サクラマス「志知カフェ」

ジャンル

志知カフェのサクラマスのメニューは、「かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレート」がおすすめです。他にも、10センチ以上の丼、3月限定丼、5月限定丼の3種類があります。

かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレートは、サクラマスをはじめ、鯛や蛸などのお刺身を盛り付けたプレートとなります。エスプーマを吹きかけて「かまくら」のように見立てています。

器は、淡路島の伝統産業の淡路瓦で製作した特注品です。淡路牛、ご飯、調味料など淡路島産の新鮮な食材が並びます。名物尽くしのプレートで見た目と味で淡路島の旬を堪能できます。

他にも、「トリプルラージヒル丼」と3月限定の「ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソースがけ」と5月限定の「3色ラージヒル丼」の3種類があります。1日10食限定で予約がベターです。

トリプルラージヒル丼は、淡路島サクラマス、淡路牛のローストビーフ、淡路島玉ねぎのオニオンフライが重なった丼です。高さが10センチ以上になる大迫力でスキージャンプののラージヒルに例えています。

タレは、淡路島の新玉ねぎのすりおろしに、リンゴやニンニクが入ったユッケ風となっています。甘めの味付けで、お子様でも食べられます。肉と魚と野菜が融合したボリューム満点のメニューです。

ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソースがけは、淡路島サクラマスとフグのレアカツをトマトソースをかけて味わう洋風の丼です。フグとサクラマスの名産を洋風で味わえます。3月限定です。

3色ラージヒル丼は、サイコロ状のサクラマス、サワラ、しらすを特製ダレで和えた3色丼です。締めは出汁をかけてお茶漬け風に食べます。2つの食べ方と3種の魚と贅沢に味わえます。5月限定です。

サクラマスのメニュー

  • かまくら仕立て淡路島サクラマスいぶし瓦プレート:2,200円(当日OK、1日限定10食)
  • トリプルラージヒル丼:M2,500円、L3,000円(当日OK、1日限定10食)
  • ふぐとサクラマスのカツ バジルトマトソース:2,750円(3月限定、当日OK、1日限定10食)
  • 3色ラージヒル丼:2,500円(5月限定、当日OK、1日限定10食)

淡路島でサクラマスのおすすめ店は「淡路島サクラマスおすすめ15選」の記事をご参照ください。

なお、志知カフェは、淡路島で玉ねぎ倉庫跡地をリノベーションしたカフェレストランです。場所は、南部中央の県道126号線で笑原交差点の近くにあります。16種類の唐揚げプレートが人気です。

自家製の手作りで、ゴロゴロした衣をまとい大きくてボリュームがあります。肉厚でジューシーで食べ応えがあります。自家栽培の農作物を使用したカレー、ハンバーグ、ビフカツなども好評です。

店内は、天井が高く開放的です。ソファ席、半個室など非日常空間を演出しています。

また、志知カフェの基本情報は以下のとおりです。

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました