夏の淡路島おすすめスポット2020

観光まとめ

夏の淡路島でおすすめスポットをまとめました。

夏の淡路島

夏の淡路島でおすすめスポット

2020年の夏の淡路島は、海水浴場で海開きが中止となります。ビーチで海水浴・バーベキュー・キャンプができません。夏祭りや花火大会も中止となります。ご注意ください。

公園では、ひまわり、アジサイなどたくさんの花が咲き誇ります。テーマパークではクレヨンしんちゃん、ナルト、ゴジラなどのイベント、が遊園地ではキャラクターショーが開催されます。

アウトドアでは、キャンプがシーズンとなります。ブルーベリーの収穫シーズンとなります。グルメでは、鱧(ハモ)が最盛期を迎えます。生しらす、生サワラなど海鮮丼が美味しい時期です。

淡路島の観光スポットについては「淡路島観光おすすめスポット34選 2020年最新」の記事をご参照ください。

夏の海水浴「淡路島海開きが中止」

夏になると淡路島では、海水浴シーズンとなります。海水浴場とビーチでおすすめスポットがあります。しかし、2020年の海開きは、新型コロナの影響で開催が中止となりました。

夏の花火大会「淡路島夏祭りが中止」

夏になると淡路島では、花火大会で盛り上がります。関西でもおすすめの夏祭りがあります。しかし、2020年の海開きは、新型コロナの影響で開催が中止となりました。

夏のひまわり「淡路島ヒマワリおすすめ4選」

7月中旬から8月中旬まで、淡路島で「ひまわり」が見ごろとなります。淡路島にはヒマワリの名所やスポットが多くあります。淡路島の「ひまわり畑」は関西でも有数の規模を誇ります。

あわじ花さじきの約10万本のひまわり、淡路ファームパーク イングランドの丘の約10万本のひまわり、国営明石海峡公園の約4万本のひまわり、パルシェ香りの館の約1万本のひまわりがおすすめです。

あわじ花さじきでは、見晴らしの良い丘陵地から空と海と緑と一面黄色のひまわり畑が見渡せます。イングランドの丘では、展望台、モニュメント、顔出しパネルなどが登場してインスタ映え写真が撮影できます。

淡路島国営明石海峡公園は、美しく造成された庭園で20品種以上の多種多様なヒマワリが楽しめます。パルシェ香りの館では、大農園で美しい景色とともにヒマワリの摘み取り体験が楽しめます。

夏のあじさい「淡路島アジサイおすすめ4選」

6月中旬から下旬まで、淡路島で「あじさい」が見ごろとなります。淡路島にはアジサイの名所やスポットが多くあります。淡路島の「あじさい園」は関西でも有数の規模を誇ります。

淡路島国営明石海峡公園の約20種類14000株、兵庫県立淡路島公園の約30種類10000株、あわじ花山水の約70種類4000本、あわじ花の歳時記園の約70種類3500株がおすすめです。

淡路島国営明石海峡公園は、美しく造成された庭園が魅力で四季折々の花が咲きます。あわじ花の歳時記園は、山間の丘陵地帯で大自然を感じられます。

あわじ花山水では、淡路島の秘境といわれる昔懐かしい原風景が広がります。兵庫県立淡路島公園では自然を生かした公園です。森林も池も川も里山の風景が残されています。

夏のフラワーショー「奇跡の星の植物館」

7月1日(水)から9月13日(日)まで、淡路島北東部の淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で夏のフラワーショーとして「トロピカルガーデンショー2020」が開催されます。

100種1万株の色鮮やかなトロピカルフラワーで南国を再現します。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で南国の雰囲気を楽しめるガーデンとなります。

南国ムード漂う石像などオリエンタルな雰囲気が演出されています。魅惑的な香りに包まれた空間を楽しめます。巨大から極小まで多種多様な食虫植物、たくさんの南国のフルーツが登場します。

夏の花畑「あわじ花さじき」

8月上旬から10月下旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で約8万本の赤いサルビアが見頃となります。約2800平方メートルの「ふれあいの花園」にある花畑で初夏から秋と長く楽しめます。

夏の暑さを象徴する花として人気があります。朝晩の気温の低下とともに日増しに赤みが増しながら、真っ直ぐ伸びた茎と真っ赤な花が特徴です。暑い夏を情熱的な雰囲気にしてくれます。

彼方には明石海峡や大阪湾が広がります。天気の良い日には、燦燦と降り注ぐ太陽、眼下に広がる大海原、頭上に澄み渡る大空、淡路島の緑の山々、真っ赤に咲くサルビアと美しい絶景が眺められます。

夏のクレヨンしんちゃん「アドベンチャーパーク」

7月20日(木)から9月30日(水)まで、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるクレヨンしんちゃんのアトラクション「アッパレ!戦国大冒険!」で、夏の陣スプラッシュが開催されます。

四方八方から水鉄砲のスプラッシュを浴びます。頭上からも飛んできます。噴水ポイントもあります。バブル砲も登場します。灼熱の太陽で火照った体をクールダウンさせてアスレチックを楽しめます。

7月18日(土)から、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるクレヨンしんちゃんアドベンチャーパークで、リアル謎解きゲーム「ニジゲンノモリに眠るお宝を探せ!」が常設オープンしました。

キットやコンパスなど様々なツールを駆使して、子供と大人で協力して頭と体を使いながら謎を解きます。参加料金は、フリーパスチケットの料金に含まれています。チケット購入特典があります。

夏のキティちゃん「ハローキティスマイル&ショーボックス」

6月下旬から、淡路島北西海岸にあるメディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」で「GoToスマイルキャンペーン」が開催されます。入場券とランチのセットでお得な予約チケットが販売されます。

メディアアート「乙姫竜宮城」で楽しみ、キティちゃんと一緒に写真が撮れる1日3回開催のグリーティングがあります。レストランでは淡路島の新鮮食材を使用した料理が食べられます。

8月1日(土)から8月31日(月)まで、淡路島北西部にあるシアターテストラン「ハローキティショーボックス」で、オープン1周年スペシャル公演「Happy Flowers」が開催されます。

当時に好評を博したオープニング公演「Happy Flowers」をボリュームアップして披露されます。公演終了後は、ハローキティと一緒に写真が撮れるグリーティングショーが行われます。

夏のナルト「NARUTO&BORUTO忍里」

7月4日(土)から8月31日(月)まで、淡路島にあるアニメパーク「ニジゲンノモリ」にある「NARUTO&BORUTO忍里」で、サスケとイタチの誕生日イベント「リアル謎解きゲーム」が開催されます。

リアル謎解きゲームの開催、描き下ろしグッズの販売、フォトスポットの設置が実施されます。チケット購入特典としてアクリルスタンド、ゲームクリア特典としてステッカーがプレゼントされます。

7月23日(木祝)から9月30日(水)まで、淡路島にあるアニメパーク「ニジゲンノモリ」にある「NARUTO&BORUTO忍里」で、夏祭り「BORUTOの縁日」が開催されます。

手裏剣投げ、うちわ作り、水風船釣り、駄菓子詰め放題など屋台風ブースが登場します。描き下ろしグッズの販売やフォトスポットが設置されます。チケット購入特典とゲームクリア特典もあります。

夏の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」

8月13日から16日のお盆4日間に、淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で、夏休みステージイベントが開催されます。夏休みを家族で楽しむために子供に大人気のキャラクターが登場します。

仮面ライダーゼロワン、魔進戦隊キラメイジャー、ヒーリングっど♥プリキュア、アンパンマンが日替わりで登場します。11時、13時、15時の1日3回です。開始30分前から整理券が配布されます。

7月1日(水)から8月31日(月)まで、淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」で、子供の夏休みイベント「恐竜まつり」が開催されます。超リアルな恐竜ロボットが登場します。

春に好評を博した「恐竜まつり」に、新しく4体の恐竜ロボットが加わりパワーアップしています。屋外で楽しめる参加無料のイベントです。家族一緒に楽しめます。一緒に記念写真が撮影できます。

夏の農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」

7月18日(土)から8月31日(月)まで、淡路島の農業のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」で「インスタひまわりフォトコンテスト2020」が開催されます。

8月中旬が見頃を迎える約5万本のヒマワリ畑がメインです。賞品は、優秀賞3名様にギフト券1万円分です。参加方法は、公式アカウントをフォローしてハッシュタグを付けて写真を投稿するだけです。

7月18日(土)から8月31日(月)まで、淡路島の農業のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」で、輝く昆虫ワールドが開催されます。約40種類の昆虫が展示されます。

ヘラクレスオオカブト、ニジイロクワガタ、ネプチューンオオカブトなどが登場します。スペシャルイベントでは、昆虫が当たる輪投げ・くじ引きが行われます。参加料金は4歳以上500円です。

夏のフェスタ「淡路島国営明石海峡公園」

7月18日(土)から8月31日(月)まで、淡路島国営明石海峡公園のビジター棟をメイン会場として「サマーフェスタ」が開催されます。子供の夏休みの宿題にぴったりの企画が盛りだくさんです。

体験教室では、自然素材やダンボールを使った工作体験、牛乳パックを使ったカメラ作り、万華鏡作り、石ころアート、多肉植物の寄せ植え体験、絵画教室、ハーバリウム作りなど多彩な体験があります。

ヒマワリの摘み取り体験では、78月上旬から8月中旬までが大地の虹北エリアでヒマワリが見ごろとなります。一面黄色の花畑で夏を感じられます。毎年、子供の夏休みに親子や家族が楽しめる人気企画です。

夏の摘み取り体験「パルシェ香りの館」

6月上旬から6月下旬まで、淡路島の香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」で、ラベンダーが見頃を迎えます。敷地面積1250平方メートルの大農園に、約1400株ものラベンダーが咲き誇ります。

ラベンダーグロッソと呼ばれる品種で、大きな花穂と太い茎が特徴です。つぶつぶとした可愛らしい細かい花が咲きます。また、ラベンダーの開花時期に合わせて摘み取り体験が開催されます。

ラベンダーの特徴ある甘い香りには、発汗効果や疲労回復、ストレス解消やリラックス効果など効用があるといわれています。最近では、ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルが人気です。

夏のブルーベリー狩り「淡路島おすすめ農園2選」

6月中旬から8月下旬まで、淡路島でブルーベリー狩りがシーズンとなります。淡路島にはブルーベリーを専門の農園が2カ所あります。ブルーベリーヒル淡路と淡路島ブルーベリー園です。

ブルーベリーヒル淡路は、2020年6月18日(土)にオープンするブルーベリー農園です。北東部でアクセスに便利です。9800平方メートルに36品種1000本のブルーベリーが植えられています。

料金は、無制限の食べ放題で、中学生以上2000円、小学生1500円、4才以上1000円、3才以下無料です。営業時間は9時から16時まで、定休日は水曜日です。事前予約制となります。

淡路島ブルーベリー園は、2004年にオープンしたブルーベリー農園です。淡路島中央部の山間にあります。約2000平方メートルの農園で約40種類ものブルーベリーを栽培されています。

開園期間は7月上旬から8月下旬までです。料金は、40分食べ放題で大人1200円、小人(4歳以上)900円です。お持ち帰りは100グラム300円です。無農薬栽培に取り組んでいます。

夏のパラセーリング「シームーンリゾート」

淡路島のシームーンリゾートでは関西で唯一となるパラーセーリングの体験ができます。パラセーリングは、普段着でもOK、初心者でもOKと手軽さから人気です。太陽、空、海、山と360度見渡す限りの淡路島の自然を満喫できます。空と海の大パノラマは開放感バツグンです。ロケーション抜群の淡路島で空中散歩は最高です。

夏のイルカ「じゃのひれドルフィンファーム」

夏は、イルカと一緒に泳ぐシーズンとなります。淡路島南あわじ市にある「じゃのひれドルフィンファーム」では、イルカとふれあう体験や一緒に泳ぐ体験ができます。

体験では、子供から大人まで初心者でも誰でも楽しめるプログラムが用意されています。イルカを学び、イルカとふれあい、イルカと一体に泳ぐ、自然との共生を感じる感動体験となります。

なお、総合アウトドアリゾート施設として、海上釣り堀でフィッシングを楽しんだり、バーベキューやレストランで食事を楽しんだり、キャンプやコテージで宿泊を楽しめます。

夏のチビザル「淡路島モンキーセンター」

4月末頃から7月初頃まで、淡路島洲本市にある「淡路島モンキーセンター」で、赤ちゃんザルが誕生して可愛らしい姿を見ることができます。約30匹ほどの赤ちゃんザルが次々と誕生します。

数カ月で可愛いチビザルに成長します。人もサルも全ての視線が可愛い赤ちゃんザルやチビザルに集まるシーズンとなります。きな目玉に大きな耳、ふさふさの産毛を生やして大変可愛いです。

。手のひらサイズで、ママさんザルにしがみついたり、ヨチヨチ歩きする仕草は愛らしいです。約300匹の野生のサルを見学したり、オリに入って手渡しでエサやりしたり、サルと仲良くふれあえます。

夏のホタル「諭鶴羽ダム公園」

6月上旬から6月下旬まで、淡路島の諭鶴羽ダムでホタルの鑑賞がシーズンとなります。兵庫県南あわじ市の山間にあるダム湖の湖畔が整備された公園です。外周2キロの遊歩道、約30台の駐車場があります。

普通の蛍(ほたる)ですが「海ホタル」がブームになって以降、最近では「山ホタル」とも呼ばれています。鑑賞ポイントはダム湖畔の遊歩道の上流折り返し部分の通称「ほたるの橋」周辺となります。

淡路島の自然を満喫できるウォーキングやジョギング、サイクリングのスポットで注目されています。

夏のドライブ「淡路島おすすめコース7選」

夏になると淡路島では、ドライブが人気となります。美しい海岸線を走りながら観光地を巡ります。淡路島のドライブコースとして、淡路島北東コース、淡路島北西コース、淡路島北中央コース、淡路島横断コース、淡路島南東コース、淡路島南中央コース、淡路島南西コースの7つがおすすめです。

夏のキャンプ「淡路島おすすめキャンプ場12選」

夏になると淡路島では、キャンプが人気となります。4月から10月までがシーズンです。オートキャンプ場をはじめ、コテージ、トレーラーハウス、グランピング施設まであります。海水浴場では夏にキャンプ場がオープンします。

淡路島のキャンプ場では、アウトドアを楽しみながら、バーベキューを楽しみながら、温泉を楽しみながら、釣りを楽しみながら、お洒落な雰囲気を楽しみながらキャンプを満喫できます。

淡路島のキャンプの醍醐味は、美しい海、美しい山、綺麗な星空と自然を感じられるところです。神戸から30分、大阪から1時間という淡路島のキャンプ場で非日常体験ができます。

夏の生しらす丼「淡路島おすすめ生しらす丼10選」

夏になると淡路島では、生しらす丼が人気となります。5月22日から11月30日まで解禁となります。キャンペーンには、淡路島の71店舗が参加しています。全国でも数カ所でしか食べられない生しらす丼を味わえます。

水揚げ直後に瞬間冷凍して鮮度を保ちます。減菌技術を導入して品質を保ちます。独自技術を開発によりブランド「淡路島の生しらす」が誕生しました。生しらす丼」は淡路島の人気ご当地グルメです。

淡路米のごはんに淡路島の生しらすをのせて、大根おろしやわさび、ゆずや青じそなどのトッピングと一緒にいただきます。淡路島で美味しい生しらす丼が食べられるおすすめの7店をご紹介します。

夏の生サワラ丼「淡路島おすすめ生サワラ丼4選」

夏になると淡路島では、生サワラ丼が人気となります。5月22日から11月30日まで解禁となります。キャンペーンには、淡路島の29店舗が参加しています。生サワラを新鮮なまま味わう生食文化を体験できます。

播磨灘のサワラ流し網漁により、新鮮なサワラが淡路島で初水揚げされます。島内各地で生サワラを使った「あぶり丼」「タタキ丼」「漬け丼」「親子丼」「出汁茶づけ」などオリジナルメニューが登場します。

古くから猟師町でしか食べられないご当地グルメは、鮮度、柔らかさ、脂の乗り、口ざわり、香り、味わい、香ばしさとも抜群です。淡路島で美味しい生サワラ丼が食べられるおすすめの4店をご紹介します。

夏の鱧(はも)「淡路島おすすめ鱧(ハモ)料理9選」

夏になると淡路島では、鱧(ハモ)料理が人気となります。5月下旬から9月上旬までがシーズンとなります。淡路島の飲食店や宿泊施設で、様々な調理方法による鱧(ハモ)料理が提供されます。鱧は、古来より淡路島のブランド食材です。

歴史と伝統のベッピン料理といわれ、安土桃山時代から大坂へ積み出されてきた逸品です。淡路島の鱧の特徴は、頭が小さく胴が太くスタイルが美しいことから「べっぴん」と呼ばれています。

古くから、京都の祇園祭、大阪の天神祭には無くてはならない魚として重宝されています。淡路島で数多くある鱧(はも)料理のお店から、おすすめの9選を厳選してご紹介します。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました