日帰り温泉「島花」

宿泊・温泉

島花は、日帰り温泉でおすすめスポットです。温泉は、2018年に開湯した新源泉「洲本温泉うるおいの湯」を目の前に広がる海原を眺めて楽しめます。風と波が奏でる自然の調べに心が癒されます。

湯船は、最上階に展望浴室「霑(てん)」と温泉貸切ジャグジー露天風呂&岩盤浴があります。海を眺めながら温泉に浸れます。他にも、海辺の回廊で結ばれたグループホテルの湯巡りを楽しめます。

グループホテル「ホテルニューアワジ」ではスパテラス水月の「淡路棚田の湯」と「くにうみの湯」とグループホテル「淡路夢泉景」では湯賓閣の「天宮の雫」の3つの湯処と2つの源泉を楽しめます。

新源泉「洲本温泉うるおいの湯」は、三熊山の麓が厳選の名湯「洲本温泉」です。泉質は、なめらかな肌ざわりのアルカリ性単純温泉です。湯に浸かると身体にしっとりと馴染むなような感覚が特徴です。

展望浴室「霑(てん)」は、青い海が広がる紀淡海峡が一望できます。幻想的な朝陽にはじまり、刻一刻と変わる海の表情を眺めながら温泉が楽しめます。スパフロアで洲本温泉を堪能できます。

入浴後は、湯上りラウンジでゆっくりできます。ウォーターサーバーやマッサージチェアーなど完備しています。さらに、海洋療法「タラソテラピー」があり心身ともリフレッシュもできます。

  • 営業時間:日の出~11:00、14:00~24:00

なお、備品としてライヤー、ヘルスメーター、ベビーベッド(女性用)があります。

アメニティは、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、化粧水、乳液、フェイスソープ、綿棒、コットン、シャワーキャップ、男性用アメニティ(ヘアトニック、アフターシェーブローション、シェーバー)、女性用アメニティ(クレンジング、ヘアゴム)となります。

温泉貸切ジャグジー露天風呂&岩盤浴は、プライベートな温泉や岩盤浴が楽しめます。くつろぎの時間が過ごせます。利用料金は60分4400円です。電話またはメールで事前予約が必要です。

  • 営業時間:日の出~11:00、14:00~24:00

なお、備品・アメニティは、ドライヤー、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、化粧水、乳液、フェイスソープ、綿棒、コットン、シャワーキャップ、ヘアゴム、男性用アメニティ(シェーバー)となります。

また、ホテル専用グラスボートに乗船して対岸のグループホテルの湯処で回廊を歩いて温泉巡りが楽しめます。グラスボートの運航時間は、午前8時から10時30分、午後14時から17時30分です。

島花の日帰り温泉は、日帰りプランとして日帰りカジュアルプランと日帰り夕食プランがあります。ランチと温泉のセット、夕食と温泉のセットでお得な日帰りプランです。事前に電話予約が必要です。

  • 日帰りカジュアルプラン:4,400円~
  • 日帰り夕食プラン:8,100円~

日帰りカジュアルプランは、ランチがナチュラルカフェ南風花で2つのメニューから選べます。鶏肉のタジン蒸しがメインのランチ、淡路猪豚の肉味噌ぬーどるがメインのランチがあります。

日帰り夕食プランは、夕食が最上階まで吹き抜けのカジュアル&モダンレストラン「海菜美」を利用します。淡路島の旬の食材を使用し季節の味覚コースとなります。

淡路島の日帰り温泉は「淡路島日帰り温泉おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、島花は、東海岸でマリーナにあるカジュアルフレンドリーなホテルです。ロビーは最上階まで吹き抜けが自慢です。ミシュランガイド兵庫2016特別版で3レッドパビリオンを獲得しています。

部屋数は、洋室34室、スイート2室、露天風呂付客室2室、他12室の全部で50室です。紀淡海峡のオーシャンビューの部屋とマリーナのハーバービューの部屋、両方眺められる角部屋があります。

海辺のオーベルジュとして、レストランやカフェで新感覚の創作料理や炭火焼のグリル、ヘルシーご飯が食べられます。最上階の絶景露天風呂とグループホテルで名湯「洲本温泉」に浸かれます。

他には、デッキテラス、キッズルーム、カフェ、ダーツラウンジ、ライブラリーラウンジ、エクササイズルーム、プール&ガバナ、ドッグラン、グリーンラウンジ、タラソテラピーのエステがあります。

  • 住所:〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1277-5
  • 電話:0799-22-2521(FAX:0799-24-0021)
  • 公式サイト:https://www.shimahana.com/
  • 部屋数:50室(洋室34室、スイート2室、露天風呂付客室2室、他12室)
  • 駐車場:無料(60台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約20分、淡路島中央SICから車で約20分

公式のSNSページは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました