スポンサーリンク

冬の淡路島おすすめスポット2022

観光
スポンサーリンク

冬の淡路島でおすすめスポットをまとめました。

冬の淡路島
スポンサーリンク

冬の淡路島でおすすめスポット

2022年の冬の淡路島は、明石海峡大橋でライトアップ、観光施設でクリスマスツリーなどイルミネーションが美しいです。公園でストックや菜の花が見頃です。いちご狩りのシーズンです。

テーマパークでは、ドラゴンクエストやゴジラ、ハローキティのイベントが開催されます。グルメでは、淡路島3年とらふぐ料理がシーズンです。日帰り温泉が人気となります。

なお、冬期間の12月1月2月の月別でおすすめ観光スポットは、以下の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

冬のイルミネーション「明石海峡大橋」

冬の淡路島では、明石海峡大橋のイルミネーションが美しいです。世界一の吊り橋が1084個の照明で光り輝きます。真珠のような輝きから「パールブリッジ」とも称されています。

神戸の街並みの美しいネオンライトに浮かび上がる明石海峡大橋の煌くアーチは絶景といえます。明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路サービスエリアからの眺望は島随一の夜景といわれています。

特に年末にかけては、神戸ルミナリエ、クリスマス、年末のカウントダウン、年始の日の出と特別プログラムによるライトアップパターンで明石海峡大橋の電飾がグレードアップします。

スポンサーリンク

冬のライトアップ「淡路サービスエリア上り線」

冬の淡路島では、「淡路島サービスエリア上り線」でライトアップが開催されます。恋人の聖地に選ばれた「橋の見える丘」と呼ばれる広場で「蓄光石」の幻想的な光の演出が行われます。

日本発祥の地である「淡路島」の国生み神話をモチーフにしています。ハートのベンチからは、神戸のネオンライトをバックに明石海峡大橋の美しいイルミネーションが眺められます。

本館から駐車場を挟んで反対にある「桜の小道」では、瀬戸内の海と島と橋をテーマにイルミネーションが施されます。小道まで足を運ぶと全長90メートルの光のトンネルが登場します。

スポンサーリンク

冬の植物園「あわじグリーン館」

2022年11月19日(土)から2023年1月15日(日)まで、淡路島にある温室「あわじグリーン館」で、ウィンターガーデンが開催されます。光と花が融合した神秘的な演出となります。

高さ約20メートルの大空間がイルミネーションされるクリスマスイベントです。巨大なクリスマスツリー、ガーデンキャッスル、ガーデンアーチが光で彩られます。フラワーシャワーで満たされます。

2023年1月下旬から2023年3月下旬まで、淡路島にある温室「あわじグリーン館」で、特別展オーキッドフェスティバルが開催されます。約500種5000本の蘭(ラン)が彩ります。

世界有数のコレクションを誇るシンガポール国立蘭園をはじめ、シンガポールやタイから直輸入して世界の希少な蘭(ラン)が一堂に会します。日本初展示の品種もあり蘭の魅力を五感で楽しめます。

スポンサーリンク

冬のクリスマスツリー「淡路ハイウェイオアシス」

2022年11月19日(土)から2022年12月25日(土)まで、淡路島の淡路ハイウェイオアシスのアトリウム空間に、高さ9メートルのクリスマスツリーがライトアップされます。

約2万個のカラフルな電球で鮮やかに彩ります。クリスマス当日まで明石海峡大橋のイルミネーション、淡路サービスエリアのライトアップ、神戸のネオンライトと共に淡路島の夜を彩ります。

スポンサーリンク

冬のハローキティ「スマイル&ショーボックス」

2022年12月16日(金)から2023年3月13日(月)まで、淡路島のメディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」でウィンターミッションが開催されます。冬フォトスポットです。

専用キットに書かれるヒントから謎を解きます。大人と学生にレストラン&カフェで利用できる500円分グルメチケットがプレゼントされます。12月のグリーティングはクリスマスパーティです。

2022年12月下旬から2023年1月下旬まで、淡路島のメディアアート&レストラン「ハローキティスマイル」で、お正月イベントが開催されます。ハローキティが新年をお祝いします。

グリーティングで書初めにチャレンジします。ハローキティと記念撮影します。ビンゴ大会で豪華景品が当たります。年賀状がプレゼントされます。限定ミッションやフォトフレームなどもあります。

2022年12月1日(木)から12月30日(金)まで、淡路島のシアターレストラン「ハローキティショーボックス」で、クリスマスパーティーが開催されます。ジャズバンドショーです。

クリスマス曲をはじめ名曲の数々が披露されます。キティちゃんと一緒に歌って踊って盛り上がります。バンドメンバーと一緒に楽器を演奏します。2022年の締めくくるショーです。

2023年1月上旬から3月下旬まで、淡路島のシアターレストラン「ハローキティショーボックス」で、お正月公演「ブランニューデイ」が開催されます。新年の幕開けを告げます。

ジャズバンドショーではキティちゃんが歌って踊って演奏します。大人気のランチ公演となります。グリーティングでは年賀状にメッセージを書くとプレゼントがもらえます。記念写真が撮影できます。

スポンサーリンク

冬のテーマパーク「ニジゲンノモリ」

2022年10月15日(土)から2023年1月9日(月)まで、淡路島のニジゲンノモリで、鬼滅の刃コラボイベントが開催されます。アニメ「鬼滅の刃」で昼と夜のアトラクションで遊べます。

昼は謎解きウォークです。周遊する謎解きゲームです。夜はナイトウォークです。那田蜘蛛山の名シーンをプロジェクションマッピングで彩る森を歩きます。グッズの販売やフードの提供もあります。

2022年10月2日(日)から2023年1月9日(月)まで淡路島のニジゲンノモリにあるドラゴンクエストアイランドで大魔王討伐キャンペーンが開催されます。ポストカードのプレゼントです。

「よろず屋」でSNSに写真を投稿すると豪華賞品が当たる「シェア&ルーレットチャレンジ」、「宿屋」でSNSに写真を投稿すると宿屋に絵画が飾られる「絵画を愛した宿屋の店主」を開催しています。

2022年12月3日(土)から2023年6月30日(金)まで、淡路島のニジゲンノモリにあるゴジラ迎撃作戦で、メカゴジラ特別展が開催されます。「メカゴジラ」を特集する展示です。

メカゴジラ特別展は、メカゴジラスーツ・映画の場面写真・フィギュアなど貴重な映画資料が展示されます。最強のライバル怪獣メカゴジラと戦う写真が撮影できるフォトスポットも登場します。

2022年12月10日(土)から2023年2月26日(日)まで、淡路島のニジゲンノモリにあるクレヨンしんちゃんアドベンチャーパークで「冬の陣バブル改」が開催されます。

アスレチックのモチーフとなった映画「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の登場人物「大蔵井高虎」の陣営からのバブル砲の攻撃を受けます。バブルをすり抜けながら難関のクリアを目指します。

2022年12月3日(土)から2023年3月5日(日)まで、淡路島にあるニジゲンノモリの「NARUTO&BORUTO忍里」で、ミナト班篇「リアル謎解きゲーム」が開催されます。

ミナト班は、ナルトの父である波風ミナト、はたけカカシ、うちはオビト、のはらリンが所属する班です。謎や暗号を解く任務にチャレンジします。グッズ販売やフォトスポットもあります。

スポンサーリンク

冬の花の名所「あわじ花さじき」

2022年11月18日(金)から2023年2月下旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」でストックが見頃となります。天空の花園で約1万4000本のストックが植えられています。

ストックは淡路島が産地で冬を象徴する花です。7色のストックで毎年美しいデザインが描かれます。青い空と碧い海、神戸の美しい街並みと緑の山々、ストックの花壇の絶景が眺められます。

2023年1月中旬から2023年3月上旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で「早春菜の花まつり」が開催されます。共生の花園で約20万本の早咲き菜の花が見頃となります。

寒い冬から暖かい春に向けて菜の花が順次開花します。丘陵地の花畑は、シーズンと入ると一面を黄色く染め上げます。「黄色い絨毯(ジュウタン)」といえるでしょう。入園料が無料です。

スポンサーリンク

冬の公園「明石海峡公園」

2022年12月3日(土)から2023年1月9日(月祝)まで、淡路島にある都市公園「国営明石海峡公園」で、あわジオフェスティバルが開催されます。恐竜をテーマにしたイベントです。

恐竜の化石の展示、恐竜ペイント、恐竜クラフト、化石さがし、巨大迷路をはじめ、冬の様々な体験があります。今年10回目を迎える子供の冬休みの恒例イベントです。 太古の生物を体験します。

2023年1月下旬から2023年2月下旬まで、淡路島にある都市公園「国営明石海峡公園」で「きみもみらいの宇宙博士になれる」が開催されます。JAXA協力の宇宙がテーマの企画です。

小惑星探査機「はやぶさ2」やロケット「H-IIA・IIB」など模型の展示、衛星やロケットの仕組みを学ぶJAXA企画、音響体験、クラフト体験、ロケット打ち上げ、宇宙クイズなど盛りだくさんです。

2023年2月上旬から3月上旬まで淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」で「かざぐるまで花を咲かそう」が開催されます。約5000本の風車がお花に見立てて花飾られています。

チューリップが美しく咲く春までの期間、花壇の散策を楽しむための企画です。球根が植えられた花壇に色鮮やかな七色の風車が並びます。風が吹くと一斉にキラキラと光輝きながら回ります。

2023年2月下旬から3月中旬まで、淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」で、早咲き桜まつりが開催されます。河津桜(カワヅザクラ)が見頃となる島内で一番早いお花見です。

桜の見頃時期に合わせて、草木染め体験、クラフト体験、ガイドツアー、夢ハッチ号特別ルートなどのイベントが開催されます。周遊カートの1日乗り放題券や事前申込のお花見弁当も販売されます。

スポンサーリンク

冬の渦潮体験「うずしおクルーズ」

2022年12月24日(土)から2023年3月5日(日)まで、淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」で、冬の渦潮「防寒キャンペーン」が開催されます。寒い時期に温かく渦潮見学します。

遊覧船のアンダーデッキにコタツが設置されます。暖かい空間でクルージングが楽しめます。乗船者全員に使い捨てカイロがプレゼントされます。ベンチコートが1着300円で貸出されます。

スポンサーリンク

冬のニホンスイセン「灘黒岩水仙郷」

2021年度から2022年度まで、淡路島のスイセンの名所「灘黒岩水仙郷」はリニューアル工事が実施されます。全面休園となります。黄色と青色が織り成す自然の絶景を見られます。

島内最高峰608メートルの諭鶴羽山の山麓から海岸まで45度の斜面一帯に咲き誇ります。水仙のレモンイエローと空のスカイブルーと海のディープブルーが絶妙のコントラストを映し出します。

スポンサーリンク

冬のチューリップショー「洲本市民広場」

毎年1月中旬から2月中下旬まで、淡路島洲本市にある洲本市民広場で「冬咲きチューリップショー2021」が開催されます。5品種約1万本の鉢植えの冬咲きチューリップがカラフルに彩ります。

寒い時期に花が楽しめるよう球根が植え付けられました。赤や黄、ピンクのチューリップが開花して淡路島で一足早い春を感じられます。初日はオープニングイベントが開催されます。入場は無料です。

スポンサーリンク

冬のサル団子「淡路島モンキーセンター」

冬の淡路島では、サル団子が人気となります。淡路島南東部の海岸沿いにある「淡路島モンキーセンター」では、約300匹前後の野生のサルと自然のかたちで飼育されています。

寒い時期になると、寒さをしのぐために体を押し合いへし合いしながら密着しあってダンゴ状態になります。数十匹のサルたちが密集する恒例の「サル団子」を見られることがあります。

スポンサーリンク

冬のいちご狩り「淡路島おすすめ農園8選」

冬の淡路島では、いちご狩りが人気です。毎年1月から6月までがシーズンです。関西で人気上位の農園もあります。アクセス便利、最新ハイテク設備、自然を満喫、テーマパークなど個性的です。

人気の理由は、自然が豊かで、栽培に適しており、観光に便利と3拍子が揃った「島」の環境です。淡路島は「玉ねぎの島」として不動の地位ですが、関西では隠れた「いちごの島」です。

スポンサーリンク

冬のサラダ「島サラダフェア」

2022年11月19日(土)から2023年3月21日(火祝)まで、島サラダフェアが開催されます。淡路島の野菜を使用した「島サラダ」を地域ブランドとして盛り上げるためのイベントです。

淡路島の飲食店22店舗が参加しています。各店舗が独自の工夫を凝らしたオリジナルメニューを提供します。玉ねぎ・レタスなど淡路島産野菜をブランド化するベジタブルアイランド推進事業です。

スポンサーリンク

冬の味覚「3年とらふぐ料理おすすめ16選」

冬の淡路島では、冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」が人気になります。2022年11月から2023年3月まで、淡路島にある飲食店や旅館・ホテルなどでフグ料理が提供されます。

全国で1番水温が低く1番潮の流れの速い鳴門海峡付近で養殖されるフグです。身が締まり味は濃厚で天然物にも引けをとらない美味しさです。ランチ、コース、会席、温泉プランで提供されます。

スポンサーリンク

冬の温泉「日帰り温泉おすすめ16選」

冬の淡路島では、日帰り温泉が人気となります。温泉施設では、ジャグジー・サウナ・エステなど多彩な湯舟で楽しめます。温泉旅館では、ランチやディナーとセットの日帰り温泉プランもあります。

源泉は、洲本温泉、古茂江温泉、岩屋温泉、一宮温泉、東浦温泉、いちのみや温泉、五色温泉、うずしお温泉、南淡温泉、南あわじ温泉、塩崎温泉、三原温泉、サンライズ温泉と多彩です。

スポンサーリンク

冬の旅館「宿泊プランおすすめ16選」

冬の淡路島では、温泉旅館が人気となります。おもてなしいっぱいのサービスをはじめ、淡路島3年とらふぐなど美味しい料理、洲本温泉など名湯と称される温泉、寛げるお部屋と3拍子揃っています。

オーシャンビューの部屋、元祖鯛の活造りの料理、リーズナブルな宿泊料金、カジュアルなホテル、湯巡りが楽しめる温泉旅館、絶景露天風呂などハイクラスからリーズナブルなプランまであります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。2022年から2023年の冬の淡路島は、大橋に、公園に、テーマパークに、温泉に、旅館に、寒い時期でも、遊んで、食べて、眺めて、寛いでと満喫できます。

是非、冬の淡路島にも来てみてください。楽しいコンテンツを堪能してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました