スポンサーリンク

冬の淡路島おすすめスポット2018

淡路島観光で冬のおすすめスポットをまとめました。淡路島で冬の観光スポットといえば、まず、500万本の水仙が咲く灘黒岩水仙郷です。日本三大自生地となっています。次に、植物園の奇跡の星の植物館です。日本最大級の温室で寒くならないです。次に、明石海峡大橋のライトアップと淡路サービスエリア上りのイルミネーションです。冬の夜景は外せません。

次に、たこせんべいの里です。屋内で試食とコーヒーのサービスがあります。次に、パルシェ香りの館です。屋内で香りの体験教室と温泉施設です。最後に、美湯 松帆の郷です。露天風呂で明石海峡大橋の絶景が見れます。

淡路島には、冬だけの観光スポットと屋内の観光施設があります。春や夏と違い花や海で楽しめません。しかし、約500万本の水仙と美しい星が輝く冬の夜空はおすすめです。時間があれば体験教室です。

奇跡の星の植物館 日本最大級の温室の植物園

奇跡の星の植物館は、淡路島北東部にある淡路夢舞台の植物園です。延床面積6700平方メートルで日本最大級の温室となります。1年間に約3千種3万株の多様な植物を展示しています。

自然の美しさを目で見て、耳で聞き、鼻で匂うことで体感できる展示を施しています。人間と自然との共生するためのアドバイスとなる提案を行っています。体感して実践する植物のテーマパークです。

11月17日(土)から2019年1月20日(日)まで、クリスマスフラワーショー2018が開催されます。今年はスウェーデンのクリスマスをイメージしたクリスマスガーデンを演出しています。

淡路島最大級の高さ10メートルのホワイトクリスマスツリーと200種2万株のホワイトフラワーで彩られるホワイトクリスマスガーデンが登場します。インスタ映えスポットとして人気です。

クリスマスフラワーショー2018 奇跡の星の植物館
奇跡の星の植物館で「クリスマスフラワーショー2018 北欧のクリスマス」が開催されます。日本最大級の温室施設に、淡路島最大級の高さ10メートルのホワイトクリスマスツリーと200種2万株のホワイトフラワーを雪に見立てたホワイトクリスマスガーデ...

奇跡の星の植物館の基本情報

  • 開催期間:2018年11月17日(土)~2019年1月20日(日)
  • 開催時間:10:00~18:00
  • 特別期間の開催時間
    12月1日(土)~12月9日(日)金土日10:00~21:00
    12月15日(金)~12月24日(月祝)10:00~21:00
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 入館料金:大人600円、シルバー300円、高校生以下無料
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場600台
  • 駐車料金:普通車500円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分
  • HP:奇跡の星の植物館

明石海峡大橋のライトアップ

明石海峡大橋のライトアップは、常時開催されています。淡路サービスエリアから望める世界一の吊り橋である明石海峡大橋は、淡路島でナンバーワンの観光スポットとなっています。

夜になると明石海峡大橋がライトアップで光り輝きます。世界初となる自由な色彩が可能なケーブル照明1084個で、多彩な光の演出をしてケーブル曲線美を表現できるイルミネーションを毎日行っています。

神戸の街並みの美しいネオンライトで浮かび上がる明石海峡大橋の煌くアーチは絶景といえます。

特に年末にかけては、神戸ルミナリエ、クリスマス、年末のカウントダウン、年始の日の出と特別プログラムによるライトアップパターンでのイルミネーションとなるためにおすすめです。

明石海峡大橋ライトアップ まとめ
明石海峡大橋のライトアップをまとめてみました。淡路島で一番の観光スポットは、淡路サービスエリアから望める世界一の吊り橋の明石海峡大橋です。夜には明石海峡大橋がライトアップで光り輝きます。神戸の美しいネオンライトに浮かび上がる明石海峡大橋の煌...

明石海峡大橋のライトアップの基本情報

  • 開催日時:日没~23:00(平日)、日没~24:00(土日祝)
  • 開催場所:明石海峡大橋
  • 公式ホームページ:明石海峡大橋ライトアップ
  • 観覧場所:淡路サービスエリア
  • 特別プログラム:神戸ルミナリエ、クリスマス、年末年始など

淡路サービスエリア上りのライトアップ

淡路サービスエリア上りのライトアップは、本館の奥にある「橋の見える丘」と呼ばれる広場で「蓄光石」による幻想的な光の演出を行っています。ロマンチックムードが漂う「恋人の聖地」に認定されています。

蓄光石とは、蓄光発光セラミックスの通称で太陽光や蛍光灯の紫外線を吸収して、半永久的に蓄光と発光を繰り返すセラミックス素材です。夜になるとエメラルドグリーンに輝きながら光の演出をしています。

日本発祥の地である「淡路島」の国生み神話をモチーフにしています。イザナギとイザナミによる淡路島を創造したデザインと国土創生により誕生した日本列島がエメラルドグリーンに浮かび上がります。

淡路サービスエリア上りの本館の奥にある「橋の見える丘」からは、蓄光石による幻想的な光の演出で、神戸の街のネオンライトをバックに明石海峡大橋が美しいライトアップで浮かび上がります。

なお、淡路サービスエリア上りは、淡路サービスエリア下りと連絡道路でつながれており往来が自由です。

淡路サービスエリア 淡路島ナンバーワン観光スポット
淡路サービスエリア(淡路SA)は、淡路島に明石海峡大橋を渡ってすぐのサービスエリアです。明石海峡大橋の絶景を眺められることから淡路島で最大の観光スポットとなっています。全国でも数少ない観覧車のあるサービスエリアで、関西の横綱と呼ばれるほど人...

淡路サービスエリア上りのライトアップの基本情報

  • 開催時間:日没~日の出
  • 開催場所:淡路サービスエリア上り 橋の見える丘
  • 開催住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3118-1
  • 電話番号:0799-72-4608(上り)
  • 公式ホームページ:淡路サービスエリア
  • 定休日:年中無休

黒岩灘水仙郷 500万本のニホンスイセン

灘黒岩水仙郷は、淡路島南あわじ市の南中央の海岸沿いにある水仙の名所です。最高峰608メートルの諭鶴羽山の山麓から海岸まで45度の斜面一帯に約500万本のニホンスイセンが咲き誇ります。

今年の開園は、2018年12月27日(木)から2019年2月下旬までとなります。遊歩道に導かれて水仙の間を縫って歩きながら斜面を上っていると白いじゅうたんの上を歩いている気分になります。

斜面頂上にある展望台に上ると、水仙のレモンイエローと空のスカイブルーと海のディープブルーが絶妙のコントラストを映し出します。黄色と青色が織り成す自然が生み出す絶景をご覧いただけます。

斜面に咲き誇る500万本のニホンスイセンが一斉にそよぐ姿は壮観そのものです。なお、灘黒岩水仙郷は急な階段や坂道が多くあるために、事前に運動靴などヒールの低い靴を準備すると便利です。

淡路島水仙おすすめ灘黒岩水仙郷 日本三大自生地
淡路島で水仙のおすすめ名所は「灘黒岩水仙郷」です。約7ヘクタールの敷地に約500万本の一重咲きの野生のニホンスイセンが咲きます。淡路島の島民では寒い時期に一度は行ったことがあるくらい有名な水仙の名所です。日本三大自生地の一つとなっており、淡...

灘黒岩水仙郷の基本情報

  • 開演期間:12月27日(水)~2月下旬
  • 開催時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 開催住所:〒656-0551 兵庫県南あわじ市灘黒岩2
  • 電話番号:0799-56-0720
  • 入園料金:大人500円、子供(小中学生)300円
  • 駐車料金:50台(無料第1駐車場)
    60台(倉川臨時駐車場)
    50台(黒岩臨時駐車場)
    150台(土生港臨時駐車場)
  • ※どの臨時駐車場からも臨時シャトルバス(無料)が出ています。
    アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約40分

パルシェ香りの館 体験や温泉の香のテーマパーク

パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある香のテーマパークです。瀬戸内海が一望できる高台にあります。花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。

線香の生産量が全国1位を誇る淡路市の伝統産業をPRする観光施設です。最近、鑑賞用のインテリアとして注目されているハーバリウム作りなど香りの手作り体験ができる施設として人気があります。

香りの湯では、露天風呂にラベンダーやローズマリーなど四季折々のハーブを浮かべた香り豊かな癒しの温泉を楽しむことができます。冬期間は、冬至にちなんだ「ゆず湯」が登場します。12月23日まで開催されます。

冬至は1年で最も昼が短く夜が長い日です。お湯に浸かって病を治す「湯治」ともいわれており、無病息災の願掛けを行うために「ゆず湯」に漬かる風習があります。ゆず約千個が浮かび爽やかな香りで癒やされます。

カフェとレストランでは、淡路島ハーブハンバーガーやラベンダーソフトクリームなどが人気です。

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...

パルシェ香りの館の基本情報

  • 名称:パルシェ香りの館
  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:8:30~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • HP:パルシェ香りの館
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

たこせんべいの里 せんべい試食とコーヒーのサービス

たこせんべいの里は、淡路島の津名一宮インターチェンジの近くにある約40種類のおせんべいの製造直売施設です。たこせんべいにチョコ味、わさび味、うめ味、かりんと味などレパートリーが豊富です。

販売コーナーでは、たこせんべいの商品全種類がズラリと並んで全て試食可能で販売されています。休憩コーナーでは、広々とした空間でお茶やコーヒーが無料で飲めます。テーブルとイスが用意されています。

見学コーナーでは、おせんべいの製造ラインが窓越しに見学できます。なお、見学は工場が稼動する時間のみとなります。販売も休憩も見学もできることから淡路島でナンバーワンのお土産スポットです。

たこせんべいの里 淡路島の直販施設 試食と無料コーヒーと工場見学
たこせんべいの里は、淡路島にあるせんべいの製造直販施設です。たこせんべいの里では、約40種類のせんべいの無料試食のサービスや無料コーヒーのセルフサービス、工場見学などがあります。淡路島の観光施設として休憩スポットとして好評です。サービス満点...

たこせんべいの里の基本情報

  • 住所:〒656-2163 兵庫県淡路市中田4155-1
  • 電話:0799-60-2248
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休業日:年中無休(大晦日15:00まで)
  • 入場料:無料
  • HP:たこせんべいの里
  • 駐車場:無料(普通車約80台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約5分

美湯松帆の郷 明石海峡大橋の絶景を眺めながら温泉

美湯松帆の郷は、淡路島北部の丘にある温泉リゾート施設です。露天風呂から、世界一の吊り橋の明石海峡大橋の絶景を眺めることができる景色の美しい温泉です。明石海峡の海鮮料理が味わえます。

昼は青い空と碧い海に明石海峡大橋を、夜は神戸のネオンとイルミネーションに彩られた明石海峡大橋を眺めながら入浴が楽しめます。天然ラドン温泉の露天風呂は和洋2つで日替わりで男女を入れ替えています。

なお、美湯松帆の郷は無料のシャトルバスが運行しています。高速バスの淡路インターチェンジ、高速船の岩屋港、道の駅あわじの3カ所を周回していますので、アクセスが便利です。

美湯 松帆の郷 淡路島で温泉から明石海峡大橋の絶景
美湯松帆の郷は、淡路島北端の丘にある日帰り温泉施設です。露天風呂から明石海峡大橋の絶景が眺められます。名前の由来は岩屋温泉の「美しい湯」と明石海峡大橋の「ビュー(眺望)」をかけた造語です。 美湯松帆の郷の露天風呂からは、世界一の吊り橋...

美湯松帆の郷の基本情報

  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3570-77
  • 電話:0799-73-2333
  • 営業時間:温泉|11:00~22:00(最終入館21:00)、レストラン|11:00~21:00(GW、正月、夏休み期間は1時間延長)
  • 入浴料金:大人700円、シルバー(65歳以上)600円、子供(4歳~小学生)400円、幼児(3歳以下)無料
  • 定休日:第1木曜(1月・4月・5月・8月は無休)
  • HP:美湯松帆の郷
  • 駐車場:無料(64台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 無料送迎:道の駅あわじ、淡路IC(インターチェンジ)、岩屋ボートビル(岩屋港ジェノバライン乗り場)から無料送迎定期便、岩屋港発車時刻(12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00)
淡路島のイベント
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!