サンセットクルーズ 明石海峡大橋クルーズ

自然・体験

サンセットクルーズが開催されます。明石海峡大橋クルーズで、淡路島北部を巡るクルージングを楽しみながら、水平線や島々の間に沈んでいく瀬戸内海のサンセットの絶景が眺められます。

サンセットクルーズの見どころは、日本の夕陽百選に選ばれたサンセット、明石海峡大橋のライトアップ、演奏家たちの船上コンサートとなります。岩屋港から出港する75分間のクルージングです。

サンセットクルーズの開催日程は、2021年10月30日(土)、11月13日(土)、11月20日(土)の3日間限定です。集合16時から、出港16時30分、帰港17時45分となります。

サンセット 明石海峡大橋クルーズ

サンセットクルーズ

2021年9月13日(月)から11月30日(火)まで、兵庫県淡路市の岩屋港から出港する遊覧船「明石海峡大橋クルーズ」で、兵庫県民割引キャンペーンが開催されます。

サンセットクルーズは、淡路島北端の岩屋港から出港して、世界一の吊り橋「明石海峡大橋」をくぐり、西海岸を巡りながら水平線や島々に沈む瀬戸内海のサンセットの絶景を眺めるクルージングです。

見どころは、日本の夕陽百選の選ばれた淡路島西海岸の夕景・ギネス記録に認定された世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」のライトアップ・プロの演奏家たちによる船上コンサートの3つとなります。

日本の夕陽百選の選ばれた淡路島西海岸の夕景は、NPO法人日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会が選定する「日本の夕陽百選」に選ばれた絶景が眺められます。非日常体験としておすすめで特別です。

夕陽は、瀬戸内海の水平線や島々の間に沈んでいきます。日没するまでの約30分間は、ハッピーアワーと称されています・黄色・オレンジ・赤色と海を染め上げます。感動的な美しい景色です。

ギネス記録に認定された世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」のライトアップは、明石海峡大橋のライトアップを船上から堪能できます。全長3911メートルの大迫力の橋の下をくぐって進みます。

スリルと興奮を味わえます。真下から見上げる貴重な時間を楽しめます。クルージングならではの醍醐味となります。乗船中17時にレインボーカラーに変わります。七色の橋が眺められます。

また、10月30日(土)のライトアップはピンク色となります。がん患者とご家族を支援するチャリティ活動「リレーフォーライフジャパン神戸」のイメージカラーに類似したピンク色に点灯します。

プロの演奏家たちによる船上コンサートは、音楽を通じて地方創生を目指すパソナのプロジェクト「音楽島」の若手の演奏家たちが出演します。ボサノバやジャズなどの生演奏のライブとなります。

日頃から青海波、のじまスコーラ、オーシャンテラス、ハローキティスマイル、ハローキティボックスなどの施設に出演中です。播磨灘に沈む夕陽とともに素晴らしい生演奏のライブを堪能できます。

乗船中は、船上ガイドが乗船者をおもてなしします。淡路島の景観や歴史や文化、旬の観光情報などが提供されます。分かりやすい解説でエスコートします。75分間の船旅を最高に楽しめます。

サンセットクルーズの後は、岩屋港でグルメとお土産を楽しめます。 淡路島タコステでは、海鮮丼などのレストラン、玉ねぎが人気のショップ、屋外に唐揚げ・たこ焼きのフードコートがあります。

開催時間は、集合16時、出航16時30分、帰港17時45分です。乗船料金は、中学生以上3000円、小学生1500円、幼児大人1名につき1名無料です。定員人数は、100名です。

なお、明石海峡大橋クルーズでは、世界一の吊り橋「明石海峡大橋」を船上から一望できます。普段見れない橋の真下からの景色も楽しめます。海上からキティちゃんの顔型の建物を眺められます。

明石海峡大橋クルーズの申込は、事前にインターネット予約がおすすめです。明石海峡大橋クルーズの公式ホームページにある「WEB(ウェブ)予約ページ」からの申込手続きとなります。

  • 明石海峡大橋クルーズ公式ホームページ:WEB予約

詳細・基本情報

  • 開催日程:2021年10月30日(土)、11月13日(土)、11月20日(土)
  • 開催時間:集合16:00、出港16:30、帰港17:45
  • 乗船料金:中学生以上3000円、小学生1500円、幼児大人1名に1名無料
  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1414-3
  • 電話:0799-52-2113
  • 公式ホームページ:https://awajisima-cruise.com/
  • 定休日:水曜日、木曜日
  • 駐車場:約50台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました