ぬーどる「うずの丘大鳴門橋記念館」

ジャンル

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストラン」の「ぬーどる」は「島の香味みそ鍋ぬーどる付き」がおすすめです。

  • 島の香味みそ鍋ぬーどる付き:2,420円

「島の香味みそ鍋ぬーどる付き」は、島の魚と淡路牛をしゃぶしゃぶする鍋料理となります。自慢の出汁は、地元福良にある太庄商店の赤みそを使用しています。締めに「ぬーどる」を食べます。

まず、お好みの量の特製みそをお出汁に入れて「みそ出汁」をつくります。次に、オニオンスライスと三つ葉を入れて出汁が沸いてきたら魚をしゃぶしゃぶして食べます。

実山椒を入れて肉をしゃぶしゃぶして食べます。実山椒のアクセントがお肉にベストマッチします。最後に締めとして「ぬーどる」とワカメを投入します。軽く煮込んで人参を散らします。

スダチを搾って食べます。爽やかな香りとあっさりした味わいのみそ煮込みぬーどるを堪能できます。

他に「淡路牛のカレーぬーどる」があります。

  • 淡路牛カレーぬーどる:2,640円

「淡路牛のカレーぬーどる」は、名産「金猪豚(ゴールデンボアポーク)」で作った特製カレースープで淡路牛ロースをしゃぶしゃぶする鍋料理となります。締めに「ぬーどる」を食べます。

「ぬーどる」をつけ麺として、もしくは軽く煮込んでカレーぬーどるとして食べます。辛さが物足りない場合は、特製の辛さマシマシのタレ足してお好みの辛さに調整して堪能できます。

なお「ぬーどる」は、手延素麺の名産地である淡路島の製麺業者が開発したオリジナルの麺となります。手延べそうめんを製造する手延べ技術を利用しています。

淡路島ぬーどるについては「淡路島ぬーどる おすすめ9選」をご参照ください。

うずの丘大鳴門橋記念館は、淡路島南西部の丘にある観光施設です。展望広場は、大鳴門橋と鳴門海峡と瀬戸内海の絶景と巨大玉ねぎモニュメント「おっ玉葱」のフォトスポットで人気です。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島ビスケット島ビスケ玉ねぎはじめ、約300種類の商品を販売します。

レストランは、淡路島の魚介類を使用した海鮮料理を堪能できます。他にも、鳴門の渦潮の展示学習施設、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎカツラ、玉ねぎピアノ、玉ねぎチェアで人気です。

うずの丘大鳴門橋記念館の基本情報は以下のとおりです。

絶景レストランうずの丘の基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:月曜日、火曜日
  • 座席数:180席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました