淡路島サクラマス日帰りランチ16選

ジャンル

淡路島サクラマスで日帰りランチ16選をご紹介します。淡路島サクラマスは、淡路島で3月から5月まで約5カ月間解禁される春の食材です。新名物グルメとして飲食店や旅館・ホテルで提供されます。

2021年は、島内39店舗が参加して合計で83種類の淡路島サクラマスを使用した料理や商品などが登場します。南あわじ市にある福良港でサクラマスの養殖が始まって6年目を迎えます。

旬の食材とコラボレーションしした丼物、鍋物などが人気です。淡路島サクラマスのランチや日帰り温泉プランでおすすめの17選をご紹介します。

淡路島サクラマス

魚繁

魚繁は、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「サクラ咲く丼」がおすすめです。1日10食限定です。他には、3月限定メニューと5月限定メニューがあります。

サクラ咲く丼は、生サクラマス、玉ねぎ、ワカメ、地玉子などを盛り付けた丼です。アラ汁と酢の物、もずく、デザートが付きます。サクラマスと甘ダレの相性が抜群で上品な旨みと甘みを堪能できます。

  • サクラ咲く丼:1,760円(当日OK、ランチ限定、1日10食)
  • 冬スター丼:2,420円(3月限定、2日前までに要予約)
  • 虎撃とう丼:2,200円(3月限定、2日前までに要予約)
  • 幕開けドン:1,870円(5月限定、ランチ限定、1日10食)

淡路島中央東部で津名港の埋立地新島にある食事処です。仲買人の権利を持つ魚屋の店主が漁港で厳選した新鮮な魚介類を仕入れています。淡路島の近海でその日に獲れた鮮魚が自慢の飲食店です。

淡路ハイウェイオアシス

淡路ハイウェイオアシス「みけ家」は、淡路島サクラマスのランチでおすすめです。メニューは「春野菜と淡路島サクラマス炙り丼」です。他には5月限定の「淡路島三色コラボ丼」があります。

春野菜と淡路島サクラマス炙り丼は、皮目を炙った香ばしいサクラマス、新玉ねぎ、タケノコ、菜の花などをのせた春らしい丼です。出汁醤油がサクラマスと春野菜に合います。味噌汁と漬物が付きます。

  • 春野菜と淡路島サクラマス炙り丼(味噌汁、漬物付き):1,650円
  • 淡路島三色コラボ丼(味噌汁、漬物付き):1,850円(5月限定)

淡路島の玄関口にある淡路ハイウェイオアシスのレストランです。淡路島公園に直結の観光施設です。フードコート、物産館、お土産店、淡路オニオンスープが試飲できるスープスタンドなどもあります。

鼓や

淡路島 鼓やは、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「サクラマス春籠膳」がおすすめです。他には「サクラマスと新玉葱のユッケ丼」と「春の三色丼」があります。

サクラマス春籠膳は、花カゴにサクラマスのミニユッケ丼、造り、フライ、牛乳どうふ、新玉ねぎサラダ、味噌汁がのせられています。淡路島産にこだわり、サクラマスの上品な味わいを堪能できます。

  • サクラマス春籠膳:1,980円(前日までに要予約)
  • サクラマスと新玉葱のユッケ丼:2,420円(当日OK)
  • 春の三色丼:2,200円(5月限定、当日OK、売切れ次第終了)

淡路島中央西部にある日本料理を提供するお店です。著名人も訪れる隠れ家的な人気店です。閑静な田舎の住宅街にある一軒家で小料理屋さん的な雰囲気です。テレビなどメディアに多数登場しています。

KEKKOI

KEKKOI (ケッコイ)は、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「なるとオレンジとさくらますのサラダうどん」がおすすめです。他にも3種類の丼があります。

なるとオレンジとさくらますのサラダうどんは、素揚げしたサクラマスのオレンジマリネと新玉ねぎとレタスをのせた洋風うどんです。出汁は淡路島なるとオレンジを使用して酸味と苦味が絶妙です。

  • なるとオレンジとサクラマスのサラダうどん(パン・サラダ付き):1,760円(当日OK)
  • 風薫る淡路島サクラマス天丼(ミニうどん付き):1,540円(当日OK)
  • 3月限定スター丼(ミニうどん付き):1,980円(3月限定、当日OK)
  • 5月限定スター丼(ミニうどん付き):1,870円(5月限定、当日OK)

淡路島南中央にあるカフェレストランです。讃岐うどんをアレンジした洋風創作うどんとスイーツ工房で製造したチーズケーキが名物です。元保育士がオーナーでお洒落な雰囲気で子供と女性に人気です。

松葉寿司

松葉寿司は、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「淡路島サクラマスうにしゃぶ」がおすすめです。他には、2つの丼とテイクアウトがあります。

淡路島サクラマスうにしゃぶは、サクラマスを由良港のウニでしゃぶしゃぶする一人鍋です。ウニがサクラマスの味を引き立てて甘さが増します。トマトで爽やかさです。腹身と背を食べ比べできます。

  • 淡路島サクラマスうにしゃぶ:5,170円(当日OK)
  • 豪華淡路島サクラマス丼イクラのせ:1,980円(当日OK)
  • 春めぐり丼:1,980円(当日OK、5月限定)
  • 淡路島サクラマスすし:880円(1日30食限定、前日までに要予約)

淡路島南部中央の国道28号線沿いにあります。1932年に創業した老舗の寿司と会席料理のお店です。新鮮な魚介類をはじめ、淡路牛や玉ねぎ、松茸など旬の食材を使用した料理を提供しています。

志知カフェ

志知カフェ(SHICHI CAFE)は、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレート」がおすすめです。他に3種類の丼があります。

かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレートは、特注した淡路瓦の器にサクラマス・鯛・蛸などお刺身を盛り付けて、エスプーマで「かまくら」に見立ています。ご飯や淡路牛も淡路島産です。

  • かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレート:2,200円(当日OK、1日限定10食)
  • トリプルラージヒル丼:M2,500円、L3,000円(当日OK、1日限定10食)
  • ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソース:2,750円(3月限定、当日OK、1日限定10食)
  • 3色ラージヒル丼:2,500円(5月限定、当日OK、1日限定10食)

淡路島南部中央にあります。玉ねぎ倉庫跡地をリノベーションしました。天井が高く開放的でお洒落です。唐揚げプレートが名物です。自家栽培の農作物を使用したカレー、ハンバーグも好評です。

グランドニッコー淡路

グランドニッコー淡路「日本料理あわみ」は、淡路島サクラマスのランチでおすすめです。メニューは「淡路島サクラマス御膳」です。他には5月限定の「淡路島三食膳」があります。

淡路島サクラマス御膳は、花カゴに飾って卓上でお花見が楽しめます。サクラマスの柚庵焼きと刺身、タケノコや菜の花など春野菜の天ぷらが華やかに彩ります。ご飯にアラ出汁ダレをまぶしています。

  • 淡路島サクラマス御膳:3,080円(当日OK、1日限定15食~20食)
  • 淡路島三食膳:2,750円(5月限定、当日OK、1日限定15食~20食)

淡路島北東部の淡路夢舞台でグランドニッコー淡路にあるレストランです。建築家の安藤忠雄さんが設計したリゾート施設です。国際会議場、植物園、公園、ホテル、レストラン、ショップがあります。

道の駅うずしお

道の駅うずしおのレストランは、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「桜会席丼」がおすすめです。他にも5月限定メニュー「桜春丼」があります。

桜会席丼は、炙り焼きのサクラマス、桜鯛、ワカメ、アオサ、放し飼い卵、淡路米「にこまる」など淡路島産の食材が勢ぞろいした丼などの会席です。桜出汁を注いで食べます。旬の食材を堪能できます。

  • 桜会席丼:2,640円(当日OK、ランチ限定)
  • 桜春丼:2,200円(5月限定、ランチ限定、1日3食限定)

淡路島南西端の鳴門岬にある道の駅のレストランです。一流の田舎レストランをコンセプトです。大鳴門橋と鳴門海峡の絶景が眺められます。バーガーショップ、お土産ショップもあります。

ウェルネスパーク五色

ウェルネスパーク五色「レストラン浜千鳥」は、淡路島サクラマスのランチでおすすめです。メニューは「淡路島サクラマス炙り丼」です。他には、5月限定メニュー「春の3色丼」があります。

淡路島サクラマス炙り丼は、皮目を炙ったサクラマスの丼と汁物のセットです。モチモチ食感と甘みがある鮎原米を使用しています。玉ねぎとスダチと七味を加えた醤油ベースのタレとの相性が抜群です。

  • 淡路島サクラマス炙り丼:1,650円(当日OK、ランチ限定)
  • 春の3色丼:1,650円(5月限定、ランチ限定、事前要確認)

淡路島西部中央のウェルネスパーク五色にあるレストランです。総合公園として、芝生広場、アスレチック、ドーム、日帰り温泉、バーベキュー、キャンプ場、ログハウス、公共の宿などがあります。

寿司一

寿司一は、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「桜彩る和洋プレートランチ」がおすすめです。他には、テイクアウトで「春爛漫サクラマス棒寿司」があります。

桜彩る和洋プレートランチは、桜をイメージした寿司がメインの創作料理です。サクラマスのウニと木の芽のソースの2色焼き、玉ねぎローストの淡路牛添え、淡路鶏シーザーサラダが盛られています。

  • 桜彩る和洋プレートランチ:2,200円(1日限定20食)
  • 春爛漫サクラマス棒寿司:1,100円(1日限定20食)

淡路島中央東部にある寿司・割烹・懐石料理のお店です。1983年の創業で当初より穴子の押し寿司、蒸し穴子が評判です。地元食材にこだわり、リーズナブルに魚介・海鮮料理を提供しています。

いちじろう

いちじろうは、淡路島サクラマスのランチでおすすめの飲食店です。ランチメニューは「淡路島さくらます丼」がおすすめです。淡路島さくらます丼は、鮮度抜群の地魚とサクラマスを並べた丼です。

桜色のサクラマスと当日仕入れた大将イチ押しの鮮魚5種が淡路島産米「にこまる」の酢飯に盛り付けられます。タイ、マグロ、ハマチ、エビ、タコなど日替わりで登場します。上品な味わいです。

  • 淡路島さくらます丼:1,300円(当日OK)

淡路島北西部の漁師町にあります。毎日鮮魚を目利きして30年以上です。生け簀から取り出して見事な包丁さばきで調理します。地元漁師が通う名店です。海鮮丼、にぎり、刺身、天ぷらが人気です。

パルシェ香りの館

パルシェ香りの館「和食処かおり」は、淡路島サクラマスのランチでおすすめです。メニューは「炙りサクラマス丼~アボカドと新玉ねぎ添え~」がです。春を感じる色鮮やかなサラダ感覚の丼です。

炙りサクラマス丼は、炙ったサクラマスにアボカドや新玉ねぎ、自家製の食用花があしらわれて、卵黄とゴマを添えています。アボカドオイルとワサビの自家製ドレッシングは爽やかでさっぱりします。

  • 炙りサクラマス丼:1,680円(当日OK、ランチ限定、1日限定10食)

淡路島北西部のテーマパーク「パルシェ香りの館」にあります。季節の花畑と大温室、香りの手作り体験、和と洋のレストラン、日帰り温泉と宿泊施設、ハーブとバーガーのお店、物産館があります。

北淡震災記念公園

北淡震災記念公園「レストランさくら」は、淡路島サクラマスのランチでおすすめです。メニューは「あぶりサクラマスと新玉ねぎの春爛漫丼」です。2日ほど熟成したサクラマスがこだわりです。

春爛漫丼は、桜色のサクラマス、緑色の青ネギ、白色の玉ねぎ、紅色の大根と色鮮やかな盛り付けの丼です。皮目を炙ったサクラマスは、特製ダレで豊潤な味わいです。窓越しに桜のお花見も楽しめます。

  • あぶりサクラマスと新玉ねぎの春爛漫丼:1,580円(当日OK)

淡路島北西部の北淡震災記念公園にあります。阪神淡路大震災の断層を保存・展示して、地震の脅威と防災の大切さを伝えます。野島断層、地震体験、メモリアルハウス、レストラン、物産館があります。

プラザ淡路島

プラザ淡路島は、淡路島サクラマスの日帰り温泉プランでおすすめの宿泊施設です。日帰り温泉プランは「淡路島サクラマスのレアカツと新玉ねぎのリゾット+入浴券」がおすすめです。

食事はレストラン「ダイニング 花桐」、温泉は天空スパ「夕映えの湯」の利用となります。

リゾットは、新玉ねぎと牛乳のリゾットにマリネしたサクラマスのレアカツと野菜のピクルスをのせています。ミルク風味でまろやかです。焦がしバターのソースを絡めると上質な脂の旨みを味わえます。

温泉は、展望露天風呂が療養泉の南あわじ温泉で深めの浴槽で肩まで浸かれます。内風呂が美人湯として名高い塩崎温泉で美肌・美白効果があります。鳴門海峡や大鳴門橋などの絶景が眺められます。

  • 日帰りカジュアルプラン「淡路島サクラマスのレアカツと新玉ねぎのリゾット(特製スープ・マリネ付き)+入浴券」:3,300円~(税別)

鳴門海峡と大鳴門橋が眺められる岬の高台の丘にあるヒーリングホテルです。ミシュランガイド兵庫2016で4パビリオンを獲得しています。大パノラマの絶景と美しい夕陽、2つの源泉が自慢です。

うめ丸

うめ丸は、淡路島サクラマスの日帰り温泉プランでおすすめの宿泊施設です。日帰り温泉プランは「淡路島サクラマス味噌ちゃんこ鍋、日帰り温泉プラン(個室)」がおすすめです。

食事は食事専用でゆったりできる個室、温泉は「うずしお温泉」の利用となります。

ちゃんこ鍋は、サクラマス・淡路島ポーク・地鶏など地産地消で厳選食材尽くしの鍋コースです。味噌出汁に素材の味が溶けます。サクラマスの旨みと豚と鶏の甘みが絶妙です。桜鯛の宝楽焼は名物です。

温泉は、美人湯といわれる「うずしお温泉」です。石鹸のような作用です。古い角質や汚れを落とします。お肌をスベスベにして保湿します。美容と健康に良くアンチエイジングで女性に人気です。

  • 淡路島サクラマス味噌ちゃんこ鍋、日帰り温泉プラン:6,600円~(3日前までに要予約)
    付きだし、サクラマスのカルパッチョ、サクラマス味噌ちゃんこ鍋、鯛宝楽焼、天ぷら、淡路島そうめん、ご飯、吸い物、香の物、フルーツ

淡路島で元祖鯛の活造りの料理で人気の温泉旅館です。創業以来提供する鯛の活き造りが名物で「鯛の宿」と称されています。温泉は、美肌成分が日本屈指で別府・伊香保・阿寒湖などに匹敵します。

ホテルニューアワジ

ホテルニューアワジは、淡路島サクラマスの日帰り温泉プランでおすすめの宿泊施設です。日帰り温泉プランは「淡路島サクラマスのサラダ丼+入浴券」の日帰りカジュアルプランがおすすめです。

食事はレストラン「かまどダイニング バル淡道」、温泉は系列も含めて3つの湯めぐりが利用できます。

サラダ丼は、皮を引いたサクラマスと玉ねぎなどの刻み野菜を使用した丼です。エディブルフラワーを添えて華やかな盛り付けです。玉ねぎドレッシングをかけると上品な味わいで甘さが引き立ちます。

温泉は、スパテラス水月の「淡路棚田の湯・くにうみの湯」と系列の淡路夢泉景にある「湯賓閣 天宮の雫」です。新源泉「洲本温泉うるおいの湯」と赤湯「古茂江温泉」の2つの源泉が楽しめます。

他の日帰りカジュアルプランとして「淡路島サクラマスのクリームグラタン+入浴券」もあります。食事はフレンチレストラン シーサイド、温泉は系列も含めて3つの湯めぐりが利用できます。

クリームグラタンは、サクラマスの切り身とともに焼き上げています。ソースはホタテや海老など魚介の旨みたっぷりです。パスタをソースに絡めると2度美味しいです。濃厚で後味があっさりです。

  • 日帰りカジュアルプラン「淡路島サクラマスのサラダ丼+入浴券」:3,300円~(税別)
  • 日帰りカジュアルプラン「淡路島サクラマスのクリームグラタン+入浴券」:4,400円~(税別)

洲本温泉郷にある淡路島を代表するホテルです。テレビCMでお馴染みです。全客室から紀淡海峡が眺められる絶好のロケーションです。隣接するホテルと回廊で結ばれて3つの湯めぐりが楽しめます。

まとめ

ここで紹介した淡路島サクラマスの飲食店・旅館・ホテルは、食べる価値のある人気店・名店ぞろいです。個性的で独創的な料理が自慢です。数多くの店舗から厳選しました。是非、食べてみてください。

淡路島サクラマスは、養殖であることから生で食べられます。福良湾は、全国の最も水温が低く、潮の流れが日本一の速い鳴門海峡の近くにあります。ミネラル豊富で全国屈指の養殖場です。

鮮やかなサーモンピンクの身に脂がのりモチモチです。身の柔らかく上品な甘さです。後味がサッパリしています。天然ものに引けをとらない絶品です。サケ・マス類で一番美味しいです。

淡路島サクラマスの料理は、サクラマス丼とサクラマス鍋、サクラマスディッシュ、サクラマス土産、サクラマス春☆スター丼の5種類があります。各店舗がオリジナルメニューを開発しています。

なお、人気の秘密は「人気の秘密「サクラマス」」の記事をご参照ください。また、美味しい食べ方は「美味しい食べ方「サクラマス」」の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました