Awajishima Sodatete Market 2月2020年

地域イベント

Awajishima Sodatete Marketが毎月第4日曜日に開催されます。淡路島ソダテテマーケットとは、淡路島の洲本市民広場をはじめ、各所で開催されるマルシェです。

淡路島のグルメやグッズなど様々なジャンルの個性的なお店が並びます。いろんな人と共に、いろんなコトを一緒に、淡路島から皆で育てるマーケットというコンセプトです。

2020年2月の開催は、2月23日(日)の11時から15時までとなります。開催会場は、洲本市民広場にあるアルファビアミュージアム周辺となります。

なお、Awajishima Sodatete Market(淡路島ソダテテマーケット)は、あわじしまマルシェ実行委員会が主催しています。

Awajishima Sodatete Marketの基本情報

開催日時2020年2月23日(日)11:00~15:00
開催場所洲本市民広場(アルファビアミュージアム周辺)
住所〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
公式HPhttps://www.sodatetemarket.org/
入場料金無料
最寄り駐車場450台(洲本バスセンター前駐車場)、520台(洲本イオンスタイル駐車場)
最寄り駐車料金初回1時間無料その後1時間毎100円(洲本バスセンター前駐車場)
初回2時間無料その後30分毎100円(洲本イオンスタイル駐車場)
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

Awajishima Sodatete Marketの内容

Awajishima Sodatete Market(あわじしまソダテテマーケット)とは、いろんな人と共に、いろんなコトを一緒に、淡路島からみんなで一緒に育てていくマーケットというコンセプトで開催されています。

淡路島は、自然の恵みを存分に活かした農業、畜産業、水産業が盛んな島です。豊富で新鮮な食材の宝庫となっています。現在、島内の様々なところで「食」のイベントを開催しています。

Awajishima Sodatete Market(淡路島育ててマーケットも一つとなります。毎月第4日曜日に、淡路島の洲本市民広場を中心に様々な場所で開催されています。

2019年は、5月で開催2周年となりました。阪急souq、うみぞら映画祭、ハーブフェス、ミサキノ酒場などのイベントに参加しました。夏場のナイトマーケットでは土曜日開催となりました。

昼間時間をずらしたり、不定期のライブイベント、アンケート取ったり、毎月アレンジして開催しました。毎回、出店者、ボランティア、大学生、地元高校生、スタッフとお客様で盛り上がるマルシェです。

生産者さんに料理人さん、お客さんの新しい出会いが生まれる場所となります。淡路島の自然を感じられる、人々の和やかな空気が流れる、マーケットに関わる全ての皆さんが楽しめる空間となります。

淡路島でも人気のカフェ、カレー屋さん、ジャム屋さん、お菓子屋さん、コーヒー屋さん、お花屋さん、雑貨屋さん、服屋さんなど様々なお店が登場します。約20店舗の個性的でお洒落な出店となります。

手作り感が伝わり、新しい出会いが生まれる場として、お客さんと共に歩もうという、ほのぼのとした笑顔が溢れる雰囲気を楽しむことができます。美味しいグルメ、素敵な商品が並びます。

心地良い音楽が流れる素敵な雰囲気で、ワッフルやスコーン、ジェラートなど自慢の美味しいグルメが登場します。アクセサリーや雑貨など素敵な商品が並びます。

マーケットの会場では、いろんなヒトといろんなコトを一緒になって楽しめます。食べる、遊ぶ、語る、歌う、踊る、くつろぐ、休むなどなど、それぞれがゆっくりした時間を味わうことができます。

心地良い音楽が流れる素敵な雰囲気で、ゆったりと時間を過ごせます。ワークショップが開催されたり、音楽ライブを満喫できたり、淡路島を愛する人たちが創り上げる「Awajishima Sodatete Market」です。

淡路島洲本市中心部でアクセスも良好な場所での開催となります。帰島の方から観光の方まで、家族、友達、カップル、お子様連れのファミリーまで楽しく参加できます。入場や観覧は無料となります。

出店するお店とお客さんが皆で一緒になって育てて創造していくマーケットとなります。

Awajishima Sodatete Marketの出店一覧

北坂養鶏場

北坂養鶏場は、淡路島の淡路市育波にある養鶏場です。日本に4%の純国産鶏が産む新鮮なたまご、黄味が大きく濃厚な「淡路島もみじ」、白味にコクと粘りのある「淡路島さくら」の2種類を販売しています。

当日は、さくらたまご、もみじたまご、たまごまるごとプリンを販売します。

ふくカフェ

ふくカフェは、淡路島の南あわじ市倭文にある民カフェの元祖というべき築100年以上の古民家カフェです。淡路島の素材を使用した本格ベルギーワッフルと、淡路島の湧水を使った自家焙煎珈琲を提供しています。

当日はワッフル、ホットコーヒーを販売します。焼きたてワッフルをカップに入れて、生クリームをトッピングしています。チョコ、キャラメル、ベリー、藻塩キャラメルの5種類のソースが選べます。

HIRAMATSUGUMI cafe

HIRAMATSUGUMI cafeは、淡路島洲本市中川原町にあるカフェです。淡路島の旬の食材を使ったランチやお菓子を提供しています。豊かな自然と新鮮な食材に恵まれた淡路島で、地元の食材で季節を感じられるメニューです。

当日は、焼き菓子とスパイスチャイを販売します。

ロシアンキッチン イリーナ

ロシアンキッチン イリーナは、洲本市海岸通で11月15日にオープンしたロシア家庭料理のキッチンカーです。アットホームなお店です。

当日は、ピロシキ、ビーフストロガノフ、ボルシチなど手作りのロシア家庭料理を販売します。

NeKi 額縁と珈琲

NeKi 額縁と珈琲は、淡路島南あわじ市慶野で珈琲を飲める額縁屋さんです。額縁は完成品からオーダーメイドまで取り扱います。コーヒーは深煎りからミドルまで取り扱います。手作りデザートもあります。

当日は、珈琲の提供と額縁の販売をします。

VERDE TENERO(ベルデテネロ)

VERDE TENEROは、淡路島南あわじ市志知にあるシラギク牧場が直営するジェラート屋さんです。牧場直送の搾りたて牛乳をベースに、濃厚な風味と香りが良いミルキーなテイストのジェラートです。

当日は、ベルデオリジナルジェラートを販売します。

淡路島女子部

淡路島女子部は、装飾や裁縫、手芸などが大好きな淡路島の人たちの集まりです。マーケットでは誰でも簡単にできる手作りワークショップを開催します。手作り雑貨を販売しています。

ワークショップでは、様々な毛糸のコレクションが登場します。紙皿とカラフルな糸を使用して、ブローチやコースターなど好きなものを作ります。参加料金は材料費込みで500円です。

当日は、布小物の販売とワークショップを開催します。

Ci CRAFT

Ci CRAFTは、淡路島洲本市物部で手縫いの革の小物を販売しています。ネコやドットリボンなどのブローチがたくさん並んでいます。使えば使うほど手に馴染みます。暮らしにそっと寄り添える品々です。

当日は、牛革を使用した革小物を販売します。

mooshuleek(ムーシュリーク)

mooshuleek(ムーシュリーク)は、淡路島洲本市にある本町商店街のコモード56商店街で、日本各地の器を中心に、器、吹きガラス、染めモノ、カゴ、木工品、型染めなど、暮らしが楽しくなるような手仕事の日用品を販売しています。職人さんや作家さんが造るあたたかみを感じる日用品のネット通販をしています。日用雑貨が販売されます。

当日は、いろいろな産地の器、カトラリ、手ぬぐいなどを販売します。

SEEDS BLEND

SEEDS BLENDは、飲食、農業、宿泊業などをしています。淡路島の淡路市志筑で「あっくんバーガー」を販売しています。特注のバンズに挟む、手捏ねミンチ、厚切りベーコン、淡路島玉ねぎの煮込みに、トマトレタスを豪快に挟み、手作りマヨネーズに、特製のタレで絶品に仕上げたハンバーガーです。

当日は、あっくんバーガーのハンバーガーとポテトを販売します。

CHiQ

淡路島の季節の果物で起こした天然酵母のぱんや手作りのおやつなど、地球味の美味しいものいろいろ。長澤のお山の上であれこれ日々暮らしながら焼いています。

当日は、天然酵母ぱん、ヴィーガンタルト、焼き菓子、ハーバルチャイを販売します。

ふぃーるど

ふぃーるどでは、農業女子が丹精込めて作った淡路島の野菜を販売します。淡路島の温暖な気候と豊かな自然で育まれた安心・安全の旬の野菜です。

Story of life

Story of lifeでは、手作りアクセサリー、洋服、お茶を販売します。アフリカ、ガーナのモリンガteaやカラフルで陽気なアフリカンファブリックによる手作りアクセサリー、洋服などです。

Bartam (バータム)

Bartam (バータム)では、ファーストシューズ、革小物を販売します。シンプルで飽きのこない、持ち主の人生に寄り添えるモノヅクリをモットーに淡路島で製作しています。

ファーストシューズは、初めて歩く赤ちゃんのために、足当たりのいい素材にこだり、クッション性を追求した製法でつくられた少し背伸びをしたような革製のファーストシューズです。

楽鳥茶屋(がちょうちゃや)

楽鳥茶屋(がちょうちゃや)では、手作り味噌のあったか粕汁「楽鳥汁」と特厚の炙り油揚げと番茶「アゲアゲ番長の番茶セット」を販売します。オカリナの演奏をします。

CORNE(コルネ)

CORNE(コルネ)は、オリジナルデザインの生地を作るブランドです。染色は、シルクスクリーンプリントの工場で製造しています。職人が、道具を使用して1色1色の染料を押し込むようにして染めていく「手捺染(てなっせん)」という染色方法で手作りされています。

オリジナルテキスタイルを使った布製品を販売します。

Awajishima Sodatete Marketの会場

Awajishima Sodatete Marketの会場となるtime after time(タイムアフタータイム)は、淡路島洲本市にあるカフェレストランです。ドラゴンクエストの銅像がある洲本市民広場の隣にあります。

洲本バスセンターから近くアクセスに便利です。淡路島の食材をふんだんに使用した創作カジュアルレストランとなります。店内は2階まで吹き抜けです。天井が高く開放感があります。

片側が全面ガラス張りで窓から庭が眺められます。淡路島で獲れる魚を使用した料理と淡路島で採れる野菜を使用したサラダがおすすめです。子供連れのファミリーや大人数の家族に対応しています。

Awajishima Sodatete Marketのアクセス

Awajishima Sodatete Marketが開催されるカフェレストラン「time after time(タイムアフタータイム)」へのアクセスは、自動車、高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合は、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから下ります。

洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから約15分で洲本市中心部に到着します。周辺の駐車場として、イオン洲本店駐車場と洲本バスセンター前駐車場があります。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。洲本バスセンターで降車します。

洲本バスセンターからは、正面にある県立淡路医療センターの敷地に沿って海岸と反対側に歩いていくと徒歩3分で洲本市民広場に到着します。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1580円)
  • 学園都市駅ー洲本バスセンター(所要時間75分、乗車料金1630円)
  • 神戸三宮駅ー洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1890円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1580円)
  • 三宮BT-洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1890円)
  • 新神戸駅ー洲本バスセンター(所要時間95分、乗車料金1890円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

Awajishima Sodatete Marketの駐車場

Awajishima Sodatete Marketが開催されるカフェレストラン「time after time(タイムアフタータイム)」の周辺駐車場は、洲本バスセンター前駐車場とイオン洲本店駐車場となります。

洲本市営洲本バスセンター前駐車場

  • 住所:〒656-0027 兵庫県洲本市港1-1
  • 駐車台数:普通車451台
  • 駐車料金:1時間以内無料、その後1時間毎100円
  • 最大料金:24時間600円

イオン洲本店駐車場

  • 住所:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8
  • 駐車台数:普通車520台
  • 駐車料金:1時間以内無料、その後1時間毎100円

Awajishima Sodatete Market周辺の観光スポット

Awajishima Sodatete Marketが開催されるカフェレストラン「time after time(タイムアフタータイム)」の周辺の観光スポットは、洲本市民広場のドラクエ像、洲本レトロこみち、洲本城、大浜海水浴場となります。

洲本市民広場は、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像があります。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されました。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。洲本市民広場の大きな木の根元にひっそりと佇んでいます。

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市中心部にある城下町の風情が残る小路です。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。

週末や連休には、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業しています。レトロ雰囲気を味わいながら「まち歩き」が楽しめます。イオン洲本店から徒歩約5分で到着します。

洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの三熊山の山頂にある城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。かつて西日本最大級の水軍の山城です。

本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。洲本バスセンターから自動車で約10分で到着します。

大浜海水浴場は、洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北75メートル、東西55メートルに伸びた砂浜は、見事な曲線を描いて広がります。遊歩道が整備された海浜公園です。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました