アジサイまつり 淡路島公園 約40種類1万株 6月9日から

兵庫県立淡路島公園で「アジサイまつり」が開催されます。約40種類1万株のアジサイが植えてあり、6月上旬頃から開花を始めます。毎年、色鮮やかなアジサイが咲き誇る時期に合わせて「アジサイまつり」が行われており今回で5回目となります。

開催期間は、6月9日(土)から7月1日(日)までとなります。イベントは、公園のアジサイの咲いている4つのポイントを巡りながらスタンプを集めるクイズスタンプラリーと、アジサイの剪定や挿し木などを学んで作るアジサイ体験があります。

淡路島公園では、1998年頃からアジサイを植え始めました。「アジサイの谷」エリアを中心に品種と本数を増やして、現在、約40種類1万株のアジサイが咲きます。子供たちに人気のアスレチックがある「水の遊び場」エリアや、淡路ハイウェイオアシスから入園すぐの「花の谷」エリアにも拡大して植えられています。なお、公園は広大な敷地となっています。最寄り駐車場を調べてから停車することをおすすめします。

なお、淡路島には「あじさい」の名所やおすすめスポットがたくさんあり、関西でも有数の規模を誇ります。淡路島国営明石海峡公園の約20種類14000株を筆頭に、兵庫県立淡路島公園の約30種類10000株、あわじ花山水の約70種類4000株、あわじ花の歳時記園の約70種類3500株と続きます。これら4つは淡路島でもオススメの「あじさい園」です。

淡路島あじさい 名所おすすめ4選 梅雨の人気スポット
淡路島には「あじさい」の名所やおすすめスポットが多くあります。淡路島の「あじさい園」は関西でも有数の規模を誇ります。毎年6月中旬頃が見頃です。淡路島国営明石海峡公園の約20種類14000株を筆頭に、兵庫県立淡路島公園の約30種類10000株...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジサイまつりの基本情報

淡路島公園 自然を満喫 遊具が充実 淡路サービスエリア直結
淡路島公園は、約150ヘクタールという広大な敷地を誇る兵庫県立公園です。1985年に開園しました。淡路島の豊かな自然と無料の楽しい遊具が楽しめます。淡路サービスエリアから直接アクセスできます。入園料が無料です。2017年7月にアニメパーク「...
  • 開催場所:兵庫県立淡路島公園
  • 開催日時:6月9日(土)~7月1日(日)9:00~16:00
  • ※16:00以降、ナイトウォーク「火の鳥」開催で通行制限となります。
  • 開催住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話番号:0799-72-5377(管理事務所)
  • 入園料金:無料
  • 開催エリア:花の谷、アジサイの谷(メイン)、林間広場、水の遊び場
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 駐車料金:無料(約500台)目的場所により最寄駐車場が異なります。

アジサイまつりの内容

クイズスタンプラリー

アジサイの咲いている4つのポイントを巡って、全てのスタンプを集めるとオリジナル缶バッチをがレゼントされます。なお、チラシの配布などは管理事務所までお問合せください。

  • 開催日時:6月9日(土)~7月1日(日)9:00~16:00
  • 開催場所:花の谷(東屋)、アジサイの谷(東屋)、林間広場、水の遊び場(東屋)
  • 参加料金:無料
  • 電話番号:0799-72-5377(管理事務所)

アジサイ体験教室

アジサイの剪定や挿し木について学びながら体験します。挿し木したアジサイはお持ち帰りできます。なお、事前予約制となっております。電話予約は、管理事務所となっております。

  • 開催日時:7月2日(土)10:00~12:00
  • 定員人数:20名(先着順)
  • 参加料金:500円(材料代)
  • 電話予約:0799-72-5377(管理事務所)

アジサイの開花状況と見頃情報

6月25日現在

見ごろのピークは少し過ぎてしまいましたが、アジサイの谷、林間広場、花の谷、水の遊び場付近など、園内のアジサイの見どころ各所でまだまだお楽しみいただけます。

6月16日現在

花の谷

ガクアジサイ、西洋アジサイ、カシワバアジサイなど全体的に見頃を迎えています。小ぶりな可愛いアジサイが多いです。多品種が揃っています。

水の遊び場

白くて丸い花を咲かせるアナベルが見ごろを迎えています。ガクアジサイの一種である渥美絞りが見頃を迎えています。

アジサイの谷

西洋アジサイが満開となって見頃となっています。

アジサイまつりのアクセス

「あじさいまつり」へのアクセスですが、会場は淡路島公園の敷地の中央に位置するアジサイの谷がメインになります。広大な敷地を誇る公園となります。目的に合わせて自家用車の最寄り駐車場や公共交通の最寄り停車駅を変更することがおすすめです。

自動車の場合、最寄り駐車場となるC駐車場、ニジゲンノモリのアトラクションや遊具がいっぱいのF駐車場、高速道路を下りずに直結の淡路ハイウェイオアシス駐車場の3つの方法があります。なお、F駐車場や淡路ハイウェイオアシス駐車場から、林間広場までは距離もありますので、ニジゲンノモリのトラムカー(1日乗り放題500円)を利用するのが便利です。

高速バスと場合、最寄り駅となる淡路インターチェンジから徒歩5分で無料シャトルバスの停留所があり、ニジゲンノモリのF駐車場まで運行しています。淡路インターチェンジから徒歩5分で淡路ハイウェイオアシスに到着しますので、そこからニジゲンノモリのトラムカー(1日乗り放題500円)を利用する手段もあります。

高速船の場合、最寄り駅となる岩屋港から徒歩1分で無料シャトルバスの停留所があり、ニジゲンノモリのF駐車場まで運行しています。

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061(受付時間:平日10:00~18:30)

車の場合

F駐車場

F駐車場は、あじさいの咲いている水の遊び場周辺の他、無料の木や水のアスレチック、クレヨンしんちゃんのアトラクションを楽しむ場合に便利な駐車場です。アクセス方法は、淡路インターチェンジから下りて、信号をまっすぐ県道157号線の坂道を登った先に、ニジゲンノモリの看板が見えて、曲がったところの駐車場になります。

C駐車場

C駐車場は、あじさいの咲いているアジサイの谷の最寄り駐車場になります。アクセス方法は、淡路インターチェンジから下りて、信号をまっすぐ県道157号線の坂道を登り、ニジゲンノモリの入口一つ手前の細い道を左折します。次の交差点を右折して、しばらくすると淡路島公園管理事務所があり、C駐車場となります。C駐車場は、C1、C2、C3と3つあります。

淡路ハイウェイオアシス

淡路ハイウェイオアシスは、高速道路を下りずに淡路島公園に入園できることから便利です。ただ、アジサイの谷までの距離があります。移動には、オアシス館の隣から運行するニジゲンノモリのトラムカー(1日乗り放題500円)を使うことをおすすめします。アクセス方法は、神戸淡路鳴門道の淡路サービスエリアから連絡道路で約1分で淡路ハイウェイオアシスに到着します。

高速バスの場合

高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅、学園都市駅、新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅から発車しています。淡路インターチェンジで降車します。なお、淡路インターチェンジからニジゲンノモリのF駐車場まで無料シャトルバスが運行しています。また、淡路インターチェンジから徒歩5分で淡路ハイウェイオアシスに到着しますので、そこからニジゲンノモリのトラムカー(1日乗り放題500円)を利用する手段もあります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路IC(所要時間40分、乗車料金670円)
  • 高速舞子駅ー淡路IC(所要時間10分、乗車料金410円)
  • 学園都市駅ー淡路IC(所要時間20分、乗車料金460円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路IC(所要時間70分、乗車料金1250円)

本四海峡バス

  • 新神戸駅ー淡路IC(所要時間55分、乗車料金670円)
  • なんば駅ー淡路IC(所要時間90分、乗車料金1250円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。岩屋港に着くと徒歩1分で無料シャトルバスの停留所があります。ニジゲンノモリのF駐車場まで運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)

アジサイの概要

アジサイは、6月から7月にかけて青や紫、白にピンクと様々に色づく花です。小さな花が集まって丸い形に膨らんで咲いている姿が特徴です。日本が原産の落葉低木です。樹高は1メートルから2メートルほどとなります。葉っぱは葉脈がくっきりと浮き上がり光沢があります。梅雨の風物詩、梅雨の代名詞として広く親しまれています。

鑑賞用に庭園や公園などで植栽されています。咲き始めは白っぽく、次第に色づきながら咲くことから「七変化」や「八仙花」とも呼ばれています。漢字では「紫陽花」となります。アジサイの名前の由来は、藍色が集まったものという意味の「あづさあい(集真藍)」が変化したものとされています。

一般にアジサイは、美しい青紫色のイメージが強いですが、現在では品種も多く青、緑、赤、白、ピンクなど多種多様でそれぞれに濃淡があります。花言葉として「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」など、お母さんを連想させる意味が強いです。このことから「母の日」に贈る花として人気があります。

淡路島公園の概要

淡路島公園は、淡路島北部の丘陵地の約150ヘクタールという広大な敷地を誇る兵庫県立公園です。豊かな自然と楽しい遊具で楽しめます。淡路サービスエリアから直接アクセスできます。入園料が無料です。

2017年7月にアニメパーク「ニジゲンノモリ」が誕生しました。現在では、淡路島の自然とアニメ・ゲーム・漫画・絵本など二次元コンテンツを融合した世界を満喫できるテーマパークとして人気があります。

広大な敷地は、「淡路ハイウェイオアシスゾーン」、「森のゾーン」、「交流ゾーン」という3つで構成されています。淡路ハイウェイオアシスゾーンは、オアシス館を中心にレストランやカフェ、物産店があります。

森のゾーンには、自然がそのまま残されており、桜やアジサイなど四季折々の花々が咲き誇ります。展望広場は一番の絶景スポットです。交流ゾーンには、木の遊び場や森の遊び場など多くの遊具で楽しめます。

淡路島公園 自然を満喫 遊具が充実 淡路サービスエリア直結
淡路島公園は、約150ヘクタールという広大な敷地を誇る兵庫県立公園です。1985年に開園しました。淡路島の豊かな自然と無料の楽しい遊具が楽しめます。淡路サービスエリアから直接アクセスできます。入園料が無料です。2017年7月にアニメパーク「...

ニジゲンノモリ

ニジゲンノモリは、淡路島公園にある淡路島の自然と二次元の世界を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の広大な敷地に、日本の漫画やアニメやゲームの世界感をテーマにしたエリアが点在します。

現在、アニメ「クレヨンしんちゃん」、漫画「火の鳥」、脱出ゲーム「ゼロからの挑戦状」、絵本「こびとづかん」をテーマにしたエリアでがあります。アトラクションやショップなどで世界観を体験できます。

レストラン「モリノテラス」では、淡路島の食材を使った料理とオリジナルキャラクターのグッズを販売しています。グランシャリオ北斗七星では、星の見える宿泊施設としてグランピングを体験できます。

ニジゲンノモリ まとめ 淡路島公園アニメパーク
ニジゲンノモリは、淡路島公園に誕生したアニメパークです。ニジゲンノモリでは、日本の漫画やアニメ、ゲームや絵本など二次元の世界を体験できます。ニジゲンノモリでは、森や原っぱ、池や川など淡路島の自然を体験できます。アニメと自然を融合させたテーマ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
淡路島公園ニジゲンノモリ
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!