よりそと市場 コモード56商店街 淡路島洲本市

スポンサーリンク

よりそと市場が開催されます。淡路島洲本市の中心部にあるコモード56商店街のレインボープラザ広場で、JA淡路日の出を中心に地元の新鮮野菜、お米、果物、お花などを販売します。

洲本市の外町地域の活性化に取り組む「まちなか再生委員会」が企画しました。今後、地場野菜ふれあい市として毎月開催する予定です。地元の住民と観光客など島外の人々の交流機会を提供しています。

よりそと市場の開催日時は、8月17日(土)10時からとなります。商品が売り切れ次第終了となります。開催場所は、コモード56商店街のレインボープラザとなります。入場は無料です。

スポンサーリンク

よりそと市場の基本情報

  • 開催日時:8月17日(日)10:00~(売り切れ次第終了)
  • 開催場所:コモード56商店街 レインボープラザ広場
  • 開催住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-2-20
  • 電話番号:0799-22-8253
  • 周辺駐車場:パーキング56、洲本市役所駐車場(初回1時間無料その後1時間毎100円)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

よりそと市場の内容

8月17日(土)10時から、淡路島洲本市の中心部にあるコモード56商店街のレインボープラザ広場で「よりそと市場」が開催されます。JA淡路日の出を中心に地元の新鮮野菜、お米、果物、お花などを販売します。

ピーマン、きゅうり、なす、すいか、とうもろこし、ズッキーニなど夏野菜が中心となります。にんじん、ししとう、万願寺、おくら、じゃがいも、ゴーヤ、パプリカなどが予定されています。

洲本市の外町地域の活性化に取り組む「まちなか再生協議会」が企画しました。今後、地場野菜ふれあい市として毎月開催する予定です。地元の住民と観光客など島外の人々の交流機会を提供しています。

洲本外町地域まちなか再生協議会は、2018年5月15日に設立しました。地元の商店街などが主体となり、商店街の活性化・まちの再整備により賑わいを創出することを目的としています。

外町地域の今後を考える「よりあいそとまちSUMOTO」を開催しながら「まちなか再生計画」を策定する予定です。兵庫県は洲本市で連携してアドバイザーの派遣や協議会の運営支援などを支援しています。

「よりあいそとまちSUMOTO」では、外町地域の歴史や現状などを共有しながら、外町地域を活性化するための企画を募集して、検討して、様々なプロジェクトを計画しています。

地元の人達と観光客とが交流する場の提供、地元の人や外町の魅力を紹介するフリーペーパーなど5つのプロジェクトを実施しています。毎月1回のペースで誰もが自由に参加できるスタイルで開催しています。

外町地域は、洲本城の城下町として栄えていました。堀端筋や塩屋筋などたくさん商店街が連なる地域です。住所では、洲本市本町5丁目~8丁目、山手3丁目、栄町2丁目~4丁目と中心市街地です。

当時、淡路島全域から人々が集まり活気溢れた地域でしたが、最近は人口減少と少子高齢化が激しい状況です。

今回、兵庫県のモデル事業として選定された洲本外町地域まちなか再生協議会では、今後の5年間で行政の補助を受けながら、様々なプロジェクトを展開しながら活気を呼び込む予定です。

 

よりそと市場の会場

よりそと市場が開催されるコモード56商店街は、淡路島を代表する歴史が古い商店街です。洲本市中心部の本町5丁目と6丁目の約50店舗が出店するアーケード街です。まち歩きスポットで注目される洲本レトロこみちと交差しています。

最近では、城下町の洲本市の活性化するために、洲本レトロこみちと同様に城下町風にリノベーションされてオシャレな外観の店が増えています。木目風のファザードや石畳風の舗装が施されています。

洲本レトロこみちと一体となって、城下町である洲本市をまち歩き観光で盛り上げようとしています。

よりそと市場のアクセス

よりそと市場が開催されるコモード56商店街のアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段となります。

自動車の場合

自動車の場合、コモード56商店街に24時間営業の専用駐車場があります。それ以外の駐車場として、洲本市役所前駐車場、洲本バスセンター前駐車場、イオン洲本店駐車場があります。

  • 住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-2-20
  • 電話:0799-22-8253

高速バスの場合

高速バスの場合、洲本高速バスセンター行きの高速バスに乗車します。高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅、学園都市駅、新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅から発車しています。

洲本高速バスセンターに到着すると、向かい側にある兵庫県立淡路医療センターの巨大な建物に向かって右側にあるイオン洲本店を目指して歩きます。徒歩5分程度で到着します。

イオン洲本店からコモード商店街までは、徒歩で約5分程度で到着します。イオン洲本店とエディオン洲本店のある交差点をエディオン洲本店と反対方向にある横断歩道を渡って真っ直ぐ進みます。

数百メートル進むと2つ目の信号を数十メートル進むとコモード56商店街のアーケード入口に到着します。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本BC(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本BC(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

よりそと市場周辺の観光スポット

よりそと市場が開催されるコモード56商店街の周辺の観光スポットは、洲本市民広場のドラクエ像、洲本レトロこみち、洲本城、大浜海水浴場となります。

洲本市民広場は、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像があります。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されました。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。洲本市民広場の大きな木の根元にひっそりと佇んでいます。

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市中心部にある城下町の風情が残る小路です。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。

週末や連休には、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業しています。レトロ雰囲気を味わいながら「まち歩き」が楽しめます。イオン洲本店から徒歩約5分で到着します。

洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの三熊山の山頂にある城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。かつて西日本最大級の水軍の山城です。

本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。洲本バスセンターから自動車で約10分で到着します。

大浜海水浴場は、洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北75メートル、東西55メートルに伸びた砂浜は、見事な曲線を描いて広がります。遊歩道が整備された海浜公園です。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。

洲本市のイベント
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!