淡路島 生しらす丼おすすめ4店 人気ご当地グルメ

淡路島で春から秋にかけて人気グルメといえば「生しらす丼」です。今年は4月18日(水)から11月30日(金)までが期間となります。「生しらす丼」は、淡路米のごはんに淡路島の生しらすをのせて、大根おろしやわさび、ゆずや青じそなどアクセントとなるトッピングと一緒にいただきます。メインとなる「生しらす」は、透明で美しく新鮮そのものというのが見た目でわかります。サラサラとした口触りに、プチプチやツルッとした新感覚の食感が味わえます。「生しらす」の旨みや甘みが広がります。薬味がアクセントとなって「生しらす」の美味しさを引き立てます。やはり、ブランドとして確立した「淡路島の生しらす」を一番美味しくいただけるのは「生しらす丼」となるのでしょう。淡路島を代表する人気のご当地グルメといっても過言ではありません。今年は63店舗が参加して選び放題ですが、逆に多くて選ぶのが難しいという側面もあります。そこで今回、淡路島で美味しい生しらす丼が食べられるおすすめの4店を厳選してご紹介します。

淡路島生しらす丼おすすめ4店

「淡路島の生しらす丼」でおすすめは、道の駅あわじ 海千館、お食事処 渡舟、お食事処 浜ちどり、海鮮料理 源平の4つのお店となります。淡路島の生しらすは、淡路市にある岩屋港で水揚げされます。地元の事情に精通していたり、昔から馴染みのお店であったり、評判となって人気が出ていたりするところが、味も値段も場所もおすすめです。海千館は、生しらす丼が毎年10万食を数えるほどの人気店です。少々並びますが回転が早く屋外のオープン席でも明石海峡大橋を眺めながら美味しくいただけます。渡舟は、お昼になると行列が跡を絶たない人気店です。生しらす丼にのっている生しらすの量がハンパなく、生しらす本来の味を堪能できます。浜ちどりは、生しらすとさくら卵、金ゴマのコラボレーションが見事です。自家製醤油との相性も抜群です。源平は、海鮮生しらす丼で淡路島の生しらすと明石海峡の鯛が競演しています。岩屋漁港で獲れる地産地消にこだわった夢の丼ぶりといえるでしょう。明石港から高速船に乗って訪れるリピーターも数多くいます。各店舗の詳細などは、下記の通りとなります。

道の駅あわじ 海千館 生しらす丼

道の駅あわじ 海千館で淡路島の生しらす丼のおすすめメニューは、生しらす丼(850円)になります。明石海峡大橋の付け根で目の前が明石海峡という抜群のロケーションを誇ります。地元岩屋漁港で水揚げされた魚介類を使った海鮮丼のレパートリーが豊富です。定番から季節限定まで約10種類を揃えています。全て900円前後の手ごろ価格も人気の理由です。淡路島生しらす丼は、毎年10万食を数えるほどの人気で、今や道の駅あわじのナンバーワンメニューとなっています。水揚げ直後の生シラスの食感と風味が楽しめる人気丼です。ボリュームたっぷりの生しらすに、新鮮なお刺身が周りを囲み、ジュレ生姜とレモンが添えられています。海の幸自家製ポン酢ダレをかけていただきます。生しらすは、プリプリとしていてとても柔らかいです。通常のわさびでなくジュレ生姜との相性が抜群です。抜群のアクセントとなり、生しらすの鮮度抜群のプリプリ感を引き立てます。周りのお刺身と合わせると濃厚な海の風味と様々な食感が楽しめます。丼ぶりに添えられたお味噌汁には、淡路島玉ねぎが入っています。

道の駅あわじ 海千館の詳細情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1
  • 電話:0799-72-0001
  • 営業:9:30~17:00
  • 予約:不可
  • 席数:店内席とオープン席
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:無料(普通車70台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

お食事処 渡舟 生しらすたっぷり丼

渡舟で淡路島の生しらす丼のおすすめメニューは、生しらすたっぷり丼(850円)です。渡舟は現役漁師の大将と女将が営んでいる人気のお店です。近海で獲れた新鮮な地魚を刺身、煮付け、天ぷらなどにして提供しています。地元のお米に地元の野菜と淡路島の食材にこだわっています。女将が日替わりで作る小鉢やお惣菜は絶品です。「生しらすたっぷり丼」は中でも格別です。ご飯と同じくらいたっぷりの淡路島の生しらすが盛られています。透き通るような透明感ある生しらすが器に盛られて美しく輝いているようです。シンプルイズベストの言葉が一番似合うメニューです。新鮮でピチピチした生しらすがサラサラとした川の流れのように口に入ってきます。生しらすのツルっとした食感と、じんわり広がる生しらすに、薬味が絶妙なアクセントとなって美味しさを引き立てます。さっぱりとした味わいで食が進みます。後味も残らず、生しらすの新鮮さと爽やかさが際立っています。

お食事処 渡舟の詳細情報

  • 住所:兵庫県淡路市楠本112
  • 電話:0799-74-3432
  • 営業:10:30~14:00(最終受付13:50):16:30~20:00(最終受付19:40)
  • 予約:不可
  • 席数:25席
  • 禁煙:完全禁煙
  • 定休日:月曜日(月曜日が休日の場合、火曜日)
  • 駐車場:無料(普通車15台)道路の向かい側の奥
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約10分

お食事処 浜ちどり 島の生しらす丼

浜ちどりで淡路島の生しらす丼のおすすめメニューは、島の生しらす丼(800円)です。浜ちどりは淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ高速船ジェノバラインの発着する岩屋ポートビルの2階にあります。少し古い建物になりますが、味は申し分ないです。淡路島の食材にこだわったメニューを提供しています。岩屋港より仕入れた新鮮な魚貝類は時期により楽しめる味覚が変わります。夏から秋にかけて繊細で美味しい「ハモ」、冬から春にかけて身がプリプリの「淡路島3年とらふぐ」などが登場します。人気の生しらす丼は4月~11月に登場します。島の生しらす丼は、淡路島の生しらすとブランドのさくら卵、金ゴマになど新鮮な素材をふんだんに使用した自慢の逸品です。こだわりの自家製醤油との相性が抜群で、口に入れた瞬間に広がる春の訪れを感じていただけます。

お食事処 浜ちどりの詳細情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2
  • 電話:050-5590-4889
  • 住所 淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2F
  • 営業:11:00~20:15
  • 予約:不可
  • 席数:45席
  • 禁煙:分煙
  • 定休日:火曜日(祝日は営業)
  • 駐車場:無料(普通車3台)、近隣駐車場(初回無料1時間毎100円)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、高速船ジェノバライン岩屋港直結

海鮮料理 源平 海鮮生しらす丼

源平で淡路島の生しらす丼のおすすめメニューは、海鮮生しらす丼(2200円)です。源平は淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ高速船ジェノバラインの発着する岩屋フェリー乗り場すぐにあります。淡路島の魚介類を思う存分味わうことができます。淡路島の魚介類が一斉に集まる料理屋であり、淡路島を代表する和食屋です。淡路島岩屋港で水揚げされた魚は漁師と一緒に目利きをして、納得の鮮魚だけがテーブルに並びます。淡路島で潮騒や漁港の風情を感じながら淡路島の魚介類を楽しめます。店のカウンターから明石海峡大橋を眺めながら食事ができます。海鮮生しらす丼は、地産地消にこだわった夢の丼ぶりです。淡路島の生しらすと淡路島の鯛が競演しています。最後に食す特製だし汁のお茶漬が絶品です。一度で二度おいしい2ウェイ海鮮丼になります。明石港から高速船に乗って訪れるリピーターも数多くいます。

海鮮料理 源平の詳細情報

  • 住所:兵庫県淡路市岩屋925-22
  • 電話:050-5590-6551
  • 営業:11:00~14:30
  • 予約:可
  • 席数:50席
  • 禁煙:全面喫煙可
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:8台、近隣駐車場(初回無料1時間毎100円)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、高速船ジェノバライン岩屋港直結

生しらす丼はおすすめご当地グルメ

淡路島の生しらす丼が人気ご当地グルメとなった理由は、ブランド「淡路島の生しらす」にあります。ブランド「淡路島の生しらす」は、獲れたての「生しらす」の味、驚きの「生しらす」の味をたくさんの人に知ってもらいたいという淡路島の岩屋港の漁師さん達の熱い思いから誕生しました。水揚げ直後に瞬間冷凍して鮮度を保ちます。減菌技術を導入して品質を保ちます。独自技術を開発して淡路島オリジナルのブランド「淡路島の生しらす」が誕生しました。「淡路島の生しらす」には次の5カ条があります。淡路島岩屋港で水揚げされたしらすであること、ベテラン職人が目利きして納得したものであること、水揚げ後に先取りして瞬間冷凍したものであること、驚きと感動を与える逸品を提供すること、たくさんの人に笑顔を創ることとです。こうした日々の真剣さが「淡路島の生しらす」の美味しさを本物にしてブランドとなりました。その結果、「淡路島の生しらす丼」のご当地グルメとしての価値を上げているのです。「淡路島の生しらす丼」はご当地グルメの中でもおすすめです。

関連記事