花見の庭2019「桜祭」奇跡の星の植物館

スポンサーリンク

花見の庭2019が開催されます。淡路島にある奇跡の星の植物館で「桜祭」と題して、日本の花文化を象徴する「花見」をテーマにしたイベントです。美しい桜色をした和の庭園が登場します。今年は「浮世絵に詠む江戸の花見」をイメージして、浮世絵に出てくる華やかな「花見」のシーンを再現しています。

早咲きから遅咲き、枝垂れ桜、八重桜など多種多様な桜を楽しむことができます。100種2万株の春の植物で彩られた和の庭となります。植物と芸術による演出で、伝統とモダンを見事に調和させています。春の情緒あふれる和の庭園で、モダンで雅な世界を体験することができます。

花見の庭2019「桜祭」の開催期間は、3月16日(土)から4月14日(日)までとなります。開催場所は、淡路島の淡路夢舞台の温室「奇跡の星の植物館」となります。

スポンサーリンク

花見の庭2019「桜祭」の基本情報

  • 開催名称:淡路夢舞台桜祭 花見の庭2019~浮世絵で詠む江戸の花見~
  • 開催期間:3月16日(土)~4月14日(日)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 特別入館料:大人600円、シルバー300円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路地下駐車場(普通車600台)
  • 駐車料金:普通車500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

花見の庭2019「桜祭」の内容

3月16日(土)から4月14日(日)まで、淡路島の奇跡の星の植物館で「淡路夢舞台桜祭 花見の庭2019~浮世絵で詠む江戸の花見~」が開催されます。

淡路島のリゾート施設「淡路夢舞台」の全体で「桜祭」と題して、建物施設から百段苑、プロムナードガーデン、円形フォーラム、楕円フォーラムを結ぶ回廊に、桜が並ぶ「サクラ回廊」が設けられます。

淡路夢舞台の入口から奇跡の星の植物館までをサクラを愛でながら散策を楽しむことができます。

奇跡の星の植物館では、「浮世絵に詠む江戸の花見」をイメージして、日本の花文化である「花見」を象徴する美しい桜色をした和の庭園が登場します。浮世絵に出てくる華やかな「花見」再現されます。

早咲きから遅咲き、枝垂れ桜、八重桜など多種多様な桜を楽しむことができます。100種2万株の春の植物で彩られた和の庭となります。植物と芸術による演出で、伝統とモダンを見事に調和させています。

春の情緒あふれる和の庭園で、モダンで雅な世界を体験することができます。花見の庭2019「桜祭」では、日本の伝統文化である花見を五感で体験することができます。

花見は日本固有の文化となっています。四季の変化がある豊かな自然に寄り添って生きてきた日本の暮らしの中で「花文化」を代表するイベントです。日本で花見といえば桜といわれるように、平安時代から花見の花はずっと桜となっています。

桜(さくら)の「さ」の字は山の神さまのことを意味しており、「くら」の字は山の神さまが一時宿る神の座のことを意味しています。桜の名に込められた先人たちの思いは、春の訪れを告げる華やかな桜の木の下で、春の神の訪れを迎えるイベントとして表現されました。

桜で迎える花見は平安時代に始まる貴族の宴ですが、庶民には花の日(春山入り)として、季節の味覚のご馳走とお神酒を持って山に入り一年の豊作を山の神さまに願う宴でした。これは、山の神さまが春に里に下りて田の神さまとなり(さおり)、田の神さまが秋に山に帰って山の神さまとなる(さのぼり)という桜(さくら)の由来にまつわる信仰です。

国民的行事となった花見は遊山であるだけでなく、衣類、食料、住居、芸能、芸術、工芸にまで幅広く影響を与えてきました。これこそが歴史が長く根付いてきた日本の花文化といえるでしょう。今回の「花見の庭2019」は、そんな庶民の暮らしにスポットを当てています。

花見小袖「江戸の花見」

メイン展示となる展示室5「フラワーショースペース」では、江戸の花見が再現されます。

ソメイヨシノ(染井吉野)、オオシマザクラ(大島桜)、ヤマザクラ(山桜)、楊貴妃、一葉桜、糸桜(イトザクラ)、オカメザクラ、陽光桜、豆桜などの枝垂れ桜、八重枝垂れ桜など10種類以上の桜が登場します。

ユキヤナギ(雪柳)、コデマリ(小手毬)など春の花木、プリムラマラコイデス、オブコニカなど桜草、クレマチス、ストック、サイネリア、デルフィニウム、マーガレット、ヒメエニシダなどが植えられています。

100種2万株の春の植物で彩られた庭園で江戸の花見を再現しています。

江戸時代の町娘は、花見に行くために「花見小袖」で着飾っていました。花見の陣取りとしても活用されていました。枝と枝にひもをかけて幕の代わり吊るしたり、華やかさを競い合っていました。

今年は、花見小袖の柄をイメージした左官壁と苔で創り上げた壁面緑化で演出しています。土壁と苔、さらに早咲き、遅咲き、枝垂れ、株立ちと多様な桜が次々と登場します。

花見小袖をイメージした豊かな装飾でダイナミック空間に花見の庭がデザインされています。

  • 展示場所:展示室5(フラワーショースペース)

伝統園芸「江戸の庶民の暮らし」

展示室3「花と緑の暮らし」では、伝統園芸展「園芸三昧」が登場します。伝統園芸は、日本人独特の趣味で創り上げられた文化として、特定の植物が伝統園芸植物と定められています。

伝統園芸では、植物だけでなく器、装飾も大切な要素の一つとなっています。位の高い人々の間で始まりました。江戸時代には町民の間で親しまれてきました。

伝統園芸の逸話として、ある御家人の母親が桜草を愛して、重箱に寒天を流して固めたそうです。様々なサクラソウの品種を挿しての鑑賞を考案して、大変な評判になったそうです。今回は、東洋蘭、オモト、斑入り植物、サクラソウ、ショウブなどをはじめ、桜草の重箱飾りや棚飾りを展示します。

  • 展示場所:展示室3

和風バーティカルガーデン

展示室4では、和風バーティカルガーデン(Vertical garden)が登場します。バーティカル・ガーデンは、垂直な庭を意味します。縦スペースに植物の取り入れた緑の壁や緑のカーテンなどがあります。

日本の伝統的デザインとなるパターンと瓦をベースとして、土壁に盆栽やコケを使用して和風のバーティカルガーデンを創り上げています。淡路島の伝統産業である「淡路瓦」をはじめ、土、木材、竹などの資源を活用しています。アートと植物が融合した美しい壁面緑化を楽しむことができます。

  • 展示場所:展示室4

浮世絵と花見弁当箱展

エスカレーターホールでは、町人が美しい着物と美しい花見弁当箱を持って、歌を詠み酒を交わして踊りながら花見を楽しむ浮世絵、美しい蒔絵の花見弁当箱やわりこ弁当などお弁当箱を展示します。

江戸時代は将軍から町民まで身分に関係なく、日本人の誰もが花を愛していました。当時の西洋人は、日本の花文化の豊かさに驚いたといわれています。お花見は日本人独特の文化です。

美しい着物を着て、花を見ながら、歌を詠みます。美しい蒔絵の重箱に、旬の素材を料理を詰めて、お花見用のお弁当として、酒を交わしながら、踊ります。文化を生み出して工芸を育みました。

今回は、江戸時代の花見の様子を描いた浮世絵から江戸の庶民の花見を考察しています。

身分の高い人が花見に持参した「蒔絵の花見弁当箱」、庶民が花見を楽しみながら食べた「わりこ弁当」など、様々な美しいお弁当箱が展示されます。日本の花文化が創出した物の素晴らしさを伝えます。

  • 協力:一般財団法人雑花園文庫(浮世絵)、コヤノ美術館(花見弁当箱)

ヒスイカズラの開花

展示室2~4階段では、ヒスイカズラが開花を展示しています。ヒスイカズラは、「Strongylodon macrobotrys」といわれるフィリピンのルソン島に自生する熱帯つる性植物です。

和名は、花色が宝石の翡翠(ヒスイ)に似ていることから名付けられました。英名も、ジェードバインで翡翠(ヒスイ)のつるとなります。穂の長さは、1メートル以上に及ぶ大型の植物です。

地球上には花が無数に存在しますが、目が覚めるような鮮やかなエメラルドグリーンの花を咲かせる植物はなかなかありません。栽培は高温な環境が必要です。一般家庭での栽培は難しいです。

藤のように花穂を長く下垂させて、長さ7.5センチほどのエメラルドグリーンをした多くの美しい花を咲かせます。2000年の花博に合わせて高温で植栽されて、2005年に初めて開花しました。

  • 展示場所:展示室2~4階段

アンスリウムとメディニラ

展示室2では、アンスリウム(Anthurium)とメディニラマグニフィカ(Medinilla magnifica)が展示されています。耐陰性がありインドアプランツにぴったりの植物となります。

アンスリウムは、一般的な赤色の花から紫色、黒色など様々な花の色が増えてきて注目されている品種です。メディニラマグニフィカは、ダイナミックに30センチほどの下垂型の大きな花を咲かせる品種です。

今回は、10種類を超える原種のアンスリウムとメディニラマグニフィカで、鮮やかなトロピカルガーデンをコーディネートしています。豪華で迫力いっぱいの展示となります。

  • 展示場所:展示室2

ウェスティンホテル淡路とコラボスイーツ

ミラクルプラネットカフェでは、花見の庭の開催期間に限定でウェスティンホテル淡路と奇跡の星の植物館がコラボレーションしたスイーツ「さくらさくら」が登場します。口でもお花見を楽しめます。

八重桜の花をふんだんに使用した春の香りが漂うケーキです。いちごに、抹茶と桜餅が入っています。桜の風味で優しい味わいとなります。「花見」と「桜」をテーマにしたイベント限定のデザートです。

  • 場所:ミラクルプラネットカフェ(アトリウム2階バルコニー)
  • ケーキのみ:518円、コーヒー&紅茶セット:920円、ハーブティー:1020円

オープニングイベント

3月16日(土)に「花見の庭2019」のオープニングイベントとしてミラクルメイツのショートミュージカルが上演されます。10時30分から11時、14時から14時30分の2回開催となります。

日本の伝統文化である「花見」をテーマにして、子供たちが歌と踊りで表現します。メイン展示スペースの庭園がステージとなります。庭園の周りからの観覧となります。

  • 開催日時:3月16日(土)10:30~11:00、14:00~14:30
  • 開催場所:フラワーショースペース(展示室5)

プリザーブドフラワーアレンジ教室

3月23日(土)と3月24(日)に、奥田とみよ先生によるプリザーブドフラワーアレンジ教室が開催されます。参加費は体験するアレンジによって異なります。別途入館料が必要となります。

フォトフレーム、ガラスハイヒールアレンジ、フレグランスフラワーのミニ花束、子供の日アレンジ「兜」、仏花アレンジなどから選んで、プリザーブドフラワーで装飾します。

今回は、春の新入学などのお祝いにピッタリのギフトアレンジもあります。体験教室だけでなく販売コーナーもございます。

  • 開催日時:3月23日(土)24日(日)10:30~11:00、14:00~14:30
  • 開催場所:館内
  • 参加料金:2500円~

花見の庭2019「桜祭」のアクセス

花見の庭2019「桜祭」が開催される奇跡の星の植物館へのアクセスは、目的地を淡路夢舞台にすると便利です。淡路夢舞台へのアクセスは、自動車と高速バス、高速船の3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅とJR舞子駅に最寄りの淡路島行き高速バスが運行しています。乗車する高速バスの路線は、本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)です。降車するバス停は淡路夢舞台前です。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスで淡路夢舞台前に約7分で到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)

花見の庭2019「桜祭」の会場

花見の庭2019「桜祭」が開催される奇跡の星の植物館は、淡路島北東部の複合型リゾート文化施設「淡路夢舞台」にあります。6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室です。年7回のフラワーショーが開催されています。自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さを様々な展示を通じて五感で体感できます。21世紀型の花・緑と共生する生活空間や都市空間を提案しています。

「奇跡の星」である地球の大切さを体験できるミュージアムです。長さ100メートル、幅24メートル、高さ17メートルの吹き抜け空間には、多肉植物、熱帯植物、温帯植物、高山植物など、約3千種3万株の多様な植物が展示されています。

奇跡の星の植物館 淡路島に日本最大級の温室
奇跡の星の植物館は、淡路島の植物園です。リゾート施設「淡路夢舞台」にある日本最大級の温室となります。延床面積6700平方メートルの敷地に約3千種3万株の植物を展示しています。 年間に7回のフラワーショーが開催されています。自然の素晴ら...

花見の庭2019「桜祭」周辺の観光スポット

花見の庭2019「桜祭」が開催される奇跡の星の植物館の周辺の観光スポットは、ハローキティスマイル、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」、あわじ花さじきとなります。

ハローキティスマイルは、淡路島北西海岸にあるキティちゃんの複合レストランです。レストランでは、ビュッフェ、オリエンタル料理、ハイティー、シーフードグリルなど豊富なメニューが提供されます。

キティちゃん型のドーム型の建物はシアターで、キティちゃんの夢の世界の映像が見られます。ギャラリーでキティちゃんのレアな絵画、ショップで限定品や関西初登場のキティちゃんグッズを販売しています。

淡路島キティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」
淡路島にキティちゃんレストラン「ハローキティスマイル(HELLO KITTY SMILE)」があります。兵庫県淡路市北西部の海岸沿いで巨大なキティちゃんをイメージした建物です。2018年4月27日にオープンしました。 キティちゃんレス...

ニジゲンノモリは、淡路島公園にある自然と二次元を融合させたアニメパークです。東京ドーム約28個分の敷地に、テーマパーク、レストラン、グランピング施設、ショップなどが点在します。

アニメ「クレヨンしんちゃん」、アニメ「NARUTO ナルト」、漫画「火の鳥」、絵本「こびとづかん」をテーマのアトラクションやグッズ、グルメで世界観を体験できます。無料遊具も充実しています。

ニジゲンノモリ 淡路島公園アニメパーク
ニジゲンノモリは、淡路島公園にあるアニメパークです。アニメ「クレヨンしんちゃん」や「NARUTO ナルト」、漫画「火の鳥」など日本の二次元の世界を楽しめるテーマパークです。入場は無料です。 アニメと自然を融合させたアトラクションをはじ...

あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の公園です。標高298メートルの展望デッキからなだらかに高原が広がります。大阪湾の海に向かって広がる一面の花畑は圧巻です。

甲子園球場4個分の敷地に、四季を通じて約250万株の花が植えられています。青い空、碧い海、緑の山々、花畑と大パノラマの絶景を体験できます。淡路島が花の島と呼ばれるに相応しい名所です。

あわじ花さじき 淡路島で関西屈指の花の名所
あわじ花さじきは、淡路島で関西屈指の花の名所です。北中部の丘陵地にある広大な敷地で、季節の花々が咲き誇ります。海に向かって広がる一面の花畑は圧巻です。空と海と花の大パノラマが体験できます。 あわじ花さじきの花畑は、敷地面積は約16ヘク...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
奇跡の星の植物館
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました