美味しい食べ方「サクラマス」

ジャンル

サクラマスの美味しい食べ方は、サクラマス丼とサクラマス鍋、サクラマスディッシュ、サクラマス土産、サクラマス春☆スター丼の5種類となります。兵庫県南あわじ市と福良漁協が開発しました。

サクラマス丼は、サクラマスを使用すること、淡路島の野菜を1種類以上使用すること、オリジナルの出汁やタレを使用すること、淡路島のお米を使用することがこだわりとなります。

各飲食店が腕をふるい多種多様な調理法と多彩なタレで個性的なグルメのオンパレードです。淡路島では水揚げしてすぐに活け締めします。鮮度抜群で刺身、マリネ、カツや天ぷらなどの丼です。

サクラマス鍋は、サクラマスを使用すること、しゃぶしゃぶ形式であること、淡路島の野菜を3種類以上使用すること、オリジナルの出汁やタレを使用すること、締めに淡路島のお米・手延素麺・ぬーどるを使用することがこだわりとなります。

サクラマスは脂のりと上品な味わいが魅力です。鍋ではしゃぶしゃぶ鍋で本来の旨味を味わえます。豆乳や酒粕、ウニなどを使用した特製出汁は、サクラマスとの相性が抜群です。

淡路島の新鮮な野菜や海藻が豊富に採れる春には、白くて柔らかくて生でも食べられる淡路島新玉ねぎをはじめ、鳴門海峡や明石海峡で獲れるミネラル豊富な新ワカメまで一緒に楽しめます。

サクラマスディッシュは、淡路島サクラマスを使用、ワンプレート形式、春色に仕上げること、オシャレ可愛い盛り付け、SNS映えするメニューがこだわりです。

サクラマス土産は、パッケージや味付け食材を厳選して、淡路島サクラマスの美味しさを気軽に楽しめるメニューにすることがこだわりです。

サクラマス春☆スター丼は、淡路島サクラマス・淡路島産のサワラ・淡路島産のしらすを使用することがこだわりです。

なお、サクラマスとは、ヤマメの斑紋が薄く銀色になり、川から海へ下って成長した魚です。春には生まれ育った川へ戻る習性があります。3月から5月が旬です。漁の最盛期も春です。

桜の開花時期に身の色が美しいピンク色になることから「サクラマス」の名前が付きました。

近年はサクラマスの漁獲量が激減しています。天然ものは幻と呼ばれるほど稀少となりました。富山県で準絶滅危惧種に指定されています。ただし、天然ものは生で食べられません。

富山県の名物「ますのすし」の古くからの原料となり「ますずし」として有名です。山形県の県魚として「晴れ(ハレ)の日」のごちそうでした。ひな祭りに食べたり、食文化で重要な魚でした。

サクラマス味は、上品な甘さがあります。鮮やかなサーモンピンクの身に脂がのっておりもっちりしています。身の柔らかくて上品な甘さがあります。後味がサッパリしており、あっさりと食べられます。

サケ・マス類では一番美味しいといわれる食材です。養殖のサクラマスは生で食べられます。生で食べると味は鮮魚でもトップクラスです。旬の時期は、身が引き締まりしっとりしています。

脂がのって甘いです。上品な味わいで色が鮮やかです。高鮮度と急速冷凍で美しさと美味しさをキープしています。食通に好まれて料亭などで珍重されている高級魚です。

淡路島では春のブランド食材となっています。3月から5月まで、飲食店、旅館やホテルで提供されます。上記した5種類の料理でオリジナルなメニューを開発しています。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました