春の宿泊プラン「ホテルけひの海」

宿泊・温泉

ホテルけひの海の春の宿泊プランは、桜鯛の玉ねぎフォンデュと鯛の宝楽焼付きプランがおすすめです。宿泊予約期間は、2022年3月1日から2022年5月1日までとなります。

  • 桜鯛の玉ねぎフォンデュと鯛の宝楽焼:25,850円~57,200円

桜鯛の玉ねぎフォンデュと鯛の宝楽焼付きプランは、夕食にレストランで、淡路島の春の味覚「桜鯛」をフォンデュ・宝楽焼き・リゾット風雑炊と堪能できるコースが提供される宿泊プランとなります。

桜鯛は、淡路島の春を代表する旬の味覚です。春は産卵前の時期で栄養が蓄えられています。凝縮された旨味を持ち合せています。お造りは、磯の香りとコリコリした食感、濃厚な旨みを味わえます。

桜鯛の宝楽焼きは、南淡路名物の郷土料理です。甘みたっぷりの旬の淡路玉葱まるごとグリルして乗せています。土鍋に敷き詰めた蒸し焼きで素材本来の旨みと香りをダイレクトに食べられます。

玉ねぎフォンデュは、淡路玉葱をふんだんに使用した洋風ダシにくぐらせる洋風しゃぶしゃぶです。玉ねぎと鯛の相性が抜群です。締めは、鯛の旨みが染み出たダシを使用したリゾット風の雑炊です。

春でしか味わえない淡路島の旬食材「桜鯛」と「玉ねぎ」を堪能できるコースとなります。なお、レストラン「海」は、優雅な雰囲気で夕食が食べられたり、明るい日差しでの朝食が食べられます。

桜鯛の玉ねぎフォンデュと鯛の宝楽焼付きのメニュー一覧

  • 前菜
  • お造り
  • 桜鯛の宝楽焼き 淡路玉葱まるごとロースト添え
  • 桜鯛の玉ねぎフォンデュ
  • 天麩羅
  • リゾット仕立て雑炊
  • デザート

朝食は、レストランでご飯に合う淡路島産の食材にこだわった30品目以上の料理が提供されます。鮎原米のご飯、徳島県吉野川産しじみ味噌汁、一番出汁のだし巻きたまご、温野菜もあります。

彩り野菜に特製玉ねぎドレッシングは大好評です。他にも、焼き魚やお茶漬けなど定番メニューもあります。淡路島牛乳やフレッシュジュースもおすすめです。身体に活力がみなぎります。

部屋は、モデレートツイン、露天風呂付きモダン和室、デラックススイート和洋室、プレミアムスイートがあります。非日常的な雰囲気が自慢の客室は、極上の安らぎ空間となります。

設備は、テレビ・電話・無線LAN・湯沸かしポット・お茶セット・冷蔵庫・ドライヤー・加湿器・個別空調・洗浄機付トイレ・エクステンション・ベッド・ベビーベッド・スリッパ・金庫があります。

アメニティは、石鹸・ボディーソープ・シャンプー・リンス・ハミガキセット・カミソリ・くし・ブラシ・フェイスタオル・バスタオル・ナイトウェア・浴衣・くつろぎ着・たび・パジャマがあります。

貸出は、ビデオデッキ・ファックス・電気スタンド・アイロンがあります。

モデレートツインは、白と黒のシックなカラーでまとめた落ち着いたインテリアが特徴です。露天風呂付きモダン和室は、露天風呂があり、琉球畳のコーナーとローベッドでモダンな雰囲気です。

デラックススイート和洋室は、リビング・ダイニング・和室があります。プレミアムスイートは、70平方メートルで1日1室限定です。モダンデザインのリビングや窓辺のデイベッドが特徴です。

温泉は、美人の湯「うずしお温泉」が利用できます。多量のヒドロ炭酸イオンとナトリウムイオンを含む中性ナトリウム炭酸水素塩泉です。大浴場と露天風呂があります。滑らかで柔らかい肌触りです。

大浴場は、トロトロの湯に浸かれば心も身体もポカポカに癒されます。露天風呂は、慶野松原の雄大な景色を眺められます。夜には満点の星空を眺めながら、日常を忘れるひと時が楽しめます。

淡路島の春の宿泊プランについては「淡路島「春の宿泊プラン」おすすめ10選」をご参照ください。

また、ホテルけひの海は、瀬戸内海国立公園で国の名勝「慶野松原」にあるサンセットビューホテルです。日本の夕陽百選に選ばれた夕日の絶景が眺められます。目の前には松原と浜辺が広がります。

慶野松原海水浴場は、日本の白砂青松100選・日本の渚百選・日本の水浴場88選に選ばれた関西屈指のビーチです。部屋数は、洋室13室、和室2室、和洋室4室と全部で15室あります。

客室は、様々なシーンに合わせた寛ぎの空間です。家族やカップルなど幅広く利用できます。レストランとカフェは、ガラス張りで開放感のある空間となります。アロマルームやプールもあります。

温泉はうずしお温泉です。地下1000メートルで約8000年前の地層から湧き出る非常に優秀な療養温泉です。日本三大美人の湯以上の重曹成分を含有しています。「美人湯」と呼ばれています。

公式のSNSページは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました