生しらす丼「IKOI JAPANESE CUISINE」

ジャンル

IKOI JAPANESE CUISINEの生しらす丼のメニューは「生しらす膳」がおすすめです。人気のランチ限定「IKOI膳」のご飯が生しらす丼になります。淡路島の山と海の幸がてんこ盛りの贅沢なお膳です。

丼は、お米に生しらすとシンプルです。黄身と醤油をかけてます。卵は地元の北坂養鶏場が誇るブランド「北坂卵」、米はふっくらモチモチが特徴の淡路米、醤油は自家製出汁を使用しています。

ゆずに、紫キャベツと大根のスプラウト、食用花で彩りが綺麗です。栄養価もあります。磯の香りに爽やかな風味です。ユズの酸味とカイワレの苦味がアクセントです。生しらすと絶妙にマッチします。

他に、鮮魚のお刺身、かき揚げの天ぷら、根菜の煮物、野菜のサラダなど豊富な品数です。地元食材にこだわります。淡路産の素材の味が楽しめます。盛り付けた器もこだわり、見た目も美しいです。

生しらす丼のメニュー

  • 生しらす膳(ランチ限定):2,970円

淡路島生しらす丼のおすすめ店は「淡路島生しらす丼おすすめ10店」の記事をご参照ください。

なお、IKOI japanesecuisine(いこい ジャパニーズ キュイジーヌ)は、日本料理店です。淡路島北西部で親子2代で営んだ定食屋「いこい」を、3代目が和食レストランとしてリニューアルしました。

カリフォルニアの和食レストランでシェフとして腕をふるい地元の淡路島にオープンしました。建物は、白壁でシックな2階建てです。店内は、和洋折衷の和風モダンです。座席は全部で36席です。

料理は、淡路島の旬の食材を使用した新感覚の日本料理です。日本伝統の懐石料理と和洋折衷を取り入れたモダンジャパニーズな懐石風の和食です。落ち着いた雰囲気で目も舌も楽しませてくれます。

淡路ビーフ、ベッピン鱧、淡路島3年とらふぐなどの食材が、京焼、信楽焼、備前焼、伊万里焼などの名作陶磁器で登場します。歴史に名立たる名品とモダンな和食が融合した会席料理となります。

IKOI japanesecuisineの基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-1602 兵庫県淡路市育波569-3
  • 電話 :0799-75-2222(要予約)
  • 公式ホームページ:https://www.ikoi-sugamura.com/
  • 営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • 座席数:36席(カウンター席、テーブル席、半個室席)
  • 駐車場:10台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で3分

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました