トロピカルフラワーショー2019 奇跡の星の植物館

スポンサーリンク

トロピカルフラワーショー2019が開催されます。淡路島にある温室「奇跡の星の植物館」で、神々が宿る島「バリ」をイメージした花々で彩られる南国の花や水生植物に包まれた庭園が登場します。

100種1万株の色鮮やかなトロピカルフラワーがバリを再現します。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で世界的リゾート地「バリ」に訪れた気分になります。

トロピカルフラワーショー2019の開催期間は、7月13日(土)から9月29日(日)までとなります。開催場所は、奇跡の星の植物館となります。在大阪インドネシア共和国総領事館の後援となります。

スポンサーリンク

トロピカルフラワーショー2019の基本情報

  • 開催期間:7月13日(土)~9月29日(日)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 入館料:大人600円、70歳以上300円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路地下駐車場(普通車600台)
  • 駐車料金:普通車500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

トロピカルフラワーショー2019の内容

7月13日(土)から9月29日(金)まで、淡路島にある温室「奇跡の星の植物館」で「トロピカルフラワーショー2018 バリ・神が舞い、宿る庭」が開催されます。

神々が宿る島「バリ」をイメージした花々で彩られる南国の花や水生植物に包まれた庭園が登場します。大阪インドネシア共和国総領事館の後援で、神秘の島と称されるバリの暮らしも垣間見える演出です。

インドネシアと日本とインドネシアは国交樹立から2018年で60年を迎えました。バリは自然崇拝など日本文化との共通点を多く持ちます。

メインとなるフラワーショースペースでは、100種1万株もの色鮮やかで芳しい南国の植物が、色と香と音でエスニックを演出します。バリを彷彿させる石像などオリエンタルな雰囲気が演出されています。

南国の植物やオブジェにより神々が宿る庭を再現しています。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で世界的リゾート地「バリ」に訪れた気分になります。

トロピカルガーデンでは、魅惑的な香りに包まれた夜の空間を楽しむことができます。癒しの庭では、巨大から極小まで多種多様な食虫植物が大集合しています。バルコニーでは、たくさんの南国のフルーツが登場します。

ホワイエでは、8月1日(木)から9月23日(月祝)まで特別展「神々と生きる服飾文化」が開催されます。インドネシア国家公認の婚礼衣装着付師 武居郁子さんの協力で、バリの伝統衣装などを展示しています。

なお、8月1日(木)から8月15日(木)まで、夏休みイベントとして「サマーカーニバル2019」が開催されます。入館時間が9時から21時まで(最終入館20時30分)延長されます。バリダンス、ガムラン演奏、フラダンスなどのステージイベント、体験教室、体験ツアー、バリのバザールなどが行われます。

神が舞い、宿る庭

メインとなるフラワーショースペース(展示室5)では、神々が宿る島、神秘の島といわれる世界的なリゾート地バリの庭を再現します。ハイビスカスやサンタンカなどの南国フラワーが鮮やかで美しいです。

バンダやデンファレなどの華やかなラン、プルメリア、サンユウカ、ジャスミンなどの香り高い花木などトロピカルフラワーが勢ぞろいします。リゾート気分を味わえるカラーリーブスの演出もあります。

巨大温室が、赤や黄、紫や白など南国の花で施された鮮やかなバリ色で彩られます。滝や池に水生植物を施された水空間で涼しい水音が響きます。癒しと寛ぎを与える芳しい香りがします。

100種1万株の植物が「色」「音」「香」でエスニックに、バリの庭を演出します。

夜咲く花、夜香る花

トロピカルガーデン(展示室2)では、魅惑的な香りに包まれた夜の空間を楽しむことができます。サガリバナ、月下美人、夜香花、夜来花、バンマツリ、ドラゴンフルーツなど夜咲く南国の花が登場します。

イエライシャン、イランイラン、プルメリア、サンユウカなど夜香る植物が登場します。夜の植物館を魅惑的にするため香りの熱帯花木が勢揃いします。

食虫植物展

癒しの庭(展示室4)では、巨大から極小まで多種多様な食虫植物が大集合しています。捕虫袋で虫を捕らえる20センチから30センチの巨大なウツボカズラ、葉が筒状になった巨大なサラセニアがいます。

棘(トゲ)のある2枚の葉に特徴がある極小のハエトリソウ、スミレに似た花で葉の粘着力で捕虫する極小のムシトリスミレがいます。この他、北半球の寒地に自生するモウセンゴケがいます。

約150株が一堂に会する食虫植物展となります。自然の生態をおしゃれで立体的に再現しています。ビオトープや特産の淡路瓦やビオトープやバーティカルガーデン壁面を使用しています。

和風テイストでオシャレでダイナミックなディスプレイで食虫植物を楽しめます。なお、8月1日(木)から8月15日(木)まで食虫植物解剖教室が開催されます。事前予約が必要です。

トロピカルフルーツ展

バルコニーでは、様々なフルーツが登場します。バナナ、マンゴー、パパイヤ、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ、マレーアップル、バナナなど南国のフルーツが登場します。

幹に直接実をつけるジャボチカバ、赤いストライプが可愛い観賞用のパイナップルなど様々な夏のフルーツが展示されます。バリや日本、東南アジアの暮らしに欠かせない身近な果物が展示されています。

実際に面白い果物が食べられるガイドツアーが予定されています。

サマーカーニバル2019

8月1日(水)から8月15日(水)まで、夏休みイベントとして「サマーカーニバル2019」が開催されます。様々なイベントが用意されています。入館時間が朝9時から夜9時まで(最終入館20時30分)延長されます。

ステージイベント

メイン会場のフラワーショースペースにて、バリダンス、ガムラン演奏、フラダンスなどのステージイベントが日替わりで開催されます。

体験教室

食虫植物解剖教室、染めもの教室、貝殻のアクセサリーづくり教室など体験教室も開催されます。

バリフードとバリ雑貨の販売

カフェではナシゴレンなどバリフードの販売、ショップではアクセサリーなどバリ雑貨の販売があります。

トロピカルフルーツツアー

マンゴー、マレーアップルなど熱帯果樹について学んで試食するトロピカルフルーツツアーも1日2回開催されます。

夜の植物館ツアー

夜7時30分からライトアップされた庭を巡りながら、夜しか咲かない花や夜に葉を広げる草などを楽しむ夜の植物館ツアーが開催されます。

コンセプト

バリの暮らしとは、一日の始まりの朝に花を神に手向けます。一日の終わりの夜に歌や舞を神にささげます。神への祈りが一日の暮らしの中心となります。バリの人々は自然に神が宿ると信じています。

バリは神と生きる島といえます。八百万の神を信じる日本との共通点が多くあります。

インドネシアでは近代化が進んでいますが、インドネシアのバリ島では本来の伝統的ライフスタイルや生活環境が守られています。観光という形で経済効果を生みながら文化の継承を進めています。

日本も明治以降に欧米化を急速に進めてきました。経済効果を生み出しながら伝統的生活環境・ライフスタイルを大きく変貌させてきました。

トロピカルフラワーショーでは、自然と共に生きているバリの暮らしを紹介します。バリの暮らしを通じて、日本人の先祖たちが創り上げた日本の暮らしや花文化を見直すきっかけを提供しています。

トロピカルフラワーショー2019の植物園

トロピカルフラワーショー2019が開催される奇跡の星の植物館は、淡路島北東部の複合型リゾート文化施設「淡路夢舞台」にあります。6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室です。

年7回のフラワーショーが開催されています。自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さを様々な展示を通じて五感で体感できます。21世紀型の花・緑と共生する生活空間や都市空間を提案しています。

「奇跡の星」である地球の大切さを体験できるミュージアムです。長さ100メートル、幅24メートル、高さ17メートルの吹き抜け空間には、多肉植物、熱帯植物、温帯植物、高山植物など、約3千種3万株の多様な植物が展示されています。

トロピカルフラワーショー2019のアクセス

トロピカルフラワーショー2019が開催される奇跡の星の植物館へのアクセスは、目的地を淡路夢舞台にすると便利です。淡路夢舞台へのアクセスは、自動車と高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅に最寄りの淡路島行き高速バスが運行しています。乗車する高速バスの路線は、本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)です。降車するバス停は淡路夢舞台前です。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスで淡路夢舞台前に約7分で到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)

トロピカルフラワーショー2019の周辺の観光スポット

トロピカルフラワーショー2019が開催される奇跡の星の植物館の周辺の観光スポットは、ハローキティスマイル、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」、あわじ花さじきとなります。

ハローキティスマイルは、淡路島北西海岸にあるキティちゃんの複合レストランです。レストランでは、ビュッフェ、オリエンタル料理、ハイティー、シーフードグリルなど豊富なメニューが提供されます。

キティちゃん型のドーム型の建物はシアターで、キティちゃんの夢の世界の映像が見られます。ギャラリーでキティちゃんのレアな絵画、ショップで限定品や関西初登場のキティちゃんグッズを販売しています。

ニジゲンノモリは、淡路島公園にある自然と二次元を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の敷地に、テーマパーク、レストラン、グランピング施設、ショップなどが点在します。

アニメ「クレヨンしんちゃん」、アニメ「NARUTO ナルト」、漫画「火の鳥」、絵本「こびとづかん」をテーマのアトラクションやグッズ、グルメで世界観を体験できます。無料遊具も充実しています。

あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の公園です。標高298メートルの展望デッキからなだらかに高原が広がります。大阪湾の海に向かって広がる一面の花畑は圧巻です。

甲子園球場4個分の敷地に、四季を通じて約250万株の花が植えられています。青い空、碧い海、緑の山々、花畑と大パノラマの絶景を体験できます。淡路島が花の島と呼ばれるに相応しい名所です。

奇跡の星の植物館
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!