奇跡の星の植物館 淡路島に日本最大級の温室

奇跡の星の植物館は、淡路島北東部の淡路夢舞台にある日本最大級の温室を誇る植物園です。延床面積6700平方メートルの敷地に約3千種3万株の植物を展示しています。年7回のフラワーショーが開催されています。

自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さを様々な展示を通じて五感で体感できます。都市と自然との共生を提案する展示を行っています。芸術と緑花を融合させた感動空間を創造する実験型テーマパークです。

奇跡の星の植物館は、「奇跡の星」である地球の大切さを体験できるミュージアムです。なお、日本の環境プランナーで、デザイナー兼ランドスケープアーキテクトの辻本智子さんがプロデュースしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奇跡の星の植物館は淡路島の日本最大級の温室

奇跡の星の植物館は、高さ17メートル、幅24メートル、長さ100メートルに及ぶ巨大な直方体の建造物がクロスした建物になります。6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室です。

巨大な空間にある各展示室のフロアが、高低差が最大で10メートルとなる段状に設けられています。温室の高低差により上部と下部では5度の温度差が生まれます。

これによりフロア毎に、乾燥地の多肉植物、熱帯の植物、温帯の植物、高山植物、シダ類植物など約3000種3万株に及ぶ多種多様な植物を展示することができています。

奇跡の星の植物館には7つの展示室にそれぞれ特色ある植物が展示されいます。展示室1、展示室2、展示室3、展示室4、展示室5、展示室6、アトリウム1F,アトリウム2Fで構成されています。それぞれのフロア展示には名称が付いています。

奇跡の星の植物館では、美しい植物、珍しい植物などを展示するだけではなく、明確なテーマとメッセージを持った展示による体験を目的としています。

奇跡の星の植物館の基本情報

  • 名称:奇跡の星の植物館
  • 営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 入館料:大人600円、70歳以上300円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場500円(600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

奇跡の星の植物館のコンセプト

奇跡の星の植物館では、花や緑など自然の素晴らしさを五感で体感して地球の大切さを体験できる展示をしています。21世紀型の自然と人間とが共生できるライフスタイルを考える提案をしています。これら五感軸と共生軸の2つが大きなテーマで構成されています。

ガーデンルネサンス推進

21世紀の地球環境をガーデンを通じて創造する「ガーデンルネサンス」を推進しています。耐陰性植物コレクション、樹木種選定の研究、可動型コンテナーのデザイン開発などを行っています。地域植物、伝統文化、伝統産業・工芸品などを空間の花緑として利用しています。

日本の伝統的な花文化を継承する展示や教室、イベントや植物収集を行っています。様々な分野のクリエイターとコラボレーションして、新しい緑化手法に挑戦しています。日本の伝統工芸や伝統産業、伝統園芸とのコラボレーションにより、新たに生み出される現代日本の「ネオジャパネスクライフ」を日本ブランドとして、海外に提案していく実験や研究を行っています。

奇跡の星の植物館の施設

奇跡の星の植物館は、階段状のフロアを順番に降りながら植物を鑑賞できるような構造になっています。まず、入館口から3階までエレベーターもしくはエスカレーターで昇ります。するとフロア全体を見渡せる通路に出ます。真下がメインフロアの「フラワーショースペース」です。絶好の写真撮影のポイントといえます。

通路を進むと真っ先に登場するのが、乾燥地の多肉植物の世界です。幾何学のアート作品と水が施されたフロアと整列された多肉植物の演出が見事です。

次に登場するのが、熱帯植物の世界です。壁面ディスプレイや、天井ディスプレイなどユニークな展示で、色鮮やかなトロピカルガーデンを演出しています。

次に登場するのが、癒しの庭です。植物、水、光、アートなどを融合させたリラックス空間をです。光と陰、植物の香り、水の音、アートと五感で自然を体感できます。

次に登場するのが、メインとなるフラワーショースペースです。花と人との共生をテーマにした、広々とした空間に世界の花文化を伝える美しい庭園が登場します。

日本人は古来から、自然と共生してきた歴史があります。慎ましやかな生活空間に、センス良く溶け込まれた花緑があります。垣間見えるのは、心配りの細やかさ、住まいの美しさ、文化の豊かさです。

奇跡の星の植物館では様々な展示を通じて、大切な自然や文化を守りながら、21世紀の地球環境を考えながら、人間と自然との共生をメッセージとしています。

フラワーショースペース

フラワーショースペースは、奇跡の星の植物館のメイン展示となります。展示室5となります。年に7回開催されるテーマに合わせて、広々とした空間に世界の花文化を伝える美しい庭園が登場します。

フラワーガーデンでは、蘭(ラン)の庭、花見の庭、薔薇(バラ)の庭、ウォーターガーデン、トロピカルフラワーガーデン、ガーデンルネサンス、クリスマスフラワーが登場します。

花と人、人と人との交流スペースとして、花と人が創る文化のディスプレイです。開催毎に植物を総入れ替えしています。フラワーショーの他、パーティーやコンサート、結婚式なども行われます。

冬になると館内と屋外がライトアップされるロマンティックなナイトガーデンも登場します。

癒しの庭

癒しの庭では、植物、水、光、アートなどを融合させたリラックス空間の展示となります。展示室4となります。多種多様なエレメントをコラボレーションさせて創られた癒し空間です。視覚や嗅覚、聴覚のみならず、五感を研ぎ澄ませると空間全体から自然との共生を体感できます。

トロピカルガーデン

トロピカルガーデンでは、色彩豊かな熱帯植物が展示されています。展示室2となります。鮮やかな色を見つめるディスプレイとなっています。カラフルでエキゾチックな空間を演出しています。

色鮮やかな夏を彩るカラーリーフプランツ、葉の美しい観葉植物となるカラーリーフプランツ、形がユニークな原種のラン、子供に人気の食虫植物、珍種植物など、ユニークな植物材料を展示しています。

温暖化が進みヒートアイランドする日本など先進国において、都市空間への耐暑性のある植物を並べたサマーガーデンの提案となります。

プランツギャラリー

プランツギャラリーでは、乾燥地で生きる多肉植物とオブジェで現代風のモダンなドライガーデンの展示となっています。展示室1となります。過酷な環境に耐えた進化の形、生命の形を見られます。

レオナルド・ダヴィンチは、自然界に道理に適った法則以外の結果は何一つ存在しないと唱えています。ユニークな植物のフォルムと現代アートとの融合した展示は、自然との共存を示した造形美といえます。

花と緑のある暮らし

花と緑のある暮らしでは、伝統的かつモダンな和の庭の展示となります。展示室3となります。日本の伝統工芸の紹介、懐かしい日常生活品を用いた展示、瓦や土壁を利用した緑化壁などを展示しています。日本の伝統的な庭園文化を通じて、自然と共生するライフスタイルを提案しています。

シダルーム

シダルームでは、地下空間の緑化として耐陰性の植物を展示しています。展示室6になります。水音の響く地下空間に、シダやベゴニア、イワタバコなど、低照度の人工的な環境でも育つ植物がコレクションされています。地下街や室内において、アーバンプランツによる緑の癒しを提案しています。

アトリウム・バルコニー・雲南省の植物

アトリウム

アトリウムでは、コンクリートに囲まれた空間で自然と共生を図った緑化の提案をしています。建築緑化として、創意工夫、素材選定、水景創造などを施しています。

創意工夫により、無機質な空間が草花により、鮮やかに彩ることができます。コンテナやバスケット、壁面緑化を取り入れることで、人工と自然との共存できることを具現化した空間となっています。

バルコニー

アトリウム2階のバルコニーでは、商業空間で自然と共生を図った緑化の提案をしています。ミラクルプラネットカフェで、移動可能なキャスター付きコンテナを使用しています。

雲南省の植物

特別展示室として、植物の宝庫として知られる中国南西部にある雲南省の植物を展示しています。雲南省がルーツの世界の花文化を変えた珍しい植物、21世紀の都市緑化に活躍できる植物を紹介します。

ミラクルプラネットカフェ

ミラクルプラネットカフェは、バルコニーの隣にある休憩施設です。アトリウムを一望できるフロアとなります。ドリンクでは、ハーブの効用を伝えるハーブティーのラインナップが豊富です。

ケーキでは、ウェスティンホテル淡路とコラボした美味しいスイーツを提供しています。季節に合わせた軽食メニューを提供しています。毎週木曜日が定休日です。

なお、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの長期休暇には、フラワーショーのテーマに合わせたセットメニューを提供しています。

花遊山 フラワーショップ

花遊山は、1階に下りて出口手前にあるフラワーショップです。旬の植物や花苗の種類が豊富に揃っています。フラワーギフト、大小様々な苔玉や寄せ植え、土無しで育つエアープランツなどを取り扱っています。

淡路島の伝統産業である淡路瓦を使った「寄せ植えキット」や、淡路島の伝統産業のお香を兵庫県線香協同組合と共同で作った「あわじ島の香司」を販売しています。

奇跡の星の植物館のアクセス

奇跡の星の植物館は、淡路島淡路市の北東部にある複合型リゾート文化施設「淡路夢舞台」の施設です。奇跡の星の植物館へのアクセスは、目的地を淡路夢舞台とすると便利です。淡路夢舞台へのアクセスとして、自動車、高速バス、高速船の3つの交通手段があります。淡路夢舞台から奇跡の星の植物館までは徒歩で約5分となります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅に最寄りの淡路島行き高速バスが運行しています。乗車する高速バスの路線は、本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)です。降車するバス停は淡路夢舞台前です。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスで淡路夢舞台前に約7分で到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)

淡路島観光おすすめスポットまとめ

淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気です。古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景が眺められます。

淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼がご当地グルメとして人気です。四季折々の花が美しく咲き誇る淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。コアラがいるイングランドの丘があります。

日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。

淡路島 観光スポットまとめ
淡路島の観光スポットをまとめました。淡路島は、美しい自然と美味しいグルメに恵まれた人気の観光スポットです。自然を満喫できます。動物にふれあえます。アクティビティで遊べます。温泉にリフレッシュできます。海や山の幸が豊富です。淡路島でおすすめの...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
奇跡の星の植物館
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!