楽しみ方「淡路島のいちご狩り」

体験・展示

淡路島のいちご狩りを楽しみ方として4つのポイントあります。いちごが美味しいシーズンに行くこと、おすすめの曜日と時間に行くこと、お好みの農園を選ぶこと、美味しいイチゴを見つけることです。

おすすめのシーズン

淡路島のいちご狩りでおすすめのシーズンは、1月から2月までがおすすめです。

1月から2月までをおすすめする理由は、いちごの最も美味しいシーズンとなるからです。

イチゴは、暖かいシーズンは生育が良く、寒いシーズンは生育が悪くなります。しかし、長い時間をかけて熟成しながら生育したイチゴのほうが糖分が十分に蓄えられます。

つまり、寒いシーズンに成長したイチゴのほうが甘くなります。

寒いシーズンはイチゴ狩りは敬遠しがちですが、いちご狩りはビニルハウスの温室で開催されます。ビニルハウスは暖くて寒さを気にせずにイチゴ狩りを楽しめます。

淡路島の自然いっぱいの暖かい環境で、赤くて甘くて大きくて冷たくて美味しい「いちご」をお腹いっぱい食べて、十二分にイチゴ(いちご)狩りを満喫できます。

おすすめの曜日と時間

淡路島のいちご狩りでおすすめの曜日と時間は、水曜日から木曜日の午前中がおすすめです。

水曜日から木曜日までをおすすめする理由は、お客さんが少なくなる平日だからです。土曜日と日曜日を過ぎると熟したイチゴが収穫されて少なくなります。

月曜日と火曜日には残ったイチゴが熟していない可能性があります。残ったイチゴが熟すまでに日数が必要となるからです。

平日が難しい場合は、土曜日と日曜日の中で土曜日がおすすめです。

午前中をおすすめする理由は、いちご狩りに来たお客さんは、赤くて甘くて大きくて冷たくて美味しいイチゴから順番に見つけて取っていき食べていくからです。

農園では一日に取れる熟したイチゴの数量が決まっています。熟したイチゴが無くなるとイチゴ狩りが終了してしまいます。その結果、イチゴ(いちご)狩りができなくなりる可能性もあるのです。

お好みのイチゴ農園を選ぶ方法

淡路島のいちご狩りでお好みのイチゴ農園を選ぶ方法として、4つの方法があります。立地条件から選ぶ方法、料金プランで選ぶ方法、いちごの種類で選ぶ方法、他の要因で選ぶ方法です。

立地条件から選ぶ方法では、淡路島は電車が無いので自動車の移動がほとんどです。インターチェンジに近い、観光スポットに近いという理由は選ぶ要素になります。観光ルートに合わせて選びます。

料金プランで選ぶ方法では、摘み取ったイチゴを好きなだけ食べられる「食べ放題制」と摘み取ったイチゴの重量で金額が決まり食べるか持ち帰るかを選べる「量り売り制」があります。お好みで選びます。

いちごの種類で選ぶ方法では、単一品種を栽培する農園と多品種を栽培する農園があります。栽培するイチゴの種類が各々異なりますいちごの種類で大きさ、甘さ、色、硬さが様々です。お好みで選びます。

他の選ぶ方法では、農園の大小による選び方、地床栽培と高設栽培での選び方、トッピング持込みの可否による選び方、練乳の無料サービスの有無による選ぶ方があります。お好みで選びます。

美味しいイチゴを見つける方法

淡路島のいちご狩りで美味しいイチゴを見つける方法は、4つのポイントがあります。根元まで真っ赤であること、ガクが反り返っていること、つぶつぶが飛び出していること、ひし形(ダイヤ形)であることです。

いちごは先端のほうから根元のほうにだんだんと赤くなって熟していきます。つまり、美味しいイチゴは、先端から根本まで真っ赤な完熟したイチゴとなります。

完熟すると根元のヘタの部分にある「ガク」が反り返ってきます。つまり、美味しいイチゴは、「ガク」が反り返った完熟したイチゴとなります。

完熟すると表面のつぶつぶ(種)が飛び出して浮いてきます。つまり、美味しいイチゴは表面のつぶつぶ(種)が飛び出してきた完熟したイチゴとなります。

イチゴは逆三角形のイメージが強いですが、完熟すると根元がきゅっと締まります。ひし形(ダイヤ方)となります。つまり、美味しいイチゴはひし形(ダイヤ形)の完熟したイチゴとなります。

つまり、美味しいイチゴは、根元まで真っ赤なイチゴで、ガクが反り返ったイチゴで、つぶつぶが飛び出してきたイチゴで、ひし形(ダイヤ形)のイチゴとなります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました