人気の秘密「生しらす丼」

ジャンル

生しらす丼の人気の秘密は、生しらすのブランド化にあります。淡路島の生しらす丼には、厳しい条件をクリアした生しらすのみをブランド名「淡路島の生しらす」として使用しています。

淡路米のごはんに「淡路島の生しらす」をのせて、大根おろしやわさび、ゆずや青じそなどトッピングと一緒に食べます。メインとなる「生しらす」は、透明で美しく新鮮そのものといえます。

サラッとした口触りに、プチプチでツルッとした新感覚の生しらすの本来の食感を堪能できます。「淡路島の生しらす」の旨みや甘みが広がります。薬味がアクセントとなって美味しさを引き立てます。

「淡路島の生しらす」に選ばれるには、次の厳しい5つの条件をクリアすることが必要となります。

下記の5つの厳しい条件をクリアした生しらすだけが、「淡路島の生しらす」というブランドとなって淡路島生しらす丼として提供されることになるのです。

  • 淡路島岩屋港で水揚げされた「しらす」である事
  • ベテラン職人が目利きして納得したもののみ使用する事
  • 水揚げ後「先取り」して、そのままの鮮度で瞬間冷凍する事
  • 料理人は「驚き」と「感動」を与える渾身の逸品を提供する事
  • 携わる全員が淡路島の「新鮮な魚」でたくさんの「笑顔」を創る事

淡路島岩屋漁業協同組合では、美味しい魚が豊富に獲れる明石海峡を主な漁場にしています。漁師が全幅の信頼を置く加工業者のベテラン職人が、一切の妥協を許さず目利きをします。

最高鮮度の「きれいもん」のみを使用します。量よりも質だから上質です。水揚げ直後に地元加工業者へ持ちこみ、瞬間冷凍する事でそのままの鮮度を閉じこめます。

「先取り」とはセリを飛ばす画期的な取引方法です。常識を覆すスピードを実現しました。漁師から引き受けた「鮮度」を最大限生かし淡路島の料理人達は愛情を込めて腕を振るいます。

漁師は体を、加工業者は技術を、販売店はおもてなしを、関わる全ての者は「想い」や「心意気」を持って、たくさんの喜ぶ笑顔が見たいという思いから、今日も鮮度抜群に取り組みます。

岩屋港で水揚げして、職人が目利きして、先取りで瞬間冷凍した淡路島の生しらすが、驚きと感動を与えて、お客様の笑顔を創造しているのです。

厳しい条件をクリアした淡路島の生しらすだけを扱う淡路島生しらす丼は、見た目も味も抜群です。淡路島のご当地グルメとして名実ともにトップです。淡路島で不動のご当地グルメです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました