明石海峡公園 リビングストンデージー約1万5000株が見頃

淡路島国営明石海峡公園では、陽だまりの丘にてリビングステージー約1万5000株が見頃を迎えています。リビングステージーは、キクのような花びらを持ち、全体的に光沢を持っています。赤色、黄色、白色、紫色、ピンク色、オレンジ色などカラフルで色とりどりのお花が、陽の光を浴びるとキラキラ光り、まるでたくさんの宝石を集めたようなおとぎの世界を目の当たりにできます。5月上旬頃までご覧いただけます。この他、水色と白色のインシグニスブルー ネモフィラ、白色に紫色の模様が入ったネモフィラ・マクラタ、赤色や紫色のアネモネなど様々なお花が見頃を迎えています。カラフルでキラキラの花びらを持つラックスシリーズ ラナンキュラス、ピンク色の小花がぎっしりのタイム・ロンギカリウス、ピンク色と白色の花のカーペットが美しいシバザクラ(芝桜)、赤色や紫色、ピンク色と鮮やかなたくさんの種類のツツジ(ヒラドツツジ・クルメツツジ・キリシマツツジなど)、アジサイに似た手毬みたいなお花を持つオオデマリ(大手毬)、小さな黄色のかわいいお花を持つモッコウバラ(木香薔薇)、紫色の小さなランの仲間のシラン(紫蘭)などのお花も見頃です。

淡路島国営明石海峡公園では、3月17日(土)から5月20日(日)まで春のフラワーリレーに合わせて「春のカーニバル」が開催されています。自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。4月後半、アネモネ、ネモフィラ、リビングストンデージー、ムスカリ、シャーレーポピーなど色とりどりの花がリレーをするように順に見頃を迎えて入れ替わりながら開花していきます。鮮やかな花、澄み切った空、広がる海を背景に、インスタ映えする撮影場所がいっぱいです。園内のあちこちに咲き誇る花々を散策しながら観賞して「春の彩り」を満喫できます。また、300円で1日乗り放題の夢ハッチ号で公園を周遊したり、400円のスワンボートで池を散策しながら花を楽しんだりできます。

リビングストンデージー約1万5000株が見頃

陽だまりの丘で、キラキラ光るカラフルな花びらが特徴のリビングストンデージー約1万5000株が見頃になっています。リビングストンデージーは陽の光を浴びて花を開く性質があるため、早朝や夕方、曇りの日や雨の日には花を開くのがが少なくなります。晴れの日の昼間がおすすめです。5月上旬まで見頃は続きそうです。

リビングストーンデージーは南アフリカ原産の一年草です。イギリスの宣教師リビングストンさんが発見しました。キクに似ていることからデージーと名付けられました。多肉質の茎は短く地面を這うように分枝しながら伸びて花弁が密につき、カラフルな花を咲かせます。花は光沢があるのが特徴で、群生すると色鮮やかなジュウタンのようになります。花が開くのは日光が降り注いぐときだけです。花の色は、赤色、黄色、紫色、白色、オレンジ色、ピンク色などたくさんあります。葉や茎には結晶体が付いており陽の光を浴びるとキラキラと輝きます。陽だまりの宝石箱をひっくり返したような風景をお楽しみいただけます。

花の見頃情報

ポプラの丘や大地の虹(南)では、水色と白色のインシグニスブルー ネモフィラ、白色に紫色の模様が入ったネモフィラ・マクラタ、赤色や紫色のアネモネが見頃です。5月からはネモフィラの隙間から高く伸びたヤグルマギクを中心に、赤色やピンク色のダイアンサス、サポナリアなどのナデシコ科のお花をはじめ、様々なお花が開花してきます。移ろいの庭では、カラフルでキラキラの花びらを持つラックスシリーズ ラナンキュラス、ピンク色の小花がぎっしりのタイム・ロンギカリウスが見頃です。花の谷では、ピンク色と白色の花のカーペットが美しいシバザクラ(芝桜)、赤色や紫色、ピンク色と鮮やかなたくさんの種類のツツジ(ヒラドツツジ・クルメツツジ・キリシマツツジなど)、アジサイに似た手毬みたいなお花を持つオオデマリ(大手毬)が見頃です。大地の虹(南)フェンス沿いには、小さな黄色のかわいいお花を持つモッコウバラ(木香薔薇)が見頃です。水の棚田では紫色の小さなランの仲間のシラン(紫蘭)が見頃です。

明石海峡公園のイベント情報

春のカーニバル

  • 開催期間:3月17日(土)~5月20日(日)
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車料金:500円(普通車600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

お絵かき風船

ハート型や丸型の風船に、好きな絵を描いて自分だけの風船を作ります。

ダンボールクラフト

ダンボールを切り抜いて、好きな色を塗って兜や動物などを組み立てます。

ダンボール迷路

小学生以下を対象に、屋内遊具としてビジター棟に巨大なダンボール迷路が登場します。

ふわふわ遊具

小学生以下を対象に、屋外遊具として芝生広場に巨大なふわふわ遊具が登場します。

フラワーガイドツアー

公園ボランティアの「海峡フレンズ」と一緒に園内のみどころを周ります。

清水美重子先生とゆく春の花めぐりツアー

緑花文化士である清水美重子先生と一緒に春の公園を花をめぐりながら歩きます。

多肉植物の寄せ植え体験

東浦口ゲートで、貝殻など好きな入れ物を選んで多肉植物を寄せ植えします。

めざせオリンピック!ミズノ流キッズスポーツ塾

逆上がりの克服や遊び運動プログラムのヘキサスロンに挑戦します。

およげ!こいのぼり

4カ所の入場ゲート周辺で大小様々なこいのぼりが空を泳きます。

キッズ花のファッションショー

生花などを使ってフラワードレスを作ってファッションショーでお披露目します。

吹き戻し つくってピー

淡路島の名産品のおもちゃ「吹き戻し」を作ります。吹き戻しは、息を吹き込むとピーと音と立てて、紙筒が伸びて、止めると先からクルクルと戻るおもちゃです。

展示コーナー

4月に全通20周年を迎える神戸淡路鳴門自動車道の記念パネルを展示しています。

園芸福祉作品展

公園ボランティア「海峡フレンズ」の活動で作成した作品が展示されています。

明石海峡公園の概要

2000年に開催された「淡路花博ジャパンフローラ2000」の会場になった国際的でリゾート感溢れる海辺の園遊空間をコンセプトに造られた公園です。テーマは「自然と人との共生、人と人との交流」です。明石海峡大橋を都市生活の日常から抜け出すゲートウェイとして、淡路島で非日常の体験へと誘う拠点となる観光施設です。甲子園球場の約10倍もある広大な敷地を利用した四季折々の草花が楽しめる花の公園です。春のスイセンやチューリップ、夏のヒマワリ、秋のコスモス、冬はクリスマスローズなど、一年中とぎれることなく草花や木々が楽しめます。なお、駐車場は、淡路口駐車場、海岸南駐車場、ウェスティンホテル淡路地下駐車場と3カ所あります。イベント会場や大型遊具や芝生広場などを利用する場合は淡路口駐車場、季節の花々が咲くお花畑やスワンボートやレストラン花屋敷などを利用する場合はウェスティンホテル淡路地下駐車場が便利です。

明石海峡公園の施設詳細

関西最大級の大型複合遊具「夢っこランド」

風・花・水をテーマにした長さ130m高さ14m幅40mの関西最大級の大型遊具です。すべり台、ブランコ、ターザン滑車など150の遊具が備えられています。

ユニバーサルデザインの大型遊具「子供の森」

ユニバーサルデザインを取り入れた大型遊具です。迷路のような大きなジャングルジムやすべり台など、子どもたちの冒険心をくすぐる遊具がいっぱいあります。

じゃぶじゃぶ池

夢っこランドの隣にある水遊び場です。春から秋にかけてオープンします。暑い夏、水をかけあいっこしたり、水につかったり、じゃぶじゃぶ遊ぶことができます。

芝生広場

4.3ヘクタールもある広大な芝生の広場です。かけっこやボール遊び、ペットの運動にもピッタリです。お弁当を食べたり、お昼寝したり、ゆっくり時間が過ごせます。

夢ハッチ号

東浦口ゲートと淡路口ゲートを結び園内を走るトラムカーです。

  • 乗車料金:300円(12~2月運休)障がい者と3歳以下は無料

スワンボート

公園にある中海と水路をボートに乗って散策できます。花の咲く季節には大地の虹やポプラの丘の大花壇の花々に囲まれて楽しいです。

  • 乗船料金(30分):大人400円、小中学生200円、小学生未満無料
  • ※超過15分毎大人200円、小中学生100円

レストラン花屋敷

東浦口ゲート近くにあるレストランです。釜揚げしらす丼、淡路牛焼肉丼、淡路島玉ねぎまるごとカレーなど淡路島のご当地グルメが味わえます。

  • おすすめメニュー
  • 釜揚げしらす丼:700円
  • 淡路牛焼肉丼:1200円
  • 淡路島玉ねぎまるごとカレー:880円

関連記事