春の宿泊プラン「淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ」

宿泊・温泉

淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザの春の宿泊プランは、春期限定「素材の味わいを最大限に引き出す」天然桜鯛のしゃぶしゃぶ会席プランがおすすめです。

宿泊予約期間は、2022年3月1日から2022年5月31日までとなります。

  • 天然桜鯛のしゃぶしゃぶ会席:19,250円~

春限定「天然桜鯛のしゃぶしゃぶ会席」プランは、夕食にお部屋で料理長が厳選した春の味覚「桜鯛」を使用した上質な会席料理が提供される宿泊プランです。豪華絢爛でおすすめの新鮮素材です。

冬から春へと移り変わる季節に鯛は産卵期を迎えます。体をピンク色に輝かせることから「桜鯛」と呼ばれております。料理長が見定めた桜鯛を使用した桜鯛づくしの春期限定全12品となります。

桜鯛が本来持つ素材の味を存分に味わっていただける「しゃぶしゃぶ」がメインとなります。鯛を湯に通した瞬間に鮮やかな色に変化します。淡路島で春が旬のブランド食材を目と舌で楽しめます。

全室オーシャンビューのプライベートな空間です。窓からの紀淡海峡が眺められます。

天然桜鯛のしゃぶしゃぶ会席プランのメニュー一覧

  • 梅酒
  • 桜胡麻豆腐
  • 季節の彩りをひとくちの幸せに 前菜七種盛
  • 桜鯛潮仕立て
  • 桜鯛・鮪・イサギ・栄螺のお造り
  • 桜鯛しゃぶしゃぶ鍋
  • 桜鯛のポワレウニソース
  • 桜鯛二身蒸
  • 鯛のカルパッチョ春の香り
  • 鯛茶漬
  • 香の物三種
  • 本日のフルーツ

朝食は、食事会場で体にやさしい島の朝ごはんが提供されます。ご飯は究極のお米「魚沼わかとちコシヒカリ」を厳選しました。ひと手間かけて土鍋で炊き上げています。料理内容は季節で異なります。

具だくさんで地野菜の揚げ出汁は利尻昆布の旨みを引き出した料理長秘伝のお出汁となります。他にも淡路島産海苔の佃煮、自家製玉ねぎの浅漬けなど淡路島の食材をふんだんに使用した品々です。

部屋は、通常和室と特別フロアと最上階で180度のオーシャンビューです。設備は、テレビ・電話・無線LAN・お茶セット・冷蔵庫・ドライヤー・個別空調・洗浄機付トイレ・スリッパです。

アメニティは、固形石鹸・リンスインシャンプー・ハミガキセット・カミソリ・くし・フェイスタオル・バスタオル・浴衣があります。

3階は、ファミリーや三世代に向けた広めの間取りです。4階は、デザイナー武市礼子氏とコラボした女性向けです。5階は、スタンダードな和室です。デザインを凝らしたインテリアとなります。

6階は、藤田豪氏プロデュースの和モダン、アジアンテイスト、モダンな和洋室、琉球畳の新和風、黒い畳でシックな新モダンと5タイプがあります。「波の音を感じる」がコンセプトです。

7階は、漆黒に塗られた梁でシックな和室と広めのセミダブルベッドの和洋室「エグゼクティブルーム」、1室限定で特別な時間のための準特別室があります。「一つ上の贅沢」がコンセプトです。

温泉は、大浴場、露天風呂、貸切風呂が利用できます。源泉は名湯「洲本温泉うるおいの湯」です。

大浴場は、開放的で、手足を充分に伸ばして寛げます。打たせ湯・気泡風呂があります。男性用にサウナ、女性にミストサウナがあります。露天風呂は大岩を組み合わせてダイナミックです。

貸切風呂は3つあります。リニューアルした「東雲(しののめ)」は、大きな窓で檜の香り漂います。「晴雨」はモダンな八角形の浴槽です。「木もれび」は浴室まで段差の少ないです。

淡路島の春の宿泊プランについては「淡路島 春の宿泊プランおすすめ11選」をご参照ください。

また、淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザは、洲本市中心部から南下した洲本温泉郷にある温泉旅館です。プロが選ぶ日本のホテル旅館100選に33年連続で入選しています。

サントピアマリーナのヨットハーバーがあります。2009年12月にリニューアルしました。

客室は、全室180度でパノラマの海が眺められるオーシャンビューです。総客室数は、54室で和室・特別室・エグゼクティブがあります。デザイン・間取り・インテリアを厳選しています。

食事は、春は鳴門明石の桜鯛、夏は淡路島の鱧、由良産赤ウニ、秋はひらめや松茸、冬は淡路3年ふぐ、さらに伊勢海老や鮑など新鮮な魚介類、最上級の淡路牛を使用した会席が提供されます。

風呂は、2018年に開湯した「洲本温泉うるおいの湯」が利用できます。開放的な大浴場や露天風呂をはじめ、プライベートな時間をゆっくり楽しめる趣の異なる3つの貸切風呂があります。

施設は、コンベンションホール、大宴会場、結婚式場、ダイニングレストラン、大浴場、露天風呂、貸切風呂、リラクゼーションサロン、売店、ラウンジ、麺処、スナック&バーがあります。

公式のSNSページは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました