淡路島観光スポットおすすめ34選

淡路島寿司おすすめ7選

淡路島の寿司でおすすめの7選をご紹介します。

淡路島寿司おすすめ7選

淡路島の寿司でおすすめ7店は、すし屋亙、林屋鮓店、鮓 希凜、寿司割烹 源平、金太郎 東浦店、源平、正寿司、金太郎 津名店となります。

7店をおすすめする理由は、昔から馴染みの地元で人気のお店だったり、観光客で評判となり人気店となったり、ミシュランガイドに掲載されたり、テレビや雑誌で取り上げられて人気店となったり様々です。

ただ、淡路島の寿司でおすすめする7店の共通点は、いずれのお店も淡路市です。日本屈指の漁場となる明石海峡から水揚げされる今が旬で天然の新鮮な魚介類をネタとして提供しているところです。

すし屋亙

淡路島の寿司でおすすめは、すし屋亙(のぶ)です。場所は、淡路島東部の淡路市志筑で県道88号線沿いにあります。アクセスは、津名一宮インターチェンジから車で約10分です。駐車場は4台です。

2006年に、大阪の寿司店で修業した店主が故郷の淡路島にオープンしたお店です。ネタは、淡路島近海で獲れた地魚です。明石と由良と屈指の漁港にある魚屋から鮮魚を仕入れています。

なお、ミシュランガイド兵庫2016では「ミシュランプレート」に選ばれています。星の獲得までには至らなかったものの、ミシュランの基準を満たした料理として紹介されました。

食べログ アワード2020では、必ず押さえておくべき名店として「ブロンズ」を獲得しています。かなりの人気店であり、座席も少ないことから事前に予約することをおすすめします。

寿司は「おまかせにぎり」のみとなります。匠の包丁裁きと繊細な手捌きによりプロの技が注ぎ込まれます。至極の絶品と称されるお寿司が程よい時間で提供されます。ゆっくりした時間を過ごせます。

機会があれば、店主が地元の淡路島の魚にまつわる豆知識を披露してくれます。明石鯛の美味しい秘密、瀬戸内海に白身魚が多い秘密、鱧の湯引きする秘密など、会話を楽しみながらお寿司を堪能できます。

白身魚の鮮度、地魚の種類、酢は控えめ、ガリは自家製、ワサビは鮫皮でおろす、胡麻を削るなど、徹底した味へのこだわりがあります。調理の節々に手間隙をかける個性がキラリと光ります。

  • おまかせにぎり:15000円~20000円

おまかせにぎりは、刺身から始めるか、寿司にするか選択できます。お腹の減り具合と相談ですね。にぎりは、薄口醤油とスダチを使用して手元で仕上げるスタイルとなります。

スペシャリテは、明石の鯛、明石の蛸、由良の赤雲丹となるでしょう。いづれも淡路島を代表する食材です。季節によって淡路島の鱧などの淡路島を代表する旬の食材も登場します。

この他、瀬戸内海の白身魚を中心に、イカ、赤身、アジ、ブリ、中トロ、車海老、穴子、スズキなど見た目も鮮やかで味も満足です。値段は張りますが、感動するお寿司を食べられる名店です。

営業時間は、ランチが11時30分から13時30分まで、ディナーが17時から20時30分までです。定休日は火曜日です。建物は瓦屋根の1階建てです。看板の「淡路島 亙」がお洒落です。

店内は、清潔で綺麗でコンパクトです。窓から見える中庭が素敵です。座席は、カウンター8席のみです。

すし屋亙の基本情報

店名すし屋亙
住所〒656-2131 兵庫県淡路市志筑1871-5
電話0799-62-4040
予約可否予約可
営業時間11:30~13:30、17:00~20:30
休業日火曜日
座席数8席(カウンター席)
喫煙・禁煙完全禁煙
カード
駐車場4台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分

林屋鮓店

淡路島の寿司でおすすめは、林屋鮓店です。場所は、淡路島北端の淡路市岩屋で中心部にあります。アクセスは、淡路インターチェンジから車で約5分です。駐車場はありません。

岩屋は漁師町で栄えた地域です。路地は狭く周辺駐車場から徒歩で移動します。

淡路島で創業100年以上の老舗鮮魚店が営む寿司処となります。全国でも屈指の漁場となる明石海峡に程近い岩屋港や明石港で水揚げされた鮮魚を仕入れています。コストパフォーマンスが淡路島随一です。

なお、ミシュランガイド兵庫2016では「ミシュランプレート」に選ばれています。星の獲得までには至らなかったものの、ミシュランの基準を満たした料理として紹介されました。

全国各地からお客さんが来る大衆寿司の名店といわれています。事前に予約することをおすすめします。

寿司は「おまかせにぎり」がおすすめとなります。締め、漬け、熟成、炙りなどせず、最高の鮮度のネタをそのまま提供しています。鮮魚店という最大の特徴を活かして、新鮮、旨味、値段に妥協していません。

  • おまかせにぎり(昼):3000円~4000円(10貫)
  • おまかせにぎり(夜):5000円~6000円(10貫)

トロ、タイ、ウニ、アナゴ、イカ、エビ、カイなど近海で獲れた旬の魚介類が新鮮な状態で登場します。地魚が中心です。ネタが大きめ、シャリは小さめのスタイルです。食べた後の値段のお得感がハンパないです。

建物は角地にあります。通り沿いに魚屋「林屋鮮魚」、角を回ると寿司店「林屋鮓店」です。営業時間は、11時30分から14時30分まで、16時30分から20時までです。定休日は、月曜日と木曜日です。

看板は、魚屋・寿司屋とも木彫りで「林屋」の歌舞伎調です。店内はこじんまりで、木目とベージュで統一されてお寿司屋さんの雰囲気です。座席はカウンター10席とテーブル3卓です。全部で約22席です。

周辺駐車場は、国道20号線沿いで「みなと銀行」岩屋支店の向かいコインパーキング「岩屋ハーバーパーキング」がおすすめです。初回60分無料、その後1時間100円、24時間最大500円です。

駐車場からは、国道28号線を歩いて茶間川交差点から左折します。川沿いの道を進みます。2つ目の交差点を左折して細い路地をしばらく歩くと林屋鮮魚に到着します。角を回ると林屋鮓店です。

林屋鮓店の基本情報

店名林屋鮓店
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1168
電話0799-72-5544
予約可否予約可
営業時間11:30~14:30、16:30~20:00
休業日月曜日、木曜日
座席数約22席(カウンター10席、テーブル4人掛け3卓)
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場無し
周辺駐車場27台(岩屋ハーバーパーキング)
周辺駐車料金初回1時間無料、1時間毎100円、24時間500円(岩屋ハーバーパーキング)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

鮓 希凜

淡路島の寿司でおすすめは、鮓 希凜です。場所は、淡路島北端の淡路市岩屋の海岸沿いにあります。アクセスは、淡路インターチェンジから車で約5分です。駐車場は無いです。道の駅あわじから徒歩約5分です。

淡路島で漁師町岩屋の地元生まれの大将が腕を振るいます。仕入れは早朝の明石港と岩屋港から、明石海峡を知り尽くした目利きの良さで最高の状態の地魚を厳選しています。匠の技を駆使した江戸前寿司が自慢です。

寿司は「おまかせにぎり」と「おまかせコース」がおすすめです。ネタ、シャリ、バランス、形、器と全てにこだわった匠の技です。季節の移り変わりを感じられます。

  • おまかせにぎり(昼):3800円(10貫、付だし、赤出し)
  • おまかせコース(昼):6200円
  • おまかせコース(夜):8500円
  • おまかせにぎり(夜):4800円(12貫、付だし、赤だし)

魚は、ネタの種類により産地を換えています。米は、新潟産コシヒカリです。シャリは、熟成した酒粕は原料の赤酢で褐色の赤シャリです。器は、備前焼や信楽焼など淡路島の焼き物を使用しています。

選りすぐりの食材を使用して、ウニ、フグ、トロ、エビ、タイ、ホタテ、カイなどネタが輝きを増します。

建物は、鉄筋2階建てリゾート施設「ムーンジェリー(MOON JELLY AWAJI RESORT)」の2階にあります。世界一長い吊り橋「明石海峡大橋」の袂というロケーションで絶景が最大の魅力です。

なお、ムーンジェリーには、寿司をはじめ、マリンスポーツ、バーベキュー、グランピング、カフェレストランなどが併設されています。1日1組限定の宿泊施設もあります。

店内は、樹齢350年超の10メートルの檜一枚のカウンターが設置されています。カウンター越しに明石海峡大橋が眺められます。座席は、カウンターテーブル12席、4人掛け2卓で、全部で20席です。

営業時間は、ランチが11時30分からと13時15分からの2部制です。ディナーが平日の17時30分から22時までで、土日祝の17時30分からと19時30分からの2部制です。定休日は不定休です。

鮓 希凜の基本情報

店名鮓 希凜
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1871
電話0799-72-3811
公式HPhttps://moonjelly-resort.com/sushi/
予約可否予約可
営業時間ランチ(11:30~13:00・13:15~)、ディナー(平日17:30~22:00、土日祝17:30~19:30・19:30~)
入店制限小学生以上
休業日不定休
座席数約20席(カウンター12席、テーブル4人掛け2卓)
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場無し
周辺駐車場道の駅あわじ
周辺駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

金太郎 東浦店

淡路島の寿司でおすすめは、回転寿司の金太郎 東浦店です。場所は、淡路島北東部の淡路市浦で国道28号線沿いにあります。アクセスは、東浦インターチェンジから車で約3分です。駐車場は約40台です。

淡路島の近海で獲れる地魚と季節の鮮魚を食べられる回転すし屋さんです。地産地消の回転寿司として東浦店、津名店、シーパ店の3店舗を構えています。大きさ、安さ、美味しさと3拍子揃うお得な回転寿司屋です。

淡路島の地魚と季節の鮮魚が自慢です。岩屋、仮屋、生穂、由良、丸山、鳥飼など地元で有名な漁港から水揚げされます。市場直送の寿司ネタから活け締めの淡路島の新鮮な魚介類が毎日入荷されます。

寿司は、3種類のネタが楽しめる「三昧」はおすすめです。イカ、エビ、マグロ、サーモン、カンパチ、タイ、アジなどが淡路島の自慢の食材が並びます。どれも肉厚でサイズが大きめでお得感がハンパないです。

  • いか三昧(やり・もんご・あおり):250円
  • えび三昧(海老・甘・生):300円
  • まぐろ三昧(中とろ・ねぎまぐろ・まぐろ):300円
  • サーモン三昧(トロ・焼きハラス・サーモン):390円
  • 活ネタ三昧(かんぱち・鯛・しまあじ):500円

その他、ネタの種類は、炙り、三昧、サーモン、青物・白物、いか・たこ、海老、貝・肉、まぐろ、巻物など豊富です。価格帯は、100円から500円までです。本日のおすすめは木札で案内されます。

建物は、和風の瓦屋根です。「海鮮 金太郎」の看板が掲げられています。店内は広々で落ち着きがあります。注文は、全国のチェーン店と異なり紙に書いて提出します。カウンターで職人が寿司を握ります。

座席は、カウンター12席、テーブル48席です。全部で60席となります。営業時間は、ランチが11時30分から15時30分、ディナーが17時から21時までとなります。定休日は水曜日(月2回)です。

店名金太郎 東浦店
住所〒656-2305 兵庫県淡路市浦726-1
電話0799-75-2117
公式HPhttps://c981902.gorp.jp/
予約可否予約不可
営業時間ランチ11:30~15:30(L.O.15:15)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:45)
休業日水曜日(月2回)、不定休
座席数約60席(カウンター12席、テーブル48席)
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場40台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 東浦ICから車で約3分

源平

淡路島の寿司でおすすめは、源平です。場所は、淡路島北端で淡路市の岩屋港にあります。国道28号線沿いです。アクセスは、淡路インターチェンジから車で約3分です。駐車場は約5台です。

創業60年の地元で人気の寿司割烹のお店です。地元岩屋産の魚介類をふんだんに使用して、伝統の技法・調理法と新しい調理技術を取り入れています。大将の吉田さんは、祖父の代から続く三代目となります。

カウンター越しに、明石海峡大橋をはじめ、岩屋漁港の眺望を楽しみながら料理を堪能できます。厳選された旬の食材をふんだんに使用しています。素材との相性を考えて躍動感あふれる料理を提供しています。

寿司は「おまかせにぎり」がおすすめです。春はメバル・サワラ・カレイ、夏はハモ・ウニ・タコ、秋はタイ・サバ・アオリイカ、冬はフグ、マナカツオ、アナゴなどが登場します。

淡路島では、岩屋鯛(桜鯛・紅葉鯛)、伝助穴子、黄金鱧、三年とらふぐが絶品といわれています。

  • おまかせにぎり(昼):4000円(8貫、赤出汁)
  • おまかせにぎり(昼):5400円(12貫、赤出汁)

目の前の明石海峡で獲れた地元の岩屋産の新鮮な逸品が並びます。旬の魚介類を活かして、丁寧に丹精込めた握りで口福を味わえます。この他、旬魚の宝楽焼きが人気です。旬の食材を活かした看板料理となります。

2019年1月23日にリニューアルオープンしました。入口は黒い板張りの玄関と暖簾で純和風の雰囲気です。店内は、オーシャンビューの空間が広がります。目の前の大きな窓から絵画を眺めているようです。

ベージュで統一されて木の温もりが感じられます。清潔感があります。座席は、1階にカウンター8席、テーブル4人掛け2卓、座敷6人掛け2室があります。全部で約30席です。2階に25名の大部屋があります。

営業時間は、ランチが11時から15時まで、ディナーが17時から21時までとなります。定休日は水曜日です。大将は、しみやすい性格で気軽に楽しんでいただける空間づくりを心がけています。

源平の基本情報

店名源平
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋925-22
電話0799-72-2302
公式HPhttp://genpei.jp/
予約可否予約可
営業時間ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
休業日水曜日、火曜日(夜のみ)
座席数約30席(カウンター8席、テーブル4人掛け2卓、座敷6人席2室
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場5台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約3分

正寿司

淡路島の寿司でおすすめは、正寿司です。場所は、淡路島北端で淡路市岩屋にあります。県道31号線から少し入ったところにあります。アクセスは、淡路インターチェンジから車で約5分です。駐車場は約12台です。

2009年6月30日にリニューアルオープンしました。明石海峡大橋が一望できるカウンター、落ち着いた個室が設置されました。大きな窓から、美しい和風庭園と明石海峡大橋の絶景が眺められます。

セリの仲買人でもある店主は、生まれも育ちも地元岩屋です。岩屋港で水揚げされる新鮮な天然の魚をほとんどが顔見知りという漁師からセリ落としています。抜群の目利きで買い付けています。

明石海峡の岩屋漁港は日本でも有数の産卵漁場となります。水揚げされる鮮魚は数十種類となります。四季折々に旬の魚が巡ります。ネタは旬にこだわっています。ハマチ、タイ、ヒラメなども扱わない時期があります。

旬の魚にこだわります。時期の外れたもの、味が落ちているものは、冷凍のものなど一切排除しています。

カウンターの前のショーケースに、美味しそうな鮮魚が並びます。ネタとなるべく下ごしらえされています。鮮魚本来のポテンシャルを最大限に引き出すように、長年の知識と経験を活かして調理しています。

米は、淡路米を使用しています。酢は、南あわじ市の児島岩本本家の米酢を使用しています。醤油は、南あわじ市の秦組本店のセンザン醤油 (丸大豆仕込み)を使用しています。地産地消にこだわっています。

岩屋港自慢の白身魚は、素材の味を味わえるように五島列島の塩焚き爺の手造り塩を付けて食べます。都会で出会うことができない新鮮な旬の魚を使用した寿司で「本物の味」を堪能することができます。

寿司は、寿司11貫と細まき1本と赤だし付きの「桜」と、寿司10貫と赤だし付きの「紅葉」がおすすめです。ウニ、イクラ、サバ、サザエ、アワビ、トロ、エビ、イカなどがお皿に盛られて一緒に登場します。

この他、大将オススメ天然コース(要予約)が人気です。コースの内容は、先付け、造り五種盛、焼物、煮付け又は揚げ物、寿司8貫、椀物、デザートとなります。トロにウニ、サザエにアワビが美味しいです。

  • 桜(寿司11貫・細まき1本・赤だし):5250円
  • 紅葉(寿司10貫・赤だし):3150円
  • 大将オススメ天然コース(要予約):8400円

建物は、和風の一階建てです。格子がワンポイントです。玄関の「正寿司」と彫られた一枚板の看板が立派です。店内は、入口に生簀があり活きの良い魚が泳いでいます。清潔で綺麗です。

営業時間は、ランチが11時30分から14時まで、ディナーが17時から20時30分までとなります。定休日は月曜日、火曜日、水曜日となります。なお、中学生以下は入店不可となっています。

座席は、カウンターが8席、テーブルが4人掛け2卓、座敷が12名まで収容できる個室1室あります。全部で28席です。目の前の絶景を眺めながら、ゆっくりと寿司を堪能できる雰囲気の良いお店です。

正寿司の基本情報

店名正寿司
住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3607-6
電話0799-72-4700
公式HPhttp://www.mzushi.net/
予約可否予約可
営業時間平日(ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~21:00)、祝日(11:30~21:00)
休業日月曜日、火曜日、水曜日
座席数約28席(カウンター8席、テーブル4人掛け2卓、座敷12人席1室
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場約12台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

金太郎 津名店

淡路島の寿司でおすすめは、回転寿司の金太郎 津名店です。場所は、淡路島東中部の淡路市志筑で国道28号線沿いにあります。アクセスは、津名一宮インターチェンジから車で約7分です。駐車場は約40台です。

淡路島の近海で獲れる地魚と季節の鮮魚を食べられる回転すし屋さんです。地産地消の回転寿司として東浦店、津名店、シーパ店の3店舗を構えています。大きさ、安さ、美味しさと3拍子揃うお得な回転寿司屋です。

淡路島の地魚と季節の鮮魚が自慢です。岩屋、仮屋、生穂、由良、丸山、鳥飼など地元で有名な漁港から水揚げされます。市場直送の寿司ネタから活け締めの淡路島の新鮮な魚介類が毎日入荷されます。

寿司は、3種類のネタが楽しめる「三昧」はおすすめです。イカ、エビ、マグロ、サーモン、カンパチ、タイ、アジなどが淡路島の自慢の食材が並びます。どれも肉厚でサイズが大きめでお得感がハンパないです。

  • いか三昧(やり・もんご・あおり):250円
  • えび三昧(海老・甘・生):300円
  • まぐろ三昧(中とろ・ねぎまぐろ・まぐろ):300円
  • サーモン三昧(トロ・焼きハラス・サーモン):390円
  • 活ネタ三昧(かんぱち・鯛・しまあじ):500円

その他、ネタの種類は、炙り、三昧、サーモン、青物・白物、いか・たこ、海老、貝・肉、まぐろ、巻物など豊富です。価格帯は、100円から500円までです。本日のおすすめは木札で案内されます。

建物は、和風の瓦屋根です。「海鮮 金太郎」の看板が掲げられています。店内は広々で落ち着きがあります。注文は、全国のチェーン店と異なり紙に書いて提出します。カウンターで職人が寿司を握ります。

座席は、カウンター約10席、テーブル約70席です。全部で約80席です。営業時間は、ランチが11時30分から15時30分、ディナーが17時から21時までとなります。定休日は水曜日(月2回)です。

金太郎 津名店の基本情報

店名金太郎 津名店
住所〒656-2131 兵庫県淡路市志筑3016
電話0799-62-5750
予約可否予約不可
営業時間ランチ11:30~15:30(L.O.15:15)、ディナー17:00~21:00(L.O.21:15)
休業日水曜日(月2回)、不定休
座席数76席(カウンター10席、テーブル4人掛け6卓、テーブル6人掛け8卓)
喫煙・禁煙完全禁煙
駐車場40台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約7分

淡路島グルメおすすめランチ12選

淡路島は、海や山など自然に育まれた食材の宝庫としてグルメの島です。古来より御食国(みけつくに)と呼ばれて朝廷に新鮮な食材を献上してきた歴史があります。仁徳天皇には毎日飲む水まで新鮮と認められました。

瀬戸内海の温暖な気候と肥沃な大地により、淡路島玉ねぎ、淡路米、レタスなど農産物が美味しいです。3つの海峡に囲まれた豊富な漁場により、しらす、サワラ、たこなど海産物が美味しいです。

淡路島の自慢の食材を使用したグルメは絶品です。淡路島生しらす丼、淡路島バーガー、淡路島牛丼、淡路島生さわら丼などが人気です。海鮮料理や肉料理、麺料理やスイーツも人気です。

淡路島グルメでおすすめランチ12選をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました