早咲き桜まつり2021 国営明石海峡公園 島内で一番早いお花見

自然・公園

早咲き桜まつり2021が開催されます。国営明石海峡公園の春一番の丘に植えられた約120本の河津桜(カワヅザクラ)が3月上旬に見頃を迎えます。淡路島で一番早いお花見となります。

桜の見頃時期に合わせて、草木染め体験、クラフト体験、ガイドツアー、夢ハッチ号特別ルートなど様々なイベントが開催されます。春の麗かな公園で、淡路島で一番早いお花見を楽しめます。

早咲き桜まつり2021の開催期間は、2021年2月20日(土)から3月14日(日)までとなります。開催場所は、国営明石海峡公園の春一番の丘となります。

2021年は2月22日に見頃となりました。見頃のピークは3月1周目までとなります。

開催期間は、園内を周遊するカート「夢ハッチ号」が300円で1日乗り放題となります。特別ルートとしてお花見会場近くで停車します。事前申込のお花見弁当を販売しています。

早咲き桜まつり 明石海峡公園

なお、淡路島の桜の名所やお花見スポットの詳細については、「淡路島 桜の名所おすすめ5選 人気お花見スポット」の記事をご参照ください。

早咲き桜まつり2021

2021年2月20日(土)から3月14日(日)まで、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園にある春一番の丘で「早咲き桜まつり2020」が開催されます。淡路島で一番早いお花見となります。

2月20日(土)~3月14日(日)春一番の丘で、河津桜の開花にあわせて「早咲き桜まつり」を開催いたします。開催期間中の週末には早春のガイドツアーなどのイベントも開催。ぜひお立ち寄りください。

国営明石海峡公園

春一番の丘には、早咲きの桜で、河津桜(カワヅザクラ)が120本、寒桜(カンザクラ)が30本を植えています。白梅、紅梅などの梅も植えられています。桃色や赤色、白色の早咲きが楽しめます。

他にも、大島桜と寒桜の交配種で、潮風に強い大漁桜(タイリョウザクラ)が植えられています。

3月上旬までの見頃も合わせて、草木染め体験、クラフト体験、ガイドツアー、夢ハッチ号特別ルートなどのイベントが開催されます。春の麗かな公園で、淡路島で一番早いお花見を楽しめます。

国営明石海峡公園では、全国から数多くの種類の桜が集められています。品種の合計が約300種に上ります。淡路島で最大級の約800本もの植えられています。

ポプラの丘では、早咲き品種の濃紅色のヤエカンヒザクラ(八重寒緋桜)とフルサトザクラ(古里桜)が植えられています。月のテラスでは、淡桃色のツバキカンザクラ(椿寒桜)が植えられています。

開催期間は、園内を周遊するカート「夢ハッチ号」が300円で1日乗り放題となります。特別ルートとして、会場となる「春一番の丘」まで運行してくれます。

また、事前予約で明石海峡公園オリジナルのお花見弁当が販売されます。レジャーシートの無料貸出(数量限定)も行われます。お花見気分を満喫できます。

なお、春一番の丘に植えられているた河津桜(カワヅザクラ)は、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然交配種とされています。早咲きで濃い桃色の花を咲かせます。

1955年頃に静岡県河津町で飯田勝美さんが河津町田中で桜の原木を偶然にも発見したことから名付けられました。開花期間が約1カ月と染井吉野(ソメイヨシノ)などに比べると長いです。

園内に植えられた河津桜(カワヅザクラ)には、春の香りに誘われて、たくさんのメジロが集まってきます。メジロは、全長約12センチほど、羽を広げると18センチほどの小さな鳥です。

目の周りの白色の輪があり、顔と尾が黄色で、背中が緑色で、腹回りが白色の鳥です。春を告げる鳥として知られています。メジロは、密集しながら枝に並ぶ習性があります。

お互い押し合いながら木に止まることから「目白押し」という言葉も生まれました。ウグイスと混同されることも多いです。

2021年は2月22日に見頃となりました。見頃のピークは3月1周目までとなります。

花の丘道では、関西トップクラス130品種1500株のクリスマスローズも見頃です。クリスマスローズは、12月下旬から4月上旬まで咲くために、春を告げる花として知られています。

なお、2月20日(土)から3月20日(土祝)まで、ポプラの丘で「かざぐるまで花を咲かそう」が開催されます。約5000本の風車(かざぐるま)をお花に見立てて花壇に挿して飾られます。

また、2月20日(土)から3月20日(土祝)まで、ポプラの丘で「かざぐるまで花を咲かそう」が開催されます。約5000本の風車(かざぐるま)をお花に見立てて花壇に挿して飾られます。

クラフト体験

クラフト体験として、動物のダンボールクラフトと木の実のつるしかざりが開催されます。3月の土曜日と日曜日にビジター棟1階で参加料金は150円からとなります。

ダンボールを組み立ててウサギにライオン、ゾウにトラなどを手作りします。公園の木の実などを使用したつるし飾りを手作りします。

  • 開催日程:3月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
  • 受付時間:9:45~10:00、11:10~11:25、12:35~12:50、14:00~14:15
  • 体験時間:9:45~11:00、11:10~12:25、12:35~13:50、14:00~15:15
  • 開催場所:ビジター棟1階
  • 定員人数:各回5組(1組5名)
  • 参加料金:150円~(動物のダンボールクラフト)、100円~(木の実のつるしかざり)

早春のガイドツアー

早春のガイドツアーは、開催期間の日曜日と祝日に参加料金が無料で開催されます。連絡口ゲートを出発地点として、公園ボランティアが公園の早春の見どころを案内します。

  • 開催日程:2月21日(日)、23日(火祝)、28日(日)、3月7日(日)、14日(日)
  • 受付時間:11:00~、13:30~
  • 集合場所:連絡口ゲート(雨天中止)
  • 定員人数:ガイド1人につき5名
  • 参加料金:無料

草木染め体験

草木染め体験は、2月27日(土)に春一番の丘で、桜でハンカチをサクラ色に染める手作りします。参加料金は300円からとなります。作品の持ち帰りの袋は各自でご用意となります。

  • 開催日時:2月27日(土)受付10:00~
  • 開催場所:春一番の丘(雨天中止)
  • 数量限定:先着20枚(1人1枚まで)
  • 定員人数:6名
  • 参加料金:300円~

お花見弁当の販売

開催期間は、事前申込で公園オリジナルのお花見弁当が販売されます。希望の方は、当日の10時まで公園管理事務所で受付をしています。

  • 事前予約:0799-72-2000(当日の10:00まで)

夢ハッチ号の特別ルート

開催期間は、園内を周遊するカート「夢ハッチ号」が特別ルートで運行されます。河津桜が咲く春一番の丘まで周遊します。1日乗り放題で300円となります。

  • 周遊ルート:東浦ゲート、春一番の丘、淡路口ゲート
  • 乗車料金:300円(1日乗り放題)

詳細・基本情報

  • 開催期間:2021年2月20日(土)~3月14日(日)
  • 開催場所:国営明石海峡公園 春一番の丘
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 開園時間:9:30~16:00
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 最寄り駐車場:淡路口駐車場(240台)
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました