淡路島7月おすすめスポット2022

観光

7月の淡路島でおすすめスポットをまとめました。

7月 淡路島
  1. 淡路島の海開き
  2. 淡路島の海水浴場・ビーチおすすめ12選
  3. 淡路市夏まつり花火大会
  4. 淡路島ひまわりの名所おすすめ4選
  5. 淡路島バーベキューおすすめ17選
  6. あわじ花さじき「ヒマワリが見頃」
  7. 明石海峡公園「サマーフェスタ」
  8. うずしおクルーズ「ワンダーランド」
  9. ニジゲンノモリ「鬼滅の刃コラボイベント」
  10. フロリックシーアドベンチャーパーク「海上アスレチック」
  11. ハローキティスマイル「トロピカルサマー」
  12. あわじグリーン館「サマーガーデン」
  13. 明石海峡大橋クルーズ「小学生以下乗船無料」
  14. ハローキティショーボックス「夏公演」
  15. 淡路ワールドパークONOKORO「真夏に雪が降る」
  16. 淡路人形座「伊達娘恋緋鹿子」
  17. 洲本市民広場「Awajishima Sodatete Market」
  18. のじまスコーラ「夏のドッグフェス」
  19. 青海波「ミュージカル」
  20. ダンメン「夏メニュー」
  21. オーシャンテラス「ジャズナイト」
  22. 淡路夢舞台「インスタグラムキャンペーン」
  23. 淡路島ブルーベリー狩りおすすめ2選
  24. ポケモンマンホール「ポケふた」が淡路市に設置
  25. Awaji Kids Garden「自然で英語を学ぶ親子体験」
  26. 淡路島キャンプ場おすすめ15選
  27. 淡路島鱧料理おすすめ15選
  28. 淡路島生しらす丼おすすめ18店
  29. 淡路島バーガーおすすめ17店
  30. 淡路島生サワラ丼おすすめ12店
  31. 淡路島日帰り温泉おすすめ15選
  32. フラワーリングバス「淡路島の花めぐり周遊バス」
  33. 深日洲本ライナー「淡路島と大阪を結ぶ高速船」
  34. 淡路島 夏の宿泊プランおすすめ15選
  35. まとめ

淡路島の海開き

2022年の淡路島の海水浴場・ビーチは開設されます。2年ぶりの海開きとなります。海水浴が可能な場所は、各自治体で定められています。淡路市・洲本市・南あわじ市の3市で管理しています。

淡路島では12カ所あります。他の場所は、危険区域もしくは私有地となります。有料・無料で開放する場合を除いては利用が固く禁止されています。利用を控えるようにお願いします。

淡路島の海水浴場・ビーチおすすめ12選

2022年の7月上旬から8月下旬まで、淡路島で海水浴シーズンとなります。海水浴場・ビーチが海開きとなります。関西で周囲を海に囲まれて数多くのビーチがある観光地は淡路島が筆頭です。

海水浴場として、淡路島は海水が美しく、グルメが美味しく、自然が豊かで、財布に優しくオンリーワンの存在となります。兵庫県のハワイと称される淡路島で海水浴を満喫できます。

淡路市夏まつり花火大会

2022年7月24日(日)の13時から21時まで、淡路島国営明石海峡公園の芝生広場で、淡路市夏まつり花火大会2022が開催されます。3年ぶり15回目の開催です。入場料金は無料です。

夏祭りはチャリティー参加型カラオケ、地元郷土芸能、消防車・パトカー・自衛隊車両の展示があります。花火大会は1000発が打ち上がります。模擬店・露店・屋台の出店はありません。

淡路島ひまわりの名所おすすめ4選

2022年7月中旬から8月中旬まで、淡路島で「ひまわり」が見ごろとなります。淡路島にはヒマワリの名所やスポットが多くあります。淡路島の「ひまわり畑」は関西でも有数の規模を誇ります。

あわじ花さじきでは約10万本、淡路ファームパーク イングランドの丘では約10万本、国営明石海峡公園では約4万本、パルシェ香りの館では約1万本のひまわりが楽しめます。

あわじ花さじきでは、見晴らしの良い丘陵地から空と海と緑と一面黄色のひまわり畑が見渡せます。イングランドの丘では、展望台、モニュメント、顔出しパネルなどでインスタ映え写真が撮影できます。

淡路島国営明石海峡公園は、美しく造成された庭園で20品種以上の多種多様なヒマワリが楽しめます。パルシェ香りの館では、大農園で美しい景色とともにヒマワリの摘み取り体験が楽しめます。

淡路島バーベキューおすすめ17選

2022年7月から10月まで、淡路島でバーベキュー(BBQ)が人気となります。淡路島にはバーベキュースポットがたくさんあります。山や海など自然に囲まれてリゾート気分を味わえます。

近海で獲れた魚介類を浜焼きにしたり、ブランド牛の素牛として名高い淡路牛やタマネギなど新鮮な野菜をバーベキューしたりして、抜群のロケーションで自然の恵みを味わえます。

あわじ花さじき「ヒマワリが見頃」

2022年7月中旬から8月中旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で、約21万本のヒマワリが見頃となります。7月末に満開を迎えます。開花場所は、入口左手にある共生の花園です。

広大な花畑の丘陵地を下っていくとヒマワリが海に向かって咲いています。彼方には、明石海峡や大阪湾が広がります。青い空と碧い海、緑の大地と黄のヒマワリで、夏真っ盛りの自然を表現します。

2022年7月上旬から8月上旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で、約18万本のクレオメが見頃となります。ピンク・白・赤紫の3色で蝶が舞っているように見える可愛い花が咲きます。

美しいグラデーションで花畑を埋め尽くします。酔蝶花、風蝶草、楽園の花とも称される魅惑的な花姿です。青い空と海、緑の大地とパステル色で夏を彩ります。彼方に明石海峡や大阪湾が広がります。

2022年6月上旬から7月上旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で、約2万4000本の三尺バーベナが見頃となります。約1500平方メートルの花畑に、艶やかな紫色の花が咲きます。

バーベナ畑の向こうには、明石海峡や大阪湾が広がります。青い空と碧い海、紫の花により青の世界を創造します。初夏を涼しげに爽やかに演出します。花々が一斉に風に揺れられる姿は美しいです。

明石海峡公園「サマーフェスタ」

2022年7月16日(土)から8月31日(水)まで、淡路島の都市公園「淡路島国営明石海峡公園」で、サマーフェスタが開催されます。子供の夏休みの宿題や自由研究におすすめです。

自然素材を使った工作体験、牛乳パックのカメラ作り、万華鏡作り、寄せ植え体験、絵画教室など多数あります。ヒマワリの摘み取り体験やレインボーアンプレラの展示、昆虫標本の展示もあります。

2022年6月16日(木)から7月3日(日)まで、淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」で、16種1万4000株のアジサイが見頃となります。空のテラス・せせらぎ広場を色鮮やかに染めます。

青やピンク、白や赤の手まり咲きアジサイをはじめ、額咲きアジサイ、白の大輪のアナベル、白色で八重咲きの隅田の花火など多種多様なアジサイが植えられています。梅雨の時期だけの色彩といえます。

2022年6月1日(水)から7月3日(日)まで淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」の芝生広場で「巨大ボール(でかボール)で遊ぼう」が開催されます。期間限定100個が無料貸出されます。

4.3ヘクタールの芝生広場でボール遊びができます。最寄りの駐車場&ゲートは、淡路口駐車場&ゲートです。開催期間、三輪車、一輪車、幼児用足こぎ車、幼児用3輪キックボードの利用不可です。

うずしおクルーズ「ワンダーランド」

2022年7月16日(土)から8月31日(水)まで、淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」でワンダーランドが開催されます。夏休みの子供たちが夢中になる遊びがいっぱいのキャンペーンです。

福良港では、ウォータキャノン4台が登場して出港を盛り上げます。サイエンスショーでは、渦の仕組みや楽しさを学べます。キッズスペースでは、落書きウォールや粘土やシャボン玉が登場します。

2022年6月1日(水)から7月15日(金)まで、淡路島の道の駅福良にある遊歩道「藤の棚街道」で、カラフルなビニール傘100本を飾り付けた「アンブレラガーデン」が登場します。

アンブレラガーデンでは、赤・黄・青・紫など七色の傘が並びます。晴れの日には、陽差しが半透明の傘を透過し地面にカラフルな色彩が映ります。周辺の新緑の木々やフラワーガーデンに映えます。

ニジゲンノモリ「鬼滅の刃コラボイベント」

2022年4月9日(土)から2022年9月30日(金)まで、淡路島ニジゲンノモリで「鬼滅の刃コラボイベント」が開催されます。昼開催と夜開催のアトラクション、グッズ、フードが登場します。

昼の謎解きウォークは、キャラクターパネルが設置されたエリアを歩きながら謎を解きます。夜のナイトウォークは、那田蜘蛛山編の名シーンを演出した森を歩いて「鬼滅の刃」の世界を体験します。

2022年7月16日(土)から9月30日(金)まで、淡路島のニジゲンノモリ」にあるクレヨンしんちゃんのアトラクション「アッパレ!戦国大冒険!」で、ウォータスプラッシュが開催されます。

1度に30リットルの水を打ち上げる水大砲、命中率99。9パーセントのミニ大砲など仕掛け盛りだくさんです。びしょ濡れでゴールを目指します。クールダウンさせながらアスレチックを楽しめます。

2022年7月22日(木)から9月30日(木)まで、淡路島のニジゲンノモリにある「NARUTO&BORUTO忍里」で、夏休みイベント「大水遁祭」が開催されます。びしょ濡れになって楽しめます。

暑い夏の時期に水大砲で水遁の術のように水しぶきが放たれます。全10名のイベント限定デザインのキャラクターパネルが設置されます。参加特典にオリジナルステッカーがプレゼントされます。

2022年7月16日(土)から9月11日(日)まで、淡路島のニジゲンノモリ」にある「ゴジラ迎撃作戦」で、夏のスプラッシュゴジラが開催されます。びしょ濡れになるジップラインが登場します。

夏のスプラッシュゴジラは、体温が急上昇している活動停止中のゴジラを冷却することが目的です。参加者は、ジップラインでゴジラの口内に突入する直前に大量の水を浴びます。びしょぬれ必至です。

2021年7月3日(土)から、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」で、SNS投稿キャンペーンが開催されます。

アトラクションを体験中に写真や動画を指定ハッシュタグを付けて投稿すると「よろず屋」でルーレットに挑戦できます。ルーレットで「当たり」を引くとオリジナルの限定グッズがプレゼントされます。

フロリックシーアドベンチャーパーク「海上アスレチック」

2022年7月9日(土)から8月28日(日)まで、淡路島洲本市にある大浜海水浴場で「フロリックシーアドベンチャーパーク淡路島」がオープンします。日本最大級の海上アスレチックです。

アトラクション数は27種類以上あります。未体験の海の楽しさを体感します。トランポリン、滑り台、ジャンプ台、ブランコ、高跳びなど日本初登場や世界初の超爽快アトラクションも登場します。

ハローキティスマイル「トロピカルサマー」

2022年7月1日(金)から8月31日(日)まで、淡路島のメディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」でトロピカルサマーが開催されます。キティちゃんと楽しめる夏休みイベントです。

乙姫竜宮城でマーメイドに大変身します。人魚のハローキティになりきって可愛い写真が撮影できます。スマイルショーやビンゴ大会が企画されます。夏季限定のハイティーなどが登場します。

あわじグリーン館「サマーガーデン」

2022年7月16日(土)から9月4日(日)まで、淡路島にある温室「あわじグリーン館」で、サマーガーデンが開催されます。夏休みイベントで植物を見て、触って、ふしぎを楽しむ展示です。

植物だけでなく植物と密接に関わる昆虫にも焦点を当てた展示です。虫を食べる植物として大人も子供も大好きな超人気の「食虫植物」が勢ぞろいします。食虫植物に触れるコーナーも登場します。

2022年6月4日(土)から7月10日(日)まで、淡路島にある温室「あわじグリーン館」で、ホワイトガーデンが開催されます。梅雨のシーズンに季節のお花が楽しめるお庭が華やかに彩られます。

ガーデンウェディングにマッチした100種類を超えるホワイトフラワーが白く染めます。ガーデンキャッスルはブーケに見えます。ジューンブライドの華麗な演出でウェディングホワイトが楽しめます。

明石海峡大橋クルーズ「小学生以下乗船無料」

2022年7月15日(金)から8月15日(日)まで、淡路島北部の遊覧船「明石海峡大橋クルーズ」で、小学生以下乗船無料キャンペーンが開催されます。夏休みお楽しみイベントとなります。

多くの子共たちが世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」を真下から見学できます。ギネス記録となる世界一の迫力や魅力を体感できます。明石海峡大橋を周遊するクルージング体験が無料となります。

ハローキティショーボックス「夏公演」

2022年7月1日(金)から9月20日(金)まで、淡路島北西部にあるシアターテストラン「ハローキティショーボックス」で、夏公演「オリエンタルモード」が開催されます。

バンドリーダーのハローキティが歌って踊って演奏します。可愛いだけじゃないキティちゃんのクールでカッコイイ姿に魅了されます。ランチとギャラリーに、グリーティングで記念撮影があります。

2022年7月14日(木)から9月30日(金)まで、淡路島のハローキティショーボックスにあるハローキティアップルハウスで、アップルスプラッシュが開催されます。夏休みイベントです。

アップルスプラッシュは、ギネスに認定された世界最大のリンゴの建物で、20メートル以上も大量の水を打ち上げる巨大なウォーターキャノンです。夏ならではの映え写真を撮って楽しめます。

淡路ワールドパークONOKORO「真夏に雪が降る」

2022年7月23日(土)から8月29日(日)までの夏休み土日とお盆期間に、淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で、真夏に雪が降るが開催されます。夏休みの恒例イベントです。

降雪機で広場に雪を降らせます。真夏の空に雪が舞い落ちます。服は濡れても夏はすぐ乾きます。子供から大人まで一緒に楽しめます。降雪確率100パーセントで、ひと時の涼しさを感じられます。

淡路人形座「伊達娘恋緋鹿子」

2022年7月1日(金)から7月31日(日)まで特定日に、淡路島にある人形芝居「淡路人形座」で、「伊達娘恋緋鹿子」が上演されます。八百屋の娘「八百屋お七」をベースにした物語です。

「火の見櫓の段」は、火の見櫓に登り半鐘を打つ「櫓のお七」に改作されています。死を覚悟して、必死に櫓に登り、夢中で撞木を振るお七は必見です。技巧的な型が人気で華やかな景事の一幕です。

洲本市民広場「Awajishima Sodatete Market」

2022年7月23日(土)の16時から20時まで、淡路島の洲本市民広場で「Awajishima Sodatete Market(淡路島育ててマーケット)」が開催されます。手作り感が満載のマルシェです。

淡路島産にこだわったグルメやグッズなど様々なジャンルの個性的なお店が約20店舗出店します。夏季シーズンはナイトマーケットとなります。ライトアップされたムード満点の雰囲気です。

のじまスコーラ「夏のドッグフェス」

2022年7月24日(日)の11時から15時まで、淡路島北西部の複合施設「のじまスコーラ」にある芝生広場で、ドッグフェスが開催されます。ワンちゃんと一緒に楽しめるドックイベントです。

飼い主とワンちゃんが一緒に楽しめるゲームの開催、飼い主とワンちゃんが喜ぶワンちゃん用グッズの販売など1日限定の企画が盛りだくさんです。写真撮影では、皆で一緒に集合写真も撮ります。

2022年7月3日(日)と17日(日)の2日間、淡路島北西部の複合施設「のじまスコーラ」にある「のじま動物園」で初夏の動物園まつりが開催されます。大人から子供まで楽しめます。

七夕飾り作り、織姫彦星写真、縁日コーナー、お誕生日会、写真撮影会、キーパーズトーク、早食い競争、聴診器体験、モルレース、動物鳴き声クイズ、浴衣で入場無料などが企画されます。

青海波「ミュージカル」

2022年7月16日(土)から8月23日(火)までの月火金土日祝で、淡路島北西部にある劇場&レストラン「青海波」で、ミュージカル「どうにかなるさ~神戸ジャズ物語~」が開催されます。

日本でジャズ音楽発祥の街「神戸」を舞台として、エンターテイメントで成功を目指す主人公が中心のコメディミュージカルです。ジャズのスタンダートナンバーとともに、愛・夢・笑顔をお届けします。

2022年7月の毎週金曜日に、淡路島にある劇場&レストラン「青海波」の「海の舎」で「ミュージカル&オペラナイト」が開催されます。「サウンドオブミュージック」がテーマです。

クラシックコースを食べながら、ミュージカルオペラの生演奏が愉しめます。料理は天然スズキ、伝助穴子、玉ねぎ、淡路牛など地産地消の料理です。有名音楽大学出身の若手音楽家が登場します。

ダンメン「夏メニュー」

2022年6月から8月まで、淡路島の生パスタ専門店「ダンメン(DAN-MEN)」で夏限定メニューが提供されます。ハモ、サワラ、シラス、合鴨、茄子、キュウリなど旬食材を使用したパスタです。

夏限定メニューでは、淡路島産鱧ときゅうりの梅肉ソースパスタ、釜揚げしらすと島野菜のペペロンチーノ、合鴨とじゃがいものジェノベーゼ、牛スネ肉のラグー デュクセル添えなどがおすすめです。

オーシャンテラス「ジャズナイト」

2022年7月の毎週土曜日に、淡路島のステーキレストラン「オーシャンテラス」で、ジャズナイト(JazzNight)が開催されます。夜限定のジャズ音楽とステーキを楽しむイベントとなります。

華麗な歌声と生演奏で大人のための上質空間となります。ジャズ、ミュージカル、ポップスなど演奏されます。料理はグリルステーキコースです。3種のステーキ(淡路牛・国産鷄・猪豚)がメインです。

淡路夢舞台「インスタグラムキャンペーン」

2022年6月1日(水)から8月31日(水)まで、淡路島北東部のリゾート施設「淡路夢舞台」で、インスタグラムキャンペーンが開催されます。安藤忠雄さん設計の建造物の魅力を発信します。

参加方法は、Instagram公式アカウントをフォローしてハッシュタグを付けて写真を投稿するだけです。賞品は、抽選で15名様に淡路ビーフ・淡路玉ねぎ・お土産品詰合せなどがプレセントされます。

淡路島ブルーベリー狩りおすすめ2選

2022年6月から8月まで、淡路島でブルーベリー狩りがシーズンとなります。淡路島にはブルーベリーを専門の農園が2カ所あります。ブルーベリーヒル淡路と淡路島ブルーベリー園です。

ブルーベリーヒル淡路は、2020年6月にオープンしたブルーベリー農園です。北東部でアクセスに便利です。9800平方メートルに36品種1000本のブルーベリーが植えられています。

料金は、無制限の食べ放題で、中学生以上2000円、小学生1500円、4才以上1000円、3才以下無料です。営業時間は9時から16時まで、定休日は水曜日です。事前予約制となります。

淡路島ブルーベリー園は、2004年にオープンしたブルーベリー農園です。淡路島中央部の山間にあります。約2000平方メートルの農園で約40種類ものブルーベリーを栽培されています。

開園期間は7月上旬から8月下旬までです。料金は、40分食べ放題で大人1200円、小人(4歳以上)900円です。お持ち帰りは100グラム300円です。無農薬栽培に取り組んでいます。

ポケモンマンホール「ポケふた」が淡路市に設置

2021年8月11日から、淡路島の淡路市にある道の駅あわじ、北淡震災記念公園、パルシェ 香りの館の3カ所の観光施設に、ポケモンマンホール「ポケふた」3枚が設置されました。

兵庫県初、通算200枚の記念すべき設置です。キャラクターに明石海峡大橋、鳴門の渦潮、カーネーションなど景観が描かれたデザインです。伝説のポケモン「ルギア」は道の駅あわじに設置されます。

Awaji Kids Garden「自然で英語を学ぶ親子体験」

通年の毎週土曜日と日曜日の10時から15時まで、Awaji Kids Gardenで「世界中の人を尊重して寄り添える心」を育てることを目的に、淡路島の大自然の中で英語を学ぶ親子体験を開催しています。

外国人スタッフと遊びながら好奇心や豊かな感性を育む自然体験です。対象は2歳から6歳までの子供と保護者です。初回限定お試し体験があります。月末土曜日はスペシャルイベントを開催しています。

淡路島キャンプ場おすすめ15選

4月から10月まで、淡路島のキャンプ場がシーズンとなります。オートキャンプ場、コテージ、トレーラーハウス、グランピング施設などがあります。海水浴場では夏にキャンプ場がオープンします。

バーベキューを食べたり、温泉に浸り、釣りを楽しみ、お洒落な雰囲気のアウトドアで非日常体験を満喫できます。神戸から30分、大阪から1時間の近さで美しい海や山や星空と自然を堪能できます。

淡路島鱧料理おすすめ15選

2022年6月から10月の初夏から秋にかけて、淡路島の夏の食材として「鱧(はも)料理」が飲食店や旅館・ホテルで登場します。淡路島鱧(はも)料理でおすすめの13選をご紹介します。

淡路島の鱧の特徴は、頭が小さく胴が太くスタイルが美しいことから「べっぴん」と呼ばれています。古くから、京都の祇園祭、大阪の天神祭には無くてはならない魚として重宝されています。

淡路島生しらす丼おすすめ18店

2022年4月21日(木)から11月30日(水)まで、淡路島で生しらす丼が解禁されます。島内66店舗がキャンペーンに参加します。全国で数カ所しか食べられない生しらす丼を味わえます。

淡路米のご飯に淡路島の生しらすをのせて、ワサビ・ゆず・シソ・レモン・出汁・醤油・温泉卵などで食べます。魚介類や釜揚げしらす・生サワラとコラボレーションしたオリジナルの丼もあります。

淡路島バーガーおすすめ17店

通年で、淡路島でご当地バーガーが食べられます。淡路島の食材を使用したご当地バーガーの総称です。地産地消にこだわり淡路島の地域限定で販売されています。一度は押さえたい人気グルメです。

全国ご当地バーガーグランプリをはじめ、全国各地のグランプリやコンテストで数々の賞を獲得しています。個性的で独創的でです。地産地消にこだわりオリジナリティと地元愛を表現した逸品です。

淡路島生サワラ丼おすすめ12店

2022年4月21日(木)から11月30日(水)まで、淡路島で生サワラ丼が解禁されます。島内30店舗以上がキャンペーンに参加します。生サワラを新鮮なまま味わう生食文化を体験できます。

播磨灘のサワラ流し網漁で鮮度抜群のサワラが水揚げされます。島内各地で生サワラを使った「あぶり丼」「タタキ丼」「漬け丼」「親子丼」「出汁茶づけ」などオリジナルメニューが登場します。

淡路島日帰り温泉おすすめ15選

2022年の温かい季節は、日帰り温泉が人気となります。温泉施設では、多彩な湯舟で楽しめます。温泉旅館では、ランチやディナーとセットの日帰り温泉プランもあります。

観光を楽しみながら温泉施設で気軽に利用できます。グルメを食べながら温泉旅館で気軽に日帰りプランを利用できます。湯舟に浸かりながら絶景を眺められます。多彩な浴槽でリラックスできます。

フラワーリングバス「淡路島の花めぐり周遊バス」

2022年3月19日(土)から11月3日(木祝)までの土日祝限定で、淡路島北部の観光施設を周遊する「フラワーリングバス」が運行します。大人1000円、子供500円で1日乗り放題です。

30分に1本のペースで国営明石海峡公園、あわじ花さじき、淡路島公園、ニジゲンノモリ、奇跡の星の植物館など人気施設を巡ります。高速バスの往復乗車や高速船の往復乗船とのセット券もあります。

深日洲本ライナー「淡路島と大阪を結ぶ高速船」

2022年6月25日(土)から11月27日(日)までの土日祝限定で、淡路島の洲本港と大阪の深日港を結ぶ高速船「深日洲本ライナー」がが運航されます。広域型サイクル・ツーリズム事業です。

自転車で淡路島一周する通称「アワイチ」で船舶の利用促進を図ります。1日8便(4往復)で約55分の高速船です。中学生以上1500円、小学生500円、未就学児無料、サイクル300円です。

  • 運航期間:2022年6月25日(土)~11月27日(日)土日祝日限定
  • 運行航路:兵庫県洲本港と大阪府深日港の区間
  • 公式サイト:https://fuke-sumotoliner.com/

淡路島 夏の宿泊プランおすすめ15選

2022年6月から2022年8月の夏は、夕食にブランド食材の鱧(ハモ)を使用した会席料理でハモすき鍋、鱧の湯引き、ハモ天ぷら、ハモ刺身などが提供される宿泊プランが人気です。

温泉旅館やホテルで観光を楽しみながら利用できます。オーシャンビューの部屋で海を眺めながら過ごせます名湯の温泉でリラックスできます。淡路島の海の幸・山の幸が満載の料理を堪能できます。

まとめ

いかがでしたか。7月の淡路島は、花の名所でヒマワリ・バーベナ・クレオメ・ユリが見頃となります。アニメやキャラクターのテーマパークで夏休みのイベントが開催されます。

グルメで鱧料理が解禁されます。劇場で新作ショーが開催されます。キャンプやバーベキューなどアウトドアが楽しめます。野菜や果物の収穫体験が楽しめます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました