キャンプ場「休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場」

宿泊施設

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場は、南あわじ市にあるキャンプ場です。場所は、淡路島南西部端の丘にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」となります。キャンプ場は福良湾に面する海沿いにあります

全区画がオーシャンビューで、自動車の乗り入れができます。目の前の海では、漁に行き交う漁船や観潮船が眺められます。遊泳は禁止されていますが、海釣りを楽しむことができます。

車で約2分のホテル本館では天然温泉が利用できます。天文台で無料の天体観測のプログラムに参加できます。手ぶらでキャンプを楽しむプランでは、朝夕の食事付き、2回の入浴券付きのプランがあります。

ファミリーや友達、カップルにおすすめです。初心者でも気軽にキャンプを楽しめます。

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場

なお、淡路島でおすすめのキャンプ場のまとめについては、「淡路島キャンプ場おすすめ12選 2020年最新版」の記事をご参照ください。

キャンプ場「休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場」は淡路島でおすすめ

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場は、淡路島でおすすめのキャンプ場です。場所は、淡路島南西部端の丘にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」にある1つの宿泊施設となります。

福良湾に面する海沿いにあります。全区画がオーシャンビューという開放的な好立地です。自動車の乗り入れができる芝のオートサイトが23区画、手ぶらサイトが3区画となります。

目の前の海では、漁に行き交う漁船や観潮船「うずしおクルーズ」が眺められます。遊泳は禁止されていますが、海釣りができます。釣りスポットも点在します。

キャンプ場から徒歩約10分でリゾートホテル「休暇村南淡路」の天然温泉が利用できます。夜には、ホテルの天文台で宿泊者を対象に無料で開催される天体観測のプログラムに参加できます。

手ぶらでキャンプを楽しむプランでは、朝夕の食事付き、2回の入浴券付きのプランがあります。ファミリーや友達、カップルにおすすめです。初心者でも気軽にキャンプを楽しめます。

なお、2020年9月から目の前の海で、津波対策防潮堤の造成工事が予定されています。貴重な防潮堤の工事が見学できますが、工事の騒音や照明の明かりなど影響が出る場合があります。

芝のオートサイトが2016年にリニューアル

芝のオートサイトは、2016年10月にリニューアルされて天然芝が敷かれています。2019年5月から拡張されて23区画があります。サイト内に自動車の駐車が可能です。

1サイトは10メートル×10メートルが基準です。約100平方メートルから約120平方メートルほどの広さとなります。乗用車からマイクロバスまで安心して駐車できるスペースです。

全サイトにAC電源を完備しています。容量は100Vの20Aです。差込口は4カ所です。

各サイトに1カ所の水道と流し台があります。水道の栓はチェックインに貸出、チェックアウトに返却となります。各サイトに耐火レンガが流し台に用意されています。使用料は無料です。

バーベキューのコンロとたき火台を使用する場合は、耐火レンガを周囲に並べての利用となります。芝生の保護が目的です。使用後は元の位置に戻します。

トイレは男女別のシャワー付きの水洗トイレとなります。シャワーは男女各3部屋ずつ付いています。コインシャワーで3分100円となります。

トイレ棟の右側にゴミ庫が設置されています。ゴミは分別してゴミ庫に置きます。トイレ棟の左側に共同洗い場が設置されています。バーベキューコンロの洗い場として、磯遊びで汚れ落としに利用します。

ペットの愛犬(ワンちゃん)と同伴が可能です。リードもしくはゲージ等で管理となります。迷子に備えて「迷子札」を用意して携帯番号を記載すると安心です。直火は禁止です。手持ち花火は可能です。

なお、予約でのサイトの指定はできません。テントとタープの貸し出しはありません。

芝のオートサイトの詳細・基本情報

  • チェックイン時間:12:30~
  • チェックアウト時間:11:00~
  • サイト利用料:4200円
  • 管理費:大人520円、4歳~小学生520円、0歳~3歳0円
  • 課金形態:日数毎にサイト利用料+日数毎に人数課金
  • 食事:朝食なし、夕食なし、持ち込み
  • 泊数:1泊~3拍
  • 予約締切:当日18時まで

手ぶらサイトで気軽にキャンプ

手ぶらサイトは、3区画となります。手ぶらでアウトドアを楽しめるビギナー向けプランです。プラン専用テントは設営されています。初心者が気軽にキャンプを始められます。

設営済テント・タープ・コンロ・テーブル・イス・ランタン・寝袋・バーベキューセット・ホテルの朝食バイキング・炭・温泉入浴チケット2回・バスタオル・タオル・ハブラシが付いています。

なお、飲料、虫除け、軍手、雨具などは持参となります。

宿泊プランでは、食事あり・温泉ありプランと食事なし・温泉ありプランがあります。

食事ありの料理は、夕食に海鮮バーベキュー、朝食にビュッフェが付きます。温泉ありの入浴では、1人2回分の温泉が利用できます。入浴時間は15時から21時、7時から9時までとなります。

なお、予約でのサイトの指定はできません。

手ぶらサイトの詳細・基本情報

  • チェックイン時間:12:30~
  • チェックアウト時間:11:00~
  • サイト利用料:大人7500円、小学生5500円、4~6歳4500円、0歳~3歳0円(寝具・食事不要の場合)
  • 課金形態:日数毎にサイト利用料+日数毎に人数課金
  • 食事:朝食なし、夕食なし、持ち込み
  • 泊数:1泊~3拍
  • 予約締切:当日18時まで

温泉「潮騒の湯」で天然温泉を満喫

温泉「潮騒の湯」は、リゾートホテル「休暇村南淡路」にある天然温泉です。キャンプ場から徒歩10分のホテル本館で利用できます。手ぶらサイトではプランに組み込まれています。

絶景露天風呂と展望大浴場からは、大きな窓から鳴門海峡の美しい眺望と大鳴門橋の優美な姿を見渡すことができます。南淡温泉を源泉として療養温泉といわれています。

泉質は塩素カリウム物泉です。海側の湯面がオーバーフローします。平面構築(インフィニティ構造)で、湯船に浸ると景観に取り込まれて、自然との一体感を満喫できます。

露天風呂の隣には、10角形のジャグジー風呂があります。ジェットバスの気泡と南淡温泉の療養泉の相乗効果により、リラックス効果とリフレッシュ効果を高めてくれます。

潮騒の湯は、疲労回復、火傷・外傷、関節痛・筋肉痛、神経痛・打ち身、冷え性などに効果的です。

この他、玄関のエントランスからラウンジの通路を抜けると無料の足湯があります。鳴門海峡や鳴門の渦潮を眺めながら、のんびりした時間が過ごせます。インスタ映えスポットとしておすすめです。

潮騒の湯の詳細・基本情報

  • 利用時間:宿泊利用(15:00~24:00)、日帰り利用(12:00~15:00)
  • 利用料金:大人900円、4歳以上550円
  • 脱衣所設備:パウダールーム・三面鏡(女性脱衣室)、冷水機、脱衣ロッカー(鍵付)、体重計、ベビーベッド、ドライヤー、化粧水(女性脱衣室)、ヘアトニック(男性脱衣室)
  • アメニティ:シャンプー、リンス、ボディーソープ、固形石鹸、お子様用椅子、バリアフリー椅子(2脚)その他設備:コインマッサージ機、コインランドリー、貴重品ロッカー

足湯の詳細・基本情報

  • 利用時間:9:00~18:00(季節や天候で変更あり)
  • 利用料金:無料(タオルはフロントで160円で販売)

スターウォッチングで星空観察会に参加

スターウォッチング、リゾートホテル「休暇村南淡路」にある参加体験イベントです。宿泊施設としては珍しい大型望遠鏡(直径400ミリの反射望遠鏡)を備えた天文台ポラリスがあります。

毎夜20時から約1時間の天体観測が楽しめます。宿泊者が対象で参加料金が無料のプログラムです。

プログラムでは、星にまつわる予備知識をスライドショーで紹介します。屋上に移動して、天然プラネタリウムとして肉眼で見られる星や惑星をサーチライトで照らしながら解説します。

最後は「スターウォッチング」の目玉となる天文台ポラリスで天体観測を行います。

スターウォッチングの詳細・基本情報

  • 開催時間:20:00~(約1時間)
  • 開催場所:天文館(本館1階コスモホール)
  • 定員人数:100名
  • 参加料金:無料

キャンプ場「休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場」の利用方法

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場で宿泊する場合は、リゾートホテル「休暇村南淡路」のロビーでチェックインの受付となります。ホテル本館前にある駐車場で車を停車してロビーに向かいます。

シーサイドキャンプ場の入口には、入場ゲートが設置されています。入場する場合は駐車券が必要です。

チェックインの受付を済ませると駐車券が渡されます。なお、保証金として3000円を預けます。保証金は、駐車券の返却するときに返金されます。

入場ゲートで駐車券を挿入するとゲートが開きます。坂道を下ること約2分で到着します。2019年5月にリニューアルされたこともあり、キャンプサイトは芝生と植木で整備されています。管理棟では、売店と自動販売機が完備されています。

予約方法

休暇村南淡路シーサイドキャンプ場の予約方法は、休暇村南淡路の公式ホームページからのみとなります。キャンプ場のページから、オートサイト、手ぶらサイトを選択するとプラン一覧が表示されます。

淡路島では人気上位のキャンプ場です。週末と連休は予約で一杯の場合が多いです。予約開始の利用日は「6か月前の翌日」からとなります。大型連休などを利用する場合は事前に計画する必要があります。

また、宿泊プランの場合、無断不泊で申込金額の50パーセント、0日前で申込金額の50パーセント、1日前~7日前で申込金額の20パーセントのキャンセル料が発生します。

1週間前の日程でキャンセルが出る場合があります。たまたま空きが出る場合がありますので、他のキャンプ場を確保しておき、運次第となりますが公式サイトで空きを確認する方法もあります。

キャンプサイトの選び方

休暇村南淡路シーサイドキャンプ場のキャンプサイトは、予約段階でキャンプサイトの指定はできません。当日の手続きでキャンプサイトが決定することになります。

宿泊当日にホテル本館で7時から整理券を先着順で配布します。12時30分から本館で整理番号順にキャンプ場に案内されます。キャンプ場で宿泊代を支払いして、キャンプサイトの場所が決定します。

なお、整理番号順で1件づつ呼ばれます。予約人数によりキャンプ場の案内が13時を越える場合があります。サイト指定ない場合は18時までに入場すれば大丈夫です。

整理券を受け取ってからキャンプ場への案内までの時間を利用して、徒歩でキャンプ場の下見が可能です。
丘から海辺まで坂道で徒歩10分から15分程度かかります。本館出口から右方向の道を下ります。

ただし、手ぶらサイトの利用ではあらかじめ利用できるサイトは決まっています。

受付では、簡単な利用に関する説明があります。サイトの案内図、水道・電源のカギ、駐車券を受け取ります。ホテル本館脇の入場ゲートは駐車券により開閉します。

ホテル本館からキャンプ場までは1本道です。車で約2分です。道路も舗装されていますが、車幅は車一台分ほどです。ただし、対向車もありませんのでゆっくり進むと安心です。

キャンプサイトは右手と左手に別れています。右手にはトイレと休憩所があるエリア、左手にはキャンプセンター(管理棟)と炊事棟とファイヤーサークルがあるエリアがあります。

サイトの案内図で確認しながら選べます。初心者の方は、8番から13番のサイトがおすすめです。管理棟に近くて綺麗に整備されています。海沿いは5番から7番のサイトで釣りをするのにおすすめです。

最後に、サイトが決定したら管理棟にある内線電話で管理事務所に連絡します。

詳細・基本情報

住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
電話0799-52-0291
公式HPhttps://www.qkamura.or.jp/awaji/camp/
営業期間通年営業(オートサイト)
キャンプ料金オートキャンプ:4200円(使用料)、520円(管理費)
手ぶらキャンプ(朝夕食事付き・温泉入浴付き):7500円
手ぶらキャンプ(朝夕食事無し・温泉入浴付き):5500円
温泉入浴料金900円(中学生以上)、550円(4歳~小学生)
チェックイン13:00~17:00(共通)
チェックアウト11:00(共通)
設備共通管理棟、炊事棟、売店、コインランドリー、炊事棟、水洗トイレ
自動販売機自販機、ファイヤーサークル、芝生広場
オートキャンプ(23区画):流し台・水道・AC電源
手ぶらキャンプ(3区画):テント・タープ・レンタルコンロ・テーブル
イス・ランタン・寝袋・バーベキューセット・本館朝食バイキング・炭
温泉入浴券2回、バスタオル・タオル・ハブラシ
コインランドリー洗濯機2台(40分200円)、乾燥機2台(30分100円)
トイレ2棟(洋式・男女別・水洗)、身障者用トイレあり
ダンプステーション氷、炭、薪(まき)、調味料など
販売商品なし
専用駐車場約23台(各サイト1台)
駐車料金無料(出入口ゲートの専用駐車券が必要)
入場方法キャンプ場の入場は駐車券が必要です。駐車券はホテル本館で渡されます。
保証金3000円を預けて駐車券の返却時に返金されます。
クレジットカードホテル本館フロントでの会計のみ対応
バリアフリー対応車椅子用洋式トイレあり
補助犬受け入れ(同室無料宿泊及び全施設利用可)
ペット同伴必ずリードをつないで糞の処理実施で可、ホテル本館の入場不可
禁止事項直火不可、焚き火条件付き可(耐火レンガ敷き詰め)
花火条件付で可(手持ち花火のみ)、発電機不可、カラオケ不可
台風宿泊やキャンセル料台風などの特別な場合、前日に連絡あり
利用不可能な気象条件の場合はキャンセル料無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから約15分、西淡三原から約20分
最寄り食料品店キクカワストアー(車で10分)、イオン南淡路店(車で15分)
ローソン(車で10分)、福良マルシェ(車で約10分)

キャンプ場「休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場」のアクセス

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場のアクセス・行き方は、自動車のみとなります。高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジ、もしくは淡路島南インターチェンジで下ります。

西淡三原インターチェンジで下りる場合は、出口を左折して県道31号線を進みます。八幡交差点で右折して国道28号線を進みます。突き当たりが道の駅福良となりますが、さらに道を進みます。

海岸沿いを真っ直ぐ進むと休暇村南淡路の看板があります。曲がりくねった道を登ると休暇村南淡路に到着します。まず駐車場に停車してリゾートホテル「休暇村南淡路」のロビーで受付をします。

淡路島南インターチェンジから下りる場合は、出口を左折して県道25号線を進みます。アップダウンの道を進むと約10分ほどで「休暇村南淡路」の道路標識が登場します。右折して坂道を下ります。

突き当たりを右折して進むと休暇村南淡路の看板があります。曲がりくねった道を登ると休暇村南淡路に到着します。まず駐車場に停車してリゾートホテル「休暇村南淡路」のロビーで受付をします。

キャンプ場「休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場」の周辺の観光スポット

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場の周辺の観光スポットとして、、観潮船「うずしおクルーズ」、福良マルシェ、淡路人形座、道の駅うずしお、うずの丘大鳴門橋記念館があります。

うずしおクルーズでは、鳴門海峡の世界一のうずしお「鳴門の渦潮」を見学するクルージングを体験できます。福良マルシェでは、産直として地元の野菜や魚介などをお土産として購入できます。

淡路人形座では、約500年の伝統芸能の人形芝居を鑑賞できます。道の駅うずしおでは、全国1位のハンバーガーを食べられます。うずの丘大鳴門橋記念館では、玉ねぎのモニュメントで記念撮影ができます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました