淡路島いちご狩りおすすめスポット8選

淡路島観光

淡路島のいちご狩りでおすすめスポット8選をご紹介します。淡路島はイチゴの摘み取り体験で人気です。関西でランキング上位の農園が数多くあります。毎年12月から翌年6月までがシーズンとなります。

淡路島いちご狩り

淡路島のいちご狩りでおすすめスポット8選

淡路島のいちご狩りでおすすめスポット8選は以下のとおりです。

  • グリナリウム淡路島
  • 東浦イチゴファーム
  • 淡路島フルーツ農園
  • 淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 幸せのいちご農園
  • ウェルネスパーク五色
  • 大坪だんだんファーム
  • 山城農園

淡路島がいちご狩りで人気の理由は、自然がいっぱいで、栽培に適した気候と土壌で、観光に便利と3拍子が揃っているからです。詳細は「人気の秘密「淡路島のいちご狩り」」の記事をご参照ください。

近年は最新設備のお洒落な農園も登場しました。リゾート気分を満喫できます。

いちご狩りの楽しむ方法は、旬のシーズンにおすすめの曜日と時間に行き、お好みの農園を選んで美味しいイチゴを見つけることです。詳細は「楽しみ方「淡路島のいちご狩り」」の記事をご参照ください。

全国的に「玉ねぎの島」として不動の地位を確立していますが、関西では隠れた「いちごの島」としても人気を確立しています。淡路島のいちご狩りでおすすめ農園を厳選しました。

なお、2021年は新型コロナの影響で開催状況が異なる場合があります。事前に電話でご確認ください。

グリナリウム淡路島

淡路島のいちご狩りでおすすめは、グリナリウム淡路島(GREENARIUM awajishima)です。場所は、淡路島北中部の丘にあります。2019年にオープンでレストラン&カフェが併設されています。海が眺められます。

いちご狩りは、最新設備で関西初の吊り下げタイプで栽培されたイチゴを摘み取ります。宙に浮いたイチゴ棚を見上げて新感覚のイチゴ狩りを体験できます。インスタ映えスポットで「空飛ぶいちごハウス」と称されます。

入場料金が90分で1パックのイチゴ付きで1人1000円(3歳以下無料)です。体験プランは量り売り制です。

まず、イチゴハウスでシートを敷いてテーブルとイスをセットしてピクニック気分で1パック分のイチゴを食べます。お好みでイチゴ狩りの体験をするシステムとなります。「花見」ならぬ「苺見」を楽しめます。

なお、レストラン&カフェでは、自家栽培のイチゴやトマトを使用した食事やスイーツが食べられます。ケーキ・ジェラートの工房もあります。トマトパスタ、バーガー、イチゴパフェなどが人気です。

  • 開催期間:毎年12月中旬~5月下旬
  • 住所:〒656-1726 兵庫県淡路市野島常盤1550-10
  • 電話 :0799-70-5116
  • 公式サイト:https://www.greenarium.jp/
  • 営業時間:9:00~15:00(農園)、9:00~17:00(カフェ)
  • 定休日:火曜日
  • 入場料金:1000円(3歳以下無料)
  • 入場特典:イチゴ1パック付き、ピクニックアイテム無料レンタル
  • 体験プラン:量り売り90分間制
  • 体験料金:100グラム300円前後
  • 品種:紅ほっぺ、あきひめ、おいCベリー
  • 駐車場:100台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で7分

東浦イチゴファーム

淡路島のいちご狩りでおすすめは、東浦イチゴファームです。場所は淡路島北東部で道の駅 東浦ターミナルパークに隣接しています。道の駅に駐車して同時に利用できます。体験プランは40分の食べ放題制です。

いちご狩りは、高設栽培で屈まずに立ったままで摘み取りやすいです。通路が広めでゆったりと楽しめます。シートが敷いいて靴が汚れません。ヒールの高い靴で利用できません。練乳の持込みができます。

なお、道の駅では、名物グルメ「タコの姿焼き」が食べられます。地元の米や野菜などの農産物、花や物産品などを販売しています。淡路島で人気のサイクリングの拠点としてレンタサイクルショップが2つあります。

道の駅にある「バイシクル ハブ あわじ」と高速バス乗り場にある「シクリズムアワジ」です。高速バスを利用して東浦バスターミナルで下りるとイチゴ狩り、道の駅、サイクリングと淡路島の観光が楽しめます。

周辺には、ネコの墨絵の展示施設「中浜稔 猫美術館」、陶芸体験の施設「淡路市立陶芸館」、浦海浜公園「浦県民サンビーチ」もあり楽しめます。アクセスは東浦インターチェンジから数分でアクセスも便利です。

  • 開催期間:毎年12月上旬~5月下旬
  • 住所:〒656-2305 兵庫県淡路市浦740
  • 電話 :080-6187-4171
  • 公式サイト:https://awaji1higashiura2i.wixsite.com/higasiura-ichigo
  • 営業時間:11:00~(午前の部)、13:30~(午後の部)
  • 定休日:不定休
  • 体験プラン:食べ放題40分間制
  • 体験料金:大人(中学生以上2000円)、小学生1600円、幼児(2才~未就学)1100円
  • 品種:紅ほっぺ、あきひめ
  • 駐車場:376台(東浦バスターミナル駐車場)
  • 駐車料金:初回2時間無料1回500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 東浦ICから車で3分

淡路島フルーツ農園

淡路島のいちご狩りでおすすめは、淡路島フルーツ農園です。敷地面積が約1万平方メートルを誇る淡路島で最大級の観光農園です。フルーツなど22種類を栽培しており1年通じてフルーツ狩りを楽しめます。

体験プランは30分の食べ放題制です。いちご狩りは、イチゴの品種が淡路島で最多6種類の摘み取りで食べ比べが楽しめます。練乳を持込みできます。有機肥料・土耕栽培・無農薬・低農薬で安心と安全です。

高設・地床栽培で立ったままイチゴの摘み取りができます。通路が比較的広めです。なお、お持ち帰りは別売りです。人気の農園で週末や連休は予約でいっぱいの可能性もあります。事前の電話予約が必要です。

農園カフェ「果の実」が併設されています。自家栽培のイチゴ、ブドウ、ブルーベリー、イチジクなど季節の果物のスイーツを提供します。テイクアウトでパウンドケーキ、フルーツパイ、ジャムなどを販売します。

いちごショートが人気でフルーツサンド・ロールケーキ・天然果汁100パーセントジュースも好評です。

  • 開催期間:毎年11月下旬~5月下旬
  • 住所:〒656-1523 兵庫県淡路市上河合173-3
  • 電話 :0799-85-2696
  • 公式サイト:http://awajishima-fruits.jp/
  • 営業時間:9:00~15:00(農園)、9:00~17:00(カフェ)
  • 定休日:無休
  • 体験プラン:食べ放題30分間制
  • 体験料金:11月12月(小学生以上2250円、2歳以上1630円)、1月(小学生以上2040円、2歳以上1430円、2月~5月(小学生以上1840円、2歳以上1230円)
  • 品種:紅ほっぺ、あきひめ、おいCベリー、さちのか、さがほのか、やよいひめ、星の煌めき
  • 駐車場:約40台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約5分

淡路ファームパーク イングランドの丘

淡路島のいちご狩りでおすすめは、淡路ファームパーク イングランドの丘です。場所は、淡路島南中央部で農業のテーマパークです。甲子園球場14個分の敷地にイギリスの湖水地方を再現した庭園が広がります。

いちご狩りは、イチゴの品種が5種類の摘み取りができます。食べ比べが楽しめます。入園ゲートから無料シャトルバスで農園に向かいます。体験プランは量り売り制です。会計前の収穫中には試食ができません。

参加方法は当日の先着順で限定人数です。入場料金が必要です。土日祝は開園30分前から整理券を配布しています。週末・連休は「朝イチ」がおすすめです。「じゃらん」の遊び・体験予約でネット予約が可能です。

なお、イングランドの丘では1番人気で看板動物のコアラの見学ができます。ウサギやヒツジのふれあい体験もおすすめです。花畑では、春にネモフィラ、夏にヒマワリ、秋にコスモスが咲きます。植物園もあります。

パンやキャンドルの手作り体験、果物や野菜の収穫体験ができます。ゴーカート・サイクルボート・アスレチックなど子供遊具で遊べます。レストランやカフェでは、ハンバーガー、ピザ、バーベキューが人気です。

  • 開催期間:毎年12月下旬~5月下旬
  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話 :0799-43-2626
  • 公式サイト:https://www.england-hill.com/
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 定休日:不定休(農園は水曜日)
  • 入場料金:大人(中学生以上)1000円、小人(4歳~小学生)200円、3歳以下無料
  • 体験プラン:量り売り制
  • 体験料金:100g290円
  • 品種:紅ほっぺ、あきひめ、ゆめあまか、紅クイーン、あまクイーン
  • 駐車場:1000台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

幸せのいちご農園

淡路島のいちご狩りでおすすめは、幸せのいちご農園です。淡路島北西部でカフェ「幸せのパンケーキ淡路島リゾート」に併設されています。お洒落なテラス席と瀬戸内海は播磨灘の絶景と絶品パンケーキで人気です。

いちご狩りは、1カップ一杯分のイチゴの摘み取り体験と、摘み取りイチゴをカフェに持参してイチゴパフェとして食べられるサービスがセットです。体験料金は1人1000円です。カフェのレジカウンターが受付です。

イチゴハウスは、地上1.5メートルの高設の空中栽培です。イチゴ棚が浮いています。イチゴの品種は淡路島唯一となる「幸せのいちご(紅ほっぺ)」です。完熟させるために普通より格段に大きく甘みがあります。

スタッフが試食のサービスをしてくれます。摘み終えたイチゴをカフェに持参します。席で待つと綺麗に盛り付けたイチゴパフェが提供されます。摘みたての完熟イチゴがその場でパフェとして登場する夢のサービスです。

他にも、フルーツやチョコなどのパンケーキが食べられます。屋外には、岬のブランコや幸せの鐘などフォトスポット、テニスやフットサルのコート、プールやジャグジーもあります。インスタ映えにおすすめです。

  • 開催期間:毎年1月中旬~4月下旬
  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎42-1
  • 電話 :0799-85-1111
  • 公式サイト:https://magia.tokyo/awaji/
  • 営業時間:農園(平日11:00~16:00)、カフェ(平日10:30~19:30、土日祝9:00~19:30)
  • 定休日:無休
  • 体験プラン:1カップ分のイチゴ摘み取り体験
  • 特典:イチゴの試食サービス、カフェでイチゴパフェの提供
  • 体験料金:1000円
  • 品種:幸せのいちご(紅ほっぺ)
  • 駐車場:100台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約5分、淡路ICから車で約20分

ウェルネスパーク五色

淡路島のいちご狩りでおすすめは、ウェルネスパーク五色です。淡路島中央西部にある総合公園です。アスレチックやスポーツ、バーベキューやキャンプ、温泉や宿泊やレストランなどアウトドアやレジャーが楽しめます。

いちご狩りは、五色洋ランセンターで受付をして提携する近隣のイチゴ農園に向かいます。手荷物の持ち込みはできません。トイレは事前に公園で済ませます。体験プランは量り売り制です。ハウスでは食べられません。

日当たりの良い温室で自然栽培しています。高設栽培で摘み取りやすいです。会計が済むとその場で食べられます。いちごの種類は、紅ほっぺ、さちのかの2品種です。熟した赤い実を選んでハサミで収穫します。

他に、いちご狩り(300グラム)とランチがセットのお得なプランがあります。レストランでランチが食べられます。淡路牛の瓦焼・お造り・天ぷらのセット、淡路牛のステーキ丼、子供ランチから選べます。

なお、ウェルネスパーク五色では、レストラン「浜千鳥」でご当地グルメが食べられます。日帰り天然温泉「ゆ~ゆ~ファイブ」で入浴できます。オートキャンプ場やログハウス、公共の宿で泊まれます。

野菜の収穫体験、そば打ち体験、淡路瓦粘土の陶芸体験ができます。地元出身で江戸時代の豪商 高田屋嘉兵衛を顕彰する歴史文化資料館、地元出身で作詞家の阿久悠さんの文学碑や鐘のモニュメントがあります。

  • 開催期間:毎年2月~5月中旬
  • 住所:〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志1087
  • 電話:0799-33-1600
  • 公式サイト:http://www.takataya.jp/
  • 営業時間:10:00~11:30、13:30~16:00
  • 定休日:2月の平日
  • 体験プラン:量り売り制
  • 体験料金:100g290円
  • ランチセット料金(イチゴ狩り300g+ランチ):大人2500円、子供2000円
  • 品種:紅ほっぺ、さちのか
  • 駐車場:200台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから約30分、津名一宮ICから約25分、西淡三原ICから約25分、淡路島中央SICから車で約20分

大坪だんだんファーム

淡路島のいちご狩りでおすすめは、大坪だんだんファームです。淡路島北西部で2020年オープンの観光農園と産地直売所です。33の農家が創設した大坪営農が運営しています。体験プランは40分の食べ放題制です。

いちご狩りは、産地直売所で受付します。400メートル離れた温室ビニルハウスに移動します。段々畑や瀬戸内海は播磨灘の絶景が眺められます。ハウスは清潔で綺麗です。シートが敷かれ道幅も広く歩きやすいです。

高所栽培でイチゴが摘み取りやすいです。車椅子の方でもイチゴ狩りが楽しめます。いちごの種類は、紅ほっぺ、あきひめの2品種です。摘み取ったイチゴは食べきりのみです。持ち帰る場合は直売所で購入します。

なお、産地直売所ではイチゴ・みかん・ビワなど地元フルーツを販売しています。玉ねぎ・お米など淡路島の農産物、ジャムなどの加工品、名物「冷凍いちご」なども取り揃えています。毎日とれとれ市を開催中です。

土日祝限定でイートインスペースを営業しています。プロのパティシエが監修した季節のフルーツを使用したフルーツサンド、搾りたてフレッシュジュース、いちごパフェなどを提供しています。テイクアウトも可能です。

  • 開催期間:毎年1月中旬~6月中旬
  • 住所:〒656-1603 兵庫県淡路市生田大坪
  • 電話 :0799-70-5229
  • 公式サイト:https://otsubo-dandan.com/
  • 営業時間:農園10:00~15:00、直売所10:00~16:00(イートイン土日祝10:00~16:00)
  • 定休日:不定休
  • 体験プラン:食べ放題40分間制
  • 体験料金:1月~2月(大人2000円、小学生1500円、2歳以上1100円)、3月~6月 (大人1800円、小学生1400円、2歳以上1000円)
  • 品種:紅ほっぺ、あきひめ
  • 駐車場:約20台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約5分

山城農園

淡路島のいちご狩りでおすすめは、山城農園です。淡路島中央西部で自然を感じられる里山にあります。「兵庫県認証食品ひょうご安心ブランド」を取得された農家が運営しています。体験プランは45分の食べ放題制です。

いちご狩りは、生産者の愛情が詰まったイチゴを収穫できます。水と有機肥料と栽培方法にこだわり、化学肥料や化学農薬を極力減らしています。光沢のある濃い赤色で甘酸のバランスの良いイチゴが食べられます。

いちごの種類は、さちのかの1品種です。生産者の愛情が詰まった人と自然に優しいイチゴです。通路が広めで楽に摘み取れます。シートが敷かれ靴が汚れません。練乳の持ち込みが可能です。お持ち帰りは別売りです。

淡路島で最長の食べ放題プランです。被覆資材で害虫や雑草からイチゴを守り、黄色蛍光灯で害虫などをイチゴを守ります。マメ科やイネ科の作物を土に混ぜて堆肥の代わりとしています。人と自然に優しい栽培です。

  • 開催期間:毎年1月中旬~6月中旬
  • 住所:〒656-1336 兵庫県洲本市五色町上堺2409
  • 電話 :090-9091-0836
  • 公式サイト:http://yamashironouen.geo.jp/
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:無休
  • 体験プラン:食べ放題45分間制
  • 体験料金:1月~4月(大人2000円、小学生1700円、2歳以上1300円、1歳600円)、5月以降 (大人1800円、小学生1600円、2歳以上1200円、1歳500円)
  • 品種:さちのか
  • 駐車場:約40台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約25分、西淡三原から車で約25分

まとめ

いかがでしたか。淡路島のいちご狩りでおすすめスポット6選から、お好みのイチゴ農園を選んでみてください。自然いっぱいの淡路島で「いちご狩り」を満喫しながら、観光を楽しんでみてください。

なお、淡路島でおすすめの観光スポットは「淡路島観光おすすめスポット34選 2020年最新」の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました