春の淡路島おすすめスポット2019

淡路島観光で春のおすすめスポットをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春のチューリップ「淡路島国営明石海峡公園」

淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く都市公園です。淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所にあります。東京ドームの約9個分の広大な敷地を誇ります。

日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合遊具や芝生広場で遊べます。淡路島の自然を満喫できます。淡路島では非日常体験へと誘う拠点となる観光施設となっています。

淡路島国営明石海峡公園では、春のイベントとして、春のカーニバル2019とチューリップアイランドパーティ2019が開催されます。

春のカーニバル2019は、3月16日(土)から5月19日(日)まで開催されます。淡路島で春の花を満喫できる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。園内で春の花のフラワーリレーが行われます。

3月上旬に見頃を迎えるミモザ、クリスマスローズ、3月中旬に見頃を迎える西洋スイセン、4月に見頃を迎えるアネモネ、ネモフィラ、リビングストンデージー、5月に見頃を迎えるシャーレーポピーなど様々な花がリレーをするように花壇に入れ替わりながら開花していきます。

チューリップアイランドパーティ2019は、4月上旬から4月下旬まで開催されます。関西最大級となる約250品種、約20万株のチューリップが日本最大級となる立体的花壇に咲き誇ります。

淡路島国営明石海峡公園 まとめ
淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合...

春のチューリップの基本情報

  • 春のカーニバル2019の開催期間:3月中旬~5月中旬
  • チューリップアイランドパーティ2019の開催期間:4月上旬~4月下旬
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • 駐車料金:普通車500円、二輪車100円
  • 最寄り駐車場:ウェスティン淡路地下駐車場(約600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

春の菜の花「あわじ花さじき」

兵庫県立あわじ花さじきは、兵庫県が設置した関西屈指の花の名所です。淡路サービスエリアから程近い場所にあります。標高200メートル以上の丘陵地に甲子園球場の約4個分の広大な花畑が広がります。

年間で約250万株もの花が四季折々に咲き誇ります。海に向かって広がる花畑の大パノラマは圧巻です。広大な花園、広大な空、広大な海と淡路島の自然が生み出す360度の絶景といえます。

兵庫県立あわじ花さじきでは、春のイベントとして、菜の花まつりとポピーまつりが開催されます。

菜の花まつりは、3月21日(木)から4月21日(日)まで開催されます。菜の花の名所として約60万本の菜の花が花畑を黄色く染め上げます。青い空と海、黄色い絨毯(ジュウタン)のコントラストが美しいです。

ポピーまつりは、4月下旬から5月下旬まで開催されます。約8万本のアイランドポピーが花畑を彩ります。赤にオレンジ、黄にピンク、白などカラフルで鮮やかです。ポップな花園となります。

あわじ花さじき 淡路島で関西屈指の花の名所
あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の名所です。広大な敷地に季節の花々が咲き誇ります。海に広がる一面の花畑は圧巻です。あわじ花さじきで、空と海と花の大パノラマが体験できます。あわじ花さじきは、淡路島が「花の島」と呼ばれ...

春の菜の花の基本情報

  • 菜の花まつりの開催期間:3月中旬~4月中旬
  • ポピーまつりの開催期間:4月下旬~5月下旬
  • 開催場所:兵庫県立あわじ花さじき
  • 開催住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話番号:0799-74-6426
  • 開園時間:9:00~17:00
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:無料(普通車170台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約10分

淡路島の梅の名所おすすめ2選

春になると淡路島では、梅が咲き始めます。おすすめの梅の名所とお花見スポットがあります。淡路島を代表する梅の名所として、南あわじ市にある村上邸の枝垂れ梅と広田梅林ふれあい公園の2つがおすすめです。

村上邸の枝垂れ梅は、樹齢60年を優に超える古樹で、高さ8メートル、幅12メートル超、幹周り2メートル弱で、淡路島の筆頭であろう荘厳な1本の枝垂れ梅です。淡路島のしだれ梅として有名です。

村上さんの個人宅に植えられている梅の木ですが、梅の開花時期だけオープンガーデンとして庭の植木を一般公開しています。現在では、自宅の本家を優に超える高さで、庭全体を梅の花で覆い尽くします。

八木のしだれ梅(村上邸)の見頃期間は、毎年2月下旬から3上旬までの20日間程度となります。開花期間は、近くにある田んぼを駐車場として無料解放しています。30台程度が駐車可能です。

淡路島 梅の名所「八木のしだれ梅」村上邸の巨大古樹
淡路島で梅のおすすめ名所は「八木のしだれ梅」です。樹齢70年になろうかという古樹で、高さ8メートル、幅12メートル超、幹周り2メートル弱で、淡路島の筆頭であろう荘厳な1本の枝垂れ梅です。村上さんの個人宅に植えられている梅ですが、梅が開花する...

広田梅林ふれあい公園は、南高や鶯宿、紅梅や枝垂れ梅など約450本の梅が植えられています。梅の開花時期に合わせて、「梅まつり」が開催されます。入場は無料です。

開花時期になると梅の木々が紅色や白色などに染まり甘い香りが漂います。開花時期に合わせて「梅まつり」が行われます。休憩施設が設けられて、地元の特産品の販売やドリンクが販売されています。

広田梅林ふれあい公園「梅まつり」の開催日時は、2月9日(土)から3月中旬までとなります。開催場所は、南あわじ市の広田梅林ふれあい公園となります。入場は無料です。

島内随一の梅の名所として認知されており、兵庫県をはじめ、他府県からも大勢の見物客で賑わいます。淡路島で花の見どころとして「あわじ花へんろ」の花の札所に指定されています。

広田梅林「梅まつり」ふれあい公園
広田梅林ふれあい公園で「梅まつり」が開催されます。南あわじ市にある広田梅林ふれあい公園では、南高や鶯宿、紅梅や枝垂れ梅など約450本の梅が見頃を迎えました。2019年は、例年より1週間から10日ほど開花が早くなりました。開花時期になると梅の...

淡路島の桜の名所おすすめ5選

春になると淡路島では、桜が咲き始めます。おすすめの桜の名所とお花見スポットがあります。淡路島を代表する桜の名所として、洲本市にある曲田山公園と洲本城、淡路市にある淡路島国営明石海峡公園と兵庫県立淡路島公園、南あわじ市にある諭鶴羽ダム公園の5つがおすすめです。

淡路島国営明石海峡公園には、約100本の河津桜(カワヅザクラ)が植えられています。3月上旬に「早咲き桜まつり」が開催されます。淡路島で一番早いお花見を楽しむことができます。

兵庫県立淡路島公園には、約900本の桜が植えられています。4月上旬に「桜まつり」が開催されます。ニジゲンノモリも併設されており、クレヨンしんちゃんの人形に囲まれながらお花見が楽しめます。

諭鶴羽ダム公園には、約800本の桜が植えられています。ダム湖の外周2キロに桜の道ができます。薄桃の桜と新緑の山、深緑の湖と自然を満喫しながら、お花見とウォーキングで春を感じることができます。

曲田山公園には、約580本の桜が植えられています。標高80メートルでお花見やハイキングが楽しめます。洲本市中心部に近く、洲本レトロこみちという歴史風情ある小路で「まち歩き」が楽しめます。

洲本城には、本丸周辺に山桜が植えられています。標高133メートルの戦国時代の水軍の山城です。石垣と桜のコラボレーションで歴史ロマンを楽しめます。本丸からは外洋から内陸まで絶景が望めます。

淡路島 桜の名所おすすめ5選 人気お花見スポット
淡路島でおすすめの桜の名所とお花見スポットをご紹介します。淡路島を代表する桜の名所として、洲本市にある曲田山公園と洲本城、淡路市にある淡路島国営明石海峡公園と兵庫県立淡路島公園、南あわじ市にある諭鶴羽ダム公園の5つがおすすめのお花見スポット...

春の新エリア「ナルト(NARUTO)ボルト(BORUTO)忍里」

ニジゲンノモリは、淡路島公園にある淡路島の自然と二次元の世界を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の広大な敷地に、日本の漫画やアニメやゲームをテーマにしたエリアがあります。

アニメ「クレヨンしんちゃん」、漫画「火の鳥」、脱出ゲーム「ゼロからの挑戦状」、絵本「こびとづかん」などをテーマにしたエリアがあります。アトラクションやショップなどで世界観を体験できます。

レストラン「モリノテラス」では、淡路島の食材を使った料理とオリジナルキャラクターのグッズを販売しています。グランシャリオ北斗七星では、星の見える宿泊施設としてグランピングを体験できます。

2019年春に、人気アニメ「NARUTO ナルト」と「BORUTO ボルト」をテーマにした新エリア「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO)」が誕生します。ナルトとボルトの世界観を体験できます。

エリア全体が「木ノ葉隠れの里」となります。ナルトやボルトなど原寸大のキャラクター人形が配置されます。忍者の修業を体験できるアスレチックや立体迷路などアトラクションが楽しめます。オリジナル商品を販売するショップ、アニメに登場したラーメン屋「一楽」をモチーフにした飲食店が設置されます。

淡路島ナルト&ボルト ニジゲンノモリ
淡路島に人気アニメ「NARUTO ナルト」と「BORUTO ボルト」の体験型テーマパーク「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO)」が誕生します。淡路島公園のアニメパーク「ニジゲンノモリ」に登場する忍里エリアで、ナルトと...

ナルト&ボルト忍里の基本情報

  • 名称:NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO)
  • オープン:2019年春(予定)
  • 場所:ニジゲンノモリ(淡路島公園)
  • 住所:〒656-2301 淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-72-3161
  • 入園料金:無料
  • アトラクション:大人3300円、中高生1800円、子供500円、4歳以下無料
  • 敷地面積:約8000平方メートル(全体で約134万8000平方メートル)
  • 最寄り駐車場:無料(F駐車場)100台
スポンサーリンク

春のフラワーショー「奇跡の星の植物館」

奇跡の星の植物館は、淡路島北東部にある淡路夢舞台の植物園です。延床面積6700平方メートルで日本最大級の温室となります。1年間に約3千種3万株の多様な植物を展示しています。

自然の美しさを目で見て、耳で聞き、鼻で匂うことで体感できる展示を施しています。人間と自然との共生するためのアドバイスとなる提案を行っています。体感して実践する植物のテーマパークです。

奇跡の星の植物館では、春のイベントとして、3月からは4月まで花見の庭2019、4月から6月まで淡路夢舞台薔薇祭2019が開催されます。

春爛漫 花見の庭2019は、3月16日(土)から4月14日(日)まで開催されます。今年は桜舞う平成最後の花見の宴をテーマとして淋派風に鮮やかで華やかな桜の庭園が登場します。

淡路夢舞台薔薇祭2019は、4月20日(土)から6月9日(日)まで開催されます。ハプスブルグ家の薔薇をテーマとして、マリア・テレジアのシェーンブルン宮殿をイメージしたバラ園が登場します。

奇跡の星の植物館 淡路島に日本最大級の温室
奇跡の星の植物館は、淡路島北東部の淡路夢舞台にある日本最大級の温室を誇る植物園です。延床面積6700平方メートルの敷地に約3千種3万株の植物を展示しています。年7回のフラワーショーが開催されています。 自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さ...

春のフラワーショーの基本情報

  • 春爛漫 花見の庭2019の開催期間:3月16日(土)~4月14日(日)
  • 淡路夢舞台薔薇祭2019の開催期間:4月20日(土)~6月9日(日)
  • 開催場所:奇跡の星の植物館
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 入場料金:大人600円、シルバー300円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路地下駐車場600台
  • 駐車料金:普通車500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分

淡路島玉ねぎイベント「イングランドの丘」

淡路ファームパーク イングランドの丘は、動物と植物と農業がドッキングした淡路島の農業公園です。甲子園球場14個分の広大な敷地が2つのエリアに分かれて無料シャトルバスで往来します。

動物では、コアラやウサギ、ヒツジなどが人気です。花畑では、ひまわりやネモフィラ、コスモスなどが咲きます。野菜の収穫体験、パン作りなど体験メニューがあります。子供遊具も人気です。

春のイベントでは、淡路島玉ねぎの収穫時期ということから、オニオンパラダイス2019とオニオンピック2019という玉葱ねぎの祭典が開催されます。ゴールデンウィークイベントもあります。

オニオンパラダイス2019は、 3月16日(土)から3月24日(日)まで開催されます。史上最大のたまねぎの祭典です。淡路島玉ねぎを見て触れて食べて楽しむ企画です。豪華ステージショーも開催されます。

オニオンピック2019は、5月中旬から5月下旬に開催されます。たまねぎのオリンピックです。玉ねぎすくい、玉ねぎ射的、玉ねぎ重さ当て、玉ねぎ詰めなど、玉ねぎにちなんだ数々の競技が登場します。

ゴールデンウィークイベントは、ゴールデンウィークGWに開催されます。毎年恒例のお客様による人気投票で動物アイドルを選ぶ動物アイドル選抜選挙と人気キャラクターショーの2本立てとなります。

淡路ファームパーク イングランドの丘 淡路島で動物と植物と農業
淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の南あわじ市にある観光施設です。動物施設と植物施設、農業施設がドッキングした農業公園(ファームパーク)です。コアラやウサギをふれあえたり、花畑で四季折々の花々を楽しめたり、野菜や果物の収穫を体験...

淡路島玉ねぎイベントの基本情報

  • オニオンパラダイス2019の開催期間:3月16日(土)~3月24日(日)
  • ゴールデンウィークGWイベント開催期間:ゴールデンウィークGW
  • オニオンピック2019の開催期間:5月中旬~5月下旬
  • 開催場所:淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 開催住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話番号:0799-43-2626
  • 開園時間:9:00~17:00(3月~11月)
  • 入園料金:大人(中学生以上)800円、小人(4歳~小学生)400円、3歳以下無料
  • 駐車料金:無料(1000台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分
  • のりもの料金:別途必要

淡路島ドライブおすすめ7選

春になると淡路島では、ドライブが人気となります。美しい海岸線を走りながら観光地を巡ります。淡路島のドライブコースとして、淡路島北東コース、淡路島北西コース、淡路島北中央コース、淡路島横断コース、淡路島南東コース、淡路島南中央コース、淡路島南西コースの7つがおすすめです。

淡路島北東コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。国道28号線に出て、淡路市から洲本市方面に東海岸の海岸線を走るルートとなります。

淡路島北西コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。県道31号線に出て、淡路市から洲本市方面に西海岸の海岸線を走るルートとなります。

淡路島北中央コースは、明石海峡大橋を渡り、淡路サービスエリアに入り、淡路インターチェンジから下ります。県道157号線に出て、中央の山岳路を走るルートとなります。

淡路島横断コースは、高速道路の津名一宮インターチェンジから下ります。県道88号線を西海岸や東海岸に淡路島を横断しながら周遊するルートとなります。

淡路島南東コースは、洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから下ります。洲本市中心部の周辺を周遊するルートとなります。

淡路島南中央コースは、西淡三原インターチェンジもしくは洲本インターチェンジから下ります。淡路島玉ねぎなど農業が盛んな三原平野を周遊するルートとなります。

淡路島南西コースは、淡路島南インターチェンジもしくは西淡三原インターチェンジから下ります。鳴門海峡に近い漁業が盛んな港周辺を周遊するルートとなります。

淡路島ドライブコースおすすめ7選
淡路島のドライブコースでおすすめの7選をご紹介します。7つのコースを組み合わせると淡路島を効率的に周遊しながら、観光スポットめぐりができます。淡路島を楽しむためにおすすめのコースです。 淡路島ドライブコースおすすめ7選 淡路島の...

春の大渦「うずしおクルーズ」

うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市南西端の福良港となる道の駅福良から出港する遊覧船です。世界三大潮流の鳴門海峡で発生する世界一のうずしお「鳴門の渦潮」をクルージングする観潮船です。

直径20メートルの渦潮を間近で体感します。淡路島で自然が作り出す壮大な現象と潮風の心地よさを感じる約1時間の遊覧船です。500名以上の大型船は冷暖房を完備しており快適に過ごせます。

うずしおクルーズでは、春の大潮といわれる観潮シーズンが到来します。3月から5月までの「春」は、年間を通じて、鳴門海峡の渦潮が最も大きくなり迫力が増す時期となります。

春は年間で最も海水温が高くなる時期となります。春は日本付近の気圧が低くなります。2つの要因から海水面が上昇して潮位が高くなります。潮の干潮の差が大きくなり、渦潮が大きくなります。

淡路島民全員無料乗船キャンペーンは、 3月2日(土)から3月16日(土)まで開催されます。地元の淡路島の方々に無料で鳴門海峡の渦潮を体験してもらい、世界遺産登録への機運を高めるイベントです。

淡路島ワンダーランド2019春は、3月21日(木祝)から4月7日(日)まで開催されます。2メートルの巨大ガラポン抽選器、5メートルの巨大トランポリン、10メートルの巨大落書きボードが登場します。

うずしおクルーズ 淡路島の観潮船
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

春の大潮の基本情報

  • 見頃期間:3月~5月
  • 開催場所:うずしおクルーズ
  • 開催住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
  • 電話番号:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人2000円、子供1000円(小学生以下は大人1人につき1人無料)
  • 営業時間:9:00~17:00(1日6便出港)渦潮の発生時刻で出港時刻が異なります。
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分
スポンサーリンク

淡路島いちご狩りおすすめ5選

1月から6月まで、淡路島でイチゴ狩りが関西で旬といわれるシーズンとなります。淡路島には、いちご農園が島内各所に点在しています。関西で人気ランキングので上位に入る農園も数カ所あります。

人気の理由は、淡路島は自然が豊かで、いちご栽培に適しており、観光に便利という3拍子が揃った「島」の環境です。淡路島は「玉ねぎの島」として不動の地位ですが、関西では隠れた「いちごの島」です。

淡路島を観光で訪れて「いちご狩り」を楽しむなら東浦イチゴファーム、淡路島フルーツ農園、淡路ファームパーク イングランドの丘、グリナリウム淡路島、山城農園の5つの農園がおすすめです。

東浦イチゴファームは、東浦インターチェンジから車で約5分とアクセスに便利です。近隣には、日本一のたこ姿焼きのせんべいが販売しています。都市公園や植物園に近くて便利です。

淡路島フルーツ農園は、淡路島で最大規模のイチゴ農園です。6種類のイチゴが食べ比べできます。周辺には、たこせんべい食べ放題の施設と日本最古の神社があります。

淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の農業公園です。コアラやウサギなどの動物、ひまわりやコスモスなどの花畑、野菜や果物の収穫、パンの手作り体験などが楽しめます。

グリナリウム淡路島は、2019年2月に誕生しました。自動環境制御したハイテクハウスとなる通称「空飛ぶいちごハウス」を備えた農家レストランです。アクセスに便利です。

山城農園は、淡路島の豊かな自然を感じられる里山にあります。昔ながらの雰囲気を感じられる農園です。淡路島らしい自然にやさしい人にやさしい、イチゴ狩りを楽しめます。

淡路島いちご狩りおすすめ農園5選
淡路島でイチゴ狩りが、関西地方で旬といわれる1月から6月までのシーズンに入ると人気です。淡路島ではイチゴ狩りができる「いちご農園」が島の各所に点在しています。また関西地方において、いちご狩りの人気ランキングの上位に名前を連ねる農園が数カ所あ...

淡路島の春祭り「淡路だんじり祭2019」

春の淡路島では、各地域で春祭りが開催されます。春祭りの目玉の一つとして布団だんじりが登場します。布団だんじりは移動式の神座で、上部に真紅の座布団を5枚重ねたような形から名付けられています。

淡路島でだんじりの始まりは江戸時代といわれており300年以上の伝統があります。各地域には見事に彫刻された狭間、豪華に刺繍された飾り水引や提灯など自慢のだんじりがあります。

淡路島で最大規模を誇る春祭りが、4月29日に開催される「淡路だんじり祭」です。淡路島南あわじ市の三原健康広場で南あわじ市の各地区で受け継がれてきた約20台「だんじり」が集結します。

なお、今年の「淡路だんじり祭2019」が中止となる見通しとなりました。

淡路だんじり祭は、三原郡旧4町が合併して南あわじ市となった翌年2006年から三原健康広場で開催されてきました。南あわじ市のだんじりが一堂に会していました。

旧4町単位の市民まつりは、実質的に南あわじ市が運営に関わる形態です。参加団体や協賛金の減少などが課題でした。祭礼団の積極的な参画意向が無かったことも要因とされています。

今後、淡路だんじり祭は観光振興を目的としたイベントに見直される方針となっています。

淡路島だんじり祭り 南あわじ市三原健康広場(4/29)
毎年4月29日に、淡路島南あわじ市にある三原健康広場で「淡路だんじり祭2018」が開催されます。淡路だんじり祭は、南あわじ市の各地区で受け継がれてきた「だんじり」が集まるお祭りです。 淡路島伝統の赤い五段重ねのふとんが特徴の「ふとんだ...

淡路だんじり祭2019の基本情報

  • 開催場所:三原健康広場
  • 開催日時:2019年は中止
  • 開催住所:〒656-0462 兵庫県南あわじ市市青木198-5
  • 入場料金:観覧無料
  • お問合せ:0799-43-5232(淡路だんじり祭実行委員会)
  • 駐車場:三原健康広場駐車場、南あわじ市役所駐車場、淡路三原高校グラウンド
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約10分

春の最新映画コラボ「クレヨンしんちゃん宝探しゲーム」

ニジゲンノモリは、淡路島公園にある淡路島の自然と二次元の世界を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の広大な敷地に、日本の漫画やアニメやゲームをテーマにしたエリアがあります。

アニメ「クレヨンしんちゃん」、漫画「火の鳥」、脱出ゲーム「ゼロからの挑戦状」、絵本「こびとづかん」などをテーマにしたエリアがあります。アトラクションやショップなどで世界観を体験できます。

レストラン「モリノテラス」では、淡路島の食材を使った料理とオリジナルキャラクターのグッズを販売しています。グランシャリオ北斗七星では、星の見える宿泊施設としてグランピングを体験できます。

ニジゲンノモリでは、春の最新映画のコラボレーションとして映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」をテーマにしたリアル宝探しゲームが登場しています。

リアル宝探しゲーム「ドッキリ!新婚旅行前日ハリケーン ~失われた航空券~」は、5月26日(日)まで開催されます。2019年4月公開の最新映画のアナザーストーリーとして開催されます。

クレヨンしんちゃんの映画の世界を楽しみながら、園内を探検して謎を解く宝探しゲームです。クリアするとクレヨンしんちゃんのオリジナル缶バッジとオリジナルシールがプレゼントされます。

クレヨンしんちゃん宝探しゲーム「新婚旅行ハリケーン」ニジゲンノモリ
ニジゲンノモリで映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」をテーマにしたリアル宝探しゲーム「ドッキリ!新婚旅行前日ハリケーン ~失われた航空券~」が開催されます。クレヨンしんちゃんの映画の世界観を楽しみながら、淡路島...

クレヨンしんちゃん宝探しゲームの基本情報

  • 開催期間:2018年12月15日(土)~2019年5月26日(日)
  • 開催時間:平日12:00~18:00(最終購入17:00)、土日祝10:00~18:00(最終購入17:00)
    ※春休み期間3月25日(月)~4月7日(日)10:00~18:00(最終購入17:00)
  • 開催場所:ニジゲンノモリ
  • 開催住所:〒656-2301 淡路市楠本2425-2
  • 電話番号:0799-64-7061
  • 所要時間:約1時間~2時間
  • 参加料金:1500円
  • 販売場所:クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク ショップ、レストラン モリノテラス

春のイベント「淡路ワールドパークONOKORO」

淡路ワールドパークONOKOROは、淡路島で唯一の遊園地です。子供には、観覧車やメリーゴーランド、コーヒーカップやゴーカートなどが人気です。芝すべりやジップラインで家族一緒に楽しめます。

大人にはシューティングレンジがおすすめです。広い庭園で世界の建築物を展示したミニチュアワールドがあります。体験教室も充実しています。レストランやショップで淡路島グルメやお土産を楽しめます。

淡路ワールドパークONOKOROでは、春のイベントとしてスーパーカーフェスティバルとゴールデンウィークGWイベントが開催されます。

スーパーカーフェスティバルは、 3月24日(日)に開催されます。フェラーリやランボルギーニなど約10台の世界の有名な高級車が展示されます。パレード行進やサラウンド大会が行われます

ゴールデンウィークGWイベントは、外国人パフォーマンスショーとキャラクターステージショーが開催されます。ジャグリングやマジックやバランス芸と、アンパンマンやプリキュアなどが登場します。

淡路ワールドパークONOKORO 淡路島の遊園地
淡路ワールドパークONOKOROは、淡路島の遊園地です。家族一緒に体を動かせるアクティビティや、小さいお子さんと楽しめる子供向けアトラクションがあります。世界の建築物の精巧なミニチュアを配した庭園を眺めながらゆっくり散策できます。年配層にも...

ゴールデンウィークイベントの基本情報

  • 開催期間:ゴールデンウィークGW
  • 開催場所:淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
  • 開催住所:〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
  • 開園時間:平日10:00~17:30(3月~9月)、土日祝9:30~17:30(3月~9月)
  • 電話番号:0799-62-1192
  • 入園料金:大人(中学生以上)1200円、子供(4歳~小学生)600円、障がい者600円
  • 駐車料金:無料(約1000台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名ICから車で約15分
  • のりもの料金:のりものにより異なります。
スポンサーリンク

春の摘み取り体験「パルシェ香りの館」

パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある香りのテーマパークです。淡路島の伝統産業であるお香や線香をPRするための施設です。アロマキャンドル、石けん、フラワーアレジメント、香水、ハーバリウムなど香りの体験が楽しめます。大農園では、四季折々の花々が咲き誇ります。摘み取り体験が開催されます。

香りの湯では、露天風呂にラベンダー、ローズマリーなどのハーブを浮かべて香りの温泉を楽しめます。この他、カフェレストランやお土産店、産直所があります。ラベンダーソフトクリームが人気です。

パルシェ香りの館では、春のイベントとして、キンセンカの摘み取り体験とカモミールの摘み取り体験が開催されます。

キンセンカの摘み取り体験は、3月下旬から4月下旬に開催されます。大農園に約4000株、約2万本の黄色やオレンジ色のキンセンカが色鮮やかに咲きます。淡路島は日本三大産地の一つです。

カモミールの摘み取り体験は、4月下旬から5月下旬に開催されます。大農園に約5000株のカモミールが咲きます。周辺には、リンゴのような甘酸っぱいフルーティーな香りが漂います。

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...

花の摘み取り体験の基本情報

  • キンセンカの摘み取り体験の開催期間:3月下旬~4月下旬
  • カモミールの摘み取り体験の開会期間:4月下旬~5月下旬
  • 開催場所:パルシェ香りの館の大農園
  • 体験料金:無料(キンセンカ)、100円(カモミール)
  • 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:9:00~17:00(受付終了16:00)
  • 入場料金:無料
  • 定休日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

春の赤ちゃんザル「淡路島モンキーセンター」

淡路島モンキーセンターは、約300匹前後の野生のサルと自然のかたちで見学をしたり、エサやりをしたり、ふれあいを楽しむ施設です。淡路島南東部の海岸沿いにあります。

淡路島のサルたちは、少し小柄で性格が穏やかで仲が良いことで人気です。毎日、朝9時頃から夕5時頃にまで滞在します。なお、9月~11月はシーズンオフです。

春の4月末頃から夏の7月初頃まで、約30匹ほどの赤ちゃんザルが誕生します。手のひらほどのサイズでとても可愛らしく人気となります。赤ちゃんザルは一匹一匹に名前が付けらてブームになります。

人もサルも全ての視線が可愛い赤ちゃんザルに集まる時期です。暑くなる夏には、親ザルに抱かれた「チビザル」を見ることができます。手のひらサイズでママさんザルの腕にすっぽり納まります。

生まれて間もない赤ちゃんサルは、母親にしがみついたり、ヨチヨチ歩きをはじめたりと愛らしい姿で人々を魅了します。大きな目玉に大きな耳、ふさふさの産毛を生やした姿て見つめられると笑顔になります。

淡路島モンキーセンター ニホンザル約300匹とふれあう施設
淡路島モンキーセンターは、約300匹の野生のニホンザルを見学したり、オリに入って直接手渡しでエサやりしたり、サルとふれあれる施設です。淡路島の洲本市の南東の海岸沿いにあります。人間と野生のサルが良好な関係を築いて、人間と野生のサルが楽しくふ...

赤ちゃんザル誕生の基本情報

  • 住所:〒656-2533 兵庫県洲本市畑田組289
  • 電話:0799-29-0112
  • 営業時間:9:30頃~17:00頃(サル(猿)が山から来て山に帰るまで)
  • お食事処:10:00~17:00
  • 定休日:木曜日(祝日年末年始営業)
  • ※なお、9月~11月はサル(猿)が来ないので見学できず、ほぼ休園となります。
  • 入園料:大人(中学生以上)700円、小人(4歳以上)350円
  • ホームページ:淡路島モンキーセンター
  • サルのエサ:200円
  • 駐車場:40台(無料)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約40分

淡路島生しらす丼おすすめ6店

4月下旬から11月下旬まで、淡路島で生しらす丼が提供されます。生しらす丼は全国でも数カ所しか食べることができない貴重なグルメです。春から秋にかけて淡路島のご当地グルメとして人気です。

淡路島生しらす丼を提供する店舗から、人気で行列が並ぶグルメ店をおすすめ6店を厳選します。

道の駅あわじにある「海千館」の生しらす丼は、毎年10万食を数えるほどの人気メニューです。少々並びますが回転が早く屋外のオープン席でも明石海峡大橋を眺めながら美味しくいただけます。

お食事処 渡舟は、お昼になると行列が跡を絶たない人気店です。生しらすたっぷり丼は、生しらすが大盛りで登場して生しらす本来の味を堪能できます。淡路ICもしくは東浦ICから近くて便利です。

浜ちどりの島の生しらす丼は、生しらすとさくら卵、金ゴマのコラボレーションが見事です。自家製醤油との相性も抜群です。淡路島の北端にある岩屋港のボートビルの2階にあります。

源平の海鮮生しらす丼は、淡路島の生しらすと明石海峡の鯛が競演しています。岩屋漁港で獲れる地産地消にこだわった夢の丼ぶりです。明石港から高速船に乗って訪れるリピーターも数多くいます。

新島水産は、生しらすに、卵と青ネギと海苔という組み合わせが楽しめる丼です。海産物卸会社が直営する店舗ということで磯焼きも大変人気があります。新鮮な海鮮の料理店としておすすめです。

ウェスティンホテル淡路にある日本料理あわみは、淡路島の生しらす海鮮丼です。さっぱりした生しらすと淡路島の鯛やタコといった魚介類と淡路島玉ねぎの組み合わせが抜群で上品な味わいです。

淡路島生しらす丼おすすめ6店
淡路島生しらす丼でおすすめの6店をご紹介します。淡路島生しらす丼は、春から秋にかけて旬のご当地グルメとしておすすめです。淡路島の多くのお店から人気で行列が並ぶグルメ店をおすすめとして厳選します。 透明で美しい生しらすは、サラッとした口...

淡路島観光おすすめスポットまとめ

淡路島は、兵庫県にある瀬戸内海で最大の島で観光地として人気の観光地です。古いの歴史と豊かな自然と美味しいグルメがおすすめです。世界一の明石海峡大橋と世界一の鳴門海峡の渦潮の絶景を眺められます。

ご当地グルメとして、淡路島バーガーと淡路島牛丼、淡路島生しらす丼が人気です。花の名所として、淡路島国営明石海峡公園とあわじ花さじきが人気です。遊びとしてイングランドの丘やONOKOROが人気です。

日本最古の神社である伊弉諾神宮と日本三大鳥居のおのころ島神社があります。最近は、キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」、クレヨンしんちゃんアスレチック「アドベンチャーパーク」が注目です。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光でおすすめスポットをまとめました。淡路島は、美しい自然と美味しいグルメに恵まれた人気の観光スポットです。淡路島では、絶景を眺められます。動物にふれあえます。アクティビティで遊べます。温泉にリフレッシュできます。海や山の食材が豊富...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
淡路島観光
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!