いちご狩り「ウェルネスパーク五色」

自然・体験

ウェルネスパーク五色のいちご狩りは、量り売り制です。体験料金は100グラム290円となります。市販パック一杯(約300グラム)を食べるとだいたい1000円弱くらいとなります。

他に、いちご狩り(300グラム)とランチのセットプランがあります。セットプランの料金は、大人2500円、小人2000円です。事前予約が必要です。弁当もしくはステーキ丼と子供ランチです。

いちご狩りの申込方法は、事前にお電話でご確認ください。2月は土日祝日のみの営業です。なお、いちごの生育状況などにより案内できない場合があります。

  • ウェルネスパーク五色 確認電話番号:0799-33-0261(9:30~15:00)

いちご狩りの開催場所は、提携している近隣のイチゴ農園となります。

いちご狩りの体験方法は、公園にある五色洋ランセンターでの受付となります。提携するイチゴ農家さんからの注意事項として、手荷物の持ち込みはできません。トイレは事前に公園で済ませます。

なお、量り売り制のためにハウスでは食べられません。重さに応じた料金の支払い後に食べられます。

ハウスで農家さんの説明が終わった後にハサミとカゴが渡されます。高設栽培で摘み取りやすいです。摘み取りできるレーンが決まっています。イチゴの栽培中と収穫後のレーンには進入できません。

なお、いちごの種類は、紅ほっぺ、さちのかの2品種です。

熟した赤い実を選んでハサミで収穫します。日当たりの良い温室で自然栽培しています。ミツバチも飛んでいます。数棟のハウスがありイチゴを生育しています。

いちご狩りを終えると受付で計量します。100グラム270円で会計となります。会計が終えるとその場で食べられます。ただし、収穫中などの会計前には試食ができません。注意が必要です。

また、いちご狩り(300グラム)とランチのセットプランでは、午前もしくは午後にイチゴ狩りをして、お昼にレストランでランチを食べます。大人が五色ふるさと弁当もしくはステーキ丼です。小人は子供ランチです。

五色ふるさと弁当は、淡路牛の瓦焼・お造り・天ぷらのセットです。ステーキ丼は淡路牛のステーキがのった牛丼です。子供ランチはエビフライ・ハンバーグ・皮揚げなどのセットです。お得なプランで人気です。

淡路島「いちご狩り」おすすめ農園は「淡路島いちご狩りおすすめ6選」の記事をご参照ください。

なお、ウェルネスパーク五色は、淡路島中央西部にある総合公園です。運動施設として、芝生広場や野外ステージ、滑り台やアスレチック、テニスコートやフットサルなど屋内ドームがあります。

レジャー施設として、宿泊施設「公共の宿」、ご当地グルメを提供するレストラン、日帰り温泉の入浴施設があります。アウトドア施設として、オートキャンプ場やログハウス、バーベキュースペースがあります。

他にも、地元出身で江戸時代の豪商 高田屋嘉兵衛の顕彰する歴史文化資料館があります。洲本市出身の作詞家 阿久悠さんのモニュメント「愛と希望の鐘」と「瀬戸内少年野球団文学碑」などもあります。

そば打ち・うどん打ち、淡路瓦粘土の陶芸などの体験教室、玉ねぎなど野菜の収穫体験ができます。周辺の観光スポットとして、伊弉諾神宮、たこせんべいの里、パルシェ香りの館などがあります。

  • 開催期間:毎年2月~5月中旬
  • 住所:〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志1087
  • 電話:0799-33-1600
  • 公式ホームページ:http://www.takataya.jp/
  • 公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/Welnesspark
  • 営業時間:10:00~11:30、13:30~16:00
  • 定休日:2月の平日
  • 体験プラン:量り売り制
  • 体験料金:100g290円
  • ランチセット料金(イチゴ狩り300g+ランチ):大人2500円、子供2000円
  • 品種:紅ほっぺ、さちのか
  • 駐車場:200台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから約30分、津名一宮ICから約25分、西淡三原ICから約25分、淡路島中央SICから車で約20分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました