淡路ハイウェイオアシス 淡路島最大級約9mクリスマスツリー

11月25日から淡路ハイウェイオアシスに淡路島最大級となる巨大クリスマスツリーが設置されています。高さ約9メートルのツリーには約2万個の電球で飾られ、赤、青、黄、白といった光が鮮やかに煌き辺りを彩ります。淡路ハイウェイオアシスでは、2004年から毎年ツリーを設置しています。周囲の樹木にも約6000個を飾りを付けて、オアシスで冬の風物詩として定着しています。昼には開放感あふれるアトリウムにて自然に溶け合う深緑の重厚なクリスマスツリーが、夜には冬の綺麗な夜景にぴったりな輝くクリスマスツリーをご覧いただけます。ツリーの前にはサンタクロースの人形が立っており、一緒に記念撮影もできます。クリスマスツリーは12月25日(月)まで設置されてライトアップしています。

また、11月28日に点灯式が開催されました。式典ではカウントダウンが始まり、午後5時に合わせてツリーに明かりが灯ると観光客からは拍手と歓声が沸き上がりました。その後、洲本少年少女合唱団によるクリスマスソングなど10曲の美しい透き通ったコーラスが会場に響き渡りました。幻想的なムードを演出して、一足早いクリスマス気分を盛り上げました。観光客は足を止めて聴き入ってしまうほどの綺麗な冬の夜景に色を添えました。なお、淡路ハイウェイオアシスは淡路サービスエリアに連結してますので高速を下らず到着できます。12月の毎週金土日は20時まで営業しておりますので、ゆっくりとツリーを眺めながらクリスマスイルミネーションをお楽しみできます。

淡路ハイウェイオアシスのクリスマスツリーの詳細情報

開催住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674−3
開催期間:11月25日(土)~12月25日(月)
開催時間:平日9:00~19:00金土日9:00~20:00
電話番号:0799-72-0220

淡路ハイウェイオアシスの概要

淡路サービスエリアに連結している、兵庫県立淡路島公園に連結している複合施設です。メインは大きなアトリウム空間が広がるオアシス館です。建物に高さ10mの木々が並ぶ開放感あふれるアトリウムがあります。IFのカフェオアシスは、古くから天皇の御料水として朝廷に運ばれていたとされる淡路島の名水「御井の清水」から作られる「淡路島サイダー」、淡路島牛乳から作られる「みるくそふと」、淡路牛と淡路玉ねぎから作られる「オアシスバーガー」など、ご当地グルメ島が並んでいます。また、1Fの物産展は淡路島最大級の品揃えを誇ります。食材の宝庫といわれる淡路島の農作物や海産物をはじめ、「淡路玉ねぎスープ」や「淡路玉ねぎドレッシング」、半世紀以上のロングセラー「竹ちくわたけやん」など淡路島の名物が揃っています。その他、1Fには手軽にローカルフードコードが味わえる「うまいもん市場」があります。2Fには、淡路島の食材を使用したレストランがあり、淡路島牛丼が味わえる「食事処みけ家」、沼島の鱧や由良の赤雲丹などが味わえる「すし富」があります。

関連記事