UMU(ウム)淡路島北部のグランピング施設

宿泊・温泉

UMU(ウム)淡路島は、淡路島北部のグランピング施設です。オリーブ畑にトレーラーボックスを設置して、ピクニックや散策、自然体験やアクティビティ、バーベキューや宿泊などが楽しめます。

トレーラーハウスで寛いだり、緑に囲まれて海や山を眺められるロケーションで、ゆっくりとした時間を感じながら非日常的な体験ができます。2022年4月28日(木)にオープンです。

UMU(ウム)淡路島

UMU(ウム)淡路島

正式名称は「UMU(ウム)淡路島 RESPECT YOU(リスペクトユー),au」です。運営会社は、グランピング&アウトドア事業をプロデュースする「株式会社ABCグ ラ ン プ&アウトドアーズ」です。

トレーラーボックスが移動して、日本各地の様々な場所を期間限定のグランピングフィールドに変える画期的なアウトレジャー施設「Glamp Caravan(グランプ・キャラバン)」の第一弾となります。

株式会社ABCグ ラ ン プ&アウトドアーズと西尾レントオールが共同開発した日本初の拡張型ミラートレーラーボックスから構成されるレンタル型のグランピングキットとなります。

淡路島ならではの自然やアクティビティを楽しむ機会を提供します。グランピングを通して、旅行者が訪問することで、地域経済の活性化、地域共創への貢献を目指しています。

今後、淡路島を皮切りに地方自治体と連携を目指しながら、全国の開催地を拡大する予定です。

「UMU(ウム)淡路島」の場所は、兵庫県淡路市楠本中山にあるオリーブ園「Virgin Valleyバージンバレイ」です。日本最大のオリーブ耕作面積を有します。株式会社ハーベストファームが運営します。

オリーブ園は、約1600本のオリーブの木が栽培されています。初夏には白い小さな花が咲き、秋には鈴なりにオリーブの実がなります。「エキストラバージンオリーブオイル」に加工されます。

オリーブ園がある丘陵地からは、大阪湾など素晴らしい景観が一望できます。淡路島は、温暖な気候から、玉葱、レタス、ビワ、ミカンの産地で知られています。最近はオリーブが脚光を浴びています。

瀬戸内海で最大の島は、温暖な気候と豊かな自然で多くの観光客が訪れる観光地として人気です。

「UMU(ウム)淡路島」のキャラバンは、以下のラインアップとなります。

  • レセプション・キッチン・トレーラーボックス:1台
  • トイレ・トレーラーボックス:1台
  • シャワー・パウダー・トレーラーボックス:1台
  • 貸切トレーラーボックス:5台
  • ストックトレーラー:1台(バックアップ部隊)
  • キャンピングカー(スタッフ用):1台(バックアップ部隊)
  • トレーラーハウス牽引車(設営撤去時):1台
  • シェルシェイプテント:5張

駐車場から歩いてすぐに「UMU淡路島」の看板があります。後方には、日帰りバーベキューが楽しめる白色の大型テントハウスが見えます。さらに後方にトレーラーボックスが並んでいます。

受付は、看板右側にあるトレーラーボックスとなります。レセプションと調理場を兼ねています。トレーラーボックスは、ミラーフィルムで覆われています。周囲の景色を映す仕様となります。

貸切トレーラーボックスは、引き出し式のトレーラーボックスです。部屋は23平方メートルと広々空間を確保しています。片面が一面窓で開放的です。窓は外側から内側が見れない仕様です。

内装は、セミダブルベッド2台、ダブルソファー1台、チェア2台、ミニ冷蔵庫1個、冷暖房2台などがあります。プロジェクターがあり窓上部からスクリーンが下ります。定員人数は4名です。

スマートフォンやパソコンを使用するとスクリーンで映像を楽しめる仕様となります。トイレは、共用のトイレ専用トレーラーボックスがあります。女子トイレにはパウダーコーナーがあります。

お風呂は、共用のシャワー専用トレーラーボックスがあります。3つシャワー室があります。

料理は、イタリアン&フレンチ出身のシェフがアウトドア向けに考案したメニューが提供されます。瀬戸内産や淡路島産の食材とオリーブが奏でるバーベキュー形式のコース料理となります。

メニュー内容は以下のとおりとなります。

  • 前菜:生ソーセージとミネストローネスープ
  • 魚料理:瀬戸内小魚のアヒージョ
  • 鶏料理:鶏のガランティーヌと淡路玉ねぎのプッタネスカソース添え
  • 肉料理:ビーフステーキのタリアータ
  • 締め料理:魚介のパエリアの淡路島岩海苔添え
  • デザート(オプション):クレマ・カタラーナ

グランピングでは、オリーブ畑を散策したり、オリーブオイルの搾油体験をしたり、ピクニックをしたり、バーベキューをしたり、トレーラーハウスで寛いだり、非日常的な体験ができます。

風にそよぐオリーブの木を眺めてくつろいだり、ドローンで飲み物などが届いたりと思い思いの過ごし方が可能です。耕作放棄地を農地に再生しながら、地域の活性化を目指しています。

利用できるプランは、2022年4月28日から5月20日までは、日帰りプランのみとなります。収容人数は、日帰り利用で最大40人、宿泊利用で最大40人となります。

日帰りプランは、日帰りピクニック・日帰りバーベキュー&コース料理・日帰り貸切トレーラーの3つがあります。日帰りプランの予約は、UMU淡路島の公式ホームページから申込できます。

  • 日帰りピクニック:大人3,000円(税込)
  • 日帰りバーベキュー&コース料理:大人6,000円(税込)
  • 日帰り貸切トレーラー:トレーラー利用料平日15,000円(税込)
  • 公式予約プラン一覧:https://glampcaravan.com/UMU/awajishima/plan/

日帰りピクニックでは、朝食プランと昼食プランがあります。利用時間は各2時間です。オリーブ畑でピクニックシートを敷いて、ゆったりとサンドイッチや飲み物が味わえます。

日帰りバーベキュー&コース料理では、朝食プランと昼食プランがあります。利用時間は各3時間です。バーベキュー形式のコース料理に加えて、オリーブ園や里山の散策が楽しめます。

日帰り貸切トレーラーでは、朝食プランと昼食プランがあります。利用時間は各4時間です。バーベキュー形式のコース料理に加えて、トレーラーボックスのプライベート空間でゆったり過ごせます。

なお、宿泊営業は、開業時期が確定してから予約開始時期と利用料金が告知される予定です。貸切テントは、シェルシェイプテントです。デッキを含めて長さ約12メートル、幅約5メートルです。

周辺エリアには、農作物の収穫体験ができる農園、景色が美しい温泉も点在します。アクティビティも豊富です。本州と淡路島をつなぐ明石海峡大橋から近くにあります。

アクセスも良好です。京都・大阪・神戸など関西の都市から、車で2時間弱のアクセスとなります。マイクロツーリズムにも最適な立地で関西のリゾート地としても人気となっています。

  • 大阪から車で 65.8km(所要時間は1時間 11 分ほど)
  • 京都から車で 110km(所要時間は1時間 52 分ほど)
  • 神戸から車で 33.7km(所要時間は 42 分ほど)

株式会社ABCグ ラ ン プ&アウトドアーズは、朝日放送グループホールディングス、電通、株式会社グランプ、株式会社カプセルが設立したグランピング&アウトドア事業企画開発する合弁会社です。

日本の豊かな自然を活用して、アウトドア市場の活性化と地域共創への貢献を目指しています。今後、全国の遊休地、公園、キャンプ場、観光施設の再生活性化を推進してエリア開発に寄与する予定です。

また、UMU淡路島のパートナー企業は、au(KDDI株式会社)、岩谷産業株式会社、西尾レントオール株式会社、株式会社モリタホールディングス、株式会社ハーベストファームとなります。

詳細・基本情報

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました