ネモフィラが見頃 淡路島国営明石海峡公園で約2万3000株

自然・体験

ネモフィラが見頃となります。淡路島の都市公園「淡路島国営明石海峡公園」のポプラの丘と大地の虹で約2万3000株のネモフィラが植えられています。可愛さからベイビーブルーアイスと呼ばれます。

日本最大級の立体花壇は、ネモフィラブルーの満開とポプラの新緑により美しい青の世界となります。

ネモフィラの見頃時期は、2021年4月下旬から5月中旬までとなります。「ブルーアイランドパーティ」と題して、ゴールデンウィークを中心に楽しいイベントが開催されます。

なお、緊急事態宣言で公園は入園できますがイベントなどは自粛です。園内で飲食もできません。

ネモフィラ 淡路島国営明石海峡公園

ネモフィラが見頃 約2万3000株

2021年4月下旬から5月中旬で、淡路島国営明石海峡公園にあるポプラの丘と大地の虹で、水色と白色のネモフィラ約2万3000株が見頃となります。日本最大級の立体的花壇を青色に染め上げます。

関西最大級のカラフルなチューリップが美しい「チューリップアイランドパーティ」から、ネモフィラブルーの世界とポプラの新緑が美しい「ブルーアイランドパーティ」への変貌します。

ポプラの丘と大地の虹(南)では、水色のインシグニスブルー ネモフィラ、白色に紫色の模様が入ったネモフィラ マクラタのほか、赤色や紫色などカラフルなアネモネがご覧いただけます。

自然豊かな淡路島で、青い海と青い空を青いネモフィラが繋ぎます。青い世界を体験できます。

5月上旬からは、ネモフィラの花畑の隙間から高く伸びたヤグルマギクを中心に、赤色やピンク色のダイアンサス、サポナリアなどのナデシコ科のお花など、様々なお花が開花してきます。

なお、淡路島のネモフィラでは、一足早く農業のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」で、4月中旬から5月上旬まで、大花畑で約10万本のネモフィラが見頃を迎えます。

ネモフィラは、ギリシア語で「小さな森を愛する」を意味します。ネモス(森)とフィレオ(愛する)を組み合わせて誕生した名前です。原種が森の日だまりに多く自生することに由来しています。

北米原産でハゼリソウ科の一年草です。群生すると青一色のジュウタンのようになります。花言葉は、可憐・清々しい心などがあります。ネモフィラの代表的な品種は、インシグニスブルーです。

英語名が青い花の真ん中が白い花という見た目から「ベイビー ブルー アイズ(赤ちゃんの青い瞳)」、日本語名が瑠璃唐草(るりからくさ)と呼ばれています。

なお、3月20日(土祝)から5月30日(日)まで「春のカーニバル」が開催しています。春の花々が開花するフラワーリレーに合わせて週末の土日祝を中心に様々なイベントが企画されます。

4月13日(水)から5月16日(日)まで、陽だまりの丘で、リビングストンデージー約1万5000株が見頃を迎えます。キクのような花びらが宝石箱のように光輝いて美しい花絨毯となります。

ポプラの丘では、矢車型のユニークなお花のヤグルマギク、大きな三つ葉で赤のお花のクリムゾンクローバーが見頃です。大地の虹(南)では、小さな黄色の花のモッコウバラ(木香薔薇)が見頃です。

芝生広場の藤棚では、長く伸びたお花からは良い香りが広がる藤が見頃です。花の丘道と移ろいの庭で、カラフルでキラキラの花びらを持つラナンキュラスが見頃です。

花の谷から陽だまりの丘、花の丘道では、カラフルで鮮やかなツツジ(ヒラドツツジ、クルメツツジ、キリシマツツジなど)が見頃です。水の棚田では、紫色の小さなお花のシラン(紫蘭)が見頃です。

花の丘道では、カラフルなオステオスペルマム、小さな手毬型のお花が枝垂れてたくさん咲がせるコデマリ(小手毬)、花火のようなお花のハクサンボク(白山木)などが見頃です。

花の谷では、甘いバナナのような香りが広がるカラタネオガタマ(唐種招霊)、赤やピンク、白色など筒型のお花のタニウツギ、アジサイに似た手毬みたいなお花のオオデマリ(大手毬)などが見頃です。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2021年4月下旬~5月中旬
  • 見頃場所:淡路島国営明石海峡公園 ポプラの丘
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 開園時間:9:30~18:00
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 駐車場:淡路夢舞台地下駐車場(500台)、淡路口駐車場(240台)
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円(レストランとショップの利用で無料券配布)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました