スポンサーリンク

ラベンダーが見頃 パルシェ香りの館で摘み取り体験

淡路島でラベンダーが見頃です。パルシェ香りの館で、約1400株のラベンダーが満開となっています。敷地面積1250平方メートルの大農園で、ラベンダーの甘くて優しい香りが漂っています。パルシェ香りの館では、ラベンダーの満開となる時期に合わせて摘み取り体験を開催しています。開催期間は、6月5日(火)から6月30日(土)までとなります。一人200円で30本のラベンダーの摘み取り体験を楽しめます。

大農園に植えられているラベンダーは、ラベンダーグロッソと呼ばれる品種になります。大きな花穂と太い茎が特徴です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。花の色はグレーに近い薄紫です。香りは強く出て甘く香ることから、オイルやドライフラワーに適しています。花が咲く時期は6月上旬から8月頃までとされています。

ラベンダーの特徴ある甘い香りには、発汗効果や疲労回復、ストレス解消やリラックス効果など効用があるといわれています。古代ローマでは防虫剤にも使用されたそうです。最近では、ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルが人気となっています。

カオルカフェ・ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームが大好評で販売されています。お花のソフトクリームはパルシェ香りの館ではおすすめの商品です。一口頬張ると口の中にほのかにラベンダーの香りが広がります。あっさりとした甘さのソフトクリームと絶妙のハーモニーを奏でています。現在、5種類あるソフトクリームで1番人気となっています。1個300円(税込)です。

この他、パルシェ香りの館では、香りの体験メニューがたくさんあります。天然のエッセンシャルオイルから好きな香りを選んで作るオリジナル香水作り、天然素材とハーブを使って作る石けん作り、色とりどりの砂や好きなガラス小物で作るオリジナルキャンドル作り、鑑賞用として特殊なオイルで植物を閉じ込めるハーバリウム作りなど、香りを活かした美容と健康に良いメニューが用意されています。

ラベンダーが見頃の基本情報

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...
  • 開催期間:6月5日(火)~6月30日(土)
  • 開催場所:パルシェ香りの館 大農園
  • 体験料金:200円
  • 本数制限:1人30本
  • 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:9:00~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • ベビーカー貸出し:無
  • 車椅子の貸出し:有(無料)
  • 弁当の持込み:不可
  • ペットの入園:不可
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

ラベンダー約1400株が見頃

パルシェ香りの館にある大農園で、ラベンダー約1400株が見頃を迎えています。甘くて優しい香りがするラベンダーは、「香りの女王」または「ハーブの女王」と呼ばれて世界中で愛されています。シソ科の多年草です。パルシェ香りの館に植えられているラベンダーは、強い香りが特徴の「ラベンダーグロッソ」というラバンディン系と呼ばれる品種になります。

ラベンダーグロッソは、5月上旬頃からつぼみが開き始めて、6月上旬に満開を迎えたそうです。花の色はグレーに近い薄紫です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。1株あたり平均約300本から400本の花を付けるそうです。地中海から北アフリカが原産のハーブです。他の品種に比べて匂いが強く出ます。花が咲く時期は6月上旬から8月頃までとされています。

名前の由来は、1972年に品種改良したフランス人「グロッソ」にちなんで名付けられました。大きな花穂と太い茎が特徴です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。花の色はグレーに近い薄紫です。香りは強く出て甘く香ることから、オイルやドライフラワーに適しています。花かんむりやブーケなどのクラフトにも多く使われます。

ラベンダーの特徴ある甘い香りには、発汗効果や疲労回復、ストレス解消やリラックス効果など効用があるといわれています。古代ローマでは防虫剤にも使用されたそうです。ラベンダーグロッソは世界的にも採油用として盛んに栽培されている品種となります。最近では、ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルが人気となっています。

ラベンダーの摘み取り体験

パルシェ香りの館では、6月5日(火)から6月30日(土)まで、ラベンダーの満開となる時期に合わせて摘み取り体験を開催しています。一人200円で30本のラベンダーの摘み取り体験を楽しめます。

ラベンダーソフトクリームの販売

カオルカフェ・ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームが大好評で販売されています。お花のソフトクリームはパルシェ香りの館ではおすすめの商品です。見た目は、ほのかに薄紫をしたソフトです。

一口頬張ると口の中にラベンダーの香りが広がります。あっさりとした甘さのソフトクリームと絶妙のハーモニーを奏でています。現在、5種類あるソフトクリームで1番人気となっています。1個300円(税込)です。

ラベンダーが見頃のアクセス

ラベンダーが見頃となっているパルシェ香りの館へのアクセスは、自動車のみとなります。神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合は、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で北淡インターチェンジから下ります。車で約15分でパルシェ香りの館に到着します。駐車場は無料で普通車約200台が駐車可能です。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合は、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で津名一宮インターチェンジから下ります。車で約15分でパルシェ香りの館に到着します。駐車場は無料で普通車約200台が駐車可能です。

パルシェ香りの館の概要

パルシェ香りの館は、淡路島の淡路市の山間にある香りのテーマパークです。アロマキャンドル作り、石けん、フラワーアレジメント、香水、ハーバリウム、エッセンシャルオイルの抽出など香りの体験が楽しめます。大農園では、四季折々の花々が咲き誇ります。摘み取り体験が開催されます。

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...

香りの湯では、露天風呂にラベンダー、ローズマリーなどのハーブを浮かべて香りの温泉を楽しめます。この他、カフェレストランやお土産店、産直所があります。ラベンダーソフトクリームが人気です。

パルシェ香りの館
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!