サクラナイト(SAKURAnight)ナイトウォーク火の鳥

スポンサーリンク

サクラナイト(SAKURAnight)が開催されます。ナイトウォーク火の鳥で「桜」の開花時期に、大自然と最新テクノロジーが融合するナイトアトラクションと夜桜を楽しむイベントとなります。

桜の名所として人気エリアには夜桜の絶景ポイントがあります。春限定で、プロジェクションマッピングと夜桜のコラボレーションします。大自然と最新テクノロジーが融合する非日常空間です。

フォトコンテスト「SAKURAナイト」が行われます。エリアで撮影した夜桜の写真を「#nwsakura2020」を付けてインスタグラムに投稿します。「いいね数」が1番多い方に豪華景品が贈呈されます。

サクラナイト(SAKURAnight)の開催期間は、2020年3月20日(金祝)から4月30日(日)までとなります。開催時間は、日没以降の18時から20時30分までとなります。

ナイトウォーク火の鳥は、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」で、手塚治虫さんの漫画「火の鳥」がテーマのアトラクションです。夜の公園で音と光で演出された火の鳥の世界を体験します。

スポンサーリンク

サクラナイト(SAKURAnight)の基本情報

開催期間2020年3月20日(金祝)~4月30日(日)
開催場所ナイトウォーク火の鳥
住所〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
電話0799-64-7061(平日10:00~20:30)
公式HPhttps://nijigennomori.com/
入園料金無料
営業時間18:00~20:30(平日・土日祝)
開始時間30分毎にスタート
所要時間60分~90分(歩行速度で時間が異なります)
参加料金大人3300円、子供1200円、4歳以下無料
駐車場約500台(淡路ハイウェイオアシス駐車場)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 淡路SA上下線から連絡道路で約1分

サクラナイト(SAKURAnight)の内容

2020年3月20日(金祝)から4月30日(日)まで、兵庫県淡路市にある淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるアトラクション「ナイトウォーク火の鳥」で、プロジェクションマッピングと夜桜がコラボレーションする「サクラナイト(SAKURAnight)」が開催されます。

桜の名所として人気エリアで「桜」の開花時期に、大自然と最新テクノロジーが融合するナイトアトラクションと、ライトアップに照らされる夜桜を楽しむイベントとなります。

夜桜の絶景ポイントとして3カ所があります。参加者しか体験できない桜の特別ポイントとなります。春限定で、大自然と最新テクノロジーが融合する非日常空間を堪能できます。

フォトコンテスト「SAKURAナイト」が行われます。エリアで撮影した夜桜の写真を「#nwsakura2020」を付けてインスタグラムに投稿します。「いいね数」が1番多い方に豪華景品が贈呈されます。

ナイトウォーク火の鳥は、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」で、手塚治虫さんの漫画「火の鳥」がテーマのアトラクションです。夜の公園で音と光で演出された火の鳥の世界を体験します。

淡路島の自然が残された公園が光と音の最新技術でアニメ「火の鳥」の空間となります。夜桜でより一層美しくサクラ色に染まった神秘的な世界が登場します。幻想的な火の鳥が華麗に舞います。

フォトコンテスト

サクラナイト(SAKURAnight)の開催期間に、フォトコンテスト「SAKURAナイト」が開催されます。

参加方法は、次の通りです。ナイトウォーク火の鳥のエリアで夜桜の写真を撮影します。撮影した夜桜の写真を「#nwsakura2020」を付けてインスタグラムに投稿します。

4月30日(木)の12時の時点で「いいね数」が1番多い方に豪華景品が贈呈されます。豪華商品は、グランピング施設「グランシャリオ北斗七星」のペア宿泊券となります。

グランシャリオ北斗七星は、淡路島の絶景を眺められる丘で、自然を感じながら淡路島の食を堪能できます天窓のある部屋で星を眺めながら、快適な非日常空間を楽めるグランピング施設となります。

  • 開催期間:2020年3月20日(金祝)~4月30日(木)12:00
  • 参加対象:ナイトウォーク火の鳥の参加者(通常チケット購入)
  • 参加方法:エリアの夜桜の写真を撮影して「#nwsakura2020」でインスタグラムに投稿
  • 審査基準:4月30日(木)12:00時点で「いいね数」が1番多い方お1人に豪華景品を贈呈

サクラナイト(SAKURAnight)のアトラクション

サクラナイト(SAKURAnight)が開催されるナイトウォーク火の鳥は、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるナイトアトラクションとなります。

日没以降限定開催で、夜の公園を歩きながら手塚治虫さんのアニメ「火の鳥」の世界を体験します。淡路島の自然豊かな公園が光や音で演出されます。全長1.2キロに及ぶ幻想的な空間が登場します。

ストーリーは、淡路島の歴史と自然と火の鳥のテーマをリンクさせたニジゲンノモリのオリジナル作品となります。プロジェクションマッピングを駆使して神秘的な「火の鳥」の世界を創造しています。

サクラナイト(SAKURAnight)のアクセス

サクラナイト(SAKURAnight)が開催されるナイトウォーク火の鳥は、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあります。アクセス方法は、自動車、高速バス、高速船となります。

車の場合

自動車の場合、最寄り駐車場は高速道路を下りずに連絡道路で直結している淡路ハイウェイオアシスのオアシス駐車場となります。駐車料金は無料です。

淡路ハイウェイオアシスのオアシス館の隣に淡路島公園ニジゲンノモリの入口があります。ニジゲンノモリの入口には、ニジゲンノモリのチケット売り場とインフォメーションがあります。

ニジゲンノモリの入口から徒歩5分程で、ナイトウォーク火の鳥の入口となる「花の谷」があります。向かい側には、漫画家の手塚治虫さんの限定グッズを販売するショップの手塚治虫書店があります。

なお、ニジゲンノモリのアトラクションや遊具で遊ぶ場合はF駐車場が便利です。ただ、F駐車場からナイトウォーク火の鳥まで距離があり、トラムカー(1日乗り放題500円)の利用をおすすめします。

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061(受付時間:平日10:00~18:30)

高速バスの場合

高速バスの場合、ニジゲンノモリ(淡路ハイウェイオアシス)に直行するナルトラッピングバス「かけはしNARUTO号」があります。三ノ宮駅、新幹線の新神戸駅、JR大阪駅、JRなんば駅(湊町バスターミナル)、神戸空港、大阪(伊丹)空港からニジゲンノモリ(淡路ハイウェイオアシス)に直行します。

この他、三ノ宮駅、JR舞子駅、新幹線の新神戸駅、大阪阪急3番街から高速バスで淡路インターチェンジのバス停で降車して、ニジゲンノモリの無料シャトルバスを利用する方法があります。

淡路ハイウェイオアシスのオアシス館の隣に淡路島公園ニジゲンノモリの入口があります。ニジゲンノモリの入口には、ニジゲンノモリのチケット売り場とインフォメーションがあります。

ニジゲンノモリの入口から徒歩5分程で、ナイトウォーク火の鳥の入口となる「花の谷」があります。向かい側には、漫画家の手塚治虫さんの限定グッズを販売するショップの手塚治虫書店があります。

本四海峡バス・西日本JRバス

ナルトラッピングバス「かけはしNARUTO神戸号」(2往復/日)

  • 神戸空港ーニジゲンノモリ(所要時間80分、運賃890円)
  • 新神戸駅ーニジゲンノモリ(所要時間55分、運賃680円)
  • 三ノ宮駅(三宮バスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間40分、運賃680円)
  • 高速舞子ーニジゲンノモリ(所要時間10分、運賃420円)

ナルトラッピングバス「かけはしNARUTO大阪号」(3往復/日)

  • JRなんば駅(湊町バスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間115分、運賃1270円)
  • 大阪駅(大阪駅JRバスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間85分、運賃1270円)
  • 大阪空港(伊丹空港)ーニジゲンノモリ(所要時間60分、運賃1170円)

※上記のほか、新神戸駅、三宮駅から運行する「かけはし号」で淡路インターチェンジのバス停で降車して、ニジゲンノモリの無料シャトルバスを利用する方法があります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路インターチェンジ(所要時間40分、運賃680円)
  • 高速舞子ー淡路インターチェンジ(所要時間10分、運賃420円)
  • 学園都市駅ー淡路インターチェンジ(所要時間20分、運賃470円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路インターチェンジ(所要時間70分、運賃1270円)

高速船の場合

高速船の場合は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を運航しています。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。岩屋港から徒歩1分でニジゲンノモリの無料シャトルバスのバス停があります。

無料シャトルバスで約8分でF駐車場に到着します。ただ、F駐車場からナイトウォーク火の鳥まで距離があり、トラムカー(1日乗り放題500円)の利用をおすすめします。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分530円)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニジゲンノモリ
スポンサーリンク
アワタビをフォローする
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました