3年とらふぐ「淡路夢泉景」

和食

淡路夢泉景の3年とらふぐメニューは「冬のてっちり鍋コース(日帰りゆったりプラン)」がおすすめです。11時30分から16時まで、食事処で料理を食べて、温泉と客室でゆっくりと過ごせるコースとなります。

淡路島3年とらふぐ料理は、ひれ酒、前菜(旬の味覚取合せ)、てっさ(てっぴ付き)、てっちり鍋、ふぐ唐揚げ、ふぐ雑炊、吸物、デザート、コーヒー・紅茶が付きます。

福良湾沖の鳴門海峡ほど近くで限りなく自然環境に近い状態で3年間じっくり大切に育てられます。厳しい自然環境から運動量が豊富で身が引き締まり旨みがたっぷりです。3年物は旨み十分で抜群の歯応えです。

淡路島の冬を代表する味覚を、旨味が口に広がるてっさ、ぷりぷりとした食感のてっちり、フグや野菜の旨味が染み出たスープでつくる締めの雑炊まで、淡路島3年とらふぐを満喫できます。

食事は、食事処で冬のてっちり鍋コースを食べます。客室は、松涛閣和室でハーバービューの2名から6名まで利用できる和室12畳タイプのお部屋が時間内で利用できます。

温泉は、12時から16時まで利用できます。淡路夢泉景の「湯賓閣 天宮の雫(男性・女性)」とスパテラス水月で「淡路棚田の湯(男性)」と「くにうみの湯(女性)」に入湯できます。

特典として、地ビールまたは生ビールまたはソフトドリンクを1人1本がサービスとなります。貸切露天風呂(45分)が2000円税別(通常3000円税別)で利用できます。

コース

  • 冬のてっちり鍋コース(日帰りゆったりプラン):12000円(税別)
    ひれ酒、前菜(旬の味覚取合せ)、てっさ(てっぴ付き)、てっちり鍋、ふぐ唐揚げ、ふぐ雑炊、吸物、デザート、コーヒー・紅茶

淡路島で3年とらふぐのおすすめ店は「淡路島3年とらふぐ おすすめ16選」の記事をご参照ください。

なお、淡路夢泉景は、ホテルニューアワジ別亭の観光ホテル旅館です。洲本市中心部から南下した県道76号線(南淡路水仙ライン)沿いにあります。上質な安らぎとホスピタリティを感じられる宿がコンセプトです。

総客室数は60室です。客室は、和室と洋室のスタンダードな「松涛閣」、最上階のコンフォートフロア、特別フロア「里楽」があります。専用ラウンジをはじめ、マッサージチェア完備の女性専用ラウンジがあります。

温泉は、自家源泉のにごり湯「古茂江温泉」と2018年に開湯した「洲本温泉」の2つの湯を愉しめます。

展望露天風呂では、海・空・湯の一体感を感じるインフィニティバスを堪能できます。展望大浴場もあります。地上の露天風呂では、波打ち際で潮騒の音を聴きながら温泉に浸れます。

3つのレストランでは、地元の由良港や土生港で水揚げされた獲れたての鯛(タイ)、鱧(ハモ)、蛸(タコ)や地魚などの料理を提供しています。個室料亭、ダイニング、バーなどで旬の味わいを堪能できます。

鍋ダイニング「いいそ」は、ジャズが流れる個室風のダイニングレストランです。お鍋とお酒がメインです。豆乳ベースのヘルシー鍋、旬の食材を使用した季節の鍋などをカジュアルな空間で食べられます。

料亭「潮路」は、別個室の御食事会場です。お座敷や掘りごたつ席など様々なお部屋があります。趣のある静かな和風の雰囲気で旬の料理が食べられます。

バー&ダイニング「バル淡道」は、ジャズが流れるオープンキッチンのダイニングレストランです。淡路島の旬の料理とお酒が楽しめます。居酒屋などを兼ねた気軽な飲食店となります。

住所と電話は以下の通りです。

営業時間と定休日は以下の通りです。

  • 営業時間:11:30~16:00(日帰りプラン)
  • 定休日:無休

アクセスと駐車場は以下の通りです。

  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で20分
  • 駐車場:90台

公式HPとSNSは以下の通りとなります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました