スポンサーリンク

冬の渦潮「防寒キャンペーン」うずしおクルーズ

自然・体験
スポンサーリンク

冬の渦潮「防寒キャンペーン」が開催されます。淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」で、寒い冬シーズンでも温かくして自然現象を見学できるように寒さ対策を施すイベントとなります。

遊覧船のアンダーデッキにコタツが設置されます。暖かい空間でクルージングが楽しめます。乗船者全員に使い捨てカイロがプレゼントされます。ベンチコートが1着300円で貸出されます。

冬の渦潮「防寒キャンペーン」の開催期間は、2022年12月24日(土)から2023年3月5日(日)までとなります。年間で最も潮位が下がる「冬」に大迫力の渦潮を間近で見学できます。

冬の渦潮「防寒キャンペーン」うずしおクルーズ
スポンサーリンク

冬の渦潮「防寒キャンペーン」

2022年12月24日(土)から2023年3月5日(日)まで、兵庫県南あわじ市の遊覧船「うずしおクルーズ」で、冬の渦潮「防寒キャンペーン」が開催されます。

うずしおクルーズ公式ホームページ:淡路島うずしおクルーズ 寒さ対策キャンペーン!

防寒キャンペーンは、冬シーズンでも温かくして自然現象を見学できるように寒さ対策を施すイベントとなります。今年の冬は、厳しい寒さと予報されており万全の対策を講じた企画です。

年間を通じて最も潮位が下がる時期が「冬」といわれています。冬シーズンの12月から2月に、世界でも稀有な自然現象である世界一の大きさを誇る「鳴門の渦潮」を間近で見学できます。

冬のクルージングを船内で暖かく過ごしながら渦潮を楽しめるおもてなし企画です。船内にコタツの設置、使い捨てカイロの無料プレゼント、オリジナルベンチコートの有料貸出の3本立てです。

寒さが厳しい日には、体感温度が氷点下になる場合もあります。通常生活よりも1枚か2枚多めの服装、もしくは各自でしっかりとした防寒対策をして乗船することをおすすめします。

こたつクルーズ

こたつクルーズは、観潮船「咸臨丸」の船舶で、アンダーデッキとなる客室の畳スペースにコタツが設置されます。世界でも希有な自然現象を見学するまでの間、体を温めてもらう企画です。

福良港から世界一の渦潮が見学できる鳴門海峡まで約20分間、コタツに入りながら暖かい空間で鳴門海峡クルージングを楽しめます。

昔懐かしいサザエさんの世界を彷彿とさせるお茶の間の雰囲気で、家族や友達、カップルで団らんを楽しめます。外国人旅行者にとっては日本の風習や伝統文化にふれる良い機会となります。

なお、コタツは「咸臨丸」と「日本丸」の両方で設置されます。座席数が数量限定となります。先着順です。海は陸よりも風が強く体が冷えます。防寒対策をしっかりする必要があります。

使い捨てカイロの無料プレゼント

使い捨てカイロの無料プレゼントでは、うずしおクルーズに乗船される乗船者全員に「使い捨てカイロ」がプレゼントされます。乗船前に桟橋で、お一人様1個限りで配布されます。

オリジナルベンチコートの有料貸出

オリジナルベンチコートの有料貸出では、うずしおクルーズに乗船される方に「オリジナルベンチコート」を有料で貸出を行っています。貸出場所は船内です。希望される方はお申し出となります。

レンタル料金は1着300円です。現金払いのみです。数量限定です。下船後に桟橋で回収されます。

冬の大潮は新月と満月

潮の干満は、太陽や月の引力によって引き起こされます。太陽と月の引力で生じる海面の昇降現象である潮汐(ちょうせき)が関係しています。引力が強くなると海面が強く引き上げて潮位が増します。

太陽や月の引力で、潮の干満差が大きくなり、大きな渦が発生します。つまり、渦潮の大きさは潮位の高さに比例しています。冬は、年間を通じて最も潮位が下がる時期となります。

月に2度、満月と新月の約3日間が「大潮」の時期に重なると、地球と太陽と月が一直線に並び、太陽と月の引力が重複することで海水面を引く張力がさらに強まり、ど迫力の渦潮が発生します。

冬の大潮の時期に、うずしおクルーズに乗船すると、渦潮を「見る」というより「体感する」のほうが的を得ている表現かもしれないくらいの超ど迫力の渦潮を体験することになります。

大潮の日程

秋の大渦の発生時期は、月に2度、満月と新月の約3日間となります。秋の渦潮の見頃時期は、秋の大渦を含めた前後の期間が迫力ある渦潮を体験できる期間となります。

うずしおクルーズの出港時刻は、渦潮の発生時刻に合わせて日により異なります。冬の渦潮「防寒キャンペーン」の開催期間で、大渦が期待できる日程は時刻表で確認できます。

  • うずしおクルーズ公式ホームページ:時刻表

なお、うずしおクルーズは、世界三大潮流に数えられる鳴門海峡で発生する世界最大の鳴門の渦潮を観潮するクルージングです。淡路島と徳島県を挟む鳴門海峡で世界で稀有な自然現象を体験できます。

南西端の道の駅福良で福良港から出港します。直径20メートルの大迫力の渦を見学します。潮風の心地よさを感じる快適な約60分の船旅です。定員400名の大型船は冷暖房完備で揺れずに安心です。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2022年12月24日(土)~2023年3月5日(日)
  • 開催場所:うずしおクルーズ
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港
  • 電話:0799-52-0054
  • 公式サイト:https://www.uzu-shio.com/
  • 乗船料金:中学生以上2500円、小学生以下1000円、幼児無料(大人1人に幼児1人)
  • 駐車場:100台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました