たこ姿焼き 淡路島 道の駅東浦ターミナルパーク

スポンサーリンク

たこ姿焼きは淡路島で人気のグルメです。たこ丸ごと1匹をプレスして姿焼きにします。たこ姿焼きは、淡路島の道の駅東浦ターミナルパークにある「やま高」で実演販売されています。たこ姿焼きは、噛めば噛むほど旨味が出てくる絶品グルメです。たこ姿焼きは、淡路島の名産である明石海峡のタコを味そのままで丸ごといただけます。

スポンサーリンク

たこ姿焼きの基本情報

  • 場所:道の駅東浦ターミナルパーク 東浦物産館の「やま高」
  • 住所:656-2305 兵庫県淡路市浦648
  • 電話:0799-64-0001
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:無料(普通車:113台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約5分

たこ姿焼きの内容

たこ姿焼きは、淡路島で名物となる大人気のご当地グルメです。淡路島で獲れたタコ1匹を丸ごとペチャンコにします。タコがプレスされて20センチ以上に広がった「生せんべい」です。

外側はパリッと香ばしく、中側は弾力ありジューシーです。一度食べるとやみつきになる美味しさです。たこ姿焼きの販売の場所、タコの素材、購入から実食までを内容として、まとめてみました。

たこ姿焼きは道の駅東浦ターミナルパークで販売

たこ姿焼きは、淡路島淡路市にある道の駅東浦ターミナルパークにあります。1階の東浦物産館「夢の浜」にある「やま高」さんで実演販売されています。

たこ姿焼きは、淡路島の名物で人気ナンバーワンとなっています。明石海峡で獲れたタコ1匹を丸ごとプレスでぺちゃんこに焼き上げます。日本一大きいせんべいといわれています。

これまでテレビや雑誌などのメディアにたくさん登場しています。店内には、取材に来られた芸能人の写真やサインがたくさん飾られています。

たこ姿焼きは淡路島のタコを使用

たこ姿焼きは、淡路島で獲れるタコを使用しています。淡路島は、明石海峡と鳴門海峡という流れが激しくて急な海峡に挟まれています。紀淡海峡と播磨灘という太平洋と瀬戸内海に面しています。

常時新鮮な海水が流れ込むために、プランクトンが大量に生息する日本でも有数の漁場です。流れが急であるために、海峡周辺で獲れる魚介類は海流に揉まれて身が締まっています。

水産業が盛んな地域となります。淡路島の近海で獲れる魚介類は格別に美味しいと評判となっています。淡路島の3年とらふぐ、鱧(ハモ)、太刀魚(タチウオ)、鯛(タイ)、蛸(タコ)はブランドです。

淡路島のタコは、明石海峡で獲れます。「明石海峡のタコ」で有名ですが、淡路島の名産です。たこ姿焼きのタコが生息するのは、「鹿野ノ瀬」という淡路島の沖合いで水深8メートルのポイントです。

淡路島のタコは、明石海峡で大量に生息するプランクトンを食べるワタリガニやエビが豊富に生息しています。ワタリガニやエビをたらふく食べたタコは栄養満点に成長します。

明石海峡の速い海流に鍛えられて身が締まって成長します。その結果、たこ姿焼きに使用される淡路島のタコは、太くて短い足を持ったタコです。弾力性が抜群の旨味成分が豊富なタコといえるでしょう。

たこ姿焼きの購入

たこ姿焼きは、1枚1180円で販売されています。たこ姿焼きは、約500グラムのタコ丸ごと1匹をそのままプレス機で焼かれた生せんべいです。生せんべいの大きさは20センチ以上に広がります。2名から4名くらいでも十分なボリューム満点の名物です。

たこ姿焼きを注文すると、順番待ちの番号を記載された整理券がもらえます。土日祝は並ぶことが多いです。鉄板が並べられたカウンターを囲みながら列となります。

待ち時間は、目の前でカウンター越しにタコ姿焼きが完成するまでの調理する工程を眺めることができます。たこ姿焼きは、調理に約3分なので、それほど待たずに済みます。

たこ姿焼きの実演

カウンターには、たこ姿焼きを製造するための専用のプレス機が並んでいます。常時フル稼働しています。たこ姿焼きが次々と生せんべいとして焼きあがっていきます。

たこ姿焼きは、プレス機の締め具合で味が決まります。締め過ぎるとパリパリで、緩め過ぎると半生で焼けます。たこ姿焼きが見事な焼き上がるのは熟練の技といえます。

たこ姿焼きは、下準備としてタッパー一杯に詰められている蛸の中から、生のタコ丸ごと一匹が取り出されます。容器の中で特製の小麦粉にまぶされながら、衣が付けられます。

約500グラムのマダコ1匹が大きく広げられます。頭ぐらいの大きさになります。

タコを焼くプレス機は、鉄板の温度が約160度くらいまで上昇すると油がひかれます。タコ一匹を丸ごと焼くだけあって、プレスするための熱々の鉄板は厚くて大きいです。

いよいよタコ丸ごと一匹が投入されます。「たこ入りま~す」という店員による威勢の良い声が上がります。それとともにタコ一匹丸ごとが熱々のプレス機に入ります。

タコ丸ごと一匹が形を丁寧に整えられて、プレス機に挟まれて押しつぶされます。タコを焼き上げるジュージューという音が聞こえます。圧力をかけてじっくり焼かれていきます。

タコ丸ごと一匹が焼きあがってプレス機を上げる瞬間がハイライトです。「プシュー」と蒸発する音と湯気の煙が立ち上がります。周辺はタコの香ばしい良い匂いが漂います。

店員さんの手さばきは見事です。目の前で焼いてくれる実演販売は迫力満点のパフォーマンスです。タコ丸ごと一匹がプレス機に投入されて、約3分で焼きあがります。

タコの見事な美しいフォルムに焼き色の着いた美味しそうな「たこ姿焼き」がお目見えします。鉄板からヘラで剥がして「たこ姿焼き」の完成となります。

店員のおばちゃんからは「切りますか?そのままで食べますか?」と尋ねられます。

お好みですが、カットしてもらった方が食べやすいです。インスタ映えの写真を撮影するなら、そのまま持ち帰ったほうが良いです。たこ姿焼きは手際良くカットされます。

たこ姿焼きの実食

道の駅東浦ターミナルパークの1階の東浦物産館前には、パラソルにテーブルとイスが並べられています。こちらで熱々を食べることができます。焼き立てのタコちくわもおすすめです。

たこ姿焼きは、焼きたてだけあって熱々です。やはり実演販売は食欲がそそります。表面は香ばしく焼けています。パリッとしたタコのせんべいとして味わえます。

さすが日本一のタコせんべいといわれるだけのボリュームです。たこ姿焼きの中身は柔らかく弾力性がありプリプリしています。歯ごたえのある食感が味わえます。

濃厚な味付がされており、磯の香りと塩の味付がします。ややピリ辛となる一味が入っていることが癖になる理由です。酒の肴、ビールのおつまみに最高といえます。

タコ丸ごと1匹なので、部位により様々な食感が味わえます。たこ一匹丸ごとプレスだけあって、タコの濃厚な旨味と磯の風味が絶妙です。淡路島のタコの美味しさがダイレクトに伝わる一品です。

淡路島名物「たこ姿焼き」は、パフォーマンスもさることながら、大きさも日本一のたこせんべいです。大変柔らかくて美味しいことから、あっという間に食べられます。味付は病み付きになります。

たこ姿焼きの歴史

たこ姿焼きの誕生は、1995年の阪神淡路大震災がきっかけとなっています。淡路島淡路市で酒店を営んでいた高田さんが「淡路島の名産品を作って皆を元気づけられないか」という思いから、淡路島の名産である「タコ」を丸ごと1匹を使った「たこ姿焼き」が生まれました。

1998年に「たこ姿焼き」は、阪神淡路大震災により隆起した淡路島の野島断層を保存する施設「北淡震災記念公園」のオープンから、施設内で販売が開始されました。販売開始から大人気となり、約10年前に道の駅東浦ターミナルパークに移転しました。

2014年に「たこ姿焼き」は、兵庫県の「道の駅名産品選挙」で1位となりました。ネット総選挙は、神姫バスが兵庫県の道の駅と名産品をPRして、ツアーの参考にしようと実施しました。

「たこ姿焼き(道の駅東浦ターミナルパーク)」は、「牧場のソフトクリーム(道の駅とうじょう)」、「すごまん(道の駅村岡ファームガーデン)」を抑えて見事1位となりました。

なお、「たこ姿焼き(道の駅東浦ターミナルパーク)」は、やま高さんで商標登録されています。

たこ姿焼きの道の駅

たこ姿焼きを販売する「やま高」さんがある道の駅東浦ターミナルパークは、高速バスの東浦バスターミナルとなっている道の駅です。新幹線新神戸駅、JR三宮駅、JR舞子駅から発着する淡路島行き高速バスの北部エリアのターミナルとなります。

道の駅東浦ターミナルパークの建物は、東浦物産館とフローラルアイランド館の2つです。施設は、フローラルアイランド、東浦物産館「夢の浜」、やま高、Bicycle Hub Awaji、カフェTがあります。

フローラルアイランドは、淡路日出農協と提携した農産物直売所です。淡路島ポーク、小池さんのお餅、かじた屋の和菓子、ぜん丸の元気巻、オキフーズの天ぷら、千年一酒造の酒、北坂たまごのもみじ卵、猫サイダー、植野のこんにゃく、おのころ雫塩、菜の花油、あわぢビール、たまねぎ焼酎などを販売しています。

東浦物産館「夢の浜」は、土産物店です。吹き戻しの里の直営店です。昔ながらのおもちゃ「吹き戻し」を販売しています。玉ねぎスープをはじめ玉ねぎのグッズ、お線香のグッズ、猫グッズを販売しています。

東浦物産館の人気商品として、たこ姿焼き、淡路島玉ねぎ、オニオンスープ、鳴門金時いも、蛸せんお得袋、酒「千夢酔」、味海苔、わかめ、くぎ煮、たこちくわ、淹れたてコーヒーなどがあります。

淡路島の新鮮野菜としては、春だけ食べられる淡路島の新玉ねぎと春キャベツはおすすめです。

やま高は、東浦物産館1階にあります。たこ姿焼きが淡路島の名物で人気ナンバーワンです。明石海峡で獲れたタコ1匹を丸ごとプレスでぺちゃんこに焼き上げます。日本一大きいせんべいといわれています。

Bicycle Hub Awajiは、東浦物産館1階にあるレンタサイクル店です。スポーツバイクを利用できます。初心者向けのロードレーサーから電動アシストのイーバイク、二人乗りのタンデム車などがあります。

カフェTは、東浦物産館2階にあります。美しい海の景色を眺めながら広々空間でのんびりできる憩いの場所です。エスニックの定番ガパオライスが人気です。淡路玉ねぎのビーフカレーも好評です。

たこ姿焼きのアクセス

たこ姿焼きを販売する「やま高」さんがある道の駅東浦ターミナルパークへのアクセスは、自動車、高速バス、高速船の3つの方法があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、神戸淡路鳴門道の東浦インターチェンジから下ります。東海岸に向かって進みます。浦交差点で国道28号線と交わります。向かい側の建物が道の駅東浦ターミナルパークとなります。

道の駅東浦ターミナルパークの住所と電話番号

  • 〒656-2305 兵庫県淡路市浦648
  • 0799-64-2542

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅から高速バスを利用します。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。最寄り駅は東浦バスターミナル停留所となります。

  • 神戸三宮駅ー東浦バスターミナル(所要時間55分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。最寄り駅は東浦バスターミナル停留所となります。道の駅東浦ターミナルパークは、東浦バスターミナル停留所の隣にあります。

  • 高速舞子駅ー東浦バスターミナル(所要時間30分、乗車料金620円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスを利用します。最寄り駅は東浦バスターミナル停留所となります。道の駅東浦ターミナルパークは、東浦バスターミナル停留所の隣にあります。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー東浦バスターミナル(所要時間20分400円)

たこ姿焼きの駐車場

たこ姿焼きを販売する「やま高」さんがある道の駅東浦ターミナルパークの駐車場は、大型車9台、普通車113台(身体障害者用4台)が駐車できる無料駐車場となります。

道の駅東浦ターミナルパークの隣には、東浦バスターミナル駐車場があります。東浦バスターミナル駐車場は、普通車370台が駐車できる有料駐車場となります。駐車料金は、初回2時間無料、その後24間毎500円です。

淡路島観光おすすめスポット46選

淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気の観光地です。古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景を眺められます。

ご当地グルメとして、淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼が人気です。花の名所として、淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。遊びとしてイングランドの丘やONOKOROが人気です。

日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。

淡路島観光でおすすめスポット46選をご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ご当地・B級グルメ
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!