春の淡路島おすすめスポット2021

淡路島観光

春の淡路島でおすすめスポットをまとめました。

春の淡路島

春の淡路島でおすすめスポット

2021年の春の淡路島は、花の名所で桜や梅の花見を楽しめます。公園では、菜の花、チューリップが見頃となります。春の大潮が到来して鳴門の渦潮が見頃で渦見を楽しめます。

温暖な気候で、海岸沿いを車で走るドライブは気持ちが良いです。いちご狩りがシーズンとなります。玉ねぎの収穫シーズンが到来します。新玉ねぎを購入できたり試食できます。

グルメでは、生シラスと生サワラが解禁となります。島内の飲食店で生しらす丼や生サワラ丼が提供されます。淡路島サクラマスもシーズンを迎えます。

なお、春の月別でおすすめ観光スポットは、以下の記事をご参照ください。

春のチューリップ「淡路島国営明石海峡公園」

春の淡路島は、チューリップが咲きます。2021年3月20日(土祝)から4月18日(日)まで、淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」にあるポプラの丘と大地の虹でチューリップが見頃です。

春のイベント「春のカーニバル」も開催中です。「花のフラワーリレー」が展開されます。土日祝に様々なイベントが企画されます。日本最大級の立体的な花壇や関西最大級の複合遊具で楽しめます。

2021年4月13日(水)から5月16日(日)まで、淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」にある陽だまりの丘で1万5000株の「リビングストンデージー」が見頃を迎えます。

七色のカラフルな花びらが、太陽の光を浴びるとキラキラと綺麗です。キクのような花びらが宝石箱のように光輝いて美しいです。宝石を集めた花絨毯となり、「おとぎの世界」を目の当たりにします。

春の菜の花「あわじ花さじき」

春の淡路島は、菜の花が咲きます。菜の花でおすすめは、兵庫県立あわじ花さじきです。甲子園球場約4個分と関西屈指の花の名所です。海に向かって広がる花畑の大パノラマは圧巻です。

春のイベントとして、2021年3月下旬から4月中旬まで「菜の花まつり」が開催されます。約100万本の菜の花が花畑を黄色く染めます。青い空と海、黄色い菜の花のコントラストが美しいです。

春のネモフィラ「イングランドの丘」

春の淡路島は、菜の花が咲きます。菜の花でおすすめは、淡路ファームパーク イングランドの丘です。約2200平方メートルの大農園に約10万本のネモフィラが植えられています。

2021年4月中旬から5月上旬まで、爽やかな青一色に染まります。遊歩道や見晴台などフォトスポットで家族や友達、カップルで思い出の記念写真を撮影できます。フォトコンテストも開催されます。

春のテーマパーク「ニジゲンノモリ」

2021年3月6日(土)から3月31日(水)まで、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」のアトラクション「ゴジラ迎撃作戦」で、春の学生キャンペーンが開催されます。

巨大ゴジラに突入するジップラインが2回の利用となります。ゴジラのコラボフードで10パーセント割引券がプレゼントされます。学生限定でお得にゴジラの世界を楽しめる期間限定のイベントです。

2021年2月14日(日)から3月14日(日)まで、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」のアトラクション「ナイトウォーク火の鳥」で、バレンタイン&ホワイトデー企画が開催されます。

抽選でフォーチュンチョコレートがプレゼントされます。カップルを応援する「アクション」が書かれたメッセージ付きです。アクションを実行するとカップルのデートが素敵になること間違いなしです。

春の遊覧船「明石海峡と鳴門海峡」

明石海峡では、遊覧船「明石海峡大橋クルーズ」が周遊しています。2021年3月20日(土)から5月30日(日)まで、淡路島北部の淡路交流の翼港から運行されるクルージングです。

船上ガイドが見所をアナウンスします。オープンデッキで潮の香りと海風を感じられます。史跡や山々を眺められます。1番の見所は船が明石海峡大橋の真下を通り抜ける瞬間となります。迫力満点です。

鳴門海峡では、遊覧船「うずしおクルーズ」が周遊しています。春の淡路島では、大潮が発生します。大潮により鳴門海峡で巨大な渦潮が発生することから、春の大潮は「渦潮の旬」と呼ばれています。

発生期間は、毎年3月から5月までといわれています。うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市南西端の福良港から出港します。約1時間のクルージングで、最大20メートルの渦潮を間近で見学します。

春のフラワーショー「奇跡の星の植物館」

春の淡路島は、フラワーショーが開催されます。フラワーショーでおすすめは、植物園「奇跡の星の植物館」です。延床面積6700平方メートルで日本最大級の温室となります。

2021年4月17日(土)から5月30日(日)まで、「淡路夢舞台薔薇祭」が開催されます。今回は「華麗なる薔薇物語」がテーマです。花と緑の文化を生んだ女性たちの花の暮らしを再現します。

マリア・テレジア、マリー・アントワネット、ジョセフィーヌなどローズガーデンをデザインします。

2021年1月23日(土)から4月11日(日)まで、「淡路夢舞台ラン展」が開催されます。西日本最大規模の蘭の展覧会となります。2000種2万株の蘭(ラン)の花が豪華で華麗に咲きます。

ユニークでダイナミックなデザインで蘭の魅力や不思議な世界を五感で楽しめます。

春の桜「淡路島の名所おすすめ5選」

春の淡路島は、桜が咲きます。桜でおすすめのお花見スポットは5カ所あります。淡路島国営明石海峡公園では島内で一番早いお花見が楽しめます。兵庫県立淡路島公園では島内最大数の桜が楽しめます。

諭鶴羽ダム公園では外周2キロの桜並木が楽しめます。洲本城では石垣と桜のコラボレーションと絶景が楽しめます。曲田山公園では提灯ぼんぼりと歴史風情ある小路で「まち歩き」が楽しめます。

春のキティちゃん「ハローキティスマイル&ショーボックス」

3月20日(土祝)から5月31日(月)まで、淡路島のメディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」で、オープン3周年をお祝いする記念イベント「乙姫竜宮城舞踏会」が開催されます。

乙姫竜宮城で謎解きゲーム、土日祝限定スマイルパレードがあります。オリジナル限定グッズが必ず当たる「くじ引き」、レストランではアニバーサリーメニューが登場します。盛りだくさんです。

2021年3月18日(木)から5月31日(月)まで、淡路島のシアターレストラン「ハローキティショーボックス」で、キティちゃんの春公演「和楽器コンチェルト」が開催されます。

和風衣装のキティちゃんとパフォーマーが日本の伝統楽器で奏でる華やかなショーです。三味線や和太鼓などで日本の童謡を披露します。一世を風靡した大人気曲を歌って踊って盛り上がります。

春のナルト「NARUTO&BORUTO忍里」

2021年3月27日(土)から5月31日(月)まで、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」の「NARUTO&BORUTO忍里」で、オープン2周年「リアル謎解きゲーム」が開催されます。

昨年開催された「NARUTO-ナルト-疾風伝」のキャラクター誕生日イベント「忍里特別任務」が復刻されます。サスケ・イタチ篇、カカシ・オビト篇、ナルト・イルカ篇、ナルト・我愛羅篇の4種類です。

2021年3月27日(土)から、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」の「NARUTO&BORUTO忍里」で暁祭が開催されます。描き下ろしSDキャラのスタンプを集める謎解きです。

全ての謎を解くと特典に6種のポスターからお好きな1枚がプレゼントされます。ショップ「木の葉商店」では、「SDキャラ」と「暁の砦」の描き下ろしイラストの新商品が続々と入荷します。

2021年3月20日(土)から5月31日(月)まで、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」の「NARUTO&BORUTO忍里」で「BORUTOの縁日」が開催されます。縁日ブースが登場します。

手裏剣を投げたり、うちわの作ったり、水風船を釣ったり、駄菓子の詰め放題など限定グッズがゲットできるゲームやワークショップで楽しめます。描き下ろしキャラクターのグッズがゲットできます。

春のドライブ「淡路島おすすめコース7選」

春の淡路島では、ドライブが人気となります。美しい海岸線を走りながら観光地を巡ります。西海岸、東海岸、北部中央、東西横断、洲本市街地、南部中央、南海岸などのコースがあります。

国道28号線、県道31号線、県道88号線、県道66号線など主要道路を駆使すると便利です。最近、淡路島西海岸の県道31号線(淡路サンセットライン)に新しい観光スポットが誕生しています。

春のいちご狩り「淡路島おすすめ農園6選」

春の淡路島は、いちご狩りが人気です。1月から6月までイチゴ狩りが旬といわれるシーズンとなります。いちご農園が島内各所に点在しています。関西で人気ランキングで上位の農園もあります。

人気の理由は、淡路島は自然が豊かで、いちご栽培に適しており、観光に便利という3拍子が揃った「島」の環境です。最新設備、インスタ映え、食べ比べ、パフェセットなどが楽しめます。

おすすめ農園は、グリナリウム淡路島、東浦イチゴファーム、淡路島フルーツ農園、イングランドの丘、幸せのいちご農園、ウェルネスパーク五色、大坪だんだんファーム、山城農園の8カ所です。

春の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」

春の淡路島は、遊園地が人気となります。春の遊園地でおすすめは、淡路ワールドパークONOKOROです。路島で唯一の遊園地です。春のイベントに、ゴールデンウィークGWイベントが開催されます。

観覧車やメリーゴーランド、ゴーカートが人気です。芝すべりやジップラインで楽しめます。シューティングレンジもおすすめです。庭園に世界の建築物を展示したミニチュアワールドがあります。

ゴールデンウィークGWイベントは、キャラクターステージショーが予定されています。アンパンマンやプリキュアなどが登場します。毎年恒例の子供に人気のイベントとなります。

春の摘み取り体験「パルシェ香りの館」

春の淡路島は、摘み取り体験が人気です。春の摘み取り体験でおすすめは、香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」です。カレンデュラ(キンセンカ)やカモミールの摘み取り体験が楽しめます。

カレンデュラ(キンセンカ)の摘み取り体験は、2020年3月上旬から4月中旬まで開催されます。大農園に約4000株、約2万本の黄色やオレンジ色のキンセンカが咲きます。

カモミールの摘み取り体験は、2020年4月下旬から5月下旬まで開催されます。大農園に約5000株のカモミールが咲きます。リンゴのような甘酸っぱいフルーティーな香りが漂います。

春の梅「淡路島の名所おすすめ2選」

春の淡路島は、梅が咲きます。おすすめの梅の名所とお花見スポットは、兵庫県南あわじ市にある村上邸の枝垂れ梅と広田梅林ふれあい公園の2つとなります。2021年は自粛しています。

村上邸の枝垂れ梅は、樹齢約70年となる古樹です。高さ8メートル、幅12メートル超、幹周り2メートル弱で、淡路島の筆頭であろう荘厳な1本の枝垂れ梅です。淡路島のしだれ梅として有名です。

広田梅林ふれあい公園は、南高や鶯宿、紅梅や枝垂れ梅など約450本の梅が植えられています。梅の開花時期に合わせて、「梅まつり」が開催されます。入場は無料です。

春の赤ちゃんヒツジ「淡路ファームパーク イングランドの丘」

春の淡路島では、赤ちゃんヒツジが誕生します。毎年のように2月に数匹が誕生しています。2021年2月9日に母親「みお」(3歳)から生まれた赤ちゃんヒツジは「しずく」と命名されました。

2021年3月5日(金)から一般公開が始まりました。愛らしい姿で親子一緒に展示場デビューです。他にも、動物のふれあい、植物の鑑賞、野菜の収穫、手作り体験、子供遊具で楽しめます。

春の赤ちゃんザル「淡路島モンキーセンター」

春の淡路島は、赤ちゃんザルが誕生します。4月末頃から夏の7月初頃まで、淡路島南東部の海岸沿いにある淡路島モンキーセンターで、約30匹ほどの赤ちゃんザルが誕生します。

手のひらサイズで大きな目に大きな耳、産毛を生やした姿が可愛らしく人気となります。赤ちゃんザルは名前が付けらてブームになります。母親にしがみついたり、ヨチヨチ歩きしたりと魅了します。

春のサクラマス「淡路島サクラマスおすすめ16選」

春の淡路島は、淡路島サクラマスが解禁されます。淡路島サクラマスは、淡路島で3月から5月まで3カ月間限定で解禁される春の食材です。新名物グルメとして飲食店や旅館・ホテルで提供されます。

2021年は、島内39店舗が参加して合計で83種類の淡路島サクラマスを使用した料理や商品などが登場します。南あわじ市にある福良港でサクラマスの養殖が始まって6年目を迎えます。

春のハンバーガー「淡路島バーガーおすすめ15店」

春の淡路島は、ハンバーガーが美味しいです。淡路島バーガーは、淡路島の食材をふんだんに使用したご当地バーガーの総称です。地産地消にこだわり淡路島の地域限定で販売されています。

淡路島バーガーでは、全国ご当地バーガーグランプリをはじめ、全国各地で開催されるグランプリやコンテストに出場して数々の賞を獲得しています。個性的で独創的でハンバーガーが食べられます。

春の生しらす「淡路島生しらす丼おすすめ16店」

春の淡路島は、生しらすが解禁されます。淡路島生しらす丼は、春から秋にかけて4月下旬から11月末まで期間限定で提供されます。ブランド食材「淡路島の生しらす」を使用した丼です。

生しらす丼は、全国でも鎌倉や藤沢、淡路島などでしか食べられないご当地グルメです。生しらすは、サラッとした口触り、プチプチした歯応え、ツルッとしたのどごしで、透明で美しく驚きの食感です。

なお、淡路島でおすすめの観光スポットは、以下の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました