淡路島ぬーどる おすすめ13選

グルメ

淡路島ぬーどるでおすすめの13選をご紹介します。淡路島ぬーどるとは、2009年に洲本市の洲本商工会議所と南あわじ市の淡路手延素麺協同組合が開発した手延べそうめんです。

長さ38センチ、直径2ミリと太くて長くモチモチした食感が特徴の麺です。毎年約7万食を販売する人気グルメです。メニューは、淡路島産の手延べそうめんと玉ねぎを使用することがルールです。

現在、島内20店舗以上が参加して、淡路牛・淡路猪豚・淡路鶏など肉類、鳴門鯛・ワカメなど魚介類、淡路玉葱やレタスなど野菜と地元食材とコラボレーションしたメニューを提供しています。

淡路島ぬーどる

もへいじ

もへいじは、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは、「かき揚げ釜揚げぬーどる」がおすすめです。独特のコシを活かした釜揚げです。出汁(ダシ)と薬味が付きます。

ツルツルでモチモチの手延べ麺は、クセになる喉ごしです。出汁との相性も抜群です。かき揚げの玉ねぎは、揚げたてでサクサクしてます。柔らかくて甘くてみずみずしさを感じます。

  • かき揚げ釜揚げぬーどる:1,000円

洲本市加茂の交差点にある手打ちうどんの麺処です。1977年創業した老舗です。創業当時から変わらぬ出汁のこだわりと職人が毎朝手打ちする名代「釜揚げうどん」は地元でも人気です。

鼓亭

鼓亭は、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは、カレーつけ麺がおすすめです。カレーの辛さを温泉玉子でおさえてチーズで味付けしたルーにつけて食べるつけ麺です。

麺の独特のコシが際立ちます。甘口ですが後から辛さがにじみ出ます。淡路玉葱のフライは、サクサクで甘いです。淡路猪豚のフライは、きめ細かくコクと風味があります。脂身が柔らかいです。

  • カレーつけ麺:1,000円

南あわじ市の漁師町福良にある手打ちうどんの麺処です。麺は毎朝手打ちしています。茹でて30分経ったものはお出ししません。打ち立てに近い麺を提供しています。ネギトロ丼や牛丼も人気です。

ホテルニューアワジ

ホテルニューアワジは、淡路島ぬーどるでおすすめの宿泊施設です。ぬーどるのメニューは、海鮮ぬーどる+入浴券の日帰りカジュアルプランがおすすめです。食事と温泉のセットとなります。

海鮮ぬーどる+入浴券は、レストラン「かまどダイニング バル淡道」で食事が利用できます。温泉は、スパテラス水月に、グループホテルの温泉を合わせて2つの源泉と3つの湯巡りが利用できます。

  • 海鮮ぬーどる+入浴券:3,300円

海鮮ぬーどるは、地元由良漁港の足赤海老やアオリイカ、地蛸やワカメなど地元の海の幸をふんだんに使用しています。おろし生姜風味の秘伝の出汁の特選つゆを餡かけ風にアレンジした料理です。

洲本温泉郷にある淡路島を代表するホテルです。テレビCMでお馴染みです。全客室から紀淡海峡が眺められる絶好のロケーションです。隣接するホテルと回廊で結ばれて3つの湯めぐりが楽しめます。

夢海遊淡路島

夢海遊淡路島は、淡路島ぬーどるでおすすめの宿泊施設です。ぬーどるのメニューは「淡路牛すきぬーどる御膳+入浴券」の日帰りカジュアルプランがおすすめです。食事と温泉のセットとなります。

淡路牛すきぬーどる御膳+入浴券は、レストラン「個室料亭 磯辺亭」で、食事が利用できます。温泉は、名湯「洲本温泉」の2つのスパで露天風呂と大浴場が利用できます。

  • 淡路牛すきぬーどる御膳+入浴券:3,800円

淡路牛すきぬーどる御膳は、淡路牛を使用したすき焼き鍋の御膳です。お造り三種取合せ、鯛釜飯、赤出汁、香物が付きます。鍋の締めとして地元食材の旨みたっぷりの出汁に「ぬーどる」を投入します。

洲本市街地にある三熊山と大浜海岸のビーチに囲まれた温泉リゾート&スパです。ミシュランガイド兵庫2016で4パビリオンを獲得しました。ホテルニューアワジグループのホテルです。

うずの丘大鳴門橋記念館

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストランうずの丘」は、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは、「島の香味みそ鍋ぬーどる付き」がおすすめです。

「島の香味みそ鍋ぬーどる付き」は、島の魚と淡路牛をしゃぶしゃぶする鍋料理です。自慢の出汁は、地元福良にある太庄商店の赤みそを使用しています。締めに「ぬーどる」を食べます。

  • 島の香味みそ鍋ぬーどる付き:2,420円

淡路島南西部の南あわじ市にある観光施設です。玉ねぎのモニュメントとUFOキャッチャーなどで有名です。ウニや鯛など海鮮料理も人気です。お土産ショップや鳴門の渦潮の学習施設もあります。

竹一

竹一は、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは、天ぷらぬーどるがおすすめです。淡路鯛、淡路玉葱、淡路海苔、季節の野菜などの天ぷらを贅沢にトッピングしています。

職人が昆布と鰹カツオで丹精込めて作った和風出汁(ダシ)は、風味豊かで素材の味を引き出しています。新鮮ワカメと青ネギがアクセントになります。地元食材の甘みや旨みを存分に堪能できます。

  • 天ぷらぬーどる:880円

淡路島南東部の洲本市塩屋で1962年に創業した老舗の和食店です。日本料理(京料理)の伝統と美しさ、美味しさに地元素材を融合した会席料理を提供します。リーズナブルなランチも人気です。

秘密基地akari

秘密基地akariは、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは「淡路てんこ盛りぬーどる」がおすすめです。淡路玉葱とひき肉、トマトを煮込んだミートソースがかけられています。

淡路牛をレアで焼き上げたステーキ肉をトッピングしています。ボリューム満点です。新鮮野菜も添えられて彩りが美しいです。甘味と酸味が引き立つソースを絡めてパスタのように食べられます。

  • 淡路てんこ盛りぬーどる:2,200円

兵庫県洲本市にあるカフェレストランです。工場の倉庫跡をリノベーションしています。コンセプトは、大人の秘密基地です。アメリカンダイナーな雰囲気で、ライダーやサイクリストが集まります。

鼓や

鼓やは、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは「淡路穴子on theぬーどる」がおすすめです。淡路島産穴子を1本丸ごと炭火で焼いて特製出汁にくぐらせてのせています。

出汁は、ぬーどると良く絡みます。淡路玉葱の甘みがあります。鮮度の良い活き穴子は、ふっくらした焼き上がりです。穴子のサイズ、状態、天候で炭火を匠の技で調節します。出汁と相性抜群です。

  • 淡路穴子on theぬーどる:1,320円

淡路島中央西部にある日本料理店です。テレビに登場した著名人も訪れる隠れ家的な佇まいで人気です。閑静な住宅街にある一軒家で小料理屋さん的な雰囲気です。地元食材の創作料理が名物です。

淡路夢泉景

淡路夢泉景は、淡路島ぬーどるでおすすめの宿泊施設です。ぬーどるのメニューは「鯛かまぬーどる御膳+入浴券」の日帰りカジュアルプランがおすすめです。食事と温泉のセットとなります。

鯛かまぬーどる御膳+入浴券は、鍋ダイニング「いいそ」で、淡路島ぬーどるが食べられます。温泉は、湯賓閣 天宮の雫にグループホテルの温泉を合わせて2つの源泉と3つの湯巡りが利用できます。

  • 鯛かまぬーどる御膳+入浴券:3,300円

鯛かまぬーどる御膳は、鯛の骨で仕上げた出汁と、良質な脂身の鯛かまのアンサンブルの料理です。鯛のつみれが「ぬーどる」の味を引き立てます。小鉢、お造り、鯛めし、アイスクリームが付きます。

上質な安らぎとホスピタリティを感じられる宿がコンセプトです。古茂江海岸にあります。ミシュランガイド兵庫2016で4パビリオンを獲得しました。ホテルニューアワジグループのホテルです。

浜ちどり

浜ちどりは、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは、穴子天ぬーどるがおすすめです。玉葱で特製出汁(ダシ)をとっています。大きな穴子の天ぷらは地元でも大好評です。

アナゴは、新鮮そのままで身がホクホクしてプリプリ食感がたまりません。揚げたてでサクサク食感です。スープは、手延べ麺に旨みがマッチします。玉ねぎと青葉がのせられてさっぱり味わえます。

  • 穴子天ぬーどる:950円

淡路島岩屋港と本州明石港を結ぶ高速船ジェノバラインの発着する岩屋ポートビル2階にあります。窓から明石港と明石海峡大橋が一望できます。1番人気は生しらす丼です。中華料理がメインです。

松葉寿司

松葉寿司は、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは「淡牛ぬーどる」がおすすめです。淡路牛と淡路玉葱、ぬーどると島内の食材の旨さを同時に味わえるぬーどるとなります。

麺は、固めに湯がいてニンニクを入れてエキストラバージンオリーブオイルで炒めています。淡路牛と淡路玉葱は煮ており、ジューシーさと甘さがあります。麺の相性は抜群です。サラダが付きます。

  • 淡牛ぬーどる:1,430円

南あわじ市広田にあります。1932年に創業した老舗です。寿司と会席料理などを提供します。洲本インターチェンジから車で約5分と便利です。由良産「幻の赤うに」はメディアに登場して人気です。

ウェルネスパーク五色

ウェルネスパーク五色「レストラン浜千鳥」は、淡路島ぬーどるでおすすめの飲食店です。ぬーどるのメニューは「淡路牛ぬーどる」がおすすめです。甘辛く味付けした淡路牛しぐれ煮をのせています。

淡路島産玉ねぎの天ぷら、ワカメ、青ネギがトッピングです。しぐれ煮はクセになる味です。玉葱の天ぷらは、甘くて柔らかいです。麺の絶妙にマッチします。出汁は、肉の旨みと玉葱の甘みが十分です。

  • 淡路牛ぬーどる:990円

淡路島中央西部にある総合公園です。地元出身で江戸時代の豪商 高田屋嘉兵衛を顕彰して設立されました。宿泊・温泉・飲食・芝生広場・アスレチック・スポーツ・体験・農園などの施設があります。

プラザ淡路島

プラザ淡路島は、淡路島ぬーどるでおすすめの宿泊施設です。ぬーどるのメニューは「ぬーどるコース+入浴券」の日帰りカジュアルプランがおすすめです。食事と温泉のセットとなります。

ぬーどるコース+入浴券は、レストラン「ダイニング 花桐」で食事が利用できます。温泉は、療養泉である南あわじ温泉の露天風呂と美人湯として名高い潮崎温泉の内湯が利用できます。

  • ぬーどるコース+入浴券:3,300円

ぬーどるコースは、鰹と昆布がベースの特製出汁で、地元の魚介や野菜と手延べ麺の独特の喉越しが同時に楽しめます。小鉢三種盛(珍味・ミニお造り・酢の物)、アイスクリームが付きます。

淡路島南西部の高台にあるヒーリングホテルです。鳴門海峡と大鳴門橋の大パノラマが自慢です。ミシュランガイド兵庫2016で4パビリオンを獲得しました。ホテルニューアワジグループです。

まとめ

ここで紹介した淡路島ぬーどるの飲食店・旅館・ホテルは、食べる価値のある人気店・名店ぞろいです。個性的で独創的な料理が自慢です。数多くの店舗から厳選しました。是非、食べてみてください。

淡路島ぬーどるは、2009年に洲本市の洲本商工会議所と南あわじ市の淡路手延素麺協同組合が開発した手延べそうめんです。長さ38センチ、直径2ミリと長く太くモチモチした食感が特徴の麺です。

淡路手延べ麺は、万葉の昔から180年以上も不変の伝統製法で「幻の手延べ麺」と称されてきました。淡路島で受け継がれた伝統製法「手延べそうめん」を活かして淡路島ぬーどるが誕生しました。

淡路島ぬーどると玉ねぎに加えて、淡路牛・淡路猪豚・淡路鶏など肉類、鳴門鯛・ワカメなど魚介類、淡路玉葱やレタスなど野菜と地元食材とコラボレーションしたオリジナルメニューが登場しています。

なお、美味しい理由は「美味しい理由「ぬーどる」」の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました