神戸ルミナリエ 明石海峡大橋ライトアップ 淡路島からイルミネーション

スポンサーリンク

神戸ルミナリエの開催に合わせて明石海峡大橋のライトアップが「ルミナリエバージョン」となります。12月6日(金)から12月15日(日)までの期間限定で緑から赤のグラデーションとなります。

鎮魂と追悼、復興と再生を祈念した神戸ルミナリエをイメージして、震源地であった淡路島から明石海峡大橋のライトアップが灯されます。神戸ルミナリエから続くクリスマスムードを盛り上げます。

スポンサーリンク

神戸ルミナリエ 明石海峡大橋ライトアップの基本情報

  • 開催期間:2019年12月6日(金)~12月15日(日)
  • 開催時間:日没~23:00(土日祝は~24:00)
  • 点灯パターン:クリスマスカラー
  • 開催場所:明石海峡大橋
  • 絶景場所:淡路サービスエリア

神戸ルミナリエ 明石海峡大橋ライトアップの内容

2019年12月6日(金)から12月15日(日)まで、明石海峡大橋で神戸ルミナリエの開催に合わせて、ライトアップが「ルミナリエバージョン」となります。

世界一の吊り橋が緑から赤のグラデーションのクリスマスカラーで彩られます。

鎮魂と追悼、復興と再生を祈念した神戸ルミナリエをイメージして、震源地であった淡路島から明石海峡大橋のライトアップが灯されます。神戸ルミナリエから続くクリスマスムードを盛り上げます。

神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼、復興と再生を祈念して、神戸に観光客を呼び戻すために毎年開催されています。

現在では、神戸の冬の風物詩として定着しています。会場となる旧居留地の仲町通や東遊園地の広場に、幾何学模様で構成されたイルミネーションが飾られます。

「ルミナリエ」とは、イタリア語で光の装飾(イルミネーション)のことです。

「ガレリア」と呼ばれる光の回廊は、メインストリートとなる旧居留地の仲町通を貫くように設計されており、複数のアーチを列にして並べることで正面から見ると光のトンネルに見えます。

遠くから見ても視覚的になだらかになるように、ルミナリエの入口であるフロントーネからアーチの間隔が距離毎に調整されています。

「スパリエーラ」と呼ばれる光の壁は、東遊園地の広場に複数の作品で取り囲むように並べられています。

明石海峡大橋では、夜の風物詩としてライトアップされています。橋の長さが3911メートルで世界一の吊り橋です。本州の兵庫県神戸市と淡路島の兵庫県淡路市を結びます。

主塔間の長さも1991メートルで「ギネス世界記録」に認定されています。主塔の高さは海面上298メートルで、東京スカイツリー、東京タワー、あべのハルカスに続く高さの構造物です。

ライトアップの姿から別名「パールブリッジ」とも呼ばれています。明石海峡大橋の絶景は、観覧車が象徴的な淡路サービスエリア(淡路SA)から見るのが最高です。

昼には、海の深い青、空の淡い青、神戸の美しい街並みが連なる大阪湾を背景として、世界一を誇る明石海峡大橋の雄大さを感じることでしょう。

夜のライトアップでは、明石海峡大橋が七色の輝きとなって闇夜に浮かびます。神戸の煌びやかな街並みが連なるネオンライトが大阪湾の美しい湾曲した姿を浮かび上がらせます。

明石海峡大橋では、一年を通じてイルミネーションを楽しめるように、様々なライトアップのプログラムが用意されています。

明石海峡大橋ライトアップ まとめ
明石海峡大橋のライトアップをまとめてみました。淡路島で一番の観光スポットは、淡路サービスエリアから望める世界一の吊り橋の明石海峡大橋です。夜には明石海峡大橋がライトアップで光り輝きます。神戸の美しいネオンライトに浮かび上がる明石海峡大橋の煌...

淡路サービスエリアは、明石海峡大橋の絶景が望める関西屈指のサービスエリアです。下りは観覧車が目印で、淡路島唯一のスタバとミスド、ドッグランがあります。

下りは恋人の聖地に選ばれた「橋のみえる丘」で夜間に「蓄光石」を使った光の演出を行っています。淡路島玉ねぎの料理とソフトクリームがおすすめです。

淡路サービスエリアの基本情報

  • 住所(下り線):〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋仮田2568
  • 住所(上り線):〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3118-1
  • 電話:0799-72-4715(下り線)、0799-72-4608(上り線)
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:無料(普通車320台、大型車102台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の明石海峡大橋を渡ってすぐ