室となります。

料理は、米・玉ねぎ・淡路牛・鯛・鱧・あわび・伊勢海老・ふぐなどの旬の食材を使用しています。女性専用ラウンジ、最新のマッサージチェアなどリゾートタイムを快適に過ごせます。

海と空と温泉に囲まれたメゾネットタイプの露天風呂付大浴場、波打ち際の露天風呂など多彩な風呂があります。洲本温泉と古茂江温泉の2種類の温泉を楽しめます。

3年とらふぐ「淡路夢泉景」

冬のてっちり鍋コース(日帰りゆったりプラン)

冬のてっちり鍋コース(日帰りゆったりプラン)は、11時30分から16時まで温泉と客室でゆったりとしながら、食事処で「てっちり鍋コース」を食べられるコースとなります。

淡路島の冬を代表する味覚を、旨味が口に広がるてっさ、ぷりぷりとした食感のてっちり、フグや野菜の旨味が染み出たスープでつくる締めの雑炊まで、淡路島3年とらふぐを満喫できます。

温泉では、淡路夢泉景の「天宮の雫」、スパテラス水月の「淡路棚田の湯」(男性専用)、「くにうみの湯」(女性専用)の湯巡りを楽しめます。料金は、1人12000円(税別)となります。

お部屋はハーバービューの和室12畳タイプです。特典として、地ビールまたは生ビールまたはソフトドリンクを一人1本付きます。貸切露天風呂(45分)は2000円(税別)で利用できます。

住所〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052-2
電話0799-22-0035
公式サイトhttps://www.yumesenkei.com/
営業時間11:30~16:00
休業日無休
座席数和室12畳タイプ
駐車場約90台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約20分

夢海游淡路島

夢海游淡路島は、淡路島3年とらふぐの日帰り温泉プランとしておすすめの旅館です。目の前に大浜海水浴場が広がり、背後に三熊山がそびえる自然に囲まれた温泉リゾート&スパです。

ビーチや散策に便利な場所です。屋上のステラテラスから大阪湾を一望できます。

離れスパの露天風呂で波の音や潮の風を感じられます。四季彩ダイニングで淡路島のグルメを堪能できます。スパフロア「海風」には室内温水プールがあります。

2015年7月に和の寛ぎと洋の機能性を融合した部屋「和みフロア」に新客室と専用ラウンジがオープンしました。子連れからカップル、シニアと様々なシチュエーションに対応できます。

3年とらふぐ「夢海游淡路島」

日帰りランクラッププラン「淡路島3年とらふぐ会席+温泉」

日帰りランクラッププラン「淡路島3年とらふぐ会席+温泉」は、12時から14時まで、個室料亭でリーズナブルに淡路島3年とらふぐのフルコースが食べられるプランです。

温泉は大浴場で離れスパと湯処が13時から18時まで利用できます。喫茶でワンドリンクチケットサービスが付きます。淡路島3年とらふぐの会席料理と温泉スパがセットになります。

料金は、1人10450円(税込)となります。

住所〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-50
電話0799-22-0203
公式サイトhttps://www.yumekaiyu.com/
営業時間11:30~16:00
休業日無休
座席数お食事処もしくは和式会場
駐車場約60台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約20分

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザは、淡路島3年とらふぐの日帰り温泉プランとしておすすめの旅館です。サントピアマリーナにある観光ホテル旅館です。

2009年12月全客室をリニューアルしました。一枚ガラスの窓から紀淡海峡を一望できます。

絶景オーシャンビューの最上階の和洋室、極上の海辺空間の特別フロア、落ち着いた和室とニーズに合わせて利用できます。料理では、四季折々の山の幸や海の幸を使用した会席料理が人気です。

温泉では、露天風呂、気泡湯、打たせ湯、釜風呂と充実した大浴場、展望貸切風呂が楽しめます。2012年5月に、車イスのまま浴室に入れる天然温泉貸切風呂が誕生しました。

3年とらふぐ「ホテルザ・サンプラザ」

日帰りプラン「3年とらふぐデビュープラン」

日帰りプラン「3年とらふぐデビュープラン」は、11時30分から14時30分までの2時間で、お食事処もしくは和式会場を利用してリーズナブルに3年とらふぐを食べられるプランです。

温泉入浴サービス(小タオル付)が付いています。3年とらふぐのコースメニューは、ひれ酒、先付、季節の前菜、てっさ、てっちり鍋、雑炊、季節のフルーツ、香物の全8品となります。

シンプルにボリュームたっぷりでという会席料理です。料金は、1人9000円(税抜)となります。

日帰りプラン「淡路3年とらふぐ&淡路牛会席」

日帰りプラン「淡路3年とらふぐ&淡路牛会席」は、11時30分から14時30分までの2時間で、お食事処もしくは和式会場を利用して淡路島2大ブランド「3年とらふぐ・淡路牛」が食べられるプランです。

温泉入浴サービス(小タオル付)が付きます。2大ブランドのメニューは、胡麻豆腐、季節の前菜三種盛、てっさ(淡路三年ふぐの薄造り)、てっちり(淡路三年とらふぐ鍋)、淡路牛鉄板焼、雑炊の全9品となります。

ふぐも肉も欲張りたいという会席料理です。料金は、1人10500円(税抜)となります。

日帰りプラン「河豚フルコースプラン」

日帰りプラン「河豚フルコースプラン」は、11時30分から14時30分までの2時間で、お食事処もしくは和式会場を利用して珍味と言われる「白子」が付いた淡路3年とらふぐ鍋プランです。

温泉入浴サービス(小タオル付)が付きます。河豚フルコースのメニューは、ひれ酒、胡麻豆腐、季節の前菜三種盛、てっさ(淡路三年ふぐの薄造り)、てっちり(淡路三年とらふぐ鍋)、河豚唐揚げ、白子塩焼、雑炊の全10品となります。

淡路島3年とらふぐ三昧の会席料理です。料金は、1人11500円(税抜)となります。

住所〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1279-13
電話0799-23-1212
公式サイトhttps://www.the-sunplaza.co.jp/
営業時間11:30~16:00
休業日無休
座席数お食事処もしくは和式会場
駐車場約60台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約20分

ゑびす亭

ゑびす亭は、淡路島北部の淡路市大磯にあるお食事処です。東浦インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。ホテルエビスが併設されています。駐車場が約50台で無料です。

淡路島3年とらふぐの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

近くにある仮屋港と岩屋港から新鮮な魚介類を仕入れています。リーズナブルな価格で提供しています。大型イケスがあります。淡路島で旬の食材を鮮度そのままにシンプルな調理で食べられます。

人気の海鮮丼はじめ、バリエーションが豊富です。鯛宝楽焼コース、ふぐ、鱧料理、蛸、アナゴなど逸品料理を予約なしで提供しています。団体、個人や団体など合計で約420名の収容が可能です。

周辺の観光施設として、淡路島国営明石海峡公園、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」、兵庫県立あわじ花さじきなどがあります。

特選活ふぐ鍋定食

特選活ふぐ鍋定食は、淡路島3年とらふぐ尽くしの大人気の定食です。前菜、てっちり小鍋、お造り盛合せ(ひらめ、ふぐ薄造り)、揚もの(天ぷら盛合せ)、御飯、漬物、デザートとなります。

価格は、4000円(税別)です。大変リーズナブルで2名様から注文できます。

ふぐ料理コース

ふぐ料理コースは、淡路島3年とらふぐ尽くしのコースです。Aコースは、身皮湯引き、てっちり(ふぐ鍋)、雑炊セット、デザート(季節の果物)となります。

Bコースは、Aコースに加えて、てっさ(ふぐ刺し)、ふぐ唐揚げが付きます。Cコースは、Bコースに加えて、白子、ふぐ炭火焼きが付きます。

価格は、Aコース6000円(税別)、Bコース7700円(税別)、Cコース11000円(税込)です。2名様から注文できます。

住所〒656-2304 兵庫県淡路市浜1-7
電話0799-74-5511
公式サイトhttp://www.awaji-ebisutei.jp/
営業時間11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:30(L.O.20:30)
休業日無休
座席数約380席(テーブル席、座敷、個室)
駐車場約50台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約5分

心鮮料理 万代

心鮮料理 万代(まんだい)は、淡路島南西端で南あわじ市福良にある料理店です。アクセスは、西淡三原インターチェンジから車で15分です。国道28号線沿いにあります。駐車場は10台程度です。

淡路島3年とらふぐの取扱店となっています。当日に対応できますが予約がおすすめです。

営業時間は、ランチが11時30分から13時30分までです。ディナーは17時からお客様次第となっています。定休日は、火曜日昼と水曜日昼ですが、予約は可能です。

座席は、椅子カウンター5席、掘りごたつカウンター5席、掘りごたつ6名掛け個室3室、24程度の収容できる宴会場があります。合計で60席程度となります。

料理は、福良港、灘漁港、沼島漁港などの港から直接仕入れるために、獲れたてピチピチの鮮魚を美味しく味わえます。一品料理、コース料理、定食など品数も豊富です。

はも料理・ふぐ料理、宝楽焼などの季節の旬料理、淡路島の地魚や旬菜などで店主の趣向を凝らした素朴で懐かしい田舎料理、様々なシチュエーションに合わせる創作料理おまかせコースもあります。

三年とらふぐコース

三年とらふぐコースは、淡路島3年とらふぐ尽くしのコースです。6900円コースは、鉄刺、鉄ちり、雑炊となります。8800円コースは、鉄刺、鉄ちり、から揚げ、雑炊となります。

12000円コースは、鉄刺し、鉄ちり、から揚げ、白子、雑炊となります。料金は、6900円(税抜)、8800円(税抜)、12000円(税抜)となります。

住所〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲291-5
電話0799-52-1140
公式サイトhttps://www.awaji-mandai.jp/
営業時間11:30〜13:30、17:00〜
休業日火曜日昼、水曜日昼
座席数約60席(カウンター席 掘りごたつ6席・テーブル5席、個室 掘りごたつ3室・座敷3室)
喫煙・禁煙喫煙可
駐車場約10台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分

まとめ

淡路島3年とらふぐは、全国の養殖場でも1番水温が低く、日本一潮の流れの速い鳴門海峡付近で養殖されて、身が締まり味は濃厚で天然物にも引けをとらない美味しさで全国的にも有名となっています。

通常の養殖場では、リスクの少ない2年間育成された0.8キロ以下のものが多く出荷されていますが、淡路島3年とらふぐは、1年間長く育成されることで1.2キロ以上と大型になります。

育成期間を長くすることから、養殖魚特有の黒いすじも消えて、天然物とほとんど変わらない美味しさになります。淡路島3年とらふぐの白子は2年物では考えられないほど大きくで濃厚になります。

フグは、初代兵庫県知事を務めた伊藤博文が山口県下関市でフグ料理を解禁してから130年を迎えます。フグ料理は、安土桃山時代に豊臣秀吉が禁止してから庶民の間で食べ続けられていました。

伊藤博文が山口県下関市でフグを食べて絶賛して解禁されました。淡路島ではフグを食べる習慣はありませんでしたが、約35年前から福良漁業協同組合でトラフグの養殖が始まりました。

約20年前からはサイズが大きく味が濃厚で身が締まる3年物の出荷を始めました。2004年から2年以上養殖する1.2キロ以上のトラフグを「淡路島3年とらふぐ」としてブランド化しました。

現在、淡路島で約100店舗が淡路島3年とらふぐの料理を提供しています。冬を代表する味覚です。

3年物のトラフグは、全国で養殖されて一般に流通している2年物より1年長く育てられます。ただし、3年物は2年物に比べてリスクが伴います。

稚魚が無事に成長して3年後に残るのは半分程度となります。飼料などのコスト面を考えても2年物が経営面からも安全かつ安定です。

そのために、多数の地域では2年間育てて販売される2年物の養殖を採用しています。

淡路島の福良漁港で3年物にこだわる理由は、丸々と太った3年物が2年物と比べて品質も旨みも別格だからです。淡路島3年とらふぐは全国の生産者が認める美味しさです。

淡路島3年とらふぐの養殖は、兵庫県南あわじ市の南西端にある福良港の沖で一環管理生産で育てられています。鳴門海峡が育む好漁場として鯛やワカメなどが名物となっています。

淡路島3年とらふぐは、日本一潮流が速いとされる鳴門海峡の周辺で育てられることから、身が大きくなり、筋肉質になり、凝縮された旨味になります。

一環管理生産では、3年間丹精と真心を込めて育てられています。一般的に、フグは臆病で繊細でストレスがたまりやすい魚といわれています。

毎日の泳ぎ方や食べ方などから、調子の良し悪しを判断しています。生簀のネットで尻尾やヒレの痛みにも気を付けています。

とらふぐは共食いの習性があるために、防止策として1匹1匹の歯切りを行っています。6万匹のとらふぐの歯を1年に2回も行っています。

エサは、グレードの高い魚粉だけを使用しています。美容と健康に効果があるとされるビタミンCとビタミンEを多く与えています。

夏場は、滋養強壮に効果があるとされるニンニクやタウリンが加えられます。肝臓のケアにウコンも加えられます。こだわりのエサを与えて3年とらふぐに成長します。

出荷前は、淡路島の名物である天然のいかなごが与えられます。オキアミ(小エビ)も与えられます。フグの身に一層の甘味が出るそうです。

きめ細かい観察と神経を使う管理が徹底的に行われています。

淡路島3年とらふぐの出荷は、生産者名の入った証明書が発行されています。厳選された活けとらふぐを生き締めして最高の状態で配送しています。

冬の味覚の代表格として、広島の牡蠣、和歌山のクエ、福井のカニなどがあります。淡路島3年とらふぐは、国産として日本最先端の養殖技術が生んだ天然を超える食材となっています。

料理の種類

淡路島3年とらふぐを使用した料理として、てっさ、てっぴ、てっちり、ふぐ刺し、唐揚げ、焼きふぐ、白子、雑炊、ひれ酒、ふぐスープなどがあります。

てっさ(薄造り)は、ふぐの刺身です。関西では、ふぐの薄造りのことを「てっさ」と呼びます。職人が活きのよい淡路島3年とらふぐを選別して、1枚1枚丹念に皿に盛り付けます。

器の柄が透けて見えるほど薄い「てっさ」は、匠の技が冴える芸術品といわれています。

味覚だけでなく視覚でも楽しめるグルメです。身は薄いながらも、驚くほどの弾力と噛みしめるほどに旨みと甘みが出てきます。しっかりとした食感が魅力です。とらふぐ以外の魚では味わえません。

美味しい食べ方としては、最初の1枚は何も付けずに食べます。ふぐ本来の味を堪能します。淡白ながらも上品な味わいです。次に紅葉おろしなど薬味をお好みでポン酢に付けます。

最後に、数枚まとめて豪快に頬張ります。誰もが一度は経験してみたい食べ方です。

てっぴ(ふぐ皮の湯引き)は、とらふぐの皮をさっと湯がいて冷水にとり、細くスライスしています。ゼラチン質でシコシコとした歯ごたえが独特です。女性に人気のグルメです。

ポン酢や刻みネギで食べたり、鍋に投入したり、調味料などを使用して珍味としても食べられます。コラーゲンたっぷりで、美容に良いグルメとして重宝されます。

てっちり(ふぐ鍋)は、鍋料理の王様といわれています。てっちりを食べて冬を迎えるという方も多数おられます。様々な旨味と食感を楽しめる料理となります。

良質のふぐは身が非常に引き締まっています。魚というより肉を食べているような歯ごたえと旨味があります。脂肪は少なくあっさりとした後味です。ポン酢に併せて食べると美味しいです。

淡白ながらも滋味です。味わいが豊かでほのかな甘みとプリプリした食感です。上身、アラ身、うぐいす、口、とうと身、皮と余すところなく食べられます。

アラ部分からたっぷりとダシが出た鍋には、淡路島の旬の野菜も加えられます。玉ねぎなどを合わせると最高です。食べるタイミングはお好みで、少し煮すぎるくらいでも美味しいです。

なお、関西では「ふぐ」を「当たると死ぬ」由来から「鉄砲」と呼ばれていました。てっぽうの刺し身で「てっさ(ふぐの薄造り)」、てっぽうの鍋(ちり)で「てっちり(ふぐ鍋)」に派生しました。

現在では、毒の部分はプロが取り除いて提供されています。さらに、養殖の3年とらふぐは餌のコントロールが行き届いており、毒の部位に毒性が強くないといわれています。

ふぐ唐揚げは、フグの淡白な味と油の相性が抜群のグルメです。カリっと揚がった衣とプリっとした身の歯ごたえの組み合わせが絶妙です。豪快にかぶりつけばジュワっと上品な旨みが溢れます。

サクサクとホクホクの食感が最高です。食べ応え抜群であっさりと食べられます。ふぐ唐揚げは、子供が喜ぶメニューとして、大人がビールのつまみのメニューとして幅広く人気です。

焼きふぐは、噛めば噛むほど旨みが出てくるグルメです。フグを焼くことにより、水分が抜けてクセのない淡白な旨みが凝縮されます。

特に骨から溢れ出る旨みエキスがたっぷり染み込んだ骨の周辺の身はとても美味しいです。サッパリしたスダチなどと合わせると味に奥行きが出ます。

ふぐ白子は、産卵期のオスのトラフグからしか採れない貴重な食材となります。2年物では考えられない大きさに成長します。白子特有の甘みがあります。濃厚な味わいが特徴です。

鍋に入れてもよし、焼いてもよし、蒸してもよしのリピーターが多い人気部位です。ふんわりしてとろりとした食感が楽しいです。濃厚な味わいを存分に堪能できます。

なお、焼き白子は濃厚かつクリーミーな味わいです。塩やスダチをかけると味が引き立ちます。

ふぐ雑炊は、ふぐ料理のフィナーレを飾るために頻繁に登場するグルメです。てっちりなどの料理の締めにぴったりです。旨さが体中に染み渡り身も心も芯から温まります。

トラフグの旨みや旬の野菜の旨みが染み込んだスープに淡路米を合わせて贅沢に味わいます。トロトロとした溶き卵を絡めるとより楽しめます。

ひれ酒は、飴色に炙ったトラフグのヒレに熱燗を注いだお酒です。香ばしく炙られたヒレの風味と旨みが酒の味を引き立ててコクがあります。心地よい旨みが食欲を掻き立てます。のんべえの冬の鉄板といわれています。

ふぐスープは、和風だしのスープに飴色に炙ったヒレの香ばしい風味のするスープです。上品な味わいを楽しめます。お酒が苦手という方は、ひれ酒の代わりになります。

他にも、ふぐ握り鮨、ふぐの炙り、ふぐの白子飯などがあります。

ふぐ握り鮨は、淡白なフグの味と相性抜群の赤シャリを使用した握り寿司です。ふぐの炙りは、身を炙り薄くスライスしたふぐ刺しです。香ばしさとフグの旨みが同時に楽しめます。

ふぐの白子飯は、白子スープを使用した混ぜご飯に焼き白子をトッピングします。濃厚な白子に和風だしの餡をかけた優しい味わいに仕上げました。

なお、淡路島3年とらふぐの産地の漁師町「福良」では、名物料理「美福鍋(みふくなべ)」があります。「ふぐ」と「福」をかけた語呂から誕生した南あわじ市でしか食べられない鍋料理です。栄養価が高く低カロリーです。

メインに「淡路島3年とらふぐ」を使用すること、「ふぐ皮」を鍋の具材に使用すること、淡路島レタスを使用すること、出汁に地酒を使用すること、「自家製ポン酢ジュレ」を使用すること、淡路島産「淡路米」を使用すること、箸置きに特産品「淡路瓦」を使用することという7カ条が掲げられた鍋料理となります。

調理法や味付けは福良にある飲食店の個性まかせです。様々な「美福鍋(みふくなべ)」が登場しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました