淡路島ひまわり 名所おすすめ4選 夏の人気スポット

淡路島観光

淡路島は「ひまわり」の名所やおすすめスポットが多くあります。淡路島のひまわりの名所は、関西でも有数の規模を誇ります。毎年7月中旬から8月中旬まで見頃となります。

あわじ花さじきの約21万本のひまわり、イングランドの丘の約10万本のひまわり、国営明石海峡公園の約4万本のひまわり、パルシェ香りの館の約6400本のひまわりとなります。

7月下旬からの夏休み期間は、淡路島で観光する場合は、ひまわり畑がおすすめです。青い空に蒼い海、緑の大地に黄色のひまわりと、夏にぴったりの風景を眺めることができます。

淡路島ひまわり

淡路島ひまわりの名所スポット4選

淡路島でひまわりの名所4選は、あわじ花さじき、淡路ファームパーク イングランドの丘、国営明石海峡公園、パルシェ香りの館となります。淡路島観光でおすすめの人気スポットです。

あわじ花さじきでは、7月中旬から8月中旬まで約21万本のヒマワリが開花します。丘陵地から海に向かってヒマワリ畑が広がります。約3000平方メートルの敷地が黄色に染まります。

イングランドの丘では、7月中旬から8月下旬まで園内12カ所で合計10万本のヒマワリが順次開花します。メインの大花畑5万本は8月中旬が見頃です。インスタ映えスポットが多数登場します。

国営明石海峡公園では、7月下旬から8月上旬まで約4万本のヒマワリが咲きます。日本最大級の立体的花壇の庭園が美しいです。約30品種と赤や白や黒、一重や八重と多種多様なヒマワリが自慢です。

パルシェ香りの館では、7月上旬から7月下旬まで約6400本のヒマワリが咲きます。大淡路島では1番早く開花します。摘み取り体験が開催されます。品種は上を向いて咲くサンリッチアップです。

あわじ花さじき

あわじ花さじきのひまわりは、2021年7月中旬から8月中旬まで見頃となります。青い空と碧い海、緑の大地と黄色いヒマワリに囲まれながら、夏真っ盛りの自然を満喫できます。

共生の花園の約3000平方メートルの敷地で、約21万本のヒマワリが咲きます。ひまわり畑は、標高約300メートルの丘陵地から海に広がります。彼方には明石海峡や大阪湾が眺められます。

東から西に太陽を追いかけながら黄色の大輪を咲かせます。正面から、無数のひまわりが鑑賞できます。写真愛好家に根強い人気です。ひまわりに囲まれるインスタ映え写真も撮影できます。

ヒマワリの品種は、サンリッチ オレンジとサンリッチ レモンの2種類です。サンリッチ オレンジは、濃いオレンジ色の花で、サンリッチ レモンは、明るい黄色です。芯は黒褐色で美しい花形です。

詳細・基本情報

  • 見頃時期:2021年7月中旬~8月上旬
  • ひまわり本数:約21万本
  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話:0799-74-6426
  • 公式HP:http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/
  • 開園時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:有料(普通車200台)
  • 駐車料金:200円(普通車)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分

淡路ファームパーク イングランドの丘

イングランドの丘のひまわりは、2021年7月中旬から8月下旬まで見頃となります。園内12カ所のヒマワリ畑で合計約10万本が順次開花します。開花時期に「ひまわり大作戦」が開催されます。

コンセプトは「いつ来てもどこかでひまわりが咲いている」です。中央通り花壇、遊びの広場前、サイクルボート前、放牧場東屋横、モニュメント畑、やさい畑など様々な花壇が黄色く染まります。

メインは8月中旬に見頃を迎える大花畑の約5万本のヒマワリです。ひまわりロード、ひまわり展望台、ハートのひまわりモニュメント、ひまわり顔出しパネルとインスタ映えスポットが登場します。

他にも、夏休みの動物イベント、夏野菜の収穫体験、夏限定のクラフト教室、リアル謎解きゲーム、昆虫ワールドなどが開催されます。レストランやカフェでは夏限定のグルメメニューが登場します。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2021年7月中旬~8月下旬
  • ひまわり本数:約10万本
  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話:0799-43-2626
  • 公式ホームページ:https://www.england-hill.com/
  • 開園時間:平日9:30~17:00、土日祝9:30~17:30(4月~9月)
  • 入園料金:大人1000円、子供(中学生以下)200円、3歳以下無料
  • 駐車場:約1000台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分

国営明石海峡公園

明石海峡公園のひまわりは、2021年7月下旬から8月上旬まで見頃となります。ポプラの丘と大地の虹の花壇で、約30品種で約4万本と淡路島で最多となる多種多様なヒマワリが咲きます。

サンリッチ系やビンセント系などメジャーなヒマワリをはじめ、黄色やオレンジ色、赤褐色や白色、レモンイエローや茶色、ワインレッドやクリームイエローなどカラフルな種類で鮮やかです。

直径20センチの大輪、一重咲き、八重咲き、一輪咲き、多輪咲き、花びらが長い、花びらが尖がる、芯が膨らむ、背が高い、背の低いミニヒマワリまで花形がユニークな種類で美しいです。

ヒマワリの開花時期に夏休みイベント「サマーフェスタ」が開催されます。子供の自由研究におすすめです。2021年8月7日(土)と8日(日)は大地の虹でヒマワリの摘み取り体験が開催されます。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2020年7月下旬~8月上旬
  • ひまわり本数:約4万本
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式HP:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 営業時間:9:30~18:00
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • 駐車場:約600台(淡路夢舞台地下駐車場)
  • 駐車料金:500円(レストラン&ショップの利用で無料券配布)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

パルシェ香りの館

パルシェ香りの館のひまわりは、2021年7月下旬から8月上旬まで見頃となります。敷地面積1250平方メートルの大農園で約6400本のヒマワリが咲きます。淡路島で一番早い開花となります。

ヒマワリの品種は、サンリッチUPです。芯が褐色で明るい橙色のオレンジ、芯が緑で明るい黄色のフレッシュレモン、芯が緑で明るい橙色のフレッシュオレンジの3種類です。真っすぐ上向きに咲きます。

2021年7月10日(土)(土)から8月1日(日)までヒマワリの摘み取り体験が開催されます。参加料200円で1人10本まで摘み取ります。お持ち帰りしてアレンジやブーケにおすすめです。

他にも、大温室で25品種のフクシアが見頃です。イヤリングのように垂れ下がった形が特徴です。天井から約50鉢がつり下げられます。小高い丘からは瀬戸内海や山々など美しい風景が眺められます。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2021年7月上旬~7月下旬
  • ひまわり本数:約6400本
  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの館)
  • 公式サイト:https://www.parchez.co.jp/
  • 営業時間:8:30~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました