淡路島生しらす丼おすすめ4店

淡路島生しらす丼でおすすめの4店をご紹介します。生しらす丼は、淡路島で春から秋にかけて旬のご当地グルメとしておすすめです。新鮮なシラスを熱々のご飯にのせて、生姜や醤油などと一緒に食べるグルメです。淡路島で数多くある生しらす丼を提供する飲食店から人気で行列が並ぶグルメ店をおすすめとして厳選しました。

透明で美しい生シラスは、サラッとした口触り、プチプチした歯応え、ツルッとしたのどごしから、驚きの食感を堪能できます。生しらすは旬で食べられる期間があります。2018年は、4月18日(水)から11月30日(金)までとなっています。期間はキャンペーンとして、淡路島の63店舗が参加して、様々な生しらすを使ったメニューが提供されます。

淡路島生しらす丼おすすめ4店

淡路島生しらす丼でおすすめ4店は、道の駅あわじ 海千館、お食事処 渡舟、お食事処 浜ちどり、海鮮料理 源平となります。理由は、昔から馴染みのお店であり、評判となり人気が出たり、味も値段も場所もオススメとなるからです。おすすめ4店は、生しらすが水揚げされる淡路市岩屋港の近くとなります。

道の駅あわじ 海千館は、生しらす丼が毎年10万食を数えるほどの人気店です。少々並びますが回転が早く屋外のオープン席でも明石海峡大橋を眺めながら美味しくいただけます。お食事処 渡舟は、お昼になると行列が跡を絶たない人気店です。生しらす丼にのっている生しらすの量がハンパなく、生しらす本来の味を堪能できます。

お食事処 浜ちどりは、生しらすとさくら卵、金ゴマのコラボレーションが見事です。自家製醤油との相性も抜群です。海鮮料理 源平は、海鮮生しらす丼で淡路島の生しらすと明石海峡の鯛が競演しています。岩屋漁港で獲れる地産地消にこだわった夢の丼ぶりといえるでしょう。明石港から高速船に乗って訪れるリピーターも数多くいます。

道の駅あわじ 海千館

道の駅あわじにある海千館は、淡路島生しらす丼でおすすめです。生しらす丼(850円)は一番人気のメニューとなっています。毎年10万食を数えるほどです。ボリュームたっぷりの生しらすの食感と風味が楽しめます。

道の駅あわじは淡路島北端の明石海峡大橋の付け根にあり、目の前が明石海峡という抜群のロケーションを誇ります。世界一の明石海峡大橋の絶景を眺めながら、淡路島のご当地グルメ「淡路島生しらす丼」を堪能できます。

淡路島生しらす丼 道の駅あわじ 海千館
道の駅あわじにある海千館は、ご当地グルメ「淡路島生しらす丼」でおすすめの店です。ナンバーワンメニューの生しらす丼(850円)は、毎年10万食を数えるほどの人気です。ボリュームたっぷりの生しらすの食感と風味が楽しめます。道の駅あわじは淡路島北...

道の駅あわじ 海千館の基本情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1
  • 電話:0799-72-0001
  • 営業:9:30~17:00
  • 予約:不可
  • 席数:店内席とオープン席
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:無料(普通車70台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

お食事処 渡舟

お食事処 渡舟は、淡路島生しらす丼でおすすめです。生しらすたっぷり丼(850円)は、格別の人気メニューです。ご飯と同じくらいたっぷりの淡路島の生しらすが盛られていることで有名です。シンプルイズベストの言葉が一番似合うです。

お食事処 渡舟は淡路島東浦インターチェンジに近い国道28号沿いにあります。人気店ということもあり、週末の昼前後は行列ができることも多いです。淡路島のご当地グルメ「淡路島生しらす丼」を堪能するなら、地元漁師のお店ということ方が多いです。

淡路島生しらす丼 渡舟 お食事処
お食事処 渡舟は、ご当地グルメ「淡路島生しらす丼」でおすすめの店です。生しらすたっぷり丼(850円)は、格別の人気メニューです。ご飯と同じくらいたっぷりの淡路島の生しらすが盛られていることで有名です。シンプルイズベストの言葉が一番似合うです...

お食事処 渡舟の基本情報

  • 住所:兵庫県淡路市楠本112
  • 電話:0799-74-3432
  • 営業:10:30~14:00(最終受付13:50):16:30~20:00(最終受付19:40)
  • 予約:不可
  • 席数:25席
  • 禁煙:完全禁煙
  • 定休日:月曜日(月曜日が休日の場合、火曜日)
  • 駐車場:無料(普通車15台)道路の向かい側の奥
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約10分

お食事処 浜ちどり

お食事処 浜ちどりは、淡路島生しらす丼でおすすめの店です。島の生しらす丼(800円)は、淡路島の生しらすと黄色く輝くブランド「さくら卵」が絶妙のハーモニーを奏でる自慢の逸品です。見た目の美しさ以上に、味わいに奥行きが広がります。

お食事処 浜ちどりは、淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ高速船ジェノバラインの発着する岩屋ポートビルの2階にあります。高速船の乗り場にあるため、観光客が待ち時間を利用して、淡路島生しらす丼を食べに訪れる方がたくさんいます。

淡路島生しらす丼 浜ちどり お食事処
お食事処 浜ちどりは、ご当地グルメ「淡路島生しらす丼」でおすすめの店です。島の生しらす丼(800円)は、淡路島の生しらすと黄色く輝くブランド「さくら卵」が絶妙のハーモニーを奏でる自慢の逸品です。お食事処 浜ちどりは、淡路島岩屋港と明石市明石...

お食事処 浜ちどりの基本情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2
  • 電話:050-5590-4889
  • 住所 淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2F
  • 営業:11:00~20:15
  • 予約:不可
  • 席数:45席
  • 禁煙:分煙
  • 定休日:火曜日(祝日は営業)
  • 駐車場:無料(普通車3台)、近隣駐車場(初回無料1時間毎100円)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、高速船ジェノバライン岩屋港直結

海鮮料理 源平

海鮮料理 源平は、ご当地グルメ「淡路島生しらす丼」でおすすめの店です。海鮮生しらす丼(2200円)です。地産地消にこだわった夢の丼です。淡路島の生しらすを筆頭に、明石海峡で獲れる有名な鯛やタコなど自慢の海産物がふんだんに盛られています。

海鮮料理 源平は淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ高速船ジェノバラインの発着する岩屋フェリー乗り場すぐにあります。淡路島で潮騒や漁港の風情を感じながら魚介類を堪能できます。お店のカウンターからは、明石海峡大橋を眺めながら食事ができます。

淡路島生しらす丼 源平 海鮮料理
海鮮料理 源平は、ご当地グルメ「淡路島生しらす丼」でおすすめの店です。海鮮生しらす丼(2200円)です。地産地消にこだわった夢の丼です。淡路島の生しらすに、明石海峡で獲れる有名な鯛やタコなどがふんだんに盛られています。海鮮料理 源平は淡路島...

海鮮料理 源平の基本情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋925-22
  • 電話:050-5590-6551
  • 営業:11:00~14:30
  • 予約:可
  • 席数:50席
  • 禁煙:全面喫煙可
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:8台、近隣駐車場(初回無料1時間毎100円)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、高速船ジェノバライン岩屋港直結

淡路島生しらす丼がおすすめの理由

人気の理由はブランド「淡路島の生しらす」

淡路島の生しらす丼が人気ご当地グルメとなった理由は、メインとなる「生しらす」にあります。「淡路島の生しらす」はブランドとして確立しています。厳しい条件をクリアした生しらすだけがブランドとしてお店で提供されているのです。

透明で美しい新鮮な生しらすは、サラッとした口触り、プチプチでツルッとした驚きの食感、本来の味を堪能できます。生しらすが持つ、見た目、口触り、食感、味をたくさんの人に知ってもらいたいという熱い思いから「淡路島の生しらす」としてブランド化されました。

「淡路島の生しらす」の厳しい条件

「淡路島の生しらす」には厳しい条件があります。淡路島岩屋港で水揚げされたしらすであること、ベテラン職人が目利きして納得したものであること、水揚げ後に先取りして瞬間冷凍したものであること、驚きと感動を与える逸品を提供すること、たくさんの人に笑顔を創ることとです。

厳しい条件をクリアした「淡路島の生しらす」は、本物の美味しさを提供することでブランドとなりました。その結果、「淡路島の生しらす」をメインとして提供する「淡路島の生しらす丼」は、ご当地グルメとしての価値を上げています。現在では、「淡路島の生しらす丼」は人気のご当地グルメとなっています。

淡路島生しらす丼のおすすめの食べ方

「生しらす丼」は、淡路米のごはんに淡路島の生しらすをのせて、大根おろしやわさび、ゆずや青じそなどアクセントとなるトッピングと一緒にいただきます。メインとなる「生しらす」は、透明で美しく新鮮そのものというのが見た目でわかります。

サラッとした口触りに、プチプチでツルッとした新感覚の生しらすの本来の食感を堪能できます。「生しらす」の旨みや甘みが広がります。薬味がアクセントとなって「生しらす」の美味しさを引き立てます。

淡路島の生しらすが4月18日に解禁

2018年は4月18日(水)から「淡路島の生しらす」が解禁となりました。「北淡路ブランド推進協議会」と「淡路島岩屋漁業協同組合」が4月10日(火)に、「淡路島の生しらす」キャンペーンを4月18日(水)から開始すると発表しました。キャンペーン期間は、淡路島全域に広がる参加店で「淡路島の生しらす」を使ったご当地グルメ「生しらす丼」など様々な料理が提供されます。今年は積極的にPRして計100万食の大台を目指しています。

2018年 淡路島の生しらす 4月18日に解禁
2018年は4月18日(水)から「淡路島の生しらす」が解禁となります。「北淡路ブランド推進協議会」と「淡路島岩屋漁業協同組合」が4月10日(火)に、「淡路島の生しらす」キャンペーンを4月18日(水)から開始すると発表しました。ご当地グルメ「...

淡路島の生しらすキャンペーン参加63店舗

「淡路島の生しらす」の解禁と同時に島内でキャンペーンが始まります。今年は過去最多となる63店舗が参加しています。キャンペーン期間の4月18日(水)から11月30日(金)まで、淡路島全域に広がる参加63店舗で「淡路島の生しらす」を使った様々な料理が提供されます。淡路島で生しらすが食べられる飲食店のみを一覧にしました。今年は、シンプルな生しらす丼に加えて、生しらすのパスタ料理や生しらすの海鮮ちらし寿司など、各店が工夫を凝らして独自色豊かなメニューを提供しています。

2018年 淡路島の生しらす キャンペーン参加63店舗
4月18日(水)から11月30日(金)まで、2018年の「淡路島の生しらす」のキャンペーンが開始されます。今年は過去最多となる63店舗が参加しています。淡路島全域で「淡路島の生しらす」を使った様々な料理が提供されます。生しらす丼を筆頭に、生...
error:Content is protected !!