淡路島観光スポットおすすめ34選

淡路島サクラマスおすすめ15選

淡路島サクラマスでおすすめ15選をご紹介します。淡路島サクラマスは、淡路島で3月から5月まで3カ月間限定で解禁される春の食材です。淡路島の新名物グルメとして飲食店や旅館・ホテルで提供されます。

2020年は、島内42店舗が参加して合計で82種類の淡路島サクラマスを使用した料理や商品などが登場します。南あわじ市にある福良港でサクラマスの養殖が始まって5年目を迎えます。

淡路島の野菜やお米、麺類や鮮魚など旬の食材とコラボレーションしています。各店舗が丼物、鍋物など趣向を凝らした料理を開発しています。淡路島サクラマスでおすすめ15選を厳選してご紹介します。

なお、淡路島サクラマスも含めておすすめグルメのまとめは、以下の記事をご参照ください。

淡路島サクラマス ランチおすすめ13選

淡路島サクラマスのランチでおすすめ13選をご紹介します。

魚繁

魚繁は、淡路島中央東部で津名港の埋立地新島にある食事処です。仲買人の権利を持つ魚屋の店主が漁港で厳選した新鮮な魚介類を仕入れています。淡路島の近海でその日に獲れた鮮魚が自慢の飲食店です。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

特別会席をはじめ、鱧鍋会席、淡路島サクラマス会席、三年トラ河豚づくし会席などがあります。一品では、鯛の活造り、宝楽焼、平目の活造りはおすすめです。観光客向けの御膳や定食もあります。

お造り、天ぷら、鶏のから揚げ、焼肉、鱧鍋、サクラマス一人鍋、とんかつ、海老フライ、牡蠣フライなど定食の種類も豊富です。鯛のあら煮、西京焼、鱧の湯引き、蛸の湯引き、鱧の棒鮨など一品も豊富です。

サクラ咲く丼

サクラ咲く丼は、サクラマスの刺身に、淡路島の玉ねぎとワカメ、卵などがトッピングされます。特製甘ダレをかけて食べます。生のサクラマスと甘ダレの相性が抜群です。

アラ汁や淡路島の魚介を使った酢の物、もずく、デザートが付きます。価格は1760円です。1日限定10食です。ランチ限定の提供となります。

3月限定冬スター丼

3月限定冬スター丼は、淡路島サクラマスの刺身と淡路島3年とらふぐがコラボレーションした丼です。自家製ポン酢もしくは自家製の土佐醤油をお好みで選んで食べます。

価格は1980円です。2日前までに予約が必要です。

虎撃とう丼

虎撃とう丼は、淡路島サクラマスと淡路島3年とらふぐの天ぷらが入った丼です。タイガースファンが喜ぶ「虎撃とう」が合言葉の丼となります。

価格は1870円です。2日前までに予約が必要です。

幕開けドン

幕開けドンは、淡路島のお米に淡路島サクラマスと淡路島のサワラの刺身と淡路島の生しらすが豪華にのせられています。錦糸玉子、淡路島の卵とワカメが彩りを添えます。

価格は1870円です。1日限定10食です。ランチ限定の提供となります。

魚繁の基本情報

住所〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島6-7
電話0799-62-0035
公式サイトhttp://www.uoshige.biz/
営業時間11:00~14:00、17:00~20:00
休業日水曜日
座席約100席(テーブル席、座敷、宴会場)
駐車場約30台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分

淡路ハイウェイオアシス みけ家

みけ家は、淡路島の玄関口にある観光施設「淡路ハイウェイオアシス」の2階にあるレストランです。丼、麺、御膳、セットと和食から洋食まで多彩なジャンルで豊富なメニューが魅力です。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

料理は、淡路島玉ねぎ御膳、淡路島牛丼、淡路島生しらす丼、淡路島生サワラ丼、蛸壺カレーなど地元食材を使用したメニューがおすすめです。季節毎に米の炊き方、出汁の取り方をアレンジします。

淡路ハイウェイオアシスは、淡路島公園に直結する複合観光施設です。明石海峡大橋を渡って淡路SAと連絡道路で結ばれています。世界一の吊り橋「明石海峡大橋」と神戸の街並みが一望できます。

名物スポットに、淡路オニオンスープが無料で試飲できるスープスタンドがあります。竹ちくわ「たけやん」の自動販売機があります。淡路島最大級の物産館、お土産ショップ、フードコートがあります。

春野菜と淡路島サクラマス炙り丼

春野菜と淡路島サクラマス炙り丼は、皮目を炙った香ばしい淡路島サクラマスが熱々のご飯にのせられます。淡路島新玉ねぎにタケノコ、菜の花などがのせられた春らしい一品となります。

花びらに見立てたゆり根が可愛く華やかな演出です。出汁を利かせた自家製醤油が、淡路島サクラマスと春野菜に絶妙にマッチします。味噌汁と漬物が付きます。価格は1650円です。

淡路島三色コラボ丼

淡路島三色コラボ丼は、岩屋漁港で水揚げされる淡路島の生しらす、程よい脂のりの淡路島の生さわら、高級食材の淡路島サクラマスがコラボレーションした丼です。

プチプチした食感の生シラス、上品な甘さの淡路島生サワラ、品質にこだわったサクラマスが豪華です。春の旬食材に彩られた魚介の鮮度にこだわったメニューです。味噌汁と漬物が付きます。

価格は1850円です。5月限定のメニューとなります。

みけ家の基本情報

住所〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674-3 淡路ハイウェイオアシス オアシス館2階
電話0799-72-0220
公式サイトhttp://www.awajishimahighwayoasis.com/food/
営業時間平日11:00~20:00(L.O.19:00)、土日祝11:00~20:00(L.O.19:15)
休業日無休
座席108席(テーブル84席、座敷24席)
駐車場約560台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路サービスエリアから車で約1分

日本料理あわみ

日本料理あわみは、淡路島北東部の淡路夢舞台でウェスティンホテル淡路の3階にある日本料理のレストランです。淡路島の旬の食材に、伝統とモダンを融合させた豪快かつ繊細な日本料理が自慢です。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

料理は、鱧、鯛、ウニ、フグなどの会席料理や鍋料理、淡路島生しらす丼、淡路牛すき焼き膳、淡路うにしゃぶ膳、天麩羅握り寿司御膳、淡路島生さわら炙り茶漬けなどが人気です。

淡路夢舞台は、世界的建築家の安藤忠雄さんが設計したリゾート施設です。国際会議場、植物園、ホテル、公園、レストラン、ショップなどが一体となるように、回廊や遊歩道で結ばれています。

ウェスティンホテル淡路は、海に向かってV字に広がる建物で全室オーシャンビューの客室を備えたホテルです。ロビーラウンジ、ビュッフェとフレンチと鉄板焼などのレストランがあります。

淡路島サクラマス御膳

淡路島サクラマス御膳は、花カゴに淡路島の食材を詰め込んで、卓上でお花見を楽しめるメニューです。サクラマスの柚庵焼き、サクラマスの刺身、タケノコや菜の花など春野菜の天ぷらがあります。

サクラマスのアラ出汁ダレをまぶしたご飯、淡路島牛乳プリンなどがアクセントを加えます。卓上でお花見を楽しめるような春めく御膳となります。

価格は2592円です。1日限定15食です。

淡路島三食膳

淡路島三食膳は、淡路島サクラマスをポン酢マヨネーズで、生しらすをワサビ醤油で、炙りサワラを胡麻醤油で食べます。それぞれの素材の個性を活かした食べ方で味変を楽しめます。

丼として食べた後に出汁茶漬けにして食べられます。価格は2376円です。1日限定15食から20食限定です。

日本料理「あわみ」の基本情報

住所〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2ウェスティンホテル淡路3階
電話0799-74-1111
公式HPhttps://www.westin-awaji.com/restaurant/awami/
営業時間11:30~14:30
休業日無休
座席数68席(寿司カウンター8席、テーブル48席、お座敷2室12席)
駐車場約500台(ウェスティンホテル淡路地下駐車場)
駐車料金1回500円(レストラン利用で無料サービス券)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分

淡路島 鼓や

淡路島 鼓や(つづみや)は、淡路島中央西部にあるお食事処の和食店です。閑静な田舎の住宅街にある一軒家です。テレビや雑誌など数々のメディアに登場した著名人も訪れる隠れ家的な人気店です。

淡路島サクラマスの料理は、前日までに予約が必要となります。

料理は、お昼限定の定食、季節限定の料理、コース料理など淡路島の食材にこだわった創作料理がおすすめです。生しらす、淡路牛、タイ、ハモ、フグ、生サワラ、ぬーどる、とオールジャンルを網羅します。

淡路鯛素麺、淡路牛熟成ローストビーフ丼、熟成鯛のトロトロ丼、生サワラのなかおち丼は絶品といわれています。名物は、水煙蒸し、淡路鯛御飯、淡路蛸御飯です。多彩な調理法で魅了しています。

サクラマス春籠膳

サクラマス春籠膳は、カゴにサクラマスのミニユッケ丼、造り、フライ、牛乳どうふ、新玉ねぎサラダ、味噌汁がセットとなっています。サクラマスの上品な味わいを堪能できます。

価格は1980円です。前日までに予約が必要となります。

サクラマスと新玉葱のユッケ丼

サクラマスと新玉葱のユッケ丼は、新玉ねぎの山盛りに、淡路島サクラマスの刺身を並べた「ユッケ丼」です。中央にはブランド卵をのせています。ご飯には淡路島の焼のりをちらしています。

価格は、1540円です。単品メニューとなります。

春の三色丼

春の三色丼は、淡路島の生しらす、炙りの淡路島の生サワラ、淡路島サクラマスがのった丼です。卵黄にごま油醤油を混ぜた卵黄ダレが味の決め手となっています。

価格は1760円です。売り切れ次第終了となります。

淡路島 鼓やの基本情報

住所〒656-1521 兵庫県淡路市多賀1119-52
電話0799-85-0167
公式サイトhttp://tudumiya.jp/
営業時間ランチ12:00~14:00、ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
休業日水曜日、木曜日(不定休あり)
座席数34席(カウンター8席、4人掛けテーブル4卓、個室1室5名~10名)
駐車場約12台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約15分

寿司一

寿司一は、淡路島中央東部にある寿司・割烹・懐石料理のお店です。1983年の創業で当初より穴子の押し寿司、蒸し穴子が評判です。2012年に120名収容できる新館がオープンしました。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

料理は、淡路島近海で獲れた新鮮な食材にこだわっています。寿司が「にぎり・ちらし」、定食が「天ぷら・刺身」、懐石をはじめ、一品物、仕出し・運送など幅広いサービスがあります。

春は桜鯛、夏は鱧にタコ、秋はヒラメ、冬は3年トラフグなど、淡路島の旬の食材を使用したメニューを開発しています。一品物では、魚チリ、活き造り、宝楽焼がおすすめです。

桜彩る和洋プレート ランチ

桜彩る和洋プレート ランチは、寿司割烹店が魅せる和洋の創作料理となります。桜をイメージした寿司をメインにサクラマスのウニと木の芽のソースの2色焼きにしています。

淡路牛を添えた玉ねぎロースト、淡路鶏シーザーサラダが一皿に盛られています。価格は2200円です。1日20食限定です。

寿司一の基本情報

住所〒656-2131 兵庫県淡路市志筑1193-1
電話0799-62-3312
公式サイトhttp://susiichi.com/
営業時間11:00~21:00
休業日木曜日
座席数約70席(カウンター7席、個室8室)、宴会場(120名)
駐車場30台(普通車)、3台大型バス)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約3分

新島水産本店

新島水産本店は、淡路島南東部の洲本市由良にある水産卸会社の新島水産が直営する飲食店です。店舗は、生け簀のある倉庫にあります。「ミシュランガイド兵庫 2016」のビブグルマンに掲載されました。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

料理は、鮮魚卸店として厳選された由良漁港で水揚げされた魚介類を焼いて食べる海賊焼きや鍋物が人気です。アワビやサザエ、大あさりなど貝類も充実しています。

夏のハモ・冬のフグ・磯焼きの貝など厳選食材が目白押しです。仲卸業として、海産物を作業倉庫で直接販売も受け付けています。姉妹店に、淡路市の東浦店、大阪市の福島店があります。

サクラマス炙り丼

サクラマス炙り丼は、淡路島の2つの名物であるサクラマスと真鯛の炙りを使ったハーフ&ハーフ丼です。皮と身の間の旨みが引き立つ炙りは、香ばしさが加わり絶品です。

鮮魚卸店が営む海賊焼き店が、淡路島サクラマスと真鯛を炙り、器いっぱいに盛り付けます。中央にのる温泉卵を絡めます。生姜とワサビでコクをプラスしてハーモニーを楽しめます。

分厚めで大振りにカットした旬魚をダブルで食べられます。出汁が利いた甘めのタレとも相性がバッチリです。価格は1210円です。

新島水産本店の基本情報

住所〒656-2543 兵庫県由良町由良2581
電話0799-75-2222(要予約)
公式サイトhttps://niijimasuisan-honten.gorp.jp/
営業時間11:00~14:30(L.O.14:00)
休業日不定休
座席数36席(テーブル16席、座敷20席、夏場のみテラス席)
駐車場約15台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約35分

レストラン浜千鳥

レストラン浜千鳥は、淡路島中央西部のウェルネスパーク五色にあるレストランです。淡路牛、お造り、天ぷらなどの定食や会席、サワラ、シラス、アナゴなど旬の食材を使用した丼が人気です。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

ウェルネスパーク五色は、瀬戸内海の播磨灘を一望できる丘陵地にある総合公園です。洲本市五色町出身で、江戸時代の豪商 高田屋嘉兵衛の功績を記念して開設されました。

高田屋顕彰館、温泉施設「五色温泉ゆ~ゆ~ファイブ」、和室と洋室にログハウスなどの宿泊施設「浜千鳥」、屋内スポーツ施設「GOGOドーム」、オートキャンプ場、無料アスレチックがあります。

体験は、玉ねぎの収穫やイチゴ狩りなど農業体験、淡路瓦の粘土陶芸や染色体験、そば打ちなど手作り体験があります。バーベキューテラスで、持込みバーベキューなどが屋根付きで楽しめます。

淡路島サクラマス炙り丼

淡路島サクラマス炙り丼は、サクラマス丼に汁物のセットです。淡路米でもモチモチとした食感で甘みがある地元の鮎原米を使用しています。ランチ限定で提供となります。

すり下ろした淡路島玉ねぎにスダチや七味を加えた醤油ベースのタレをかけるとさっぱりした味わいになります。価格は1650円です。

春の3色丼

春の3色丼は、3つのミニ丼が登場します。淡路島サクラマスは淡路島玉ねぎの醤油ダレ、サワラはごまダレ、生しらすは梅肉と、それぞれに合った特製ダレで食べます。

小鉢、汁物、漬け物が付きます。価格は1620円です。ランチ限定での提供となります。天候により漁が無い場合があり、事前に確認が必要となります。

浜千鳥の基本情報

住所〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志1087
電話0799-33-1600
公式サイトhttp://www.takataya.jp/meal/
営業時間11:30~14:00
休業日不定休
座席約60席(テーブル席)
駐車場200台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 北淡IC・津名一宮IC・西淡三原ICから車で約5分

道の駅うずしおレストラン

道の駅うずしおレストランは、淡路島の南西端の鳴門岬にある道の駅うずしおのレストランです。一流の田舎レストランをコンセプトに料理コンテストで数々の賞を獲得した料理長が料理を提供します。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

淡路島の白身魚だけを使った白い海鮮丼、ブランド食材「淡路島3年とらふぐ」を使用した会席などがおすすめです。大鳴門橋と鳴門海峡の絶景を眺めながら淡路島の魚介類を堪能できます。

世界一の鳴門海峡の渦潮に一番近い道の駅です。あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンは、ご当地バーガーグランプリ全国1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

ショップでは、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープなど玉ねぎ関連商品が人気です。玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機など玉ねぎのモニュメントが豊富です。

桜会席丼

桜会席丼は、淡路島サクラマスをはじめ、地元の丸山漁港で水揚げされた桜鯛、淡路島のワカメ、アオサ、放し飼い卵など淡路島の食材にとことんこだわったメニューとなります。

淡路島産食材が勢ぞろいした会席です。価格は2640円です。

桜春丼

桜春丼は、淡路島のサワラと淡路島サクラマス、釜揚げしらすが入った丼です。サワラとサクラマスは、生とタタキの2種ずつのり食べ比べができます。小鉢と季節の味噌汁が付きます。

桜ダシを入れると、丼からお茶漬けに一度で二度美味しい丼となります。価格は2200円です。1日限定3食です。

道の駅うずしおレストランの基本情報

住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
電話0799-52-1157
公式サイトhttp://eki.uzunokuni.com/m_restaurant/
営業時間10:00~16:00(L.O.15:00)
休業日木曜日
座席約80席(テーブル席)、約200席(団体席)
駐車場60台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約5分

洋風創作うどんKEKKOI

KEKKOI (ケッコイ)は、淡路島南中央にある洋風創作うどんとスイーツが名物のカフェレストランです。「けっこい」は讃岐弁で綺麗・可愛いを意味します。本場の讃岐うどんを洋風アレンジします。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

お洒落な空間でキレイな盛りつけで十数種類のうどんを提供しています。淡路島の新鮮な食材を使ったパンケーキやパフェなどスイーツも好評です。「綺麗、可愛い、美味しい」がコンセプトです。

子連れのママさんや年配の方にも、無添加の体に優しいうどんカフェとしてランチが人気です。2017年からスイーツ工房で、プレミアムチーズケーキをはじめケーキ各種を製造しています。

なるとオレンジとさくらますのサラダうどん

なるとオレンジとさくらますのサラダうどんは、洋風の讃岐うどんにサクラマスのオレンジマリネと淡路島の新玉ねぎと新鮮レタスをトッピングしています。自慢のぶっかけ出汁がベースです。

爽やかな酸味で特産の淡路島なるとオレンジの果肉に果皮に果汁と余すところなく使用しています。淡路島なるとオレンジのほろ苦さが素揚げしたサクラマスの甘さを引き立てます。

パンとサラダが付きます。価格は1760円です。

3月限定スター丼

3月限定スター丼は、淡路島3年とらふぐ、淡路島サクラマスの天丼です。高級食材の夢のコラボレーションしたメニューとなります。オリジナルの自家製タレで食べます。

ミニうどんが付きます。価格は1980円です。

5月限定スター丼

5月限定スター丼は、淡路島サクラマス、淡路島のサワラの天ぷらに、淡路島の生しらすはかき揚げにして盛り付けました。オリジナルの自家製天丼タレで食べます。

ミニうどんが付きます。価格は1870円です。

洋風創作うどんKEKKOIの基本情報

店名淡路島の特別なうどん屋 KEKKOI
住所〒656-0461 兵庫県南あわじ市市円行寺187
電話0799-20-4518
公式サイトhttps://kekkoi.jimdofree.com/
営業時間11:00~18:00(L.O.17:00)
休業日金曜日
座席数約34席(4人掛け7卓、6人掛け1卓)
駐車場約15台(普通車)店舗前と店舗向かい
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分、洲本ICから車で20分

松葉寿司

松葉寿司は、淡路島南部中央にある寿司処です。1932年に創業した老舗です。淡路島のフグ、ハモ、ウニ、タイ、アナゴ、シラス、サワラなど旬の食材を使った料理がおすすめです。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

淡路島三年とらふぐ、淡路島生しらす、淡路島サクラマス、淡路島生サワラ、淡路島鱧、淡路島幻の赤うに、淡路牛と松茸など淡路島の旬の食材を網羅しており料理のレパートリーが豊富です。

人気の海鮮丼はじめ、バリエーションが豊富です。鯛宝楽焼コース、ふぐ、鱧料理、蛸、アナゴなど逸品料理を予約なしで提供しています。団体、個人や団体など合計で約400名の収容が可能です。

淡路島サクラマスうにしゃぶ

淡路島サクラマスうにしゃぶは、洲本市由良港の生ウニを出汁と具に使う一人鍋「うにしゃぶ」で、サクラマスをしゃぶしゃぶします。サクラマスをくぐらせればまったりと甘さが倍増します。

サクラマスの脂がのった腹身とあっさりした背の部分を食べ比べできます。生ウニは、獲れたてを直接仕入れています。添加物なしで鮮度が抜群で口の中でとろけます。

ウニの甘さがサクラマスの味を引き立てます。具のトマトが出汁に爽やかさを添えます。価格は、5170円です。

淡路島サクラマス山かけ丼イクラのせ

淡路島サクラマス山かけ丼は、サクラマスの刺身と淡路島の自然薯を合わせた滋養たっぷりの丼です。野趣あふれる粘りが強い山芋とトロトロと甘くて濃厚なサクラマスの相性が抜群です。

上品な特製の出汁醤油が食材の味を調和させます。薬味には淡路島の海苔に加えて、風味の良い新ワカメ、瑞々しい淡路島の新玉ねぎを使用しています。価格は1980円です。

淡路島サクラマスすし

淡路島サクラマスすしは、テイクアウトのお土産です。橙や柚子の果汁をブレンドした米酢でサクラマスを締めたお寿司です。サクラマスの濃厚な旨みと清々しい風味が自慢です。

価格は880円です。前日までに予約が必要です。1日30食限定となります。

春めぐり丼(春☆スター丼)

春めぐり丼は、大振りのサクラマス、炙りサワラ、てんこ盛りの生しらすの3種が器にてんこ盛りとなった小丼のセットです。価格は1980円です。

松葉寿司の基本情報

住所〒656-0122 兵庫県南あわじ市広田528-1
電話0799-45-1019
公式サイトhttp://www.matsuba-sushi.com/
営業時間平日11:00~14:00・17:00~20:30、土日祝11:00~20:30
休業日無休
座席400席(カウンター8席、個室13席、広間20名~30名3部屋、大広間20名~150名)
駐車場50台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約10分

志知カフェ

志知カフェは、淡路島南部中央にある玉ねぎ倉庫跡地をDIYで改装したカフェレストランです。店内は、天井が高く開放的で、個室やソファー席などお洒落なインテリアが並びます。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫ですが、予約がベターです。

料理は、淡路島玉ねぎのカレーやハンバーグ、淡路牛のローストビーフ、淡路島の野菜サラダなど、地元食材を使用したランチを提供しています。約15種類のボリューム満点からあげプレートが人気です。

ワッフルやエスプーマかき氷などデザートやスイーツも人気です。カップルのデート、女同士の女子会やママ友会、男同士で男飯、子供連れの家族まで安心して幅広く利用できるカフェです。

かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレート

かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレートは、淡路島の伝統産業の淡路瓦で製作した特注器に、サクラマス、鯛や蛸などのお刺身を「かまくら仕立て」に盛り付けたプレートです。

淡路牛にご飯、調味料など淡路島の食材が並びます。価格は2200円です。1日限定10食で予約がベターです。

トリプルラージヒル丼

トリプルラージヒル丼は、淡路島サクラマス、淡路牛のローストビーフ、淡路島玉ねぎのオニオンフライが重なった丼です。高さが10センチ以上になるラージヒルに例えたメニューです。

タレは、淡路島の新玉ねぎのすりおろしに、リンゴやニンニクが入ったユッケ風となっています。甘めの味付けで、お子様でも食べられます。

価格は、Mサイズ2500円、Lサイズ3000円です。1日10食限定で予約がベターです。

ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソースがけ

ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソースがけは、淡路島サクラマスとフグのレアカツをトマトソースをかけて味わう洋風丼です。価格は、2750円です。1日10食限定です。

3色ラージヒル丼

3色ラージヒル丼は、サイコロ状のサクラマス、サワラ、しらすを特製ダレで和えた3色丼です。締めは出汁をかけて、お茶漬け風にサラサラと食べます。

価格は2500円です。1日10食限定で予約がベターです。

志知カフェの基本情報

住所〒656-0436 兵庫県南あわじ市八木新庄441-7
電話090-6371-3403
公式サイトhttps://www.shichicafe.com/
営業時間平日11:00~17:00、金土日11:00~19:00
休業日月曜日
座席10席以上(テーブル席)、個室、貸切
駐車場約15台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約10分

絶景レストラン うずの丘

絶景レストランうずの丘は、淡路島南西端の観光施設「うずの丘 大鳴門橋記念館」の2階にあるレストランです。料理は、淡路島の旬の海産物を使用したランチがおすすめです。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

うにしゃぶ、刺身ステージ、しらす丼、サワラ丼など新鮮な旬の魚介類を使用したメニューが人気です。窓からは、明石海峡や大鳴門橋、瀬戸内海、太平洋など大パノラマの絶景が眺められます。

淡路島玉ねぎ尽くしの施設として、玉ねぎモニュメント、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎカツラ、玉ねぎチェアーなど玉ねぎとふれあえます。うずしお科学館は、鳴門海峡の渦潮を学べる施設です。

淡路島オニオンキッチンは、ご当地バーガーグランプリ全国1位を獲得した「あわじ島オニオンビーフバーガー」を販売しています。ショップうずの丘味市場は、淡路島の特産品などを販売しています。

淡路島サクラマスの島レモン鍋コース

淡路島サクラマスの島レモン鍋コースは、淡路島のレモンを使用した女性に人気の「島レモン鍋」にサクラマスが投入されます。淡路島レモンと淡路島玉ねぎもたっぷり投入されます。

サクラマスを香りが強いレモンの酸味が包み込みます。爽やかでベストマッチの味わいを楽しめます。出汁は、酒やみりん、砂糖などで味付けしています。

価格は2970円です。

島の黄金丼

島の黄金丼は、ウニスープで混ぜ合わせた黄金ご飯に、漬けサクラマス、炙りふぐ、焼き白子がのせられた箱になります。地元の福良産の特産サクラマス・フグ・ウニでいっぱいです。

3月限定の丼となります。1日3食限定で価格は3960円です。

絶景レストラン うずの丘の基本情報

住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話0799-52-2888
公式サイトhttp://rest.uzunokuni.com/
営業時間10:00~15:00(L.O.15:30)
休業日火曜日(祝日、繁忙期は臨時営業)
座席188席(4人掛けテーブル席×45、2人掛けテーブル席×4)
駐車場150台(普通車130台、大型車20台)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約3分

和kitchen太公望

和kitchen太公望は、淡路島南西端にあるリゾート施設「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」にあるレストランです。レストランは、宿泊される方も日帰りの方も利用できます。

淡路島サクラマスの料理は、予約なしで当日でも大丈夫です。

料理は、淡路島の旬の食材を使用したメニューです。リーズナブルなランチ、軽食やドリンクなどがあります。お造り、天ぷら、とんかつ、生姜焼き、エビフライ、から揚げなどの定食が人気です。

この他、約5万平方メートルの敷地でキャンプや宿泊、釣り、イルカ体験、バーベキューなどが楽しめます。キャンプ場とコテージは、目の前に海が広がります。犬などペットと宿泊できます。

ドルフィンファームは、イルカと泳いだり触れ合えます。バーベキューガーデンは、手ぶらで日帰りバーベキューが楽しめます。釣り堀は、海に大型イカダを浮かべた海上で大物が釣り放題です。

じゃのひれサクラマス丼

じゃのひれサクラマス丼は、自家養殖のサクラマスが登場します。ご飯に海苔を敷きつめて、トッピングに辛みの少ない紫玉ねぎを使用しています。

分厚いサクラマスの刺身の甘さと、瑞々しい紫玉ねぎが絶妙にマッチします。お好みでレモンを絞ります。価格は1400円です。10時からの提供です。期間は4月と5月の限定です。

じゃのひれ三色丼

じゃのひれ三色丼は、サクラマスとサワラをフレーク状にして使用した珍しい三色丼です。香ばしく煎ったサクラマスとサワラに、釜揚げしらすの三色です。とびっこ(飛魚の卵)ものります。

締めはお茶をかけて茶漬けにして食べます。価格は1500円です。10時からの提供です。1日限定20食となります。

和kitchen太公望の基本情報

住所〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2660
電話0799-52-1234
公式サイトhttps://www.janohire.co.jp/garden/store/
営業時間8:00~16:00
休業日1月1日
座席約50席
駐車場約250台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で15分

淡路島サクラマス日帰り温泉プランおすすめ2選

淡路島サクラマスの日帰り温泉プランとしておすすめ2選をご紹介します。

ホテル&リゾーツ南淡路

ホテル&リゾーツ南淡路は、淡路島南西端の港町 福良の小高い丘にある宿泊施設です。開放的なロケーションで、鳴門海峡から太平洋に広がる絶景が魅力です。2014年4月にリニューアルしました。

淡路島でリゾート気分を満喫できる空間を提供しています。Y字型の特徴ある建物です。客室は、地中海ツインルーム、モダン和室、ファミリールーム、ツインルーム、スイートルーム」があります。

レストランは、最上階にフレンチ「ブルージュ」、1階に中国料理「暢叙園」、地下1階に日本料理「播磨灘」があります。1階にティーラウンジ「すいせん」、地下1階に居酒屋風「味のれん うず潮」があります。

温泉は、地下1階に、露天温泉岩風呂と温泉大浴場、サウナがあります。南淡温泉は、入浴後の温かさが比較的長く持続するのが特徴です。夏には、ヤシの木とパラソルがある屋外プールがオープンします。

日帰りプラン「淡路島サクラマスの諭鶴羽丼、入浴券付き」

日帰りプラン「淡路島サクラマスの諭鶴羽丼、入浴券付き」は、11時30分から14時までレストランでランチ「淡路島サクラマスの諭鶴羽丼」と地下1階の南淡温泉「渦の湯」を楽しめるプランとなります。

淡路島サクラマスの諭鶴羽丼は、春に桜色に染まる淡路島で最高峰の諭鶴羽山をイメージした丼です。淡路島サクラマスを1本丸ごと使用しています。4人前を目安とする大盛りです。目の前でスタッフが取り分けます。

タレは「わさび醤油」と「麻辣醤(マーラージャン)」の2種類です。淡路島サクラマスのグルメでは珍しい中国料理特有の辛味ダレが、サクラマスの甘みとあいまって絶妙な味わいとなります。

4名様で利用する場合、1人2750円で新ご当地グルメと温泉を楽しめます。料金は、利用推奨4名からで1組11000円(税抜)からです。1日2食限定で3日前までの予約が必要です。

日帰りプラン「淡路島サクラマスの甘酒鍋、入浴券付き」

日帰りプラン「淡路島サクラマスの甘酒鍋、入浴券付き」は、11時30分から14時までレストランでランチ「淡路島サクラマスの甘酒鍋」と地下1階の南淡温泉「渦の湯」を楽しめるプランとなります。

淡路島サクラマスの甘酒鍋は、甘酒・豆乳・鶏だしを使用した柔らかな甘さのスープに旨みが溶け出す鍋料理です。サクラマスをはじめ、淡路鶏や野菜などの具材で地元の淡路島にこだわっています。

「ぺらぺらうどん」がセットとなります。「ペラペラうどん」はチーズを加えて洋風に仕上げです。

日帰りプランの料金は1人3000円(税抜)からです。1日10食限定で3日前までの予約が必要です。

日帰りプラン「淡路島サクラマスの石焼チャーハン茶漬け、入浴券付き」

日帰りプラン「淡路島サクラマスの石焼チャーハン茶漬け、入浴券付き」は、11時30分から14時までレストランでランチ「淡路島サクラマスの甘酒鍋」と地下1階の南淡温泉「渦の湯」を楽しめるプランとなります。

淡路島サクラマスの石焼チャーハン茶漬けは、麻辣醤ベースのタレで漬け焼きにしたサクラマスのほぐし身が入る石焼炒飯に生の身をトッピングしています。鶏だしでお茶漬け風にしても美味しいです。

日帰りプランの料金は1人2500円(税抜)からです。1日5食限定で3日前までの予約が必要です。

ホテル&リゾーツ南淡路の基本情報

利用期間2020年3月1日(日)~2020年5月31日(日)
利用時間11:30~14:00
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙317
電話0799-52-3011
公式サイトhttps://www.daiwaresort.jp/awaji/index.html
休業日無休
座席52席(レストラン 暢叙園)、60席(レストラン ブルージュ)
駐車場約260台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で10分

休暇村南淡路

休暇村南淡路は、淡路島南西端の瀬戸内海国立公園の高台にある宿泊施設です。館内のあらゆる場所から、鳴門海峡と大鳴門橋、福良湾の2つのオーシャンビューの絶景が楽しめます。

客室は、福良湾が一望できる洋室ツイン(バス付き)、福良湾側と鳴門海峡側にある洋室ツイン、ゆとりのある和室10畳があります。レストランは、会席料理もしくビュッフェから選択できます。

温泉は、展望大浴場と露天風呂があります。療養泉として知られる南淡温泉が源泉です。鳴門海峡が眺められる美しい眺望が自慢です。淡路島で唯一の天文台「展望台ポラリス」があります。

直径400ミリの大型望遠鏡で天体観測を楽しめます。スターウォッチングを毎晩開催しています。2016年10月にリニューアルしたシーサイドオートキャンプ場があります。福良湾が広がります。

日帰りプラン「桜鯛と淡路島サクラマス会席、入浴券付き」

日帰りプラン「桜鯛と淡路島サクラマス会席、入浴券付き」は、11時30分から14時までレストランでランチ「桜鯛と淡路島サクラマス会席」と南淡温泉「潮騒の湯」を楽しめるプランとなります。

会席では、花びら5種盛(鯛せんべい・鯛マリネ・サクラマスみぞれなど)、桜鯛とサクラマスのお造り、サクラマスの木の芽焼、桜鯛とサクラマスのしゃぶしゃぶ、淡路ビーフローストビーフなどが登場します。

さらに、鯛あら炊き、桜鯛とサクラマスの茶碗蒸し、桜鯛とサクラマスのちらし寿司、桜鱒潮汁、アイスクリームなど、桜鯛とサクラマスが堪能できる会席料理となります。

日帰りプランの料金は1人9000円(税抜)からです。3日前までの予約が必要です。

休暇村南淡路の基本情報

利用期間2020年3月22日(日)~2020年5月19日(火)
利用時間レストラン11:30~13:30、温泉12:00~15:00
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
電話0799-52-0291
公式サイトhttps://www.qkamura.or.jp/awaji/
休業日無休
座席150席(レストラン)
駐車場約100台
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で10分

淡路島サクラマスが誕生するまで

サクラマスとは、ヤマメが斑紋などが薄くなり銀色になると、川から海へ下って成長した魚のことです。春には生まれ育った川へ戻ってくる習性があります。

サクラマスの旬は、3月から5月になります。桜の開花時期と重なり、身の色が美しいピンク色をしていることから「サクラマス」の名前が付いています。

近年はサクラマスの漁獲量が激減しています。現在では、天然ものは幻と呼ばれるほど稀少となりました。富山県においては準絶滅危惧種に指定されるほどです。

サクラマス味は、上品な甘さがあります。鮮やかなサーモンピンクの身に脂がのっておりもっちりしています。身の柔らかくて上品な甘さがあります。後味がサッパリしており、あっさりと食べられます。

サケ・マス類では一番美味しいといわれる食材となっています。

生で食べると味は鮮魚でもトップクラスです。天然ものは寄生虫の危険があるために水揚げしてからすぐに冷凍されています。富山県の名物「ますのすし」の古くからの原料となります。

養殖のサクラマスは生で食べられます。旬の時期は、身が引き締まりしっとりしています。脂がのって甘いです。上品な味わいで色が鮮やかです。高鮮度と急速冷凍で美しさと美味しさをキープしています。

食通に好まれて料亭などで珍重されている高級魚です。山形県の県魚となっています。富山の名物「ますずし」のネタとしても有名です。

漁の最盛期も春です。ひな祭りに食べるなど、食文化上も重要な魚でした。山形県などでは「晴れ(ハレ)の日」のごちそうでした。

なお、古来より「サケ」は標準和名「サケ(シロザケ)」、「マス」はサクラマスのことでした。

明治時代に英語が入ってきてから混乱が始まります。英語では、淡水と海を往来する魚は「サーモン」、淡水で暮らす魚は「トラウト」でした。日本語に訳すときに前者をサケ、後者をマスとしてしまいました。

新たなサケの仲間が流通するようになると、さらに混乱します。北洋のベニザケもギンザケも、古来よりベニマス、ギンマスと呼ばれていましたが、ベニザケ、キンザケ(標準和名)としてしましました。

海と川で呼び名が変わる魚が登場しました。海ではサクラマス、川ではヤマメです。海ではベニザケ(ヒメマス)、川ではアメマス(イワナ)となります。

淡路島サクラマスの養殖

淡路島南あわじ市にある福良港で、2015年からサクラマスの養殖が始まりました。現在では、全国にその名を轟かせているブランド「淡路島3年とらふぐ」を養殖している港となります。

サクラマスに挑戦したのは、現在では淡路島の代表的な高級グルメとなっている「淡路島3年とらふぐ」を開発した福良漁業協同組合で組合長の前田若男さんです。

淡路島では、淡路島3年とらふぐのブランド化に成功したことで、冬のブランド「淡路島3年とらふぐ」、夏のブランド「淡路島のべっぴん鱧(ハモ)」という2大ブランドが揃いました。

次に必要となったのが3月から5月を埋める春の新ブランドです。淡路島では、魚といえば「サワラ」や「シラス」、「ハモ」など白身の魚が人気上位を占めていました。

そこで、斬新さで注目を浴びるように赤身の魚に目を付けました。3月から5月の時期に赤身の魚としてブランド化のターゲットとして登場したのがサクラマスです。

サクラマスはサケ・マス類のサケ科の魚です。川ではヤマメと呼ばれています。冷水性の魚で日本では主に東北地方や北陸地方などの日本海側に分布しています。淡路島では生息していませんでした。

サクラマスの飼育可能な水温は、マイナス1度から20度(適水温は6度から14度)の低水温でした。

福良湾は、鳴門海峡の潮流が速いことから、周辺海域の水温が低いことが特徴でした。寒い地域に生息する冷水性のサクラマスの成育には絶好の環境が揃っていました。

若男水産の前田若男さんは、2015年から淡路島でサクラマスの養殖に取り組みました。試験養殖としてチャレンジしましたが、初年度は約3000匹のうち半数が死んでしまう結果となりました。

生け簀をで、大きい魚が餌を奪うために小さめの魚に餌が無く死んでしまったことが理由でした。

2016年の本格養殖では、成長の度合いにより、生け簀を分けて養殖しました。出荷率が95%にまで高まりました。サクラマスの養殖で安定供給できるようになりました。

エサには、玉ねぎの皮やハーブ、エビのエキスを混ぜました。タマネギは、ポリフェノールが含まれて調理後の身の変色を抑える効果、ハーブやエビのエキスは、食欲を増進する効果がありました。

試行錯誤を繰り返しながら創意工夫で育て上げて、約7000匹の養殖に成功しました。

サクラマスの養殖が成功した理由は、地元の養殖家の高い技術と長年の経験によります。エサの工夫や生け簀の移動など、できる限り自然に近い条件で養殖に取り組んでいることが秘訣です。

2017年度は約7000匹、2018年度は約1万4000匹、2019年度は3業者が約2万3500匹を養殖しています。2020年度は3業者が約1万8000匹を養殖しています。

上質な養殖の淡路島サクラマスを育てています。淡路島サクラマスは、旬の一番おいしい3月から5月の3カ月間だけ出荷されます。

養殖のサクラマスと天然のサクラマスの違いは、冷凍の有無です。天然物は寄生虫(アニサキス)を除去するために一度冷凍が必要となりますが、養殖物は寄生虫がいないために冷凍せずに生で食べられます。

淡路島サクラマスの実績

南あわじ市では、養殖2年目となる2017年からPR活動を開始しました。淡路島サクラマスを使った料理を提供する飲食店を募集して、様々なメニューを開発してきました。

淡路島サクラマスを新しい淡路島のご当地グルメとして、冬の「淡路島3年とらふぐ」と夏の「淡路島の鱧(ハモ)」をつなぐ春の名物とするために、南あわじ市と福良漁協が企画しました。

2017年は南あわじ市の20店舗が参加しました。淡路島サクラマスを使用した鍋や丼など23メニューが登場しました。約8200食、約5000万円を売り上げました。

2018年は南あわじ市の32店舗が参加しました。淡路島サクラマスを使用した鍋や丼など44メニューが登場しました。約1万8500食、約9040万円を売り上げました。

2018年8月には、兵庫県や淡路島観光協会と連携して、淡路島サクラマスプロモーション実行委員会を設立しました。

2019年は、参加店を南あわじ市以外に淡路市と洲本市を含めて淡路島全域に広げました。淡路島にある飲食店40店舗が参加することになりました。メニューも76種類と大幅に増加しました。

5月限定で新たに淡路島のサクラマス・シラス・サワラを使った「春☆スター丼」を19店舗で提供することになりました。その結果、売り上げは2万6000食、9146万円となりました。

春のサクラマスは、冬のフグと夏のハモの間をつなぐ春の名物として、宿泊施設や飲食店など観光業界から歓迎さました。生産者も福良漁協にある3店舗に増えました。

2020年は、売り上げ1億円の突破を目指しています。淡路島サクラマスは、春の新名物ブランドとなるご当地グルメとして定着しつつあります。

淡路島サクラマスの料理の種類

淡路島サクラマスを使用した料理の種類は、サクラマス丼とサクラマス鍋、サクラマスディッシュ、サクラマス土産、サクラマス春☆スター丼の5種類となります。

サクラマス丼は、淡路島サクラマスを使用、淡路島の野菜を1種類以上使用、オリジナルの出汁やタレを使用、淡路島のお米を使用することがこだわりとなっています。

各飲食店が腕をふるい多種多様な調理法と多彩なタレで個性的なグルメのオンパレードです。淡路島では水揚げしてすぐに活け締めします。鮮度抜群で刺身、マリネ、カツや天ぷらなどの丼です。

サクラマス鍋は、淡路島サクラマスを使用、しゃぶしゃぶ形式、淡路島の野菜を3種類以上使用、オリジナルの出汁やタレを使用、締めに淡路島のお米・淡路島手延素麺・淡路島ぬーどるを使用することがこだわりです。

淡路島サクラマスは脂ののりと上品な味わいが魅力です。鍋ではしゃぶしゃぶ鍋で本来の旨味を味わえます。豆乳や酒粕、ウニなどを使用した特製出汁は、淡路島サクラマスとの相性が抜群です。

淡路島の新鮮な野菜や海藻が豊富に採れる春には、白くて柔らかくて生でも食べられる淡路島新玉ねぎをはじめ、鳴門海峡や明石海峡で獲れるミネラル豊富な新ワカメまで一緒に楽しめます。

サクラマスディッシュは、淡路島サクラマスを使用、ワンプレート形式、春色に仕上げること、オシャレ可愛い盛り付け、SNS映えするメニューがこだわりです。

サクラマス土産は、パッケージや味付け食材を厳選して、淡路島サクラマスの美味しさを気軽に楽しめるメニューにすることがこだわりです。

サクラマス春☆スター丼は、淡路島サクラマス・淡路島産のサワラ・淡路島産のしらすを使用することがこだわりです。

淡路島グルメ
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました