淡路島観光スポットおすすめ34選

バーベナが見頃 あわじ花さじき

三尺バーベナが見頃となります。淡路島の花の名所「あわじ花さじき」には、約3万本の三尺バーベナが植えられています。約1500平方メートルの花畑に、艶やかな紫色をした花がモコモコと咲きます。

バーベナ畑の向こうには、明石海峡や大阪湾が広がります。青い空と碧い海、紫の花により青の世界を創造します。初夏を涼しげに爽やかに演出します。花々が一斉に風に揺れられる姿は美しいです。

三尺バーベナの見頃期間は、2020年6月上旬から7月下旬までとなります。開花場所は、あわじ花さじきの「天空の小径」と「ふれあいの花園」です。初夏を彩る花として定着しています。

バーベナが見頃 約3万本

2020年6月上旬から7月下旬まで、淡路島淡路市の北東部の丘陵地にある花の名所「あわじ花さじき」で、約3万本の三尺ベーバナが見ごろを迎えます。花々が一斉に風に揺れられる姿は美しいです。

  • あわじ花さじき 公式ホームページ:夏~Summer

三尺バーベナ(6月上旬~7月)

あわじ花さじきの初夏の花として定着しています。 細く繊細な花々が風に揺れる姿は、見る人を魅了しています。

約1500平方メートルの花畑に、艶やかな紫色をした花がモコモコと咲きます。彼方に明石海峡や大阪湾が広がります。青い空と碧い海、紫の花により青の世界を創造します。初夏を涼しげに爽やかに演出します。

三尺バーベナの花は、ドーム状になった艶やかな青紫色です。大きさは3センチから4センチです。直径6ミリほどの小さな花が密集して集合体を形成します。モコモコと咲いているように見えます。

蝶々が好きな花とされます。天空の花園では、香りに誘われてアゲハチョウやアオスジアゲハ、カラスアゲハなどのたくさんの種類のアゲハ蝶が舞います。バーベナは蝶を呼ぶ花として知られています。

青紫色の花ジュウタンの香りに誘われて、蜜を求めて蝶や蜂が乱舞します。

同じ時期には、サルビアやクレオメもようやく花芽が色づいてきます。赤いサルビアやクレオメ、夏ソバの見頃時期はもう少し遅れます。心地よい風を浴びながら、蝶が舞いバーベナが揺れる花園はリラックスできます。

三尺バーベナとは、クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草です。一尺が約30センチですので、約90センチのベーバナとなります。園芸では、宿根バーベナの一種として扱われています。

実際に、三尺バーベナの草丈は1メートルから1.5メートルほどに成長します。

学名はベーバナ・ボナリエンシスです。バーベナはラテン語に由来します。ブエノスアイレス産という意味です。南アメリカが原産です。柳花笠(ヤナギハナガサ)とも呼ばれています。

耐寒性、耐暑性があり強健で丈夫です。群生して咲くと美しいです。円錐形の花の笠のように見えます。葉が細長くヤナギのように見えます。柳花笠の由来です。

直立しながら開いて株立ちします。茎には剛毛が多く見られます。枝分かれして10センチ以上の葉が数枚付きます。細長くて粗くて硬い葉にはシワがあります。裏に毛が生えます。

宿根タイプのバーベナで背が高くなり細身の草姿です。他の草花とも調和します。風に揺れる姿が美しいです。群生して咲くと美しいです。別名で、美女桜とも呼ばれています。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2020年6月上旬~7月下旬
  • 開催場所:兵庫県立あわじ花さじき
  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話:0799-74-6426
  • 公式HP:http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/
  • 開園時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:有料(普通車200台)
  • 駐車料金:200円(普通車)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分
あわじ花さじき
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました