パルシェ香りの館 ラベンダーが見頃で摘み取り体験 淡路島

投稿記事上

淡路島の香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」で、ラベンダーが見頃を迎えています。敷地面積1250平方メートルの大農園に、約1400株ものラベンダーが咲き誇っています。また、ラベンダーの満開となる時期に合わせて、6月5日(火)から6月30日(土)まで、ラベンダーの摘み取り体験を開催しています。

大農園に植えられているラベンダーは、ラベンダーグロッソと呼ばれる品種になります。大きな花穂と太い茎が特徴です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。花の色はグレーに近い薄紫です。香りは強く出て甘く香ることから、オイルやドライフラワーに適しています。花が咲く時期は6月上旬から8月頃までとされています。

摘み取り体験では、一人200円で30本の摘み取りを楽しむことができます。ラベンダーの特徴ある甘い香りには、発汗効果や疲労回復、ストレス解消やリラックス効果など効用があるといわれています。古代ローマでは防虫剤にも使用されたそうです。最近では、ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルが人気となっています。

カオルカフェ・ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームが大好評で販売されています。お花のソフトクリームはパルシェ香りの館ではおすすめの商品です。一口頬張ると口の中にほのかにラベンダーの香りが広がります。あっさりとした甘さのソフトクリームと絶妙のハーモニーを奏でています。現在、5種類あるソフトクリームで1番人気となっています。1個300円(税込)です。

この他、パルシェ香りの館では、香りの体験メニューがたくさんあります。天然のエッセンシャルオイルから好きな香りを選んで作るオリジナル香水作り、天然素材とハーブを使って作る石けん作り、色とりどりの砂や好きなガラス小物で作るオリジナルキャンドル作り、鑑賞用として特殊なオイルで植物を閉じ込めるハーバリウム作りなど、香りを活かした美容と健康に良いメニューが用意されています。

ラベンダーの摘み取り体験の詳細情報

  • 開催期間:6月5日(火)~6月30日(土)
  • 開催場所:パルシェ香りの館 大農園
  • 体験料金:200円
  • 本数制限:1人30本
  • 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:9:00~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • HP:パルシェ香りの館
  • ベビーカー貸出し:無
  • 車椅子の貸出し:有(無料)
  • 弁当の持込み:不可
  • ペットの入園:不可
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

ラベンダー約1400株が見頃

パルシェ香りの館にある大農園で、ラベンダー約1400株が見頃を迎えています。甘くて優しい香りがするラベンダーは、「香りの女王」または「ハーブの女王」と呼ばれて世界中で愛されています。シソ科の多年草です。パルシェ香りの館に植えられているラベンダーは、強い香りが特徴の「ラベンダーグロッソ」というラバンディン系と呼ばれる品種になります。

ラベンダーグロッソは、5月上旬頃からつぼみが開き始めて、6月上旬に満開を迎えたそうです。花の色はグレーに近い薄紫です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。1株あたり平均約300本から400本の花を付けるそうです。地中海から北アフリカが原産のハーブです。他の品種に比べて匂いが強く出ます。花が咲く時期は6月上旬から8月頃までとされています。

名前の由来は、1972年に品種改良したフランス人「グロッソ」にちなんで名付けられました。大きな花穂と太い茎が特徴です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。花の色はグレーに近い薄紫です。香りは強く出て甘く香ることから、オイルやドライフラワーに適しています。花かんむりやブーケなどのクラフトにも多く使われます。

ラベンダーの特徴ある甘い香りには、発汗効果や疲労回復、ストレス解消やリラックス効果など効用があるといわれています。古代ローマでは防虫剤にも使用されたそうです。ラベンダーグロッソは世界的にも採油用として盛んに栽培されている品種となります。最近では、ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルが人気となっています。

ラベンダーソフトクリーム

カオルカフェ・ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームが大好評で販売されています。お花のソフトクリームはパルシェ香りの館ではおすすめの商品です。見た目は、ほのかに薄紫をしたソフトです。

一口頬張ると口の中にほのかにラベンダーの香りが広がります。あっさりとした甘さのソフトクリームと絶妙のハーモニーを奏でています。現在、5種類あるソフトクリームで1番人気となっています。1個300円(税込)です。

カオルカフェ

  • ラベンダーソフトクリーム:300円

パルシェ香りの館の概要

パルシェ香りの館は、線香の生産量が全国一の淡路市にある香りのテーマパークです。緑の山々に囲まれて瀬戸内海が一望できる高台にあり、三角屋根の本館が特徴的です。施設として香りの館、香りの湯、特産館があります。

香りの館では、体験メニューとして、アロマキャンドル、石けん作り、お香作り、フラワーアレジメント、香水・ミストスプレー、ハーバリウム作りなどがあります。

大農園の摘み取り体験として、シーズンにより、ラベンダー、コスモス、キンセンカなどが楽しめます。この他、エッセンシャルオイルの抽出もあります。

香りの湯では、播磨難を一望しながら淡路一宮温泉を楽しめます。露天風呂には、ラベンダー、ローズマリーなど四季折々のハーブを浮かべて香り豊かな癒しの温泉を楽しめます。無料でアイスハーブティーも楽しめます。

レストラン 和食処 かおり が併設されており、淡路島の食材を使った料理を味わえます。特産館では、線香、キャンドル、アロマの香りの製品の他、淡路島のお土産を提供しています。

カオルカフェ&ハーブショップでは、約100種類のハーブを楽しめ、ハーブの販売をしています。カフェでは、淡路島ハーブハンバーガー、ラベンダーソフトクリームなどを販売しています。

パルシェマルシェでは、淡路島の農産物を販売しています。また、施設の中央の坂の上には全長70メートルの大型滑り台があります。

パルシェ香りの館の施設詳細

香りの館

香りをテーマにした館です。香りとふれあいながらゆったりとした時間を過ごせます。香りの手作り体験、香りのグッズ体験、花の手作り体験とメニューも豊富です。香りに関する情報に触れて学ぶこともできます。鼻で香りを楽しむだけでなく見、目で香りを楽しんだり、触って香りを楽しんだり五感を使って香りを楽しむ施設です。美しい香草や美しい香木を楽しみながら香りとふれあえます。

香りの展示

エントランスで、香りに関する展示がされています。世界の香水と香料の地図を展示したり、日本の香道の展示から現代の香りの展示まで、様々な香りに関する情報を提供しています。

水蒸気蒸留の展示

エントランスで、蒸留器が展示されています。ハーブを蒸すと、芳香成分を含んだオイルが蒸気となって気化します。その蒸気をパイプに集めて冷却して液体に還元して、表面に浮かんだ芳香成分が精油(エッセンシャルオイル)となります。体験コーナーでは水蒸気蒸留によるエッセンシャルオイルの抽出を体験できます。

アロマジェルキャンドル作り

色とりどりの砂と、好みのガラス小物を組み合わせて、自分だけのオリジナルキャンドルを作ります。

  • 参加費用:1100円
  • 所要時間:40分

石けん作り

天然素材とハーブを使って、簡単な自分だけのオリジナル石けんを作ります。

  • 参加費用:660円
  • 所要時間:30分

お香作り

お香の町ならでは、エッセンシャルオイルを使って自分だけのオリジナルな和のお香を作ります。

  • 参加費用:660円
  • 所要時間:40分

フラワーアレンジメント作り

自分の好みとセンスで部屋のインテリアなどに使えるリース・アレンジメントを飾り付けます。

  • 所要時間:45分~

香水・ミストスプレー作り

24種もある天然のエッセンシャルオイルから、お好きな香りを選んで自分だけのオリジナルな香水が作れます。

  • 参加費用:1650円
  • 所要時間:40分

ハーバリウム作り

次世代のフラワーアレンジメントとして人気のハーバリウムが体験できます。最近は、新感覚のインテリアとしてSNSなどインスタ映えする写真が取れると話題です。ハーバリウムは、鑑賞用として特殊なオイルで植物を閉じ込めて、新しいお花の楽しみ方として注目されています。ドライフラワーを特殊な保存液入りの瓶に浸すだけという誰でも簡単に美しいハーバリウムが作れると、初心者にも人気です。

  • 参加費用:1100円と材料費(お花代)
  • 所要時間:30分

エッセンシャルオイルの抽出体験

ハーブ園ならでは、エッセンシャルオイル・フローラルウォーターの抽出を体験できます。ハーブの摘み取りからエッセンシャルオイルを取り出す工程を全て行います。

  • 体験料金:3850円
  • 受付時間:9:00~15:00
  • 所要時間:約2時間
  • 事前予約:電話での事前予約が必要です。
  • 電話番号:0799-85-1162(パルシェ香りの館)

摘み取り体験

カモミール

初夏に咲く甘酸っぱいりんごの香りがする愛らしい花です。

  • 開花予定:4月下旬~5月下旬
  • 利用方法:ハーブティー、ハーブバス、ドライフラワー、ポプリ

ラベンダー

ラベンダーの香りには人の心をリラックスさせてくれる働きがあります。

  • 開花予定:6月上旬~6月下旬
  • 利用方法:ハーブティー、ハーブバス、ドライフラワー、ポプリサシェ(匂い袋)

センニチコウ

開花期間がとても長く色あせず真夏でも育ちます。漢字では千日紅です。

  • 開花予定:7月下旬~9月下旬

コスモス

コスモスはギリシャ語で「美しい」の意味です。漢字では秋桜です。

  • 開花予定:10月上旬~11月下旬
  • 利用方法:押し花、切り花

セージ

サルビアの仲間で、多くの種類があります。

  • 開花予定:6月~11月

レストラン ベルレーヌ

淡路島の農家直伝の家庭料理を再現して、淡路島野菜を中心にメニュー約50種類をビュッフェ形式で「淡路家菜淡路島ビュッフェ」として野菜のおいしい食べ方を提供しています。

  • 営業時間:11:30~15:00(最終受付14:00)
  • 定休日:火曜日、水曜日(祝日は営業)
  • ビュッフェ料金:大人1650円、小人(3歳以上12歳以下)830円、幼児無料
  • 制限時間:90分時間制

カオル&ハーブショップ

年間100種類のハーブ苗を取り扱っています。カオルカフェでは、淡路島バーガーやソフトクリームの販売も行っております。ハーブショップでは、ハーブ苗や花の苗、鉢、野菜の苗などを販売しています。

カオルカフェ

  • 淡路島ハーブハンバーガー:650円
  • ラベンダーソフトクリーム:300円
  • いちじくソフトクリーム:300円

ハーブショップ

  • 主なハーブ品種(季節によって変わります)
  • 60円:パセリ、イタリアンパセリ、ロケット、チャービルなど
  • 100円:マロー、ディル、サラダバーネットなど
  • 200円:カレープラント、レモンバーベナ、レモンバーム、タイム(2種類)、ラベンダー(4種類)、ローズマリー(4種類)、セイジ(7種類)、ミント(8種類)など
  • 300円:ブットレア(5種類)、ゼラニウム(13種類)など
  • 400円:レモングラス、レモンユーカリ、ゼラニウム(2種類)、など
  • 600円~:ローズマリー、ゼラニウムなどの各種鉢植え

特産館 香りショップ

香りショップでは、香りある生活をテーマとして、淡路島の名産のお香をはじめ、キャンドル、アロマなどを取り揃えています。また、淡路島のお土産を多数用意しています。

パルシェ マルシェ

淡路島の地元で獲れる食材などの産地直売所です。「朝一、とれとれ、新鮮、安い」をモットーに淡路島玉ねぎをはじめ、数々の野菜を販売しています。営業は土曜日・日曜日を基本として、4月~10月の期間は祝日も営業しています。

香りの湯

香りの湯では、播磨難を一望しながら淡路島いちのみや温泉を楽しめます。淡路一宮温泉の泉質は、炭酸水素イオンとラドンを含む弱アルカリ性の単純温泉です。無色透明・無味無臭、清涼感があり、美容や健康に良く、いわゆる「美人湯」の泉質を有しています。露天風呂には、ラベンダー、ローズマリーなど四季折々のハーブを浮かべて香り豊かな癒しの温泉を楽しめます。無料でアイスハーブティーも楽しめます。

淡路一宮温泉

  • 入浴時間:11:00~22:00(最終受付21:00)
  • 入浴料金:大人(12歳以上)700円、小人(3歳以上12歳未満)400円、3歳未満:無
  • 料、シニア(65歳以上)と身体障害者:600円
  • バスタオル:200円
  • タオル:100円

和食処 かおり

淡路島の豊かな食材と自家製野菜で彩られた旬の和の料理です。淡路島牛丼、生しらす丼が人気です。また、淡路島の淡路市で発見された、弥生時代後期に鉄器づくりの村の跡とされる五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡を記念した垣内(かいと)膳も人気です。

  • 営業時間:11:30~21:00(最終受付20:00)
  • 人気メニュー
    淡路島牛丼:1320円
    生しらす丼:1350円
    垣内(かいと)膳:1650円

フクシア大温室

大温室では、天井から吊り下げられた鉢から咲き誇る約25種類にのぼるフクシアやストレプトカーパスの花が、色鮮やかな花を咲かせています。

  • 開花期間:フクシア(1月~6月)、ストレプトカーパス(1年中)
  • 入場料金:無料

大型滑り台

全長約70メートル、高さ約4メートルの淡路島で最大級となるローラー式すべり台です。360度旋回して地上に下りるスライダーはスリルがあります。2つの展望台が用意されており、美しい瀬戸内海の景色を見渡せます。なお、小さな子供が利用する場合は、保護者が同伴で一緒に滑ることになります。

香りの宿

全室が瀬戸内海を見下ろすロケーションのホテルです。四季折々の香りがする天然温泉に浸かり、淡路島の海の幸を使ったハーブ料理に舌鼓できます。各部屋からは播磨灘が一望できて、落ち着いた雰囲気で、心安らかなひとときを過ごすことができます。

営業時間のご案内

  • チェックイン:16:00
  • チェックアウト:10:00
  • 朝食時間:7:30~8:30
  • 夕食時間:18:00~20:00
  • アメニティ:
    ハンドタオル、バスタオル、羽毛布団、浴衣、ボディーソープ、シャンプー、シャワーキャップ、リンス、髭剃り、ドライヤー、洗浄トイレ、歯ブラシ・歯磨き粉、石けん、くし・ブラシ

客室(お一人様料金)

  • 洋室ツイン:3部屋(1泊2食付)10800円~
  • 和室12畳:6部屋(1泊2食付:大人3名様利用)10260円~
  • 和室16畳:3部屋(1泊2食付:大人3名様利用)10260円~