淡路島観光スポットおすすめ34選

淡路島インスタ映えスポットおすすめ21選

淡路島でインスタ映えスポットのおすすめ21選をご紹介します。モニュメントやオブジェ、建造物や風景などインスタ映えするスポットがいっぱいです。フォトジェニックでSNSに投稿すれば盛り上がります。

淡路島インスタ映えスポット

なお、淡路島でおすすめの観光スポットのまとめについては、「淡路島観光でおすすめスポット34選」の記事をご参照ください。

うずの丘 大鳴門橋記念館「おっ玉葱とたまねぎカツラ」

うずの丘 大鳴門橋記念館は、淡路島南西部の高台にある玉ねぎ尽くしの観光スポットです。淡路島南インターチェンジから車で約3分とアクセスに便利です。鳴門海峡が一望できます。

玉ねぎの巨大オブジェ「おっ玉葱」、玉ねぎのUFOキャッチャー、玉ねぎのカツラ、玉ねぎカルタ、玉ねぎ顔出しパネルなどインスタ映えスポットがたくさんある施設となります。

おっ玉葱は、高さ約3メートル、直径2.5メートル、重さ約250キロの巨大オブジェです。鳴門海峡が一望できる展望台に設置されています。絶景おったまテラスと呼ばれています。

太平洋、大鳴門橋、瀬戸内海と大パノラマが広がっています。無料レンタルの玉ねぎカツラを被り、おっ玉葱と一緒に記念写真を撮るインスタ映えの撮影スポットとして人気です。

うずの丘 大鳴門橋記念館の基本情報

住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話0799-52-2888
公式HPhttp://kinen.uzunokuni.com/
営業時間9:00~17:00(施設により異なります)
休業日火曜日
駐車場約130台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約3分

AWAJIのモニュメント「グランアイガ」

AWAJIのモニュメントは、グランアイガにある2019年に新しく設置されたモニュメントです。グランアイガは、ウッドキャビンとトレーラーハウスで宿泊できる施設です。

国道28号線で洲本市中心部と淡路市志筑の中間地点の海岸沿いにあります。海鮮バーベキューと宿泊できるシーアイガ海月とマリンスポーツが楽しめるシームーンリゾートが併設しています。

場所は、グランアイガの敷地にあります。入場と撮影は自由です。最近、#シーアイガ海月、#グランアイガ、#シームーンリゾートのハッシュタグを付けてSNS投稿される方が急増しています。

高さ2メートル以上、幅10メートル前後の巨大オブジェです。AWAJIのモニュメント、背後に並ぶヤシの木、透き通る青空とインスタ映え間違いなしの写真が撮影できます。

AWAJIのモニュメントの基本情報

住所〒656-2121 兵庫県洲本市安乎町平安浦1970-6
電話0799-28-1155(淡路島シーアイガ海月)
公式HPhttps://www.awajishima-bbq.jp/
駐車場約20台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約20分、洲本ICから車で約20分

ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像「洲本市民広場」

ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像は、淡路島の洲本市民広場にあります。入場無料です。洲本バスセンターから徒歩3分とアクセスに便利です。世界樹を彷彿とさせるユーカリの木の根元です。

ドラクエ生みの親である堀井雄二さんの出身地にドラゴンクエスト誕生30周年を祝して建立されました。主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、スライムが寄り添った銅像です。

洲本市民広場は新都心地区にある公園施設です。経済産業省の近代化産業遺産の「洲本市の綿産業関連遺産」の一つです。全国屈指の紡績工場だった旧鐘紡洲本工場の赤レンガ造りの建物が並びます。

2019年9月12日にリリースされたスマホアプリ「ドラクエウォーク」では、兵庫県のお土産がもらえるランドマークとなっています。淡路島でSNSのインスタ映え写真が数多く投稿されています。

ドラゴンクエスト30周年記念碑の基本情報

住所〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
電話番号0799-25-5820(洲本観光案内所)
最寄り駐車場洲本バスセンター前駐車場、イオンスタイル洲本駐車場
駐車料金洲本バスセンター前駐車場(最初1時間無料1時間毎100円)
イオンスタイル洲本駐車場(最初2時間無料30分毎100円)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

Supreme(シュプリーム)の壁「アフターベース」

Supreme(シュプリーム)の壁は、赤地に白い文字で「Supreme」が描かれた壁画アートです。Supremeのボックスロゴは、米国のスケートボードショップでファッションブランドです。

ヒップホップに影響を受けたアイテムとして若者に人気です。淡路島で「秘密の場所」とされています。壁の裏側は、アフターベース(afterbase)JET&CARといわれる海に面したビーチとなります。

場所は、淡路島の西海岸にある県道31号線(淡路サンセットライン)の南北の中間地点にあります。郡家交差点を南下して約5分の位置です。一本道で道路沿いにあるのでわかりやすいです。

赤い壁には、文字を羽根状に並べた絵柄、ハッシュタグが並べられた絵柄、ミッキーマウスとミニーマウスの絵柄などが並んでいます。淡路島ではSNSの投稿が多いインスタ映えスポットです。

Supreme(シュプリーム)の壁の基本情報

住所〒656-1531 兵庫県淡路市江井2532-1
駐車場数台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約20分、津名一宮ICから車で約20分

幸せのパンケーキ 淡路島リゾート「岬のブランコと幸せの鐘」

幸せのパンケーキ 淡路島リゾートは、パンケーキの専門カフェです。淡路島北西部の県道31号(淡路サンセットライン)の海岸線にあります。無添加素材でフワフワ食感の絶品パンケーキで人気です。

全席オーシャンビューで、青い空と海に囲まれて燦々と降り注ぐ太陽、日本の夕陽百選に選ばれた瀬戸内海の夕景、淡路島の澄み切った夜空に輝く満点星空とフォトジェニックで美しい景色が楽しめます。

幸せの鐘は、シンボルオブジェとなります。マリンブルーに映える真っ白な鐘です。おすすめは真っ赤な夕日がベルを真紅に染め始める夕方です。大切な人と思い出に残る記念の一枚が撮れます。

岬のブランコは、大きな丸太のブランコです。青い海と青い空に向かって乗れます。カップルや友人、家族で楽しい思い出の一枚が撮れそうな記念のモニュメントとなります。

幸せのパンケーキ 淡路島リゾートの基本情報

住所〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎42-1
電話0799-85-1111
公式HPhttps://magia.tokyo/awaji/
営業時間平日9:30~19:30(LO18:40)、土日祝9:00~19:30(LO18:40)
休業日不定休
駐車場約100台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約4分

ニジゲンノモリ「クレヨンしんちゃん等身大人形」

ニジゲンノモリは、兵庫県立淡路島公園にある二次元のテーマパークです。淡路インターチェンジから車で5分とアクセスに便利です。東京ドーム約28個分と広大な敷地です。

アニメ「クレヨンしんちゃん」、アニメ「NARUTO ナルト」、漫画「火の鳥」、絵本「こびとづかん」などのアトラクションがあります。グッズやグルメなどもあります。世界観を満喫できます。

クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークは入場無料です。クレヨンしんちゃんのキャラクターたちの等身大人形が全部で50体以上登場します。インスタ映えの写真撮影スポットとして人気です。

野原しんのすけ、野原みさえ、野原ひろし、野原ひまわり、シロ、風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃん、園長先生、よしなが先生、たぶりぶりざえもんなど様々な衣装でポーズを取っています。

ニジゲンノモリの基本情報

住所〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425
電話0799-72-3161
公式HPhttps://nijigennomori.com/
営業時間アトラクションにより異なります
休業日冬季休業あり
駐車場約340台(F駐車場)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

道の駅うずしお「たまねぎチェアと大鳴門橋」

道の駅うずしおは、淡路島南西端の鳴門岬にある道の駅です。淡路島南インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。鳴門海峡と大鳴門橋が間近で眺められます。

ご当地バーガーグランプリで全国1位を獲得した淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が人気です。お土産に特産品「玉ねぎ」を使用した玉葱ドレッシングや玉ねぎスープが人気です

フォトスポットとして、玉ねぎチェア、玉ねぎツリー、玉ねぎ自販機があります。

玉ねぎチェアは、高さ1.8メートル、直径1.5メートルと2人で座れます。鳴門海峡と大鳴門橋が眺められる高台にあります。淡路島観光を象徴するインスタ映え写真が撮れそうです。

道の駅うずしおの基本情報

住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
電話0799-52-1157
公式HPhttp://eki.uzunokuni.com/
営業時間9:00~17:00(施設により異なります)
休業日木曜日
駐車場約60台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約5分

絵島「約2千年以上前の砂岩」

絵島は、国生み神話にまつわるパワースポットです。淡路島北端にある岩屋港前に浮かぶ高さ20メートルの小島です。約2千年以上前の砂岩が風化してマーブル模様となった岩肌が自然の神秘を感じます。

古事記と日本書紀に記述された日本神話の国生みに登場する「おのころ島」の伝承地の一つです。イザナギとイザナミの二神が天沼矛で海面をかき回して持ち上げた矛先から落ちた滴が凝り固まってできた島とされます。

古来から和歌を詠む月見の名所です。平家物語や西行法師の和歌に登場します。頂上には、平清盛による福原京の建設で大輪田泊の修築事業で人柱になった松王丸を祀ったとされる石塔が建立されています。

2000年以上の歳月によって形成されたインスタ映えスポットです。

絵島の基本情報

住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋925-27
電話番号0799-72-3420(岩屋観光案内所)
入場料金無料(現在進入禁止)
最寄り駐車場約170台(岩屋ポート駐車場)
駐車料金岩屋ポート駐車場(初回1時間無料以降1時間毎100円)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

淡路サービスエリア「明石海峡大橋と蓄光石」

淡路サービスエリアは、高速道路で本州から淡路島に渡ってすぐにあるサービスエリアです。明石海峡大橋と神戸の街並みの美しい眺望が楽しめます。関西SAの王者といわれています。

上下線は連絡通路で往来が自由です。レストラン、フードコート、お土産ショップがあります。下り線には観覧車をはじめ、淡路島で唯一のスターバックスコーヒー、ミスタードーナッツなどがあります。

上り線には、恋人の聖地に選ばれた橋の見える丘にモニュメント「ハートランドゲート」があります。昼間に無数のハートの光が差し込みます。ピクチャーフレームで写真の撮影スポットです。

夜間に、展望広場で蓄光石の演出がされます。国生み神話で日本発祥の地「淡路島」をモチーフにした自然光のライトアップです。日本列島が幻想的に浮かび上がります。

明石海峡大橋のイルミネーションと蓄光石の光の演出でインスタ映えスポットとして人気です。

淡路サービスエリアの基本情報

住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋仮田2568(下り)
電話0799-72-5571(下り)
公式HPhttp://www.jb-highway.co.jp/sapa/awaji_down.php(下り)
営業時間案内所 8:00~17:00、フードコート・売店・ガソリンスタンド 24時間
休業日無休
駐車場約350台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 明石海峡大橋を渡ってすぐ(上下線の往来自由)

阿万海岸海水浴場「魚群の壁画アート(ウォールアート)」

阿万海岸海水浴場は、南国ムード漂うオシャレなビーチです。淡路島南あわじ市の南端にあります。ヤシの木の並木と遊歩道、透きとおるマリンブルーの海、なめらかな白い砂浜で開放感が抜群です。

魚群の壁画アート(ウォールアート)は、長さ約80メートル、高さ2.5メートルの防潮壁に描かれた作品となります。絵本「スイミー」を彷彿とさせる無数の魚が描かれた壁画です。

カラフルで鮮やかな色彩です。海ホタル、玉ねぎ、レタスなど隠しキャラも描かれており遊び心がいっぱいです。フォトジェニックでインスタ映え写真の撮影スポットとして人気です。

なお、海開きは7月上旬から8月下旬までです。4月から7月まで海ホタルの鑑賞スポットで人気です。

阿万海岸海水浴場の基本情報

住所〒656-0545 兵庫県南あわじ市阿万西町7
電話番号0799-52-2336(南あわじ観光案内所)
駐車場約200台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから約25分

ハローキティスマイル「キティちゃんでいっぱい」

ハローキティスマイルは、キティちゃんのをテーマにしたレストランです。淡路島北西部の海岸沿いにあります。巨大なキティちゃんの頭部を模った白い2階建ての建物です。

4つのレストラン、シアター&ギャラリー、ショップがあります。座席数750席を構える大型店舗となります。キティちゃんの立体映像、ぬいぐるみの部屋、万華鏡などフォトジェニックな空間です。

フォトスポットとして、屋外のキティちゃんの巨大オブジェがあります。。高さ11メートル、直径14メートルで世界最大のオブジェといわれています。ギリギリ写真に収まるサイズです。

この他にも、屋内の巨大キティちゃんの壁画アートと階段アート、キティちゃんが描かれたベンツなどがあります。カフェやレストランも隠れキティちゃんやお洒落な装飾でインスタ映えしそうです。

ハローキティスマイルの基本情報

住所〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦985-1
電話0799-70-9037
公式HPhttps://awaji-resort.com/hellokittysmile/
営業時間11:00~20:00(店舗により異なります)
休業日火曜日、冬季休業
駐車場約120台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分、北淡ICから車で約15分

クラフトサーカス「ハートの型枠フレーム」

クラフトサーカスは、カフェレストラン&ショップです。淡路島北西部の県道31号(淡路サンセットライン)の海岸線にあります。オーシャンビューで100メートルのテラス席が人気です。

日本の夕陽100選に選ばれた瀬戸内海に沈む美しい夕日を眺められます。白で統一されたウッドデッキが開放的です。ヤシの木など南国気分で淡路島の食材を使った料理を食べられます。

テラス席には、ピンク色のハート型をした型枠フレームがあります。カップルが顔を寄せてハート型にピッタリ収まるサイズと、腰をかけるとハート型にピッタリ収まるサイズです。

この他にも、象のモニュメント、石造りの噴水のミニチュア、玉ねぎの大きなソファなどがあります。スポットでポーズや構図を変えながら、オリジナルのインスタ映え写真が撮れます。

クラフトサーカスの基本情報

住所〒656-1724 兵庫県淡路市野島平林2-2
電話0799-82-1855
公式HPhttps://awajicraftcircus.com/
営業時間10:30〜19:00(L.O.18:30)
休業日木曜日、冬季休業
駐車場約80台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分、淡路ICから車で約15分

慶野松原「日本の夕陽百選」

慶野松原は、淡路島で最大のビーチです。瀬戸内海随一の白砂青松といわれています。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。西淡三原インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。

日本の快水浴場百選で全国で12カ所しかない「特選」に選ばれています。その他、日本の白砂青松100選をはじめ、日本の渚百選、日本の夕日百選、日本の海水浴場88選などに選定されています。

穏やかな瀬戸内海、美しい白砂、樹齢数百年の老松や矯松、播磨灘の水平線に沈みゆく夕日、沖合に浮かぶ小豆島が醸し出す瀬戸内海の夕景です。息をのむほどの美しさと称されています。

約2.5キロの白砂と約5万本のクロマツの青松というロケーションで、万葉集に詠われた風光明媚な景勝地です。インスタ映えする美しい夕景を撮影することができます。

慶野松原の基本情報

住所〒656-0304 兵庫県南あわじ市松帆古津路577-1
電話番号0799-52-2336(南あわじ観光案内所)
駐車場約200台(普通車)海水浴シーズン有料
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約5分

うずしおクルーズ「鳴門の渦潮」

うずしおクルーズは、「鳴門の渦潮」の観潮船です。淡路島南西端の福良港にある道の駅福良から出港しています。世界三大海峡の一つとなる鳴門海峡で発生する世界最大の渦潮を間近で体験できます。

500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船となります。約20メートル以上と世界最大の規模を誇る「うずしお」の間近まで迫ります。世界でも希有な自然現象を見学することができます。

世界一大きな渦を見学できるのは、世界で鳴門海峡だけです。想像をはるかに凌ぐ大迫力の渦潮を体験することができます。潮騒の音、潮の香り、海風を体で受けながら、自然現象を五感で楽しめます。

約1時間のクルージングは揺れが少なくて快適です。帆船は高さがあるために渦潮をハッキリを見学することができます。鳴門の渦潮の渦を巻く瞬間を捉えるインスタ映え写真を撮影できると人気です。

うずしおクルーズの基本情報

住所〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
電話0799-52-0054
公式サイトhttps://www.uzu-shio.com/
乗船料金大人2000円、子供(小学生)1000円(小学生以下は大人1人に子供1人無料)
休業日無休
駐車場約100台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分

あわじ花さじき「菜の花とサルビア」

あわじ花さじきは、関西屈指の花の名所です。淡路島北中部の丘陵地で、約16ヘクタールの敷地に年間約250万株の花が開花します。淡路インターチェンジから車で約15分とアクセスに便利です。

海に向かって広がる一面の花畑は圧巻です。空と海と花の大パノラマが体験できます。入園と駐車場が無料となります。名称は、花のジュウタンを楽しめる見物席が由来です。

春には、黄色の菜の花とパステルカラーのアイスランドポピーが咲きます。夏には、黄色のヒマワリが咲きます。秋にはピンクのコスモスと赤と青のサルビアが咲きます。

四季折々に花畑の色彩を変えながら楽しめます。散策すれば時間が経つのを忘れます。淡路島が「花の島」と呼ばれるに相応しい花の名所です。インスタ映えスポットとして人気です。

あわじ花さじきの基本情報

住所〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
電話0799-74-6426
公式HPhttp://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/
開園時間9:00~17:00(最終入園16:30)
入園料金無料
休業日無休
駐車場約130台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約15分

淡路島国営明石海峡公園「チューリップとコスモス」

淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く公園です。淡路島北東部に位置します。淡路インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。東京ドーム約9個分の広大な敷地を誇ります。

日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合遊具で子供と遊べます。淡路島の自然を満喫できます。淡路島では、非日常体験へと誘う拠点となる観光施設となっています。

毎年、春のチューリップと秋のコスモスが咲く時期に大型キャンペーンを開催しています。春には220品種19万株のチューリップが咲きます。秋には25品種8万株のコスモスが咲きます。

庭園を色鮮やかに染め上げます。インスタ映え間違いなしの写真が撮影できます。

淡路島国営明石海峡公園の基本情報

住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
電話0799-72-2000
公式HPhttps://awaji-kaikyopark.jp/
開園時間9:30~17:00(4~6月9・10月)、9:30~18:00(7・8月)、9:30~16:00(11~3月)
入園料金大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
駐車場約240台(淡路口駐車場)、約600台(淡路夢舞台地下駐車場)
駐車料金600円
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

淡路夢舞台「安藤忠雄さん設計の建造物」

淡路夢舞台は、建築家の安藤忠雄さんが設計した淡路島のリゾート施設です。淡路島北東部に位置します。淡路インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。約28万平方メートルの敷地です。

ホテル、レストラン、ショップ、会議場、植物園、野外劇場、公園、広場などで構成されます。各々を幾何学的な回廊や階段、遊歩道や庭園で結んでいます。迷路のような構造体の巨大ランドスケープです。

空、水、風、光、陰、山、海など淡路島の自然を建築の一部に取り入んで表現しています。自然を感じ取り自然と人工の共生を意識させてくれます。フォトジェニックな建造物が並んでいます。

無機質で幾何学な建築物から自然の美しさを際立たせています。100個の花壇が幾何学に並んだ百段苑は圧巻です。世界の安藤忠雄ワールドが随所に見られます。インスタ映えスポットといえます。

淡路夢舞台の基本情報

住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
電話0799-74-1000
公式HPhttp://www.yumebutai.co.jp/
入場料金無料(奇跡の星の植物館は入館料が必要)
駐車場約600台(普通車)
駐車料金600円(レストランとショップを利用の場合は無料)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

奇跡の星の植物館「バラとクリスマス」

奇跡の星の植物館は、日本最大級の温室の植物園です。淡路島北東部の淡路夢舞台にあります。淡路インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。長さ100メートルの吹き抜け空間です。

約3千種3万株の植物が展示されています。自然と芸術を融合させた展示をしています。奇跡の星「地球」をテーマにした体験型のミュージアムです。年7回のフラワーショーが開催されます。

4月から6月のバラ祭り、11月から1月のクリスマスフラワーショーが人気です。バラ祭りでは、現代バラの母といわれるジョセフィーヌやマリー・アントワネットにまつわるローズガーデンが登場します。

クリスマスフラワーショーでは、10メートルのホワイトツリー、100種2万株の白い花mイルミネーションが彩れたクリスマスガーデンが登場します。フォトジェニックな庭園が屋内に広がります。

奇跡の星の植物館の基本情報

住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
電話0799-74-1200
公式HPhttp://www.kisekinohoshi.jp/
開催時間10:00~18:00(最終17:30)
入館料金通常 大人600円、シルバー300円、幼児小中高無料
特別展 大人1500円、シルバー750円、高校生以下無料)
駐車場約600台(普通車)ウェスティンホテル淡路 地下駐車場
駐車料金600円(普通車)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で5分、東浦ICから車で約10分

淡路ファームパーク イングランドの丘「コアラとウサギ」

淡路ファームパーク イングランドの丘は、動物施設と植物施設と農業施設が合体した農業公園です。淡路島南あわじ市で洲本インターチェンジから車で約15分です。東京ドーム約11個分の敷地です。

動物ではコアラとウサギが人気です。関西では唯一となるコアラが5匹います。11時30分前後の餌やりの時間が動くコアラを見学するおすすめの時間です。可愛いコアラの記念写真が撮れます。

ラビットワーレンに世界のウサギが大集合しています。耳の大きなウサギ、毛の長いウサギ、可愛いウサギなど様々なウサギがいます。うさぎの国では11時から12時までエサやり体験ができます。

園内には数々のフォトスポットがあります。それ以外に、大花畑に咲く春のネモフィラ、夏のヒマワリ、秋のコスモスもインスタ映えにおすすめです。見晴台やモニュメントでの記念撮影が人気です。

淡路ファームパーク イングランドの丘の基本情報

住所〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
電話0799-43-2626
公式HPhttps://www.england-hill.com/
開園時間平日9:30~17:00、土日祝9:30~17:30(4月~9月)、土日祝9:30~17:00(10月~3月)
入園料金大人1000円、子供(中学生以下)200円、3歳以下無料
駐車場約1000台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分

淡路ワールドパークONOKORO「ミニチュアワールドと恐竜」

淡路ワールドパークONOKOROは、淡路島で唯一の遊園地です。淡路市志筑の埋立地にあります。津名一宮インターチェンジから車で約15分です。甲子園球場4個分の敷地です。

広大な敷地の約半分の庭園には、世界の有名な建築物を集めたミニチュアワールドがあります。25分の1スケールの18基のミニチュア模型が展示されています。

ピザの斜塔を支えたり、凱旋門から覗き込んだり、コロッセオやバッキンガム宮殿と一緒に記念写真を撮ることができます。世界遺産などが精巧に造形された建物は大変フォトジェニックです。

園内の入場ゲートの周辺に数々のフォトスポットがあります。ベンチに座った恐竜、恐竜の口型のベンチ、ミニ観覧車の花壇、巨大ゴリラなど、ひそかなブームとなっています。

淡路ワールドパークONOKOROの基本情報

開催期間2020年2月3日(月)~2月20日(木)
開催場所淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
住所〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
電話0799-62-1192
公式HPhttps://www.onokoro.jp/
開園時間平日10:00~17:30(3月~9月)、平日10:00~17:00(10月~2月)
土日祝9:30~17:30(3月~9月)、土日祝9:30~17:00(10月~2月)
入園料金大人(中学生以上)1400円、子供(4歳~小学生)700円
駐車場約1000台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

グリナリウム淡路島「空飛ぶイチゴハウス」

グリナリウム淡路島(GREENARIUM awajishima)は、いちご農園です。淡路島北部の高台で「空飛ぶイチゴハウス」と呼ばれる最新設備で、いちご狩りができるから人気です。

淡路インターチェンジから約5分です。空飛ぶいちごハウスは、敷地面積が1440平方メートルあります。イチゴは、世界でも珍しい上下に動く可動式のつり下げタイプの棚で栽培されます。

イチゴ畑が宙に浮かんでいるように見えることから空飛ぶイチゴハウスと呼ばれています。レジャーシート、テーブル、イスが借りられてピクニック気分でいちご狩りを楽しめます。

摘み取りエリアとピクニックエリアがあります。摘み取りエリアでイチゴ狩りをして、ピクニックエリアでイチゴを食べます。花見ならぬ苺見は、インスタ映えスポットとして人気です。

グリナリウム淡路島の基本情報

住所〒656-1726 兵庫県淡路市野島常盤1550-10
電話0799-70-4179(いちご狩り)、0799-70-5116(カフェ)
公式サイトhttps://www.greenarium.jp/
営業期間12月中下旬~5月中下旬
営業時間10:00~16:00(L.O.15:30)
入場料金カフェ無料、いちご狩り1000円(3歳以下無料)
休業日水曜日
座席数約110席
駐車場約150台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で5分
淡路島観光
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました