淡路島バーガーおすすめ15選

淡路島グルメ

淡路島バーガーでおすすめの15選をご紹介します。淡路島バーガーは、淡路島産の食材をふんだんに使用したご当地のハンバーガーの総称です。地産地消にこだわり地域限定で販売されています。

淡路島のご当地バーガーとして個性的で独創的なバーガーが開発されました。全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位をはじめ、全国各地のハンバーガーのコンテストで数々の賞を獲得しています。

淡路島に来たら絶対に押さえておきたい淡路島バーガーのお店15選を厳選してご紹介します。

淡路島バーガー

道の駅うずしお「淡路島オニオンキッチン本店」

道の駅うずしお「淡路島オニオンキッチン本店」は淡路島バーガーでおすすめです。バーガーのメニューは「あわじ島オニオンビーフバーガー」と「あわじ島オニオングラタンバーガー」がおすすめです。

  • あわじ島オニオンビーフバーガー:660円(税込)
  • あわじ島オニオングラタンバーガー:660円(税込)
  • 前略、道の駅バーガー:3,300円(税込)1日1個限定
  • ローストビーフバーガー:1,430円(税込)1日10個限定
  • ジューシーチキンごま味噌チーズバーガー:880円(税込)1日10個限定

全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を獲得したバーガーです。厚さ8ミリの淡路島玉ねぎがメインで5つの味わいと食感が楽しめます。オニオントマトとオニオングラタンのソースとなります。

淡路島南西端の「道の駅うずしお」にあるファストフード店です。鳴門岬の展望広場から大鳴門橋と鳴門海峡の絶景が眺められます。サイクリングやツーリングで淡路島一周する休憩場所として人気です。

グリナリウム淡路島(GREENARIUM awajishima)

グリナリウム淡路島(GREENARIUM awajishima)は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは「にんにくのゴーダ ジャイアン バーガー」と「にんにくのT.T.T.バーガー」がおすすめです。

  • にんにくゴーダ ジャイアンバーガー:1280円(税込)
  • にんにくTTTバーガー:1280円(税込)

淡路牛のパティ、玉ねぎのソテー、ゴーダとモッツァレッラのチーズ、トマトとレタスをサンドしたバーガーと、淡路牛のパティ、テリヤキとタルタルのソース、トマトとレタスをサンドしたバーガーとなります。

淡路島北部のカフェレストランです。トマトのパスタ、淡路牛のハンバーグ、野菜のサラダ、イチゴのスイーツが人気です。イチゴ棚が宙に浮いた最新設備でイチゴ狩りが体験できる観光農園が併設されています。

クラフトサーカス(CRAFT CIRCUS)

クラフトサーカス(CRAFT CIRCUS)は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは「グリル淡路牛クラフトバーガー」がおすすめです。直径17センチの特大でドリンクとポテト付きです。

  • グリル淡路牛 クラフトバーガー:1980円(税別)
  • 淡路島ハモフライバーガー:2080円(税別)
  • びっくりまるごとカニバーガー:2480円(税別)

パティは淡路牛100パーセントで200グラムの特大サイズです。淡路島産の玉ねぎのソテーをはじめ、レタスやトマトが彩りを添えます。バンズは淡路島産の米粉入りです。ナイフでカットして食べます。

淡路島北西海岸にあるカフェレストランです。約100メートルのオーシャンビューのテラス席が自慢です。ピザやパエリア、バーベキューなど特大料理が特徴です。雑貨や工芸品などのショップもあります。

淡路カントリーガーデン「safsaf (サフサフ)」

淡路カントリーガーデン「safsaf 」は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「大地のバーガー」がおすすめです。健康に優しい無添加と自然に優しい地産地消がこだわりです。

  • 大地のバーガー:600円
  • モナカセット(大地のバーガー、フライドポテト、ミルクモナカ):1250円(ペットボトル付き)、1300円(コーヒーorコーヒー牛乳付き)
  • ソフトセット(大地のバーガー、フライドポテト、ミニソフト):1250円(ペットボトル付き)、1400円(コーヒーorコーヒー牛乳付き)

パティは、淡路牛と国産豚に玉ねぎが練り込まれています。肉汁と玉ねぎ汁があふれてジューシーです。厚切りで柔らかな玉ねぎソテーとシャキシャキ食感のレタスが玄米のバンズでサンドされています。

淡路島北部の淡路カントリーガーデンの入口にあります。動物や農業の自然体験やバーベキュー、宿泊が楽しめます。広大なドッグランがあり愛犬家に人気です。なお、自然体験には入場料金が必要です。

ミエレ(miele)

ミエレ(miele)は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「ミエレ淡路牛プレミアムグルメバーガー」がおすすめです。直径15センチとジャンボサイズでポテトが付きます。

  • ミエレ淡路牛プレミアムグルメバーガー:1480円(税別)
  • ダブルバーガー:1980円(税別)

淡路牛と国産牛のミンチを使用したパテとデミグラスソースの相性が抜群です。淡路島産のタマネギとレタスが山盛りです。特製エッグタルタルソースがアクセントです。ダブルバーガーも登場しました。

淡路島北西海岸にあるカフェレストランです。白い船をイメージした建物です。オーシャンビューのテラス席で開放的です。ピザ、カレー、ワッフル、レモネードなどハチミツを使用した料理が人気です。

道の駅あわじ「淡be-」

道の駅あわじ「淡be-」は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「淡路牛バーガー」がおすすめです。牛肉のニンニク炒め、淡路島産の玉葱とレタスがサンドされたバーガーです。

  • 淡路牛バーガー(BBQ味):500円
  • 淡路牛バーガー(ピリ辛):500円
  • 淡路牛バーガー(塩ダレ):500円
  • 淡路牛バーガー(BIG)13cm:680円
  • 淡路牛バーガー(ビックリ)18cm:1300円

牛肉は、淡路牛をニンニク入り自家製タレで炒めています。特製醤油と辛子マスタードの甘辛い味付けで絶妙です。玉葱の甘さとレタスのシャキシャキ食感がアクセントです。味変やサイズなど種類が豊富です。

淡路島北端の道の駅あわじにあります。明石海峡大橋の橋脚の付け根部分で目の前に海です。抜群の景観と絶品のグルメ・お土産で全国屈指の道の駅です。テイクアウトのみで広場公園のテラス席で食べます。

秘密基地akari

秘密基地akariは、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「akari淡路島バーガー」がおすすめです。バイクで淡路島一周するライダー向けのボリューム満点のバーガーとなります。

  • akari淡路島バーガー:1200円(税別)

パティは200グラムのハンバーグに玉ねぎと淡路牛を煮込んだミートソースがたっぷりです。とろけるチーズにオニオンソテー、梅鶏卵の目玉焼きがのせられています。神戸老舗パン屋のバンズです。

淡路島南部中央にあるカフェです。工場の倉庫跡をリノベーションしています。アメリカンダイナーで古き良きアメリカを彷彿とさせる雰囲気です。ワイルドなメニューが豊富でバイク好きが集まります。

パルシェ香りの館「カオルカフェ(kaoru cafe)」

パルシェ香りの館「カオルカフェ(kaoru cafe)」は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「淡路島ハーブハンバーガー」がおすすめです。自家製ハーブを練り込んだ香りがコンセプトのバーガーです。

  • 淡路島ハーブハンバーガー:単品700円、ドリンクセット980円

パティには淡路牛と国産豚の合挽きに4種類のハーブスパイス、バンズには淡路米のライスパンにハーブが練り込まれています。オニオンとトマトにハーブがサンドされています。3種類のソースと豪華です。

淡路島北西部のパルシェ香りの館にあります。花畑、ハーブ園、温室、レストラン、体験施設、ショップ、産直、温泉、宿泊があります。花の摘み取り、香りの手作り、香りの温泉、香りのグルメが楽しめます。

淡路ハイウェイオアシス「Cafe Oasis(カフェオアシス)」

淡路ハイウェイオアシス「Cafe Oasis」は、淡路島バーガーでおすすめのお店です。バーガーのメニューは、「オアシスバーガー」がおすすめです。淡路牛と淡路島玉ねぎを使用したパティが自慢のバーガーです。

  • オアシスバーガー:764円(税込)※店頭飲食の場合

パティは、噛み応えがあり肉本来の旨みを味わえます。玉ねぎを炒めた自家製のソースが絶妙にマッチします。牛肉と玉葱の甘みと旨みがジューシーに融合します。トマトとレタスはシャキシャキ食感です。

淡路島の玄関口「淡路ハイウェイオアシス」にあります。淡路サービスエリアと直結です。緑いっぱいのアトリウム空間が自慢です。明石海峡大橋の絶景が眺められます。レストランやショップがあります。

うずの丘大鳴門橋記念館「オニオンキッチンうずの丘店」

うずの丘大鳴門橋記念館「オニオンキッチンうずの丘店」は、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、「あわじ島うにクリームコロッケバーガー」がおすすめです。ウニの風貌と味付けが自慢です。

  • あわじ島うにクリームコロッケバーガー:1100円(税込)
  • スパイシーオニオンビーフバーガー:770円(税込)
  • たこちりバーガー:660円(税込)
  • オニオンビーフバーガー:660円(税込)
  • オニオングラタンバーガー:660円(税込)

うにクリームコロッケは、淡路島産の生ウニと牛乳を使用しています。うにグラスソースが濃厚で香りと旨みが堪能できます。海苔と酢漬けのキュウリがアクセントです。バンズはイカスミで黒いです。

淡路島南西部の観光施設「うずの丘大鳴門橋記念館道」にあります。大鳴門橋と鳴門海峡の絶景が眺められます。鳴門の渦潮の展示学習施設、レストランとショップ、ファストフードのお店があります。

バイカーズカフェチルコロ

バイカーズカフェチルコロは、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、アワイチバーガーセットがおすすめです。自転車で淡路島一周するサイクリスト向けでボリューム満点のセットです。

  • アワイチバーガーセット(コーラ付):1200円
  • 特大アワイチバーガーセット(コーラ付):1800円
  • ビーガンアワイチバーガーセット(コーラ付):1200円

淡路島産の牛と豚の合挽きのパティ、新鮮な野菜(ピクルス、レタス、玉ねぎ)や香草(ハーブ)、ハラペーニョ、ハーブソーセージ、サルサソース、チェダーチーズの全部のせです。ライ麦パンのバンズです。

淡路島北部の国道28号線の海岸沿いにあります。明石海峡が眺められます。ロードバイクのメンテナンスやレンタルなどサポートしています。自転車・バイク・犬を通じたコミュニティスペースです。

淡路サービスエリア上り線「Cafe a too(カフェエートゥ)」

淡路サービスエリア上り線「Cafe a too」は、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、「淡路玉葱ハムカツバーガー」がおすすめです。淡路島産玉ねぎにこだわり旨さと甘さを堪能できます。

  • 淡路玉葱ハムカツバーガー:単品880円、セット930円
  • 淡路玉葱メンチカツバーガー:単品830円、セット880円
  • えびカツバーガー:単品960円、セット1010円

ハムカツは、豚ロース肉のスライスを揚げてテリヤキソースの味付け、メンチカツは、合挽き肉に玉ねぎを混ぜたメンチを揚げてトンカツソースの味付けです。厚切り玉ねぎをサンドして甘みが引き立ちます。

淡路島の玄関口にある淡路サービスエリア上り線にあります。シュークリームとプリンも人気です。上下線は往来自由です。明石海峡大橋の絶景が眺められる橋の見える丘は「恋人の聖地」に選ばれています。

淡路夢舞台「トムズスタジオ淡路夢舞台店」

淡路夢舞台「トムズスタジオ淡路夢舞台店」は、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、「淡路島ゴールデンハンバーガー」がおすすめです。淡路島産の食材100パーセントの地産地消がコンセプトです。

  • 淡路島ゴールデンハンバーガー(ポテト・ドリンク付):1300円

パティは、淡路ビーフと淡路猪豚の合挽きで肉の旨みが味わえます。玉ねぎのソテーは、醤油と味噌の味付けです。鶏卵の目玉焼き、トマト、レタス、ピクルスにフワフワのバンズと全て地元産です。

淡路島北東部の建築家の安藤忠雄さんが設計したリゾート施設「淡路夢舞台」にあります。ホテル、国際会議場、レストラン&ショップ、植物園、野外劇場、百段の花壇、都市公園などがあります。

イングランドの丘「コアラ島バーガー」

イングランドの丘「コアラ島バーガー」は、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、「島オニオンステーキバーガー」がおすすめです。淡路島が誇る淡路牛の旨みと玉ねぎの甘さを堪能できます。

  • 島オニオンステーキバーガー:単品1000円、セット(ポテト・ドリンク付き)1360円
  • 島チーズバーガー:単品1050円、セット(ポテト・ドリンク付き)1410円
  • 島てりやきバーガー:単品950円、セット(ポテト・ドリンク付き)1310円

パティは淡路牛と淡路豚の合挽き肉を使用しています。厚切り玉ねぎのソテーにはバーニャカウダソースがかけられています。牛肉とタマネギの相性が抜群です。バンズは淡路島牛乳を練り込み水不使用です。

淡路島南部中央のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」にあります。コアラの見学、動物のふれあい、四季の花の鑑賞、野菜の収穫、乗り物などが楽しめます。入場料金が必要です。

淡路ワールドパークONOKORO「イル・マーレ」

淡路ワールドパークONOKORO「イル・マーレ」は、淡路島バーガーでおすすめ店です。バーガーのメニューは、「おのころバーガー」がおすすめです。淡路島の食材を使用して照り焼きで和風タレの甘さが自慢です。

  • おのころバーガー(ポテト・サラダ・スープ付):1100円

パティは淡路牛と淡路鶏に国産豚を加えた合挽きです。テリヤキ和風ソースにチーズとマヨネーズとマスタードがあけられて濃厚な風味で甘さが絶妙です。オニオンスライスのサラダはシャキシャキします。

淡路島北東部のテーマパーク「淡路ワールドパークONOKORO」にあります。観覧車や芝滑り、ゴーカートやメリーゴーランドど小さい子供が楽しめるアトラクションが充実しています。入場料金が必要です。

淡路島バーガーがおすすめの理由

淡路島バーガーがおすすめの理由は、自然豊かな環境に恵まれていること、美味しい食材を使用していること、年々進化していることの3つがあります。

自然豊かな環境については、瀬戸内海に面しており温暖な気候に恵まれています。水量が少なく肥沃な大地に恵まれています。3つの海峡に囲まれた豊富な漁場に恵まれています。

古代から平安まで朝廷に献上してきた「御食国(みけつくに)」としての歴史があります。

美味しい食材については、淡路島玉ねぎは全国ブランドとなっています。淡路牛は、神戸ビーフや松坂牛の素牛として有名です。淡路島鱧、明石鯛など新鮮な魚介類も豊富です。

万葉の昔には、朝廷から飲む水までも美味しい食材の宝庫であると言わしめました。

年々の進化については、パティに淡路牛、トッピングに淡路島玉ねぎ、淡路島レタス、淡路島キャベツ、バンズに淡路米、卵に淡路島鶏卵など地産地消にこだわった商品開発が進んでいます。

オリジナリティに溢れた地元愛を表現した商品レパートリーが豊富になっています。

各飲食店ともに、地産地消をモットーにできる限り地元の素材を盛り込もうと意気込みを感じます。現在では、淡路島でも屈指の人気を誇ります。定番のご当地グルメとなります。

なお、淡路島バーガーも含めて淡路島グルメのまとめは「淡路島グルメおすすめ10選 2020年最新」の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました