鳴門海峡の渦潮「春の大潮」うずしおクルーズ 淡路島

世界一の渦潮と称される鳴門海峡で発生する鳴門の渦潮は、3月から5月までが旬となる「春の大潮」シーズンとなります。世界でも稀有な自然現象である世界一の渦潮ですが、年間を通じて最も渦が大きくなり迫力が増す時期が「春」といわれています。

春は年間で最も海水温が高くなる時期で、海水が膨張して潮位が高くなります。その上、他の季節と比べて日本付近の気圧が低くなり、海水面が上昇して潮位が高くなります。そのために潮の干潮の差が一段と大きくなります。その結果、潮の流れが一段と速くなり、発生する「うずしお」も一段と大きくなります。

さらに春のうちでも、月に2度、満月と新月の約3日間が「大潮」の時期に重なると、地球と太陽と月が一直線に並び、太陽と月の引力が重複することで海水面を引く張力がさらに強まり、ど迫力の渦潮が発生します。春の大潮の際に、うずしおクルーズに乗船すると、渦潮を「見る」というより「体感する」のほうが的を得ている表現かもしれないくらいの超ど迫力の渦潮を体験することになります。

「春の大潮」と呼ばれる期間は大迫力の自然現象が生じる確率が最も高くなり、「春の大潮」は「うずしおの旬」といわれています。この時期に、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」の渦が満開となり一番の見頃になるのです。春の淡路島の観光の楽しみ方の一つとして、うずしおクルーズに乗船しての渦潮観潮は、「花見」ならぬ「渦見」といわれています。大型の観潮船うずしおクルーズは、鳴門海峡で発生する世界一の渦潮に間近まで接近して迫力満点で見られるクルージングを体験できることで人気があります。

「春の大潮」の発生時期と見頃期間

渦開きで「春の大潮」がスタート

3月3日(土)に鳴門海峡にて、春の観光シーズンの幕開けを告げる「渦開き」が開催されました。徳島県鳴門市でオープニングセレモニーが行われました。午前11時半から、観光客と関係者の約80人を乗せた観潮船が、徳島県鳴門市を出港して、大鳴門橋の真下付近の鳴門の渦潮の絶景スポットに到着すると、「鳴門うずしお大使」と「クイーン淡路」が、渦の扉を開くという意味を込めて、長さ約1・5メートルの黄金色の鍵を海に投げ入れました。そして、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」の世界遺産登録を目指す徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市などの関係者で観光客の来訪や航海の安全を祈願する神事が行われました。

また、春の観光シーズンに入ったということで大型キャンペーンが開催されました。2月14日(水)から3月12日(月)までは、淡路島に住む全員を対象として、淡路島民全員うずしおクルーズ乗船無料キャンペーンを開催されていました。3月17日(土)から4月8日(日)までの春休み期間には、全世界の小学生以下の子供たちを対象として、うずしおクルーズに無料で招待するキャンペーンが開催されていました。さらに、キッズ向けイベントとして「淡路島ワンダーランド2018春」を開催されていました。渦潮の旬である春の大潮は3月から5月です。

春の大潮は新月と満月

潮の干満は、太陽や月の引力などによって引き起こされます。太陽と月の引力で生じる海面の昇降現象である潮汐(ちょうせき)が関係しています。引力が強くなると海面が強く引き上げて潮位が増します。その結果、潮の干満差が大きくなり、大きな渦が発生します。つまり、渦潮の大きさは潮位の高さに比例しています。

春は年間で最も海水温が高くなる時期で、海水が膨張して潮位が高くなります。その上、他の季節と比べて日本付近の気圧が低くなり、海水面が上昇して潮位が高くなります。さらに春のうちでも、月に2度、満月と新月の約3日間が「大潮」の時期に重なると、地球と太陽と月が一直線に並び、太陽と月の引力が重複することで海水面を引く張力がさらに強まり、ど迫力の渦潮が発生します。春の大潮の際に、うずしおクルーズに乗船すると、渦潮を「見る」というより「体感する」のほうが的を得ている表現かもしれないくらいの超ど迫力の渦潮を体験することになります。

春の大潮の発生時期

  • 3月1日(木)~3月4日(日)
  • 3月16日(金)~3月18日(日)
  • 3月30日(金)~4月2日(月)
  • 4月14日(土)~4月17日(火)
  • 4月29日(日)~5月2日(水)
  • 5月14日(月)~5月16日(水)
  • 5月28日(月)~5月31日(木)

春の大潮の見頃期間

  • 3月1日(木)~3月7日(水)
  • 3月15日(木)~3月23日(金)
  • 3月29日(木)~4月5日(木)
  • 4月13日(金)~4月20日(金)
  • 4月26日(木)~5月4日(金)
  • 5月12日(土)~5月20日(日)
  • 5月25日(金)~6月2日(土)

※なお、出港時刻はうずしおの発生時刻に合わせるため日によって異なります。うずしおクルーズの出港時刻表でご確認ください。

春の大渦をうずしおクルーズで体験

うずしおクルーズでは、春の大渦を大迫力で体験することができます。うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市にある道の駅福良から出港する観潮船です。

世界三大潮流に数えられる鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大の大きさを誇る「うずしお」の間近まで迫ります。

うずしおクルーズ 観潮船で鳴門海峡の世界一の渦潮を体験するクルージング
うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市の道の駅福良から出港している観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験する約1時間のクルージングを楽しむことができます。500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船で、世界最大...

春の大渦をうずしおクルーズで体験の詳細情報

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人2000円、子供(小学生)1000円
  • HP:うずしおクルーズ
  • 駐車料金:無料(普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約30分、陸の港西淡ICから車で約15分

乗船の注意事項

  • 出航の30分前までに乗船手続きをお済ませください。
  • 天候の変化により急遽出航を中止する場合があります。
  • 機関点検のために出航船舶が変更となる場合がございます。
  • 小型のペットは同伴可能ですが乗船はケージ利用に限ります。
  • 臨時便は、常時運航しておりません。
  • 15名以上の団体は電話受付を行っています。
  • 電話:0799-52-0054(受付時間9:00~17:00年中無休)

チケット販売窓口

道の駅福良の本館「うずしおドームなないろ館」の1階にあります。チケット販売窓口は乗船手続きで混み合う場合があります。平日は30分前までに、休日は40分~50分前までに、チケット窓口で乗船手続きをすることをおすすめします。

乗船のりば

道の駅福良 うずしおクルーズの乗船のりばは、道の駅福良の本館「うずしおドームなないろ館」の奥にあります。チケット販売窓口から入場して建物奥に進みます。うずしおクルーズが停泊しています。

春の大渦のアクセス

自動車の場合

春の大渦を体験できる「うずしおクルーズ」は、淡路島南淡路市にある道の駅福良から出港しています。道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にもたくさん駐車場があり、全て無料となっています。まず、道の駅福良の本館前の駐車場に向かってください。係員が順番に駐車場を案内してくれます。

神戸方面から

神戸淡路鳴門道の西淡三原ICから約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

徳島方面から

神戸淡路鳴門道の淡路島南ICから約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

高速バスの場合

高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから道の駅福良うずしおクルーズは徒歩3分となります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

鳴門海峡の渦潮の魅力と楽しみ方 年間100万人が観光

兵庫県の淡路島と四国の徳島県の間にある鳴門海峡は世界三大海峡の一つに数えられるほど潮流が激しいことで有名です。鳴門海峡で発生する渦潮は世界一の大きさを誇ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた世界最大の渦潮は、現在では年間100万人以上が訪れる人気の観光スポットとなっています。

世界三大海峡の一つとなる鳴門海峡で発生する世界最大の渦潮の楽しむ方法として、淡路島の兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市において、3つの楽しみ法があります。

鳴門海峡の渦潮の魅力と楽しみ方 年間100万人が訪れる観光スポット
兵庫県の淡路島と四国の徳島県の間にある鳴門海峡は世界三大海峡の一つに数えられるほど潮流が激しいことで有名です。鳴門海峡で発生する渦潮は世界一の大きさを誇ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた世界最大の渦潮は、現在では年間100万人以...

鳴門海峡の渦潮が世界一の理由と発生するメカニズム

鳴門海峡で発生する渦潮が世界一となっている理由は、鳴門海峡が世界三大潮流の一つに数えられるほど潮の流れが急激であること、鳴門海峡がV字型で急激に深く落ち込んでいることに関係があります。

鳴門海峡で渦潮が発生するメカニズムは、太平洋から瀬戸内海に流入する2つの海流が合流する時間差と、満潮と干潮による海流が合流して生じる水位差、早い海流と遅い海流の速度差に関係があります。

鳴門海峡の渦潮 世界一の理由と発生するメカニズム
淡路島と徳島県の間にある鳴門海峡では、世界一の大きさを誇る渦潮(うずしお)が発生します。「鳴門の渦潮」として日本でも有名で人気の観光スポットです。なぜ鳴門海峡で発生する渦潮(うずしお)は世界一の大きさとなっているのかという理由と、どのように...

鳴門海峡の渦潮 世界遺産登録の推進活動

「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への登録を目指す活動が進められています。淡路島、南あわじ市、鳴門市、兵庫県、徳島県とそれぞれの地域で運動を盛り上げるための活動と、自然遺産に登録されるために必要となる学術的な価値を証明するための調査が行われています。

世界遺産への登録を目指す調査は、兵庫県と徳島県の関係団体などでつくる世界遺産登録推進協議会が自然遺産と文化遺産を視野に行う予定です。徳島県が文化面を担当して、兵庫県が自然面を担当します。2017年度から2019年度までの3年間で渦潮を科学的な調査が行われます。

鳴門海峡の渦潮 世界遺産登録の推進活動 淡路島
「鳴門海峡の渦潮」の世界遺産への登録を目指す活動が進められています。淡路島、南あわじ市、鳴門市、兵庫県、徳島県とそれぞれの地域で運動を盛り上げるための活動と、自然遺産に登録されるために必要となる学術的な価値を証明するための調査が行われていま...
error:Content is protected !!