淡路島観光スポットおすすめ34選

トロピカルガーデンショー2020 奇跡の星の植物館

トロピカルガーデンショー2020が開催されます。淡路島にある温室「奇跡の星の植物館」で、神々が宿る庭をイメージした花々で彩られる南国の花や水生植物に包まれた庭園が登場します。

100種1万株の色鮮やかなトロピカルフラワーで南国を再現します。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で南国の雰囲気を楽しめるガーデンとなります

トロピカルガーデンショー2020の開催期間は、2020年7月1日(水)から9月13日(日)までとなります。入場料金は、大人700円、70歳以上350円、高校生以下無料となります。

なお、7月9日(木)から7月20日(月)まで貸切利用のため臨時休館となります。

トロピカルガーデンショー 奇跡の星の植物館

トロピカルガーデンショー2020

2020年7月1日(水)から9月13日(日)まで、兵庫県淡路市の淡路夢舞台にある温室「奇跡の星の植物館」で「トロピカルガーデンショー2020」が開催されます。

只今、9/13(日)までトロピカルガーデンショー2020」を開催中!(一部作業中の箇所もございますがご了承ください)

アジサイとパイナップル科植物、南国のカラフルで香り豊かなお花が演出す”期間限定”のお庭になっています。(アジサイが終わると夏のお花に植替えていきます!)

ワンポイントのビスマルクヤシ、金色のホタテの貝殻がアクセントになっている漆喰壁も必見!
尚、7/9(木)~7/20(月)は貸切利用のため臨時休館いたします。

神々が宿る庭をイメージした花々で彩られる南国の花や水生植物に包まれた庭園が登場します。

メインとなるフラワーショースペースでは、100種1万株もの色鮮やかで芳しい南国の植物が、色と香と音でエスニックを演出します。南国ムード漂う石像などオリエンタルな雰囲気が演出されています。

南国の植物やオブジェにより神々が宿る庭を再現しています。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で南国の雰囲気を楽しめるガーデンとなります

トロピカルガーデンでは、魅惑的な香りに包まれた空間を楽しむことができます。癒しの庭では、巨大から極小まで多種多様な食虫植物が大集合しています。バルコニーでは、たくさんの南国のフルーツが登場します。

神が舞い、宿る庭

メインとなるフラワーショースペース(展示室5)では、神々が宿る島、神秘の島といわれる世界的なリゾート地バリの庭を再現します。ハイビスカスやサンタンカなどの南国フラワーが鮮やかで美しいです。

バンダやデンファレなどの華やかなラン、プルメリア、サンユウカ、ジャスミンなどの香り高い花木などトロピカルフラワーが勢ぞろいします。リゾート気分を味わえるカラーリーブスの演出もあります。

巨大温室が、赤や黄、紫や白など南国の花で施された鮮やかな色彩で染められます。滝や池に水生植物を施された水空間で涼しい水音が響きます。癒しと寛ぎを与える芳しい香りがします。

100種1万株の植物が「色」「音」「香」でエスニックに、南国の庭園を演出します。

夜咲く花、夜香る花

トロピカルガーデン(展示室2)では、魅惑的な香りに包まれた夜の空間を楽しむことができます。サガリバナ、月下美人、夜香花、夜来花、バンマツリ、ドラゴンフルーツなど夜咲く南国の花が登場します。

イエライシャン、イランイラン、プルメリア、サンユウカなど夜香る植物が登場します。夜の植物館を魅惑的にするため香りの熱帯花木が勢揃いします。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2020年7月1日(水)~9月13日(日)
  • 臨時休館:2020年7月9日(木)~7月20日(月)
  • 開催場所:奇跡の星の植物館
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 公式HP:http://www.kisekinohoshi.jp/
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 入館料金:大人700円、70歳以上350円、高校生以下無料
  • 駐車場:約600台(ウェスティンホテル淡路地下駐車場)
  • 駐車料金:普通車500円(テラスレストラン&ショップの利用で無料券配布)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

2019年の同時開催イベント

2019年に開催された「バリフラワーショー2019 神々が宿る庭」では、以下のようなイベントが同時開催されました。

食虫植物展

食虫植物展が開催されました。

癒しの庭(展示室4)で、巨大から極小まで多種多様な食虫植物が大集合しています。捕虫袋で虫を捕らえる20センチから30センチの巨大なウツボカズラ、葉が筒状になった巨大なサラセニアがいます。

棘(トゲ)のある2枚の葉に特徴がある極小のハエトリソウ、スミレに似た花で葉の粘着力で捕虫する極小のムシトリスミレがいます。この他、北半球の寒地に自生するモウセンゴケがいます。

約150株が一堂に会する食虫植物展となります。自然の生態をおしゃれで立体的に再現しています。ビオトープや特産の淡路瓦やビオトープやバーティカルガーデン壁面を使用しています。

和風テイストでオシャレでダイナミックなディスプレイで食虫植物を楽しめます。なお、8月1日(木)から8月15日(木)まで食虫植物解剖教室が開催されます。事前予約が必要です。

トロピカルフルーツ展

トロピカルフルーツ展が開催されました。

バルコニーでは、様々なフルーツが登場します。バナナ、マンゴー、パパイヤ、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ、マレーアップル、バナナなど南国のフルーツが登場します。

幹に直接実をつけるジャボチカバ、赤いストライプが可愛い観賞用のパイナップルなど様々な夏のフルーツが展示されます。バリや日本、東南アジアの暮らしに欠かせない身近な果物が展示されています。

実際に面白い果物が食べられるガイドツアーが予定されています。

サマーカーニバル2019

サマーカーニバル2019が開催されました。2019年8月1日(水)から8月15日(水)まで、入館時間を9時から21時まで(最終入館20時30分)まで延長されました。

フラワーショースペース(展示室5)がメイン会場です。

ステージイベントでは、日替わりでバリダンス、ガムラン演奏、フラダンスなどが披露されました。体験教室では、食虫植物解剖教室、染めもの教室、貝殻のアクセサリーづくり教室などが開催されました。

カフェでは、ナシゴレンなどバリフードの販売、ショップではアクセサリーなどバリ雑貨の販売などがありました。トロピカルフルーツツアーでは1日2回、マンゴー、マレーアップルなど熱帯果樹について学んで試食しました。

夜の植物館ツアーでは、19時30分からライトアップされた庭を巡りました。夜しか咲かない花や夜に葉を広げる草などを楽しむ夜のツアーとなりました。

コンセプト

コンセプトは、神秘の島と称されるバリの暮らしも垣間見える演出を施しながら楽しめる庭園です。

インドネシアと日本とインドネシアは国交樹立から2018年で60年を迎えました。バリは自然崇拝など日本文化との共通点を多く持ちます。大阪インドネシア共和国総領事館が後援となりました。

バリの暮らしとは、一日の始まりの朝に花を神に手向けます。一日の終わりの夜に歌や舞を神にささげます。神への祈りが一日の暮らしの中心となります。バリの人々は自然に神が宿ると信じています。

バリは神と生きる島といえます。八百万の神を信じる日本との共通点が多くあります。

インドネシアでは近代化が進んでいますが、インドネシアのバリ島では本来の伝統的ライフスタイルや生活環境が守られています。観光という形で経済効果を生みながら文化の継承を進めています。

日本も明治以降に欧米化を急速に進めてきました。経済効果を生み出しながら伝統的生活環境・ライフスタイルを大きく変貌させてきました。

トロピカルフラワーショーでは、自然と共に生きているバリの暮らしを紹介します。バリの暮らしを通じて、日本人の先祖たちが創り上げた日本の暮らしや花文化を見直すきっかけを提供しています。

奇跡の星の植物館
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました