ネモフィラが見頃 イングランドの丘

自然・体験

ネモフィラが見頃となります。淡路島にある農業のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」で、大花畑に10万本のネモフィラが植えられています。4月下旬に満開を迎えます。

ネモフィラの花畑には、爽やかなブルーに白の10万本が咲き誇ります。大花畑には中央に遊歩道や見晴台があります。一面が青一色のネモフィラに囲まれます。フォトスポットとなります。

ネモフィラの見頃期間は、2021年4月中旬から5月上旬までとなります。家族や友達、カップルで思い出の記念写真を撮影できます。インスタフォトコンテストも開催されます。

なお、2021年4月25日(日)から5月11日(火)まで臨時休業となります。

ネモフィラが見頃 イングランドの丘

ネモフィラ10万本が見頃

2021年4月中旬から5月上旬まで、兵庫県南あわじ市の淡路ファームパーク イングランドの丘にある大花畑で10万本のネモフィラが見頃を迎えます。4月末に満開となります。

今年は大変暖かいために3月末にはネモフィラが咲き始めました4月10日前後には綺麗に咲きました。ネモフィラは、鮮やかなブルーの可愛らしい花です。ベイビーブルーアイスと呼ばれています。

群生すると青一色のジュウタンのように見えます。花畑一面を青色の絨毯となって染め上げます。

青色に染められたネモフィラ畑をよく見ると白色のネモフィラを見つけることもできます。都市伝説として白のネモフィラを見つけると幸運になれるといわれています。

花畑の入口には見晴台があります。見晴台に上がると広々とした10万本のネモフィラ畑を一望することができます。色とりどりに咲き誇る大花畑全体をフレームに収めた写真撮影ができます。

花畑の中央に遊歩道があります。10万本のネモフィラ畑の真ん中を歩くことができます。ピンクや赤や白などカラフルに咲き誇るネモフィラに囲まれながら記念の写真を撮ることができます。

なお、淡路島のネモフィラでは、引き続いて都市公園「淡路島国営明石海峡公園」で、4月下旬から5月中旬まで、ポプラの丘と大地の虹で約9万本のネモフィラが見頃を迎えます。

家族や友達、カップルで思い出の記念写真を撮影することができます。また、ネモフィラ畑ではインスタフォトコンテストが開催されます。

なお、10万本のネモフィラが咲いている大農園はイングランドエリアにあります。入場ゲートがあるグリーンヒルエリアから無料シャトルバスに乗車して約2分です。徒歩で約15分です。

イングランドエリアの入口から大農園までは徒歩で約5分となります。

なお、イングランドエリアでは、3月5日(金)から赤ちゃんヒツジの一般公開を開催しています。誕生約1カ月のメス「しずく」がお披露目されています。成長して愛らしい姿です。

3月20日(土祝)から5月30日(日)までリアル謎解きゲーム「はじまりの島」が開催しています。ゲームの世界観をリアルに冒険します。「序章」と「第二章」が登場します。

グリーンヒルエリアでは、史上最高齢コアラでギネス世界記録に認定されたコアラ「みどり」が見学できます。3月14日に認定証が交付されました。24歳のメスで人間の110歳以上に相当します。

インスタフォトコンテスト

2021年4月1日から5月16日まで、「ネモフィラインスタフォトコンテスト」が開催されます。

開催場所は、約2200平方メートルの大農園のネモフィラ畑です。合計で約10万本のネモフィラが植えられています。鮮やかな青色で満開のネモフィラ畑を楽しめます。

なお、写真スポットはネモフィラ畑の遊歩道「ネモフィラロード」、ネモフィラ畑を見渡せる「展望台」、カップルや家族におすすめの「ネモフィラベンチ」などがあります。

参加方法は、公式アカウントをフォローして、ハッシュタグ「#イングランドの丘」と「#ネモフィラフォトコン」を付けて、イングランドの丘の「ネモフィラ」の写真を投稿するだけとなります。

賞品は、優秀賞3名様にお土産付け合わせです。当選発表はダイレクトメールでの連絡となります。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2021年4月上旬~5月上旬
  • 見頃場所:イングランドエリア 大花畑
  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話:0799-43-2626
  • 公式ホームページ:https://www.england-hill.com/
  • 開園時間:平日9:30~17:00、土日祝9:30~17:30(4月~9月)
  • 入園料金:大人1000円、子供(中学生以下)200円、3歳以下無料
  • 駐車場:約1000台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました